« 本・世紀の誤審 オリンピックからW杯まで(2004/7)・生島 淳 | トップページ | 本・佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界(2017/12)・佐藤 優 »

2018年4月28日 (土)

本・世界政治 裏側の真実(2017/9)・副島 隆彦・佐藤 優

Photo
12
12

権力者は裏でつながっている! トランプ米大統領誕生後、
激変する世界と日本の“今"がわかる!
トランプ、プーチン、習近平……。
権力者たちの共同謀議とインテリジェンスの正体とは??
緊迫する国際情勢の深部を日本最高知性の2人が縦横無尽に語る!
「忍者・佐藤優と狂犬・副島隆彦の手裏剣対談」というキャッチコピーは、
副島先生が考案し、佐藤先生も承諾した!!
メディアでは絶対に伝えられない真実が満載! 
日本文芸社のベストセラーシリーズ、第4弾!
12
12

忍者・佐藤優と狂犬・副島隆彦の手裏剣対談!!
忍びのものと言えば、白土三平の漫画が好きだった!
陽忍、陰忍と言う章があった………
今から考えると、インテリジェンスそのものである!!
佐藤優は目立ちすぎ??
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに  世界の裏を読み解くインテリジェンス    佐藤優
第1章   トランプ政権で、いま何がおきているのか 
       日本人が知らないアメリカ政治の真実
第2章   第2次朝鮮戦争は勃発するか  
       暴走する北朝鮮を抑え込むアメリカと中国
第3章   やがて実現する米中露3巨頭体制  
       テロリズムにおびえる世界を管理する“第2次ヤルタ会談
第4章   世界を動かすインテリジェンス・ネットワーク 
       入り込んだら抜け出せないスパイたちの“獣道”
第5章   共同謀議とは何か             
       安倍政権と権力者たちの内部抗争
おわりに  世界標準で知識、思想を語るということ   副島隆彦

12
12

人名が良く出る!
須田慎一郎、古森義久、櫻井よしこ、小池百合子、馬淵睦夫らの名前が出て来る1
あまり良い話では無い!!

トランプ大統領を読んだ?? きっちりした分析である!
が、そこまでやっても外れる時は外れると思う………
外れた例も欲しいが……… 何かと言うと傾向が分かるのでは???
12
12

はじめに  世界の裏を読み解くインテリジェンス    佐藤優
アメリカは、自由、民主主義、人権と言った価値観結合している国家である!
実際は白人だけとされて、人種差別はあった!
トランプ大統領の登場で、人種差別が姿を表した!!
この人種差別を世界規模で拡散させてはならない!!
12
12

第1章 トランプ政権で、いま何がおきているのか 日本人が知らないアメリカ政治の真実
株が上がっている!!  何か文句あるのか??
どきたないビジネスマンと言う! それに今や軍事力を持っている!!
トランプ流交渉術  初めに脅しておいて、手前で落とす! 要求を下げる!
「取引(デティール)と駆け引き(ネゴシェイション)」
そう言う交渉である!!  地上げ屋の交渉???
佐藤優の本ではいつも出て来るが、トランプ大統領は長老派である!!
「生まれる前から神様に選ばれている」
何をやっても許される??
12
優れた指導者は、独裁官になり易い?? デモクラシーが完成すると独裁官が現れる!
民主制と独裁制は矛盾しない! 自由と独裁制は同居できない!!
トランプ大統領の選出は必然なのか??
12
トランプ大統領は、ダイレクトにツイッターで発信している?
マスコミが要らないほどである??
アメリカファースト!!
アメリカの国内の問題が第一で、海外問題はセカンドだと!!
大統領にまでなったので、もはややる事は無いのか??
トランプ大統領攻撃は、白人の嫉妬と言う!!
12
12

第2章 第2次朝鮮戦争は勃発するか  暴走する北朝鮮を抑え込むアメリカと中国

2018年4月にアメリカが北朝鮮を空爆する??
衝撃的な内容である!!  そう言う時期に、金正恩は習近平を訪問している!
朝鮮半島が動いている?? 動かしたのは韓国大統領なのか??

米中の和平会議も5月にある??
アメリカは相手に先に手を出させる??  間違いなくやると!
通常兵器では最強の破壊力を持つ、バンカーバスターで核施設を破壊する??
そうして中国からと歓呼からの侵攻で一週間でかたを付ける??
金正男の長男をもって行く! 金日成の血筋である!
そう言うシナリオを想定している!!
12
第二のシナリオは、金正恩を中立化する!
核を放棄させて、おとなしくさせる!!
12
やるにしても、韓国にはアメリカ人も日本人も多く住んでいる?
この避難はどうするのか? 中国には韓国から沢山飛行便がある!!
中国mp20万の軍隊を出せるのか?
又そうなったら北朝鮮の核は誰が持つのか?
アメリカ、中国なら問題はない!! 一番問題なのは韓国が持つことである!!
一挙にそうはならいようだが………
しかし韓国がどう動くかは分からないようだが………
北朝鮮を助けるかも分からない?? 38度線を超えての進軍は無い!
下手すれば北に向かわずに日本に向かうかもしれない!!
12
著者達は、ヒラリー大統領なら、中、日、韓、北、台で戦争が起こっていたと!!
米中露の外交は、キッシンジャーで動いている??
それほどまだ力がある!! ロックフェラーの直臣である!
12
北朝鮮のローテク兵器が有効のようだ!
複葉機みたいな飛行機に、サリンを積んで、低空を飛び攻撃すれば効果がある??
中国は、習近平の独裁が続く!
中国も〇〇派と忙しいそうだ!  
薄熙来のクーデターで、江沢民系は終わりと言われている??
中国は徹底的に政敵を潰す!!

12
12

第3章 やがて実現する米中露3巨頭体制  
     テロリズムにおびえる世界を管理する“第2次ヤルタ会談”
欧米との戦いに打ち勝ったプーチン !
どう見ても中東で存在感を増しているのはプーチン大統領と思うが………
トランプとプーチンは中東で上手く棲み分けしている?
トルコ、エイドリアン大統領はプーチンに取り込まれている?
ロシアが売れるものは、石油に天然ガス?? 後は兵器化??
価格が死活問題になる??
パイプラインの統帥地が問題になる? ロシアは供給を止めかねない??
12
第2次ヤルタ体制と拡大するテロリズムの行方がある!
ヤルタ会談で取り損ねた権益をプーチンは狙っている?
プーチンはメドベージェフを後継者に推さないのか???
プーチンは上手くロシアを導いている??
中東の問題??   カタールとサウジ等の国交断絶?
エジプトの問題??
ISの拡大?  中央アジアに、フィリピン、インドネシアらが標的になっている?
佐藤優の本をよく読んでいるので、この辺りはいつもの主張である!!
ISは、自殺希望者をリクルートする?
そうしてテロを起す??? テロは止めれない???
オリンピックは、ロンドン、東京、パリ、ロサンゼルスと裏取引で決まっている??
テロの標的か?
ヨーロッパには死刑制度がない? テロリストを刑務所で育てている???
死刑制度が無い事が影響している??
人命尊重と言う偽善で自分の首を絞めている???
12
12

第4章 世界を動かすインテリジェンス・ネットワーク  
     入り込んだら抜け出せないスパイたちの“獣道”
諜報大国イギリスのインテリジェンス能力を読む??
イギリスは狡猾と言う?? が、キムフィルビー事件があった!
疑われていたようだが、そんな風になってしまうのか?
亡命で追放したというのも分からないではない? 
優れたスパイは、2重スパイの要素を持っている?
小説と映画で国民を洗脳するイギリス!
確かにイギリススパイ小説に、映画は分かり難い!!
ジョン・ル・カレについては、手嶋龍一が詳しい!!
1回読んだだけでは、1回見ただけでも分からない?
映画は、1回見て、解説を読んでもう1回見て理解出来る??
12
適性のないインテリジェンス・オフィサーは、早死にする?
組織内の評価を以上に気にする?
やってられなくなる!

佐藤優も国家に裏切られたと思った時、アルコールに走るのか??
インテリジェンスの世界は代替えが可能なようだ! つまり消耗品である!
12
命令になるが、直属の上司の命令が有効になる!
残地スパイも命令解除の方法が必要である?
中野学校は、柔軟な教育をしていた? いちいち天皇と言われても反応しない!
著者二人は、公安警察に定期的に観測されている!!
知らなかったが、情報関係に、外交関係に自殺者が多いようだ1
スパイの世界である? 日本は遅れているようだが………

12
12

第5章 共同謀議とは何か 安倍政権と権力者たちの内部抗争
     安倍政権のコンスピラシーを暴く??

安倍晋三に期待する人は多かった??
佐々淳行、渡部昇一、ただのハゲの百田尚樹らがいる!
著者達は遠慮がない?
レイプ事件をもみ消そうとしている警察官僚たち!!
安倍親衛隊というべき官僚は多そうである?
この延長線上に、森友学園の問題がある!!
婦人が100万円を寄付した? 内閣官房機密費とはっきりしている!
それにより安倍総理は4億円の裏金を手に入れている??
メチャメチャな金の流れである? 当然裏金である??
官僚は、学歴差別だけが人生と言う???
前川喜平文科省前事務官はただの官僚ではない!
前川製作所の御曹司で、三菱重工と特別な関係がある?
菅官房長官の息子は大成建設である!!
「チャンネル桜」?????  右翼のようだ!
古森義久の名前が挙がっている??
ロシアとの北方領土の問題で、実際に返って来るのか?
4島返却の意見も良いが、現実を見ていない!
佐藤優の本では、外務省も真面目にやっていない!
この本ではないが、佐藤優の解説は良く分かるし、信憑性がある!!
12
須田慎一郎のような内閣官房機密費を貰って安倍応援団を必死でやっている男と、
非難がある!!
小池百合子がいる!  裏には安倍総理がいる?
「都民ファーストの会」圧勝はおかしい? 不正選挙と言う?
小池百合子は統一教会だと断言している!!
当選したトランプ大統領と安倍総理のトップ会議を実現させたのは統一教会だと!!
国際勝共連合は、反共主義の燃えるような情熱がある!
これが小池百合子や櫻井よしこのようなアナウンサーを時間をかけて育てている?
トランプ支持層と重なる、安倍総理応援団と言う!
第5章を読んで、恐ろしい内容の本になった??

12
12

おわりに 世界標準で知識、思想を語るということ 副島隆彦
世界で通用する 「人間世界で通用している普遍的な様々な思考と諸価値」
それをワールド・ヴァリューズ(世界基準、世界普遍価値)と言う!
日本人みんなが知って使い始めるべきだと!!
12
12

« 本・世紀の誤審 オリンピックからW杯まで(2004/7)・生島 淳 | トップページ | 本・佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界(2017/12)・佐藤 優 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

朝鮮半島」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・世界政治 裏側の真実(2017/9)・副島 隆彦・佐藤 優:

« 本・世紀の誤審 オリンピックからW杯まで(2004/7)・生島 淳 | トップページ | 本・佐藤優の地政学リスク講座 一触即発の世界(2017/12)・佐藤 優 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ