« 本・「読売巨人軍」の大罪(2002/2)・海老沢 泰久 | トップページ | 英雄たちの選択 大村益次郎「武士よさらば 大村益次郎 常識を破壊した組織革命」 »

2019年1月18日 (金)

本・オリンピック ヒーローたちの眠れない夜(1996/7)・佐瀬 稔

Photo
12
12

勝者と敗者の知られざる人生ドラマ。身を削る訓練の日々。勝利への執着心。
オリンピックに賭ける彼らのさまざまな人生模様を描くノンフィクション。

12
12

著者の本は良く読んでいる!
二宮清純の師のようだ!!
最近は本の整理をしているとよく出て来る!
「中ソ戦争勃発す」を読んだ!
この本も整理中に出て来て読んでいる! 1996年、20世紀の終わりの本である!
奥さんに呆れられている???
内容は下記の通りである!!
12
12

プロローグ  1960年夏
第一章 鬼は寂しかった
第二章 日本人の工夫
第三章 切れた腱、砕けた骨
第四章 快楽追求者
第五章 「もう少し」を望んだ男
第六章 はぐれ狼の孤影
第七章 ヘラクレスの選択
第八章 足を踏み潰した女
第九章 わが心のアスリートたち

12
12

プロローグ  1960年夏
ローマオリンピックで取材している!
アベべに取材したようだが、まだ新米だったようだ………
12
12

第一章 鬼は寂しかった 女子バレーボール監督大松博文  東京・1964
親父が本を持っていた!
「おれについてこい」「なせばなる」
学生時代に読んだことがある………
その大松博文の事である!  「根性」である!!!
戦争体験がある! 死んでもおかしくなかった???
バレーにかけて、家庭をほりっぱなしだったようだ………
日紡貝塚にかけた! 当時は紡績会社にバレーのチームが多かったようだ!
「東洋の魔女」と呼ばれ、金メダルを取った!
代表チームは、単独が良いのか? 混成が良いのか??
現在は混成であるが、当時は単独のほうが良かった??
12
オリンピック後は政治家になるが、恵まれていなかった?
客寄せパンダなのか?? 意見も聞かれない???
12
12

第二章 日本人の工夫 平泳ぎの田口信教  ミュンヘン・1972
そこまでやっていたのか………
田口の泳法についてはクレームをつけられていた???
それは知っていたが、よく我慢している?
田口は身長174! 海外の選手と比べると不利である!
ストロークにしろ、ターンにしても不利である!
スタート、ターンで0秒2づつ稼げる?  0秒4である??
面白い話がある! 現地で勝ちと負けのニュースを送る!!
勝てば一面、負ければ三面の二組あらかじめ手配していいる??
このレースの描写も楽しい!!
12
「日本古式泳法」と言うモノがある???
これでオリンピックに参加したが負けたようだ………
12
12

第三章 切れた腱、砕けた骨  男子体操団体総合の奇跡の逆転劇 モントリオール・1976
日本の競技は個人の犠牲に成り立っている??
報酬もなく、無私で努力することが美しい??
そのくせ協会の役員は殿様である??
以前、フィギアの選手がエコノミーで、役員はビジネスだと!!
12
体操も体を傷める!
何の保証もない??
男子体操は常勝であった?? それだけに犠牲も多い??
当時体操が強かった東欧は、国の保護がある!
危険な練習に対する対策もある? 金がかかる施設もある!
日本は無いようだ………
それが、切れた腱、砕けた骨となる!!!
体操のスポーツ傷害保険は目の玉が飛び出るぐらい高い!
それだけ危険なのだろう………
1976年、モントリオール大会の団体戦!
この実況中継は楽しい!!
その中継には、けがの解説がある!
それでも競技する選手達!!
ソ連株式会社に対して、日本個人商店が逆らう???
今は状況は良くなっているが、世界で戦うのは大変だろう………
12
12

第四章 快楽追求者  宗兄弟率いる旭化成陸上競技部員の栄光と挫折  バルセロナ・1992
宮崎県延岡に本拠がある、旭化成である!
この章、何とも言えないすがすがしさがある!!
苦し気に走っているように見えるが、実際そうでは無いようだ………
「走禅」 あるがままに走る! 読んでいてそう感じた!
部員と監督の走り! それも相当長い距離である!
それでも二人の無言の会話がある!!
凄いものである!  カリスマ・パワーが爆発する!!
この監督について行けば間違いないと!!!
この宗兄弟がスカウトに行く! スカウトの目も確かなのか??
広島の木庭スカウトを思い出すが…………
辞めようと思っていた選手ももう一度ヤル気になる??
延岡は大都会ではない?? 風光明媚な田舎か???
スカウト行っても選手が、延岡?? それでなかなか来ない!
特別に給料が良いわけではない!!
それについての生々しい話もある??
走ることの好きな選手が集まり、支えている!!
12
森下、谷口などのランナーがいる!!
いったん退部(クビ)になりながら、不死鳥のようによみがえった選手もいる!
走ることが好きなんだろう………
知り合いに、マラソンランナーがいる!
女子だが駅伝にも走っている!
卒業後はもう止めているが、それでも走っている!!
宗兄弟を見直したい作品である!!!
12
12

第五章 「もう少し」を望んだ男 三日間の金メダリスト  ベン・ジョンソン  ソウル・1988
勝った時は自信満々だった? 勝者の風格があった??
が、薬をやったのはみんな分かっていたようだ………
勝てば、カール・ルイスのような生活が出来る!!
骨と皮の少年が筋肉隆々の身体になる!
貧しい生活から抜け出そうとする………
ソウル大会で勝てば、莫大な利益が約束されている!
勝つが、インタビュールームに現れない??
何故か?? 
その後復活するが、予選で消えていく………
二回りは小さく感じる?? それがナチュラルな身体のようだ………
12
12

第六章 はぐれ狼の孤影 マラソンランナー  中山竹通  ソウル・・1988
マラソンの代表選考の裏話がある!!
福岡マラソン   朝日とNHK
東京マラソン   読売と読売テレビ
琵琶湖マラソン  毎日とTBS
福岡マラソン一発勝負になる!

となれば福岡が商品価値があり、他のレースは消化レースになる??
選手も福岡に集まる??
これに対して東京マラソンが国際陸連に圧力をかけた??
スポンサーの露骨な金勘定がある!!

12
「オリンピックを狙う選手にとって、健康のためにやるものではない!
 日々、自己の健康と寿命を削って練習している!」 故中村清!

中山竹通は長野出身の無名の高卒ランナー!
自らの力でのし上がる!!
陸連上層部は早大閥、瀬古も早大出身!
優遇されている瀬古に対する反発がある!!
ソウル代表を決める福岡マラソンにケガで瀬古は出場出来ない!!
一発勝負で無くなった……… 公平感も何もない!!
「瀬古は這ってでも福岡に来るべきだと!」
中山の言い分はもっともである! 
こういう事態になれば、瀬古は本番でも期待出来ないと思ったが………
要は、選手にも「運」がある!! 福岡に参加出来ない時点で終わっている??
結局は瀬古を残したい思惑が勝った………
瀬古で負ければ仕方がない? 出さなくて文句言われるよりは良いのか??
ソウルオリンピックで中山は4位!
一位でなければ二位もビリも同じ???
この発言が問題になる!!
「全力を尽くしたが日の丸を挙げれなかった」 「次回頑張る」
  と言わなければならない!!

国会議員のお偉いさんがクレームをつける!
さんざん優遇した瀬古は9位である!!
何も言われないが………
巨人の清原の麻薬は?? 永久追放でも良いと思うが………
中山はバルセロナでも走ったが、4位である!!
12
得意の青少年の模範にならなければならない!!
このくだり、「漫画・コラソン」を思い出す!
腐ったミカンの日本サッカー協会が、何かと言えば謝らせようとする!
読んでいて思い出し、面白かったが………
「次頑張ります」 負けたモノ言うセリフだと!
「闘志は内に秘めています」  自信のない者の言うセリフ!!

以上は、「漫画・コラソン」からである!!
12
12

第七章 ヘラクレスの選択  十種競技とデイリー・トンプソン  ロサンゼルス・1984~ソウル・・1988
十種競技と言えば、台湾の楊伝広が、子供の頃有名だった!!
名前を知っている?  鉄人である!
混成競技である!!
一日目:100m、走幅跳、砲丸投、走高跳、400m
二日目:110mH、円盤投、棒高跳、やり投、1500m
超人と言われるわけが分かる!
日本ではマイナーであるが、アメリカでは競技者と分かると尊敬される!
ブランデージもこの競技の選手である!
バランスが良くなければならない………
デカスロン・アスリート!! ヘラクレスの末裔である!
点数方法が分かり難い! 複雑である?
世界チャンピオン、デイリー・トンプソン!!
ロサンゼルス大会に勝つが、1987年の世界選手権の死闘が描かれている!
東ドイツのトルステン・ホス、西ドイツのジークフリード・ベンツと争う!
敗者となるが、この描写は迫力がある!!
ソウルでも勝てなかったようだ!!
頂点に達し、敗者となり王者の交代の主役を務めた??
偉大なるデカスロン・アスリートである!!
12
12

第八章 足を踏み潰した女  平凡なランナー  有森裕子  バルセロナ・1992
有森裕子はあまり好きではない!!! 
この時期のマラソンは賞金稼ぎが多い!
レースを支配する為に無謀なレースを仕掛ける選手もいる?
著者お得意のレースの実況放送がある!!
過去とレースが交わり、大変面白い!!
12
有森は補欠で入社した? 
マラソンは、意外とそう言う選手が活躍する??
スポーツで入ったのだから、結果を残さなければならない!
企業の宣伝になると分かっても………
やはり報酬は魅力である………
12
12

第九章 わが心のアスリートたち
○ 考える人 マレー・ローズ  ローマ・1960
菜食主義者であり、山中と死闘を繰り広げた!!
最近の競泳用水着がある! が、この時オーストラリアの女傑ドン・フレイザーは、
オールヌードで泳げばもっと早くなると!
こんな事だけ覚えている????
12
○ 弾丸の花の命 ボブ・ヘイズ  東京・1964
東京オリンピックの400mリレーが印象深い??
ダラス・カウボーイズに入団したが、選手生命は短かった………
12
○ ナタリアとの再会  ナタリア・クチンスカヤ  メキシコ・1968

「後藤正治・もっとも美しく」が詳しい! きれいな選手で、
著者が虜になったのが分かる!!

日本に来ていたとは知らなかったが………
12
○ 黒手袋とカネ  ジョン・カーロス  ミュンヘン・1972
メキシコ大会で3位になり、黒い手袋で選手村から追い出された………
が、ミュンヘン大会では走るかたわら、靴を売る!
商魂たくましい!!
12
○ 落城の日  ビルヘルム・ルスカ  ミュンヘン・1972
時代は進んでいる! 日本柔道の落日がある!
それを役員は見届けていない!
ウエイト・トレーニングなど日本は取り入れてなかった………
12
○ 剛直の人  アベリー・ブランデージ  ミュンヘン・1972
ブランデージが死ねば、オリンピックは死ぬ???
剛直の人? 妥協しない………
12
○ ジャーナリストたち  モントリオール・1976
総合馬術競技にイギリスのアン王女が出場する!
警備が激しい???
ソ連とイギリスのフェンシング! 当たってもないのにランプがつく?
どこにでもずるはいる!!  著者の愚痴である!!
12
○ 砂糖菓子を求めた男  ヘイスリー・クロフォード  モントリオール・1976
トリニダードトバゴの選手であり、スカウトされて成功する!
歴史的な勝利なのか??
12
○ 散り急ぐ花  ナディア・コマネチ  モスクワ・1980
「後藤正治・もっとも美しく」が詳しい! 白い妖精である!!
遅く咲いた花は、早く散る!!
苛酷なダイエットに練習??
短い選手生命だったが、モスクワ・オリンピックボイコットで、
咲こうにも咲けない花もあった………
12
○ Oh! オフィシャル  ロサンゼルス・1984
コマーシャルの間に、オリンピックがチラチラする………
富士フィルムとコダックに「公式スポンサー」を持ちかけた?
富士は受け成功し、コダックの役員の首は飛んだ………
ただしいつまでも続かない………
12
○ 少数派の奇跡  イベンダー・ホリフィールド  ロサンゼルス・1984
著者のお得意のボクシングである!!
アマチュアは触るボクシングが主流である? それでポイントで勝つ!
が、イベンダー・ホリフィールドは違った………
違い過ぎたのか? レフリーの誤審なのか?
負けてプロに行く! ニックネームは「リアル・ディール」!!
12
○ 百万長者の涙  シュテフィ・グラフ  ソウル・1988
全てを手に入れながら手に入っていないモノ?
オリンピックの金メダル!!
三つ子の魂、百までか????
12
○ ミッキー・マウス  マット・ビオンディ  ソウル・1988
参加選手は増えたが、観光客レベルが多い??
マット・ビオンディは選手村に入らない?? あそこは観光客レベル??
12
○ モロッコの刺客  カリド・スカー  バルセロナ・1992
トラブルがあって、ブーイングの中である!
罵声に対して、両拳を高々とあげ、不敵に笑い、表彰台に上がった!
12
12

オリンピック ヒーローたちの眠れない夜・佐瀬稔
12
12

« 本・「読売巨人軍」の大罪(2002/2)・海老沢 泰久 | トップページ | 英雄たちの選択 大村益次郎「武士よさらば 大村益次郎 常識を破壊した組織革命」 »

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・オリンピック ヒーローたちの眠れない夜(1996/7)・佐瀬 稔:

« 本・「読売巨人軍」の大罪(2002/2)・海老沢 泰久 | トップページ | 英雄たちの選択 大村益次郎「武士よさらば 大村益次郎 常識を破壊した組織革命」 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ