« ジャン・レノ 刑事ジョー パリ犯罪捜査班(字幕版)シーズン1 2014 Amazonビデオ | トップページ | 本・第二次大戦回顧録 抄(2001/7)・ウィンストン チャーチル・毎日新聞社・毎日新聞(翻訳) »

2018年7月22日 (日)

本・スポーツ解体新書・(2006/11)・玉木 正之

Photo_6
12
12

サッカー、野球、テニス、オリンピック……。国内外を問わず、世界で最も多くの人々に注目され発展し続けている、人類共通の文化”スポーツ”。
だが、文明開化の折りに「輸入文化」として欧米のスポーツに触れた日本では、スポーツ本来の持つ意味はいまだ根付いたとは言えない。
そこで約130年間に渡る日本スポーツの歴史を振り返り、日本人とスポーツについて考え、その未来の展望を提示する。
12
12

玉木 正之である!!  解説にはうなずけるものが大変多い!!
何冊か読んでいるが、内容はうなずけるものが多い!! 博学である!!
内容は下記の通りである!!
12
12

文庫版へのまえがき
第一章  スポーツの現在と未来
第二章    日本人と体育
第三章    日本人とスポーツ・ナショナリズム
第四章    日本人とアマチュアリズム
第五章    日本人と企業スポーツ
第六章    日本人とプロ・スポーツ
第七章    日本人とメジャーリーグ
第八章    日本人と世界のスポーツ
第九章    日本人とスポーツ芸術
第十章    日本人スポーツ・ジャーナリズム
第十一章   スポーツと日本の未来
文庫版へのあとがき  未来のスポーツについて考えよう
解説

12
12

2003年に発行されて、2006年に文庫版である!
特に印象に残ったのはドーピングとアマチュアリズムである!
まずドーピングである!!
メジャーリーグでマグアイヤ選手が筋肉増強剤を使い、問題になった!! 
違反ではないが………
身体を鍛えたい! もっと頑丈にしたいと言うことは違反なのか??
最近ではロシアの国ぐるみのドーピングが問題になっている1
これは例として挙げているが、パラリンピックの義手、義足はどうなるのか??
これも突き詰めればドーピングの一種なのか??
義足でも相当早く走れる! 凄いといつも感心している!
将来は遺伝子ドーピングの可能性もある??
禁止論にも解禁論にも一理ありそうである???

12
12

日本のアマチュアリズムのええ加減さが記述されている!
日本人は体育も楽しみにしていな感じがするが………
規律を求める??
日本人はルールを変えれないものと思っている!!
スポーツはナショナリズムに結びつく??
民族の争い! 金メダルが至上とされていた??
現在のオリンピックはともかく、スポーツは国籍は関係していない?
その国でプレーしていると、その国の代表になる?
豊かな社会がメダルを生む???
12
日本のアマチュアリズムは各スポーツ校に大学、社会人を見れば明らかである!!
「美しいもの」 「正しいもの」 幻想の時代があった………
現実にプロ予備軍であってもアマチュアリズムではアマである1
スポーツは教育の一貫である!
高校野球が美しい?? 青少年の美学である??
誰もそんなことを信じない!!

12
面白い例がある!
ピアニストに、バイオリニストなどで、若くして天才と言われる子供がいるとする!
実際にいる!! 
この人達がアマチュアのままで居なければならないとは誰も言えない!!
プロになってはいけないなんて言えない!!
スポーツも同じでは無いのか??
当然団体競技、野球、サッカー、ラグビー、バレー等は海外に選手が出て行く!
日本の野球はスポーツはマスコミが握っている??
朝日新聞が高校野球に、読売新聞が企業野球を現状のまま維持しようとするならば、
日本の野球界はアメリカに支配されるかもしれない………
12
この本では無いが、卓球は昔は25点でたしか2セット先取だったと思う!
それが11点先取の7セット、4セット先取で勝ちになった!
コマーシャルを入れれると言うことである!!!
この本ではワールドカップ、アメリカ大会を25分クオーターにしようとしたとある??
その内バトミントンも変わるかも知れない………
12
審判の権威がある!!
著者の本で知ったが、歴史の古いスポーツほど審判の権威が強い!
サッカー・ラグビーVSアメリカンフットボール・バスケットである!

誰の目にも明白なジャッジを望むのがアメリカタイプである!
反面、審判の権威を重要視するのがヨーロッパスタイルである!
ラグビーは特に思うが反則をしてもアドバンテージを見ることにより笛はならない!!
アメリカンフットボールではそこで笛は必ず鳴る!!
ロスタイムは審判の権限で何分あるか分からない??
記憶に残るのは、東京三洋と神戸製鋼の決勝である!
三洋宮地監督が勝ったと思った試合を、ウイリアムが走り込んで逆転した試合である!!

12
サッカーとラグビーの独占の話は知っていた!
それぞれ解放したようだが………
12
興味深い話が並んでいる!!
大会の放映料の高額化??
ドイツのサッカークラブは、地元密着型で地域の活動をしている!
バスケットボール、卓球、テニス、ハンドボールなどのチームを持っている!!
日本はどうなのか??

アメリカでも、地域密着でメジャーリーグのチームより、おらが町のチームを応援しているようだ!!
12
疑惑の判定がある! そう言うものなんだと??
亀田興毅の件である!! 批判が相当あったが、他ではそれほどでもないが………
プロレスにそんな批判は無い!!
興行で成り立っている!
アメリカの4大スポーツは、みんなプレーオフがある!!
リーグ戦で終われば儲けれない??
12
スーパーバンタム級の元王者に、ボブ・サップをノックアウト出来るかと聞くと、
「出来ると!」 世界王者には、それぐらいのパンチ力がある!!
12
野球場のアメリカと日本の違いがある!
提言もあり、いろんな紹介のあり、批判もしている!
著者は好きなので又著者の本を読みたい!!
12
12

玉木正之
12
12

« ジャン・レノ 刑事ジョー パリ犯罪捜査班(字幕版)シーズン1 2014 Amazonビデオ | トップページ | 本・第二次大戦回顧録 抄(2001/7)・ウィンストン チャーチル・毎日新聞社・毎日新聞(翻訳) »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・スポーツ解体新書・(2006/11)・玉木 正之:

« ジャン・レノ 刑事ジョー パリ犯罪捜査班(字幕版)シーズン1 2014 Amazonビデオ | トップページ | 本・第二次大戦回顧録 抄(2001/7)・ウィンストン チャーチル・毎日新聞社・毎日新聞(翻訳) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ