« ゲーム・オブ・スローンズ メリサンドル 稀代の魔女か? | トップページ | テレビドラマ・ブラインドスポット タトゥーの女 シーズン3 »

2018年8月26日 (日)

本・恐竜たちと遊ぶ1時間(1994/1)?佐貫 亦男 (著),・木村 しゅうじ(画)

1
12
12

地球誕生から46億年。動物が登場してから6億年。
実に多様な「形」をもって地球上に発生し、厳しい環境変化の中で淘汰されてた動物たち。

彼らのからだのしくみやデザインを痛快に評価しつつ、工学的な視点から、
その興亡の必然性を説く異色の「進化論」。

巧みな想像画96点を収録。
12
12

一時間では読めない………
著者の博学さが発揮されている本である!
専門は航空力学か? 
設計の専門家であるので、設計と言う言葉が良く出て来る!!
誰が設計するのか??  神とは言わない???
造物主???
想像図が96点あるが、これが楽しい!
特に目が印象深い?? 想像力が素晴らしい!!!
本の片付けをしていたら出て来た?
著者の本は良く買っている! 主に古本屋であるが出て来ると楽しい!
まだ読む本は沢山ある!! 楽しみであるが………
しかし爬虫類、両生類、蛇など見ていると気分が悪くなる!
それなのによく読んでいると思うが………
内容は下記の通りである!!
12
12

序 生命のあけぼの

生命はどうやって出来たのか?  そういう話は難しい??
地球は46億年前に誕生した!
原始大気の中で放電して生命の素材となる物質が出来た?
長い歴史である??
大好きなカンブリア紀がある? 生命の大爆発である?
この挿絵の微生物群は見ていて楽しい!!
絶滅しなければ、違った生命の進化になっていた??
決断しなければ何も獲得出来ない???
海から陸へ?? 植物は大樹成長する??
12
1 防衛力のない三葉虫の悲哀
三葉虫は絶滅したが、似たようなものとしてカブトカニがいる!
何故生き残ったのか?? 餌にならないから??
カブトカニは名前の通り装甲している??
肉は旨いかまずいか?? 身体の大きさも食べ頃か?
12
2 奇妙な形の魚は長生きしない
化石から分かるのだろうが、これだけのことが良く分かると思う?
著者の専門の飛行機もある! 斬新な、変わった形の飛行機は今一である!
生命も同じなのか? 装甲した魚がいる!
カブトカニは単純だから生き残った???
重装甲の為、安全とは言え動きは悪い!
怪奇魚は不合理なところが多い??
それだけではないが、絶滅に関係がある??
12
3 まず節足動物が海から上陸
当時からの生き残りに、ゴキブリとトンボがいる!!
トンボも形は変わっていない?? 大きさが違う! 75㎝ぐらいある!!
両生類が誕生しているが、挿絵ではズングリむっくりである!
爬虫類との間みたい??
見つめる目が怖いが………
この挿絵、大きさが分からない!! 何か大きさが分かるものが欲しい!
トンボは現在のトンボと並んでいるのでわかり易い!!
60㎝ぐらいのようだが、ここまで想像出来るとは感心するが………
12
4 沈滞期に登場した原始爬虫類
古生代の進化(??)はゆっくりのようだ!
野球に例える? 投手は沢山いる!
退場する投手もいる! 交代時期は環境であろうと??
ブルペンでは直ぐに後退できる投手が多い??
ここの爬虫類は、背中にヨットの帆みたいなものが付いている?
ラジエーター?
が、同一種であるものとないものがある?
あったら役に立つが、無くてもよい???
環境に対して、どちらかが生き残ればよい考えなのか??
この辺りは3mぐらいで大きくなる??
が気持ち悪い??
12
海は頭足類が登場している!!
イカと思ったが貝類のようだ!
細長く4mぐらいになるが、造物主も見捨てたのか??
12
5 大きいことが幸いした恐竜
いよいよ恐竜である!
6億年を動物時代として、これを1時間とする!
人類は24秒である!!
爬虫類は両生類から分かれる?
爬虫類は硬い殻の卵を産む??
恐竜は24分支配者であった??
草食恐竜は大型化と群れを造ることで身を守ろうとした?
当然、肉食恐竜も大型化する??
大型化には有利な点があるが、弱点にもなる??
哺乳類型爬虫類もいる!! どうも滅亡しているが………
12
6 海と空に進出を図った爬虫類
異常な設計なのか??
海に進出した爬虫類は醜い??
貝に穴をあける歯がある??
海から陸に上がり、再び海に帰る?
パンゲア大陸の分裂もある??
12
飛行爬虫類、翼竜が登場する!
滑空である!
トカゲが飛んでいる感じである??
12
7 多様化の時代だったジュラ紀
ここら辺りになると知っている?
と言っても見たことがある恐竜が出て来る!
巨大である?
悪魔の原型となった翼竜がいる!
化石で残っていたのだろうが、想像力を高める??
12
始祖鳥???
これは画期的な発見のようだ?
羽毛で覆われた翼を持ったようだ???
12
8 災いに転じた水陸両用の巨体
始祖鳥は、五体と羽一本しか発見されていない!
全部ドイツである! これしか無いのが想像力をかきたてる?
良く分からないと言うことだろう………
実際に鳥の先祖なのか???
水陸に住む巨大恐竜は中途半端になる!!
体温を維持するために巨大化する??
巨体を確保するには水中が良い!!
湖や川が多い地形では良かった??
12
9 生き残るのに必要な防衛戦略
巨大草食竜は装甲を施すものも出て来る!!
4足か2足か??
装甲はエスカレートするようだ………
魚竜も気持ちが良いものではない??
途中の化石は発見されていなので、前後が分からないようだ??
12
10 花の白亜紀にのさばる暴君竜
花を付けた植物が出現する!!
ティラノサウルスにトリケラトプス?
これ以上大きくはなれない??
持たない?? 前足が小さいのが気になる??
それほどの暴君でもなかったようだが、ジェラシックパークの影響がある!!
草食恐竜も食べられてばかりはいない? 長い年月で対抗策も考える??
12
11 不思議の角は情報収集用
草食恐竜の機甲師団がある!
著者らしいネーミングである!
草食恐竜だけだったら、天敵がいなければいくらでも繁殖する!
なので肉食恐竜を造ったのか?? 
角には役目があったようだが、よく分かっていない??
12
12 スピードで生き残った角竜
草食恐竜の防御がある??
攻撃防衛の装甲を施す
情報を重視する器官を備えて、早期警戒を怠らない!
攻撃的な角! 竜騎兵並みのスピードがある???
それで生き残った??
海の方はどちらかと言えば気持ちが悪い、
翼竜も巨大になる1
翼面荷重が出て来て飛びやすさを比較しているのは、著者ならである?
大き過ぎることは良い事なのか??
爬虫類滅亡の白亜紀になる!!
12
13 役者不足だった哺乳類の幕開け
恐竜、翼竜、海竜の総退場である!!
哺乳類の存在?
花が咲く被子植物の存在??
著者は隕石の落下は言っていないが、気候変動を言っている!!
哺乳類型爬虫類は恐竜との生存競争に敗れた?
が恐竜滅亡後は哺乳類が栄える?
馬のような先祖の挿絵がある??
12
14 飛ばない怪鳥の一時の栄華
飛ばない怪鳥??
虎にサイの先祖みたいなものが出て来る!!
恐竜同士の戦いの小型なのが演じられた??
12
15 海に生活圏を求めたクジラ
先祖帰りをしている?
陸から海へ??
クジラがそうだと言われている?
何故海に居なかったのか??
著者流にいうと、そう言う環境ではなかった??
12
ゾウの祖先か??  鼻が長くなり、牙も長くなる?
長い牙は獲物を突き刺す武器である??
肉食動物は草食動物の後から出現する?
餌がなければ出現しない??
12
16 危うく絶滅を免れた爬虫類
植物が爆発的に分化した! 昆虫も急速に進化した!
海中も空も種類が多くなる??
環境、気候の変化があるためか??
爬虫類は、蛇、鰐、トカゲ、亀等が生き残る!!
マンモスが出現する!
サルの解説がある!! リーダーがいて群れを作る??
サルは人間に似ているが、一緒ではない?
サルの次に人間が来る系統図が間違いである!!
12
17 氷河期に耐えたマンモスたち
マンモスの牙のかたちがおかしい???
上に曲がっている? 氷河期の雪かき用なのか??
剣歯虎もいる??
余計にややこしいと思うが………
12
18 巨大な角をもてあましたシカ
巨大な角を持っているシカの先祖!
ホビットに出ていたが、敵を引っかけていた??
割に合わない角は破滅の元である??
隔離されていると独自の進化をする??
マダガスカル島に巨大な歩行鳥がいた??
住み易かったからか? 天敵がいなかったからか??
12
19 サルらしさをめざした哺乳類
ここからはサルの話である?
霊長類である??
サルと人間は手の指が違う?
類人猿は苦労して進化した?
がとなりにまだ人類がいる!!
ここら辺からは挿絵も理解し易い??
12
20 平たい顔で正確な距離測定
樹上生活者がいる!
安全な木の上で生活する? リス、サル??
視覚に優れている??  木を握れる指がしっかりしている?
いつも思うが、フクロウの目は何を見ているのかと??
距離を測定している? 
いわれてみればそうだろう………
類人猿の化石は多そうである??
ゴリラか何か良く分からない??
化石で動物の骨髄や脳ミソを取り出して食べていた証拠があるようだ………
著者がイタリアでオムレツを食べた時、チーズ状のものだった?
全部食べたが、何か聞くと牛の脳ミソだった………
昔も今も美味しいんだろう………
12
21 平原に展開した類人猿たち
化石から分類されるのも不思議なものである??
連続性を探っている??
ルーシー???
しっかり握れる指が重要そうである??
12
22 器用さをみせたエレクツス
ホモ・ハビリスとアウストラロピテクスが共存している!
脳の容量が違う? ホモ・ハビリスが生き残る!
ホモ・エレクツスに進化する? 直立二足歩行である!
火を使っていたようだ!!
ホモ・ハビリスから、ホモ・エレクツスへと続き、
人類へ続いたかどうかは分からないと??
ホモ・エレクツスは共食いをやっていた可能性がある??
12
23 原人から現在への胎動
原人の種類も多い!
各地にいるようだ………
ネアンデルタール人が登場する!!
「NHK コズミックフロント ネアンデルタール人絶滅の謎」
これに推測があった! 否定も肯定も出来ない??
この滅亡は他人ごととは思えない??
著者の解説はよく分かる!!
12
24 人類の新しい未来を求めて
クロマニョン人が発見される!
アウストラロピテクス➡ホモ・ハビリス➡アホモ・エレクツス➡
シュタインハイム原人➡ネアンデルタール人!
クロマニョン人は狩猟道具を使う!!
壁画があるが、派手な人間を描いている?? 
これは色が付いているのだろう………
アルタミラ洞窟博物館とえらい違いなのか??
果たして新クロマニョン人は登場するのか?
つまり人類はこれまでの進化を壊しているのではないか?
進化の歴を見て、自ら新クロマニョン人になるべきなのか??
12
12

佐貫又男
12
12

« ゲーム・オブ・スローンズ メリサンドル 稀代の魔女か? | トップページ | テレビドラマ・ブラインドスポット タトゥーの女 シーズン3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ゲーム・オブ・スローンズ メリサンドル 稀代の魔女か? | トップページ | テレビドラマ・ブラインドスポット タトゥーの女 シーズン3 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ