« 本・勉強法 教養講座「情報分析とは何か」(2018/4)・佐藤 優 | トップページ | アルカイックホール・オクト開館25周年記念事業 桂米朝一門による尼崎落語勉強会 第250回記念公演  平成30年12月18日 18時15分開演 »

2018年12月19日 (水)

本・危機を克服する教養 知の実戦講義「歴史とは何か」 (2015/1)佐藤 優

Photo_2

歴史とは何か? ヒューマニズムとは何か? 近代“モダン”とは何か?
冷戦後、終わったことにされた近代“モダン”こそが、
未だに世界では影響力を持っているのではないか?
古今の書物に脈々と流れる論理の構造を掴み、解き明かす。
重厚なテーマに挑んだ連続講義!!12

難しい本である??  講義である!
内容は下記の通りである!!
12
まえがき
第一章 歴史とは何か
第二章 歴史と人間
第三章 ヒューマニズムとは何か
第四章 近代〈モダン〉とは何か
あとがき

12
著者の知識の豊富さは今まで読んだ本からでも分かる。
項目を見ていると、山内昌之の本かと思ってしまうが、内容は違っている??
当たり前である!!
神学に資本論が当たり前の様に出て来る。

資本論は、学生時代に少し教わっている。 その程度に知識で今、
佐藤優に池上彰を読んでいる!

著者に失礼になるのか??
孫崎享の名前が出て来ている。
よくテレビにも登場する。 親中派である??
アメリカをよく言わないようだ??
著者が外務省を良く実名で批判しているが、孫崎享はあまり出て来ない!
孫崎享が佐藤優の事を言わないので、佐藤優も孫崎享の事を言わないようだ………
珍しく、そう言う事を記述をしている!!

かすかに名前を持ち出すことはあるが、
これだけ親中の人間に対して何も言わないのが不思議だったが……

力で物事を理解するのは、新自由主義の市場の発想。
特に中韓の日本に対する態度がそうである。
日本の力が弱まって来ているので、もう怖くないと!!

12
務台理作と言う哲学者がいる。
海外の諜報員の記述がある。 
著者の本を読んでいると日本は本気でやる気があるのか??
戦前と戦後のエリートがある。

渡部昇一も言っていたが、昔は、海軍、陸軍、東大と言うコースがあった。
著者も同じ事を述べている。
アメリカにより、戦後一本化されたのはそう言う戦略と言う……
昔は良かったと言う話ではないが、ノーベル賞を貰っている日本人科学者の論文は、
学生時代に考え出されている話を聞く

それだけ戦前の教育に良いところがあったようだ………
証明されるのに年月がいる。
そう言う意味では将来に問題を残す! ゆとり教育も問題なのか??
日本人は欧米で言うところの人間ではない??
話は繋がっていくが、分かるようで分からない………
ヘーゲル、カントに知らない名前も多く出て来る。
宗教に哲学があり、何度も読まなければ理解できない??
これを聴いているとどう感じるのか??
12
2時間で分かる哲学なんかあり得ない?
本屋でよく見る、◎◎時間で分かる○○と言う本は、それだけの本であると!!

田辺元、哲学者が出て来る。
過去に囚われずして未来を建設することはできない
圧力から我和r手は逃れることはできない
人は制約条件下で無限の可能性と不可能性を持っている??
時間論なき経済論に意味はない
そう言う話が並んでいる。
中国の総取りを狙っている話は納得出来る!!
それぐらいしか理解出来ていない………
12
法王庁が誤訳?? 教皇庁が正解?? 日本の外務省も妙にこだわる??
ローマから変更を求められても応じないようだ………
杉原千畝の業績を認めなかったようになのか??
著者の本にいつも出て来る言葉がある。
「約束はしたが、約束を守るとは言っていない!!」
今の韓国みたいであるが………

12
共産主義を敵とした?
が、共産主義はつぶれた?? 
現在残っているのは、中国か? 高位聖職者の任命権で揉めている??
中国は、チベットの後継者の件でも揉めている。
自国に都合の良い宗教指導者をもって来ようとしている!!!!!!!!
次の敵は、イスラム原理主義か?? その為の正教との歴史的和解がある??
12
色々話が飛んでいると感じる。
反知性主義に、橋下徹は分かるが、AKBが出て来るのは??
世界史を描ける民族は限られると言う!
アメリカ史、ロシア史は成立するが、
日本も基礎体力はある!
12
1944年3月10日に東京大空襲があり東京は壊滅する??
何故3月10日なのか??  
初めて知ったが、日露戦争の奉天会戦で日本が薄氷の勝利を得た日である。
その日を狙って大空襲をかけた……… アメリカも嫌味な国である??
日本陸軍も、これでもまだ戦えると思っていたのか??
12
TPPは広域帝国主義圏と言う。 生存権なのか??
大東亜共栄圏は二つの可能性がある。
TPPによるものと、東アジア共同体と言う!
『瑞穂の国資本主義』 翻訳不能??
新しい資本主義??

日本が露骨な帝国主義になっていく可能性は高い??
話が広範囲にわたるので、浅薄な知識では理解しがたいが………                                               
ハッキリ言って、個々の事柄はなんとなく分かっているようだが、
これだけの古今東西の哲学者等の事は分からない!!
(情けないが………)
12
12

危機を克服する教養 知の実戦講義「歴史とは何か」・佐藤優
12
12

« 本・勉強法 教養講座「情報分析とは何か」(2018/4)・佐藤 優 | トップページ | アルカイックホール・オクト開館25周年記念事業 桂米朝一門による尼崎落語勉強会 第250回記念公演  平成30年12月18日 18時15分開演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本・勉強法 教養講座「情報分析とは何か」(2018/4)・佐藤 優 | トップページ | アルカイックホール・オクト開館25周年記念事業 桂米朝一門による尼崎落語勉強会 第250回記念公演  平成30年12月18日 18時15分開演 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ