« NHK 英雄たちの選択 幕末最強の軍事力! 肥前・佐賀 鍋島閑叟 | トップページ | 本・知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治(2018/6)池上 彰 »

2018年9月30日 (日)

本・信長・秀吉と家臣たち(2011/7)・谷口克広

Photo_2
12
12

信長・秀吉を中心とする安土桃山は画期的な時代だった。
戦国を終わらせ江戸へと橋渡しするこの時代は主役の二人の個性がきわだっているが、脇役たちにも魅力あふれる人物が揃っている。
個性あふれる面白い人間たちを通して安土桃山時代の真の姿が浮かび上がる。

12
12
著者の本は多くははないが、よく読んでいる方である!
押しつけがましくなく、他者を批判するわけでもなく、わかり易い!
この本も整理していたら出て来た本である!!
あらためて読んだが、大変面白い!!
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに
第一章 織田信長と言う人物
第二章 悲劇の織田武将
第三章 個性豊かな信長の家臣たち
第四章 信長から秀吉へ
第五章 豊臣秀吉という人物
第六章 秀吉の覇権を助けた人
第七章 豊臣政権の展開
第八章 秀吉以後の日本
おわりに

12
12

前半が信長で、後半が秀吉である!
定説と言うモノは、思い込みに多いようだが………
こう言うのは逸話から取っている話が多いが、素の検証も大変だ!
大好きな、父信秀の葬儀の時の振る舞いを見た、筑紫の僧なにがしの、
「あれこそ国をもちたる人ぞ!」
の話は無かったが…………
12
12

第一章 織田信長と言う人物
厳しい反面、優しさもある!!
それはそうだろう…………
天才的なひらめき、果敢な行動力、慣習にとらわれない英知!
その反面、短気、傲慢、残忍、猜疑心、執念深さ等がある!!

信長が革新的だったこと??
① 検地をおこなう?
② 武士の城下町集住により兵農分離を推進した?
③ 楽市楽座?
④ 関所を廃止し、道路の整備をした?
⑤ 堺などの自治都市を掌握し、統制下に置く?
⑥ 撰銭税により貨幣の流通の円滑化を進めた?
⑦ 国内の不要な城砦を破壊し、国衆の軍事力を奪った?
⑧ 一向一揆を壊滅させて、宗教勢力を支配下に置いた?
以上があるがその検証がある!
結論から言えば、信長自身がやる前からあるものも多い!
信長自身手を付けたことも多い? が徹底的では無かったようだ?
が、やはり本能寺の変で死んだので中途半端になる!
死んでいなければどうなったかと思うと興味がある?
そして秀吉が引き継ぎ、家康も関わったようだ??

12
裏切った家臣は許さない! 疑り深く執念深い!!
近江衆の粛正??
追放、粛清された家臣の名前を並べれば何人いるのか?
しかし利用出来る内は粛清していないようだ?
佐久間信盛なんかな良い例である!!
12
12

第二章 悲劇の織田武将
塙直正!! 一時の出頭人で本願寺攻めで戦死した!!
信長に気に入られていたのだろう………
もし生き残っていたら、光秀の方面軍も出来ずに本能寺の変は起こらなかった??
12
佐久間信盛は面白い!!
「そうはいっても私たちほどの家臣はなかなかもてないものです」
信長に叱責されて返答した!! よう言うた!!!
なかかな言えるものではない?? 相手を見て物を言え!!!
が、本願寺攻めで信長の意向に沿っていない??
ようは可愛げが無い? 誰ならあるのか?? 秀吉である!!
「狡兎死して走狗烹らる」の世界である!!
信長も余裕が出て来た? なので家臣の整理を図った??
後継者信忠の家臣の再編成である!
追放されるべきして追放された??
12
外様の荒木村重である!!
結局は反乱した! 理由は色々言われている!
松永弾正、荒木村重、明智光秀と続く!
播磨地方も官兵衛が織田に引き込んだが、結局は寝返る!!
要は信長が恐ろしかった???
一度疑われると許さない実績がある?
一族は死んだが、村重は生き残った!
著者は村重に同情的である! 
卑怯な振る舞いで生き残ったのではなく、成り行きだと!!!
伊丹、尼崎、花隈と言う支配地が悪かった?
反乱を起こさなくても、国替えになっていたと思われるが………
12
12

第三章 個性豊かな信長の家臣たち
朝山上人、朝山日乗???
よく出て来る名前である!
著者が解説しているが、油ぎった怪僧か???
信長に信頼される?? フロイスが弁舌に関しては達者であると?
著者はこのフロイスの記録を注意している??
信長の前でロレンツと日乗の宗論争いで日乗が逆上したとあるが、疑問視している?
信長、足利幕府、朝廷の間でうごめく??
12
竹中半兵衛 軍師の代表的な武将である!
軍師の立場に関しては、小和田哲男の解説があった!
足利学校出身者は、軍師と言う? 作戦のアドバイザー??
易学から判断する? この日は戦ってはいけないと!!
日本は軍師が好きである!
『謀を帷幄の中に運らし勝つことを千里の外に決す』
天才的な能力の持ち主である?
身体が悪いほうが良い? 山本勘助は片目でちんばである??
そう言う中で、無欲で寡黙な軍師は過大評価される??
活躍はしたが、後世言われるほどのものではなかった???
竹中半兵衛に関しては、播州三木、美濃垂井の両方の墓に行っている!
垂井に三木ののぼりがあったのはおかしかった?
戸部新十郎の伊藤一刀斎では、関東に行っている!
これは名前が残っているみたいである!!

謎めいた武将ではあるが、軍師ではないようだ???
12
信長の親衛隊だった馬廻!
信長の本陣を守る役目である!
素晴らしい働きをしたとある!!
東国の馬術名人、矢代勝介が紹介されている!
信長晩年に仕えたので本能寺の変で立場が違うので逃げろと言われた!
が逃げずに本能寺で死ぬ!!
12
12

第四章 信長から秀吉へ
清州会談と秀吉 出席者は?
羽柴秀吉、丹羽長秀、柴田勝家、池田恒興で、滝川一益は外される!
これが勝家に不利になる?
秀吉と一緒に戦った武将は秀吉を立てることにより分け前にあずかろうとする?
信長は家督を信忠に移している?
従って信忠の後継者を決めるのならば、三法師で良かった?
12
織田信忠 出来の良い二代目か?
もし本能寺の変の時に生き延びたら???
秀吉の政権は無かった???
と言うのが結論のようだ………
信長が信忠の立場だった、逃げていたのではないか?
本能寺は逃げられないと悟ったのそこで戦って死んだ??
12
勝家との戦い しょせんスケールが違う??
秀吉の手のひらで戦ったのか!
堀秀政、名人久太郎がいる! 秀吉側に立つ!
丹羽長秀も池田恒興ももはや家臣である?
勝家もそれなりに策を巡らしているが、モノが違う??
敵前逃亡をした利家を勝家は恨み言を言わずに送り出した!
著者言う、敗者の美学がある??
12
第五章 豊臣秀吉という人物
信長の家臣としての秀吉
仕えてからは働いた!
「若い頃から家中で自分のマネを出来る者はいなかった」
「時には死ぬ気で働かななければならない」
要は努力は報われた!!
その努力は、努力し抜かねばもたらされない?
12
人たらしの名人

「誠心誠意」である!!
「ニコポン」は桂太郎である! 会社に入った時はそう言う感じの人もいた?
秀吉の出世の条件!!
① 勤勉
② 現実を直視出来る
③ 人好きする性格
④ 強運
運だけは個人の力ではどうにもならないが、努力しない人には運は来ない??

12
秀吉の刑罰
晩年には人を良く殺したが、若い頃は殺すのを嫌がった??
秀吉の自慢の城攻め!
播磨三木城、因幡鳥取城、備中高松城がある!
力攻めしていれば死傷者が多くなる?
しかし残酷な城攻めである???
時には激しい処置もあったようだ?
12
神子田半左衛門正治に尾藤甚右衛門友定と言う家臣がいる!
あまり有名ではない! どちらも出世し始めたころの家臣か?
どちらも最後は哀れである??
12
第六章 秀吉の覇権を助けた人
堀秀政 天下取りのキーマン
名人・久太郎である!! 信長の家臣である!!
秀吉の毛利攻めに同行している!
本能寺の変の後、秀吉に仇討を勧めたという?
黒田官兵衛や、蜂須賀小六が勧めたとの話もあるが………
順調に出世する!! 人使い上手く、何が出来るかの能力を見ている!
小牧・長久手の戦いで負けていた中で、一人気を吐いた!
秀吉は、関東八ケ国を家康ではなく、秀政に与えようとした?
これは話が大き過ぎるのでは?? 38歳で亡くなったのは惜しい武将であった!!
12
宮部継潤 山法師上がりの豪将
司馬遼太郎によれば、法体での武将は二人と言う!
宮部継潤と筒井順慶??  名前が逆が面白い!!
浅井家を裏切り信長に仕えて、その後秀吉に仕えて活躍する1
この当時は重要な家臣で中国戦線で活躍した………
九州での戦いにも活躍する!
鳥取から九州への国替えを、自身の老年と子どもの若さを上げて断る!
認められたようだ? 宇都宮鎮房、織田信雄みたいに追放されていない?
12
豊臣秀長 ベストオヴNo2
影の人? 司馬遼太郎 豊家の人々に登場していた!
八条宮、結城秀康、宇喜多秀家、小早川秀秋らと並んで秀長である!
大変面白かった! そう言う補佐役に徹した人がいた??
堺屋太一は長編である!
あまり知られていない存在だった………
が読み終わった後は驚きだったが………
秀吉の出世に従って、戦いも大きくなり兵の数も多くなる!
それを経験して来て実力も付けたのか??
ただ蓄財が激しかったようだ??
大和を治めたので、寺院などの勢力が強い!
治めるのに金も使ったようだが……
秀吉にも蓄財については怒られたようだ??
12
第七章 豊臣政権の展開
秀吉の事跡とその評価
太閤検地
刀狩り
兵農分離
石高制
座の特権を否定
自治都市を完全に統制下に置いた
宗教勢力の勝手な活動を封じた
京都の都市改革
キリスト教の禁止
朝鮮出兵
信長がはじめてそれを完成させたものも多い?
12
秀次事件  本当に謀判なのか
後継ぎだと思い、近づいて来た大名も多い!
最上義光、細川忠興らもそのようである!!
能力は有ったのか? 秀忠とあまり変わらないのではないか??
ただ、家臣の能力が違う!
本人の時世と自分を見る目が無かったからか??
一、 秀頼可愛さのあまりに排除した
二、 石田三成の存在
三、 秀吉、秀次の権力の対立
秀頼のために事件をでっち上げた?? と言うのが理由か??

秀次の悪行があるが本当かどうか分からない??
文化人として活躍した?? 剣の道にも詳しい???
12
五大老・五奉行制の真実
いつに時期に決まったのかは諸説がある??
名前は決まっている?
ただ小早川隆景に大谷吉継が大老と奉行だったのか?
秀吉の死の前に五奉行は決めれられた??
この間に三中老の存在がある! あまり活躍の場面は無い?
史僚制の違い?
信長は武井夕庵、松井友閑、村井貞勝ら純粋な史僚!
秀吉は三成ら一国一城の主である!!
家康は譜代大名の三万石以上であれば老中への道が開けていた!
秀吉亡き後は機能していない??
12
12

第八章 秀吉以後の日本
関ヶ原の戦い
石田三成である?
この本では出ていないが、季節外れの桃が秀吉に献上された!
が、それを食べて食あたりでも起こしたどうすると取り上げなかった?
恨みは残る!!
毛利輝元の家臣の脇差が三成が欲しいと言った!
それに対して、その脇差は秀次も見ている。
秀次が欲しいと言ったら困るので、すぐに献上せよと!
これは堺屋太一は、輝元の気遣いとしている?
どちらにせよ三成が実力者であると言うことである??
秀吉亡き後、三成までが家康に走ったとなれば世の中の秩序はどうなるか?
と司馬遼太郎は「関ケ原」の最後で官兵衛に語らしている!!
私欲を持っていたわけではないが、権力欲はあったようだ??
12
家康の開幕と幕藩体制
家康が仕上げたことになる!
大名、朝廷、寺院に対する法を発する!
家康・秀忠・家光の48年間で119家改易し、一千石を超える石高が没収された?
譜代も外様も関係なしである!
鎖国については完全に封じたわけではないようだ??12
12
大変面白い本であった! まだ読んでない本はあるので読んでいきたい!
12
谷口克広
12
12

« NHK 英雄たちの選択 幕末最強の軍事力! 肥前・佐賀 鍋島閑叟 | トップページ | 本・知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治(2018/6)池上 彰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

戦国武将(武将)」カテゴリの記事

 徳川家康 (徳川関連)」カテゴリの記事

 織田信長 (織田関連)」カテゴリの記事

 豊臣秀吉 (秀吉関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・信長・秀吉と家臣たち(2011/7)・谷口克広:

« NHK 英雄たちの選択 幕末最強の軍事力! 肥前・佐賀 鍋島閑叟 | トップページ | 本・知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治(2018/6)池上 彰 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ