« 本・諜報戦争―語られなかった第二次世界大戦 ①(2002/9)・ウィリアム.B.ブロイアー | トップページ | テレビドラマ・同期 2011 amazonビデオ »

2018年10月29日 (月)

本・諜報戦争―語られなかった第二次世界大戦 ②(2002/9)・ウィリアム.B.ブロイアー

Photo
12
12

Part4 世界を覆う戦火
東京を焼夷弾攻撃する奇抜なアイデア

信じられないような話である??
こうもりに焼夷弾を取り付けて攻撃させる?
それが東京である! アメリカも面白いことを考える?
日本の風船爆弾みたいなものか??
爆撃機1機分で4000ケ所に火災を起こせる??
動物愛護協会が黙っていないのでは???
結局は中止になった??
12
FBIが検挙したホノルルの「スリーパー」

真珠湾攻撃後、日本のスパイの検挙が始まる?
ドイツ人スパイもいる? やはりバレて逮捕される!
処刑はされない? 報復を恐れたようだ………
12
「裏切り者」を演じたフランスの愛国者

ブレストの軍港で占領後も働いていたフランスの海軍大尉!
ドイツに取り入ったと思われた?? が実際は軍港の情報を送っていた!
いつかいなくなる? 同情はされない??
実際は処刑されている! 軍港解放後勲章を授与されて皆に分かる?
軍港の名前は、彼の名前に改名されたようだ………
12
かれらの武器は「言葉」

フランスの地下出版である!
国内の読者は200万を下らない!
ユーモア溢れる記事もある!
職業別の出版物もあり、フランスのレジスタンスの奥の深さを感じる!!
12
やっと捕獲した敵機がこっぱ微塵となった奇妙な顛末
イギリスの小型機ライサンダーは活躍した!
ヨーロッパへの潜入手段で使用され、人員の回収にも使われた!
これが着陸に失敗し、不時着する!
規定により爆破しようとするが出来なかった?
ほぼ無傷で手に入りドイツは調べようと確保を命じる!
が、これはトラックが列車と衝突して粉々になった??
パイロットは無事に回収されたようだ………
12
変装した牧師さま
ノルウェーの聖職者で、ナチに対する抵抗組織に入っている!
ノルウェー国民を隷属させるためにこの最上位の聖職者を逮捕する!
が、ドイツの参謀本部は抵抗組織に入っており、この聖職者命を救う!!
12
謎のスコットランドヤード捜査官
こう言う人間は両親と言うモノがあるのか??
殺人容疑で追われていて、ダンケルク撤退後パリにイギリスの軍服を着て現れた?
最初は愛国心で脱出するイギリス兵を助けた!
が、ゲシュタポに捕まり転向する??
マッチポンプである?? 助けながら、脱出を助けた人間ゲシュタポに売る!
戦後、疑われて警官と銃撃戦になり死ぬ!!
12
ナチによる通貨偽造の企み
通貨の偽造は商売にならない??
原価が高すぎる??  高額紙幣なら余計にだ???
インクに紙幣の紙? 透かしもある?
要は相手の経済の混乱を起こしたいときに有効である!
ナチは最新鋭の偽造工場を造った!!

1943年にイギリスは流通している銀行券をすべて回収し、
新たなデザインの剣に交換すると!!

効果はあった!!
12
薄汚いカフェでの偶然の出会い
ビギナーのスパイである!
トーチ作戦の情報を撹乱する??
上陸地点を違う位置とする情報を流す!
カフェで一人でいると若者二人が入って来る!
ピンと来て誘う!
一か八か賭ける??
酔ったふりをしてニセの計画を話するが、これに引っかかる??
来るはずのない海域でUボートが待っている………
12
ヒトラーの邪悪な守護天使
ヒトラー暗殺は何度も計画されたが、その他部に切り抜けた!!
悪魔的なカンと言う!! トレスコウ大佐が暗殺を計画する!
暗殺の希望者もいる!  当然自分も死ぬ!
邪悪な守護天使はヒトラーを守る!
だいたいミュンヘンの爆殺も早く帰ったために爆発から逃れている??
恐ろしい話である………
12
ルーズベルトの客となったナチのスパイ

モロッコのサルタンはナチス・ドイツのスパイである???
ルーズベルト大統領にチャーチル首相が来ている!
ここの会話をドイツは知る!
1943年には大陸反攻は無いとの情報もあったようだ………
非常に役に立った情報である!! 誰も信用出来ない???
12
ベルリンの売春宿に仕組まれた計略
ジャック・ヒギンスの小説では好意的に書かれる、ヴァルター・シュレンベルグ!!
親衛隊最年少の将官である?
外国の要人がくつろげる場所を作ろうと??
売春宿である!  隠しマイク、テープレコーダー、カメラ………
ベラベラ喋る???
ここにイタリアのチアーノ伯爵が来ている?
若い女が一杯で華やかな場所で逮捕される?
日記を渡せば自由にしてやる???
銃殺刑にされる………
それにしてもドイツはよくやる????
12
スパイの元締めをスパイしたスパイ
スイスのダレスのもとに来たドイツ人!
これを料理人が怪しいと報告する!
料理人がスパイである! スパイの元締めをスパイしている??
いい度胸している??  首になる!!
12
12

Part5 大攻勢

ゲシュタポを翻弄した女性スパイ
フランスのレジスタントの夫婦がいる!
夫が逮捕されてそれを救う!
妊娠中である? 計略を使い無事に救出してロンドンに行く!
そこで出産する!!
12
自分の工場を爆破した経営者
フランスはドイツに負けてドイツの軍需品も造る!
プジョーの工場を爆撃するが、はずれてフランス国民に被害が出ている?
犠牲者を出さないために自分で工場を爆破するように説得する?
これを受け入れる!
ミシュランはこれを拒否した!
爆撃隊が廃墟にする??
フランスはあらゆる作業でサボタージュしたようだ!
機銃などでも故障するようにしている?? フランスは降伏しても戦っている??
何処かの国と大違いである!!
アメリカ本土空爆計画
ドイツ本土へのイギリス爆撃機を迎え撃つ戦法がある!
ありったけの単発戦闘機を上げて、爆撃隊をサーチライトで照らす!
そうしてありったけの銃弾を叩きこむ?? これは効果があったがドイツも大半が付かイモにならなかった??
ドイツもアメリカ本土への爆撃を考える?
ただし、飛行艇である!!
Uボートを一定間隔で配置し燃料補給し爆撃する!
どう見ても無理と思うが……… 
最初は成功するが哨戒機を飛ばされて飛行艇本体、Uボートも攻撃される!
そもそも帰りを考えていない、一方通行の攻撃である??
ドイツも苦しかったんだろう………
12
デンマークの「王子たち」と七千名のユダヤ人
「王子たち」は地下組織のこと!
原子物理学のニールス・ボーア教授がいる! 後にイギリスに脱出する! 
デンマークも地下組織は活動している!
7千人のユダヤ人を救っている! ドイツの裏をかいている??
ドイツに移送さるところスウェーデンに小船で送る!
12
アイゼンハワーの秘密兵器
連合軍の上陸に対してドイツ軍の守備の情報は欲しい!
これを提供したのはフランス人たち!
全体を知らないが、個々の情報を集める!
ライサンダーで回収される!
作戦室に詳細な地図がある! 毎日更新される??
アイゼンハワーの秘密兵器である!!
12
実行されずに終わったナチの「カミカゼ」攻撃
女性パイロットのハンナ・ライッヒ!
ヒトラーの最後の時にベルリンに飛んで来ている??
この女がV1を制度を高めるために友人にせよと??
この女おかしいのではないか??
テストは自身が成功させるが、志願者が集まらない???
12
連合軍の将官二名を狙った刺客
イタリアでアメリカとイギリスの将官を暗殺しようとする!
4人派遣されるがひとりはイギリスのスパイ!
上陸地点で待ち受けている???
12
ヒトラーに警告を発した女性スパイ

ノルマンディー上陸時、ドイツが毒ガス兵器を使う情報が入る!
これを連合軍は恐れている!
逆にもし使われたら報復で細菌兵器を使用すると!!
これを二重スパイを通して流す………
毒ガスは流されなかった………
12
脅された情報管制

ノルマンディー作戦前、イギリスは警察国家と化した??
情報を守るためである!  チャーチル首相にも尾行をつけた!
交通違反もするなと警告した!!!
その中で作戦を知る軍人を捕虜になる可能性のある作戦に参加させない!
この扱いについて迷う!! 作戦を知っていたと判断する!!
ここからは狐と狸である? 二重スパイもいる??
保護されて帰還する時に又逮捕された!!
結局情報は漏らさなかったようだ………
12
魔法使いとキノコ農家の男
ドイツのV1の攻撃が始まる!
連合軍は発射基地を叩く!!
「暗号名 魔法使い」のスパイがキノコ栽培の農民から発射台の情報を得る1
V1に発射台である!
これを爆撃する! 一回では不足で再度攻撃して破壊する!!
魔法使いとキノコ栽培の組み合わせが面白い!!
12
息子を乗せた潜水艦に伝えられた爆発警告
マッカーサーの補佐官、ホイットニーの息子が配属される!
海軍である! 潜水艦でフィリピンのゲリラに爆弾を供給する!
この爆弾が自然発火するとの情報を潜水艦に伝える!
潜水艦には息子が乗っている!
艦長は爆弾はゲリラが必要としていると拒否する!
この爆弾が日本の武器庫を爆破したようだ………
12
ノルマンディーの奇妙な休戦
ノルマンディー上陸後、ドイツの看護婦らを連合軍に引き渡したいと!!
これが2回ある!
引き渡しの間は休戦になる??
がこの休戦時間が長い!! 4時間以上休戦である??
これをドイツ側の休戦の打ち合わせと考えている??
実際は分からないが………
12
ヒトラーのための「毒薬」治療

ヒトラーは暗殺計画で、爆殺から逃れている!
この時の医者がいる??
ヒトラーが信頼した?? さりげなく診察する!
「権力が強迫観念となった神経症」
毒殺しようとしてコカインを投入するが死なない!
具悪に元気になる! 守護天使が付いている??
12
蒸気機関車を盗んだベルギーのレジスタンス

ドイツは連合軍の爆撃を恐れて機関車に資材を積んで隠す!
燃料を積んでいることが分かり、ベルギーのレジスタンスが攻撃する!
機関車を盗み、爆弾を積みトンネルに突っ込ませる!
運転手たちは、トンネル前で脱出する!!
12
ワイン商人の取引で救われた街

ボルドーには行っている! 一面のワイン畑である!!
ボルドー港もヒトラーは爆破命令を出している!
ドイツの軍曹が幻滅を感じて、爆破計画をレジスタンスに教える!
レジスタンス側も信用する! 実際に保管の爆弾を爆破する!
が橋がある! ドイツと停戦の打ち合わせをする?
ドイツの海軍将校は戦前からワインを扱っている!
ボルドーのレジスタンスはワインの関係者も多い!!
双方知り合いである! 
ドイツ軍は撤退したが、橋も港も無事だったようだ………
12
12

Part6 勝利へと突き進む連合軍
この章、戦争の最終段階である!
アントワープを救った秘密軍
ノルマンディーに上陸した後、シェルブール港はドイツに破壊される!
総統命令で、アントワープも破壊の命令を受ける!
ベルギーのレジスタンス、秘密軍がこれの阻止に動く!
イギリス軍を誘導する! 
この時ドイツ軍の軍曹の頭に銃口を突きつけて起爆装置のありかをはかす!
アントワープ港は守られるが、150名のレジスタンスの命が失われた!!
12
オランダのホテルに隠された真実
オランダのホテルの支配人の親子である! ホテルはドイツが使用する!
オランダ解放後、この親子はドイツ協力者として息子は襲われる!
が実際はドイツの情報をレジスタンスに流していた………
息子の妻が口述しに行く! 負傷後、本当の話が広まる!
この襲った、正義漢の塊の偽善者はどうなったのか興味があるが………
12
誘拐被害者に「ギフトラッピング」を
枢軸国側のハンガリーが脱落しようとする!
ヒトラーは許さずに、ヨーロッパでもっとも危険な男、オットー・スコルツェニーがホルティを拘束させる!
終戦まで優雅な保護拘置を受ける………
12
ドイツ軍による巧妙な幻惑作戦
バルジ大作戦の開始である!!
ヒトラーの狂人ぶりが表されている………
港町、アントワープの奪取であるが………
12
第三帝国にながれこむスパイたち
大陸反攻前にスパイをドイツの送り込む!
小型の通信機を持たせている!
これ等の活躍が記述されているが、ドイツ将校の裏切りもある!!
責任者が行方不明になる? 殺されたかと思われたがソ連に捕まっていた?
偽の身分がゲシュタポだったので逮捕されたようだ………
良く助かったなと??
12
コペンハーゲン市内に突入したイギリス軍爆撃機

この爆撃は良く行われたようだ? これに最適の爆撃機、モスキート爆撃機がある!
ゲシュタポ本部に捕らえられたレジスタンスを爆殺、混乱に乗じて脱出させる!
イギリスは実績があるが爆撃隊は難しいと!
チャーチルまで動かして実行する!
これを推進したスパイは現地の調査、写真まで撮影している!!
爆撃は成功するが、犠牲者も多く子供も死んでいる!
スパイは後日、犠牲者の身内に謝る! 受け入れてくれたようだ………
12
イタリアに駐留するドイツ軍を降伏させたSSの将軍

SSの将軍が終戦に動く! ダレスに会う!
これ以上の戦争はドイツ国民に対する犯罪行為だと?
イタリア戦線はドイツの防御網が機能して、連合国軍に多大な出血を出させている!
ドイツの将軍は、名誉ある降伏を認めた!!
降伏できたようだが、1945年5月1日である?
12
幻に終わったベルリン攻略作戦
パットン将軍に任せてベルリンを攻略すべきだったか………
2個空挺師団をベルリン攻撃に送る!
がこれはスターリンが知っていて、ベルリン攻撃を急がした!
ベルリン攻撃に対する、兵の死傷者は10万になると予想される!
ドイツは半分ソ連に渡すとルーズベルトが決めている?
そこまでの犠牲を払う価値があるのか??
賢明な判断か???
12
緊急指令  百機の巨大ミサイルを奪取せよ

ドイツの優秀な技術がある!
米英ソを凌駕している部門もある!
V1、V2のロケット、ミサイルである!
各国はその技術に技術者を自国のもにしようとする!
その中で100機もあるミサイルがソ連占領地域にある!!
これをアメリカ側に持って行く!! 長さ14mに重さ13トン!!
戦後体制を見据えた争いである??
成功するが、相当苦労している!!
12
12

ウィリアム.B.ブロイアー
12
12

« 本・諜報戦争―語られなかった第二次世界大戦 ①(2002/9)・ウィリアム.B.ブロイアー | トップページ | テレビドラマ・同期 2011 amazonビデオ »

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

オランダ」カテゴリの記事

デンマーク」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

ノルウェー」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ベルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・諜報戦争―語られなかった第二次世界大戦 ①(2002/9)・ウィリアム.B.ブロイアー | トップページ | テレビドラマ・同期 2011 amazonビデオ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ