« 本・英国の危機を救った男チャーチル なぜ不屈のリーダーシップを発揮できたのか(2018/6)・谷光 太郎 | トップページ | 第二次世界大戦後、ベトナム独立戦争に参加した日本兵!! »

2018年8月16日 (木)

NHKスペシャル ノモンハン 責任なき戦い  8月15日

Photo_2
12
12

この8月15日の終戦の日の特番は多い!
司馬遼太郎が書けなかったと言う、「ノモンハン」である!
それだけではないと思うが………
その代わりに半藤一利が書いたのか?
ソ連の満州侵攻についても書いているが………
映像を現在の技術でカラー化している!
戦車の疾走するスピードが速い! 時速50㎞と言う!
この満州の原野で戦車戦は行われない!
戦車王国ソ連に対抗出来る戦車を、日本は造れない??
12
1
12
79年前、モンゴル東部の大草原で、日ソ両軍が激戦を繰り広げたノモンハン事件!
ソ連軍が大量投入した近代兵器を前に、日本は2万人に及ぶ死傷者を出した!
作家・司馬遼太郎が「日本人であることが嫌になった」と作品化を断念した!!
情報を軽視した楽観的な見通しや、物量より優先される精神主義など、
太平洋戦争でも繰り返される「失敗の本質」が凝縮されていた!
軍は、現場の将校には自決を強要した一方で、
作戦を主導した関東軍のエリート参謀たちはその後復帰させ同じ失敗を重ねていった?
今回NHKは、ロシアで2時間に及ぶソ連軍の記録映像を発掘!
4Kで精細にスキャンした映像を「AIによる自動カラー化技術」で鮮やかに着色し、
戦場の実態を現代によみがえらせる。
さらに軍の判断の経緯が証言された、150時間を超える陸軍幹部の肉声テープも入手。
敗北はどのようにして隠され、失敗は繰り返されたのか。映像と証言から迫る。
12
12

ノモンハンで戦い生き残った須見新一郎!!
戦後長野県上山田温泉三楽荘の主人となり、司馬遼太郎の取材を受けている!
その後、司馬が参謀本部作戦課長瀬島龍三と対談したことを知ると、
それまでの取材内容の使用及び今後の取材を拒否した!!
絶交したようだ!
「元亀天正の武器」で戦ったと!!

12
12

今や惨敗ではなく、勝っていたと言う主張が盛んに出ている!!
辻政信の話が出て来る! 鵺のような人なのか???
ノモンハンの国境越境爆撃から始まる!
当時の日本の航空隊はかなり実力はあった!
逆にソ連は遅れ気味だった??
なのでバルバロッサ作戦でソ連空軍は壊滅状態になった?
が、底力はある!! 学習してやがてドイツを圧倒する!!
それからみるとノモンハンでの空の戦いは有利に運んでいる??
インタビューがあるが、天皇のことを、「天さん」と呼んでいる!
舐めている!!
辻政信を切ろうとしたが出来なかった?
証言があるが、辻政信を天才と言っている!
だからやることに間違いがはない!!
負ける組織の例みたいなものである??
12
日本軍25、000人、ソ連・モンゴル軍57、000人!
死傷者は、日本が20,000人にソ連は25,000人!
善戦どころか勝っている??
12
12

情報を重視する土井明夫!!
実際にシベリア鉄道の輸送から判断している!!
ところが自分ところが出来ないことは相手も出来ないと考える??
自分に都合のよいことしか見ない!
「信じたいものを信じる」

瀬島龍三なのか???
土井明夫は、辻にそんなことを言えば殺されるかもしれんと脅す!!
辻政信!! 「牛刀をもって鶏を割く」  なめ切っている!!!
12
ドイツはソ連と対峙している?
西の方が重要である! 東に軍は送れないと判断するのが日本!
スターリンは現実主義者である! 
西を重要視するなら東を一度叩いておいて、へこませておきたい!
戦争はやはり数である!!
勢いだけの日本とは違う??
現実に兵站をきっちりやっている!
日本は?  ここらの反省も無いようだが………
ソ連のジャーコフ将軍は、日本軍の兵を褒めた!!
実際に良く戦ったようだ??
現場の指揮官もよく働いている!!

井置栄一中佐がいる! 遺族は姫路に住んでいる!
800人中300人の死傷者で撤退していると、辻政信は非難した!!
自決を勧告される! その自決を勧告した司令官が弔問に訪れる!!
それで責任を果たした??

12
日本軍の捕虜がいる! 200人ぐらいいたようだ!!
この捕虜は敵前逃亡の可能性があるとの事である!!
航空隊の原田少佐も拳銃を置かれて自決を強要される!
拳銃を置いた三好康之参謀、自らの責任を認めない!!
銃を貸してくれと言われた???
12
辻政信の次男がインタビューに応じている!
言わんとすることは分かる??
もっと責任を負うべき人間はいるはずだと!!

関東軍参謀の辻政信少佐は現地戦闘に参加し、
ノモンハン戦について戦後家族宛の書信がある!
「戦場に慣れない間はいつでも誰でも先ず第一に自己の周囲の惨状が目に付く!
 自分だけひどい目にあって敵は涼しい顔をしているように感じるものだ」
「昔から戦場に双退(敵味方共に退却すること)の現象がある!
どちらも負けたと思ったのだ。戦争は試合のように審判官がないから、
 勝負は結局相互の意思で定めるだけだ」
「現地軍は勝った、少なくとも断じて負けとらんとの気持ちであった」
 と書いており、日本軍が大規模攻勢をかけようとしたとき参謀本部は負けたと感じた!
「負けたと思ったほうが負け」ということを言っています!
 また辻の著によると傍聴によってソ連側が大損害によって悲鳴をあげているのも、
 軍は把握していると!
12
生き残りのインタビューからは反省の言葉は無い!!
それより責任逃れの言が並んでいる!!

12
101歳の生き残りの兵がいる! その証言がある!
今なお慰霊碑を訪れている!
坂を歩いているのもおぼつかくなっている!

自決した人間には、戦死で靖国神社へ祀ると???
こうなれば靖国神社もどうなっているのかと思う!!
12
12

« 本・英国の危機を救った男チャーチル なぜ不屈のリーダーシップを発揮できたのか(2018/6)・谷光 太郎 | トップページ | 第二次世界大戦後、ベトナム独立戦争に参加した日本兵!! »

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

テレビ番組」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル ノモンハン 責任なき戦い  8月15日:

« 本・英国の危機を救った男チャーチル なぜ不屈のリーダーシップを発揮できたのか(2018/6)・谷光 太郎 | トップページ | 第二次世界大戦後、ベトナム独立戦争に参加した日本兵!! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ