« 本・ドイツ本土戦略爆撃―都市は全て壊滅状態となった(2006/1)・大内 建二 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ ハイ・スパロウ(雀聖下)    »

2018年8月23日 (木)

本・戦艦大和最後の戦い(1994/5)・三野 正洋

Photo_5
12
12

昭和20年4月6日、戦艦大和をはじめとする日本艦隊が沖縄を目指して呉軍港を出撃!
折しも台風が近づいており、大和の天敵である敵艦載機は飛来できない。
「菊水作戦」と名付けられたこの作戦は、沖縄に上陸したアメリカ軍を大和の四六センチ砲で撃破しようというものだった。
しかし、これを察知したアメリカ海軍は、最新鋭艦アイオワ、ニュージャージーをはじめとする第44任務部隊に大和迎撃を命じた。
巨艦同士による史上最大の死闘はこうして火蓋が切られたのだった!

12
12

著者の「五発の原爆」続いて読む!! 本の整理をしていたら出て来た本である!!
大変楽しい本である!
著者は兵器の比較研究の専門家である!
ほとんど読んでいる!
「戦艦対戦艦」がある!  各国の戦艦を比較している?
が建造時期が違うので、やはり後から建造された方が、最新の設備を取り入れている!
なのでやはり強力になる?? 
その中で沖縄特攻で天候悪化で航空機が飛べずに、アメリカは戦艦群が迎え撃つ!
結果は、大和沈没!! アメリカ戦艦一隻が沈没、と言う結果だった………
12
戦艦と飛行機の戦い!
① 完全に自由な大海原!
② 完全な戦闘態勢をとって!
③ 護衛艦も付いた状態!
で戦った場合にどうなるのか??
結果は、マレー沖のイギリス艦隊!!
レイテ沖の戦艦武蔵の沈没で判明している!
例は悪いが、戦艦ビスマルクもヨタヨタの雷撃機に運航を止められた??

12
大和の沖縄特攻の時の、架空戦記である!!
実際は艦載機の攻撃を受けて沈む!!
この時、天候が悪く攻撃機が発進出来ないとしたらどうなるか?
戦艦同士の戦いになった可能性が高いようだ!
その為には天候が問題になる!
その為に、気候の専門家を乗りこませる!
民間人である! 早い話が天気予報士である!
この気象学者の手記が元になる物語である!!
これが史実通りに沖縄へ向かう!
雪風も当然参加する!
学生の頃に、この沖縄特攻に参加した、「原為一 帝国海軍の最後 鎮魂の戦史」 を読んだ!
著者は太平洋戦争開始時には駆逐艦・天津風艦長としてミンダナオ島(フィリピン)のダバオ攻略作戦に参加!
以来多くの駆逐艦の司令として激闘百数十回をかぞえる!
最後は巡洋艦「矢矧」艦長として戦艦大和らとともに沖縄特攻作戦に参加し、その目で帝国海軍の最後をみている!!
苛烈な実戦の貴重な記録と言う!
まだ若い頃に読んだので詳しくは分かっていなかったが大変印象に残った!
① アメリカ潜水艦への攻撃! 夜間浮上している時を狙う!
② 台湾沖航空戦の結果を割り引いて信じた? 相当な戦果があったと!
③ 最後に矢作沈没後の漂流していた時の体験談!
この本でも名前が出て来たので懐かしかった??

12
日本は、もう勝てないの分かっているが負ける時に艦船が残っていたら本当に戦ったのかと思われる!!
天皇の 「海軍にはもう船は無いのか?」  なので沖縄特攻か?
司令官伊藤整一も反対するが、一億特攻の先駆けと言われて行く!
理屈ではなく、空気である!!

出撃時、伊藤整一の息子が上空護衛機に付き、後に自らも特攻で出撃する!!
12
史実と違い、何とか特攻を成功させるために気候を利用する!
艦載機が飛べない嵐(?)の時に出撃する!!
そしてそれは成功する!! その為の気象学者である?
12
アメリカは、沖縄線のために用意した艦隊がある!
① イギリス艦隊 空母4隻、戦艦2隻、重・軽巡6席、駆逐艦10隻、艦載機244機!
② 沖縄本島攻略戦のために、せんか10隻、巡洋艦12隻、軽空母17隻!
③ 大型空母14隻、戦艦6隻、重巡4隻、軽巡8隻、駆逐艦58隻、艦載機919機!

12
イギリス艦隊だけで日本の残存艦隊を上回る!!
この大和のために、アメリカは戦艦群を差し向ける!
最新鋭戦艦、アイオワ、二ュージャージー
マサシューセッツ、サウスダコタ!
ワシントン、アラバマ!
戦艦6隻である!
12
まずはアイオワ、ニュージャージーが出て来る!
最新鋭だけに速度も速い!
最後の戦艦同士の戦いである!  著者の願望もある!
最後は航空機による攻撃もある!
沖縄まではたどり着くが、全艦沈没である!  雪風も沈没である!
アメリカは、アイオワが大破と中破の間?
ニュージャージーが中破である!!
戦ったことを示すために無駄な戦いをしたのか??
最後は悲しくなる内容であると思うが………
12
12

戦艦大和最後の戦い・三野正洋
12
12

« 本・ドイツ本土戦略爆撃―都市は全て壊滅状態となった(2006/1)・大内 建二 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ ハイ・スパロウ(雀聖下)    »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・戦艦大和最後の戦い(1994/5)・三野 正洋:

« 本・ドイツ本土戦略爆撃―都市は全て壊滅状態となった(2006/1)・大内 建二 | トップページ | ゲーム・オブ・スローンズ ハイ・スパロウ(雀聖下)    »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ