« 本・堺屋太一の見方(2009/4)・堺屋 太一 | トップページ | 本・歴史に学ぶ「勝者」の組織革命(1999/7)・堺屋 太一 »

2019年2月15日 (金)

本・高齢化大好機(2003/4)・堺屋 太一

Photo_6
12
12

「金持ち・知恵持ち・時間持ち」の高齢者は、「老人」ではない!
「70歳まで働くことを選べる社会」を提唱する画期的シニア論の誕生。

12
12

ビジネスリーダーシリーズの第2弾である!
本の整理をしていたら出て来た本である??
多分ブックオフか古本屋である!! せこい!!
12
以下の本を最近読んでいる! 本の整理から出て来た!
「小山慶太・知的熟年ライフの作り方」 「谷岡 一郎・定年後の知的生産術」
どちらも大変面白かった!!
この本も2003年だが、上記の本に共通するものがある!!
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに  高齢化はニューフロンティア
第一部 高齢化を活かそう
第二部 高齢市場の実例と分析
第三部 ビジネスリーダーたちの言葉

12
12

はじめに  高齢化はニューフロンティア
少子高齢化で悲観論がある!
著者は官僚の無能さを言う????
だから現在でも移民とかの話がある!
将来の税制を確保する!
この体制を続けなければなない! 己の利権を確保するために??
こう言う時期なので、もっと頭を使えと言っている感じがする!!!
12
12

第一部 高齢化を活かそう
1、高齢者の増加
小学校の頃に人口分布を教えられた!
遅れている国は、ピラミッド型になると!
先進国はビヤ樽型になる!
そんなものかと思ったが………
現在の状況は国の責任でもある!!
30年前は60歳は老年だったが、今は中年である!
12
ある年代の層が多いとどうなるのか?
そこに合わした生産がある?
第1次影響 数量効果         数に比例して需要が拡大
第2次影響 コミュニケーション効果  話題の拡がりによる需要拡大
第3次影響 新規投資効果       供給施設の増設による需要拡大
第4次影響 流行効果         その世代を対象とした流行で需要拡大

12
日本は職縁社会である!
勤続年数を重ねて、社用族用の施設やサービスが大流行で、
社内旅行が流行っている!

たいがい温泉地で昔はカラオケも無かった!
酔いつぶれるのが良い社員だった………
団塊の世代とともに流行は走った??
が、その世代が定年を迎え高齢者になって来る!
学校が増設され公共事業が増えた!!
今は校舎も余っている???
12
明治時代以来、日本の体制と発想は五つの前提があった!
1 人口は増える
2 父は足りない
3 経済は成長する
4 物価は上昇する
5 日本は島国で、貿易以外に国際競争は無い

「ヒト余り・土地不足の島国」である!
当時はアメリカに移民があった!
これを規制される??

当時は移民は出す方の都合で決めるので、
受け入れ側の都合で拒否するのはけしからん!!!

いまのEUの移民の問題は????
ベネズエラのように国民が逃げ出している国は??
12
日本は土地を求めて満州に行く!!
土地は末代までの財産である!
12
「先憂後楽」 「人に先んじて憂え、人の後から楽しむ」
勤倹貯蓄の精神である!!

日本は、流通、金融、建設、農業、医療、教育等は、
国際競争力のない中で守まれていた?

「コスト+適正利潤=適正価格」
高速道路の通行価格が高くなる!!

関空の空港使用料が高かった!! 高くても使いたいと日本の担当者は考える!
が、海外の航空会社はシビアである!!

12
今は五つの前提が全て崩れている??
ではどうするのか??
悲観主義と統制主義の悲観論は自由を抑圧し経済を低迷させた!
少子高齢化で移民を受け入れようとする現在である??
それより健全な楽観論が必要である!

12
人口減少で文化が繁栄した例は、ルネッサンスのイタリアと言う!
この時期同じように人口減少があったドイツはそうではない!!
理由はあるようだが………

12
12

2、好老社会の見取り図
「好若嫌老」
古代、近代になると好若嫌老になる!
若いと言うことは良いことである!
主観的な中世は「年長尊敬」である!
12
しかし現在は高齢化社会である!!
さらにデフレスパイラルの陥っている!!
消費が少な過ぎて貯蓄が多いのか?
貯蓄が多過ぎて投資が少な過ぎるのか?
12
高齢者は金持ちである??
日本は老後不安を感じている!
現在のサラリーマン家庭では親から子へ与える物ははない!!
居住地と就労地が違うサラリーマンは地域社会とのつながりはない!!
OBとして冷遇されるのは、担当者がいる2,3年だけである!!

12
子は親離れ出来るが、親は子離れ出来ない!!!
親はこの為に送金する! 地方に金が落ちない?
高齢者は金を使う楽しみが無い!!
12
人生は「冬」に始まり「秋」で終わる!!
冬=玄  玄武(亀) 北
春=青  青龍    東
夏=朱  朱雀    南
秋=白  白虎    西

60を過ぎると高齢期!
人生の収穫を楽しむ! 
「白秋」は世俗にわずらわせない純白な心、
「心の欲するところに従いて、矩をこえず」
長寿の時代には長寿社会の人生観が必要である!!

12
12

3、職縁社会から好縁社会へ
人類は血縁社会を造り、地域の社会になる!
町内会などである!
野球をして終わればお好み焼き屋で一杯である!!
こう言う政界には長老がいて、慶事ごとなどを教えてくれる!
揉めれば仲裁にも入る!!

ところが今は「職縁社会」である!!
何でも社縁、感謝の関係者と行く!
接待費も会社から出て金はかからない!!
営業??  ゴマすりである!
会社を辞めればほとんど相手されない!!
そう言う人間を知っている!!! 自分の会社にもいた!!

12
しかし地域に溶け込んでいる人間も知っている!
ゴルフが好きだが、メンバーには困っていない!
社縁ではないからなのか???

先輩に趣味で生きている人もいる!
そう言う会合や、発表会もあり忙しい!
招待状が来るので良く鑑賞に行っている!!
二人共えらいと思う!!

12
今は早期退職、リストラで職縁社会が崩れている!!
これに代わるものが必要である!!
「好縁社会」が重要だと!!
何か?
同好の士?  同じ趣味もサークルである!
こう言う集団がこれから多くなる?
高齢者は金も時間もある!
自分のために有効に使う!!!!
12
12

第二部 高齢市場の実例と分析
1、なぜ音楽を習うのか
知り合いにピアノを弾ける奴がいる!
よくやっていると思うが、聞くところによると大したことは無いようだ!!
でもうらやましい!
近くの音楽学校も楽しみで出来るように考えている!
プロになるわけではない!!
何曲か弾ければよい!!!
そう言うコンセプトで楽しむための教室がある!
高齢者は時間も金もある!

自分の楽しみのために練習する!
他人と比べるのでは無く、昨日までの自分を比べる!
上手くなっていると満足する!!!
12
12

2、おじさんおばさんのスポーツ
ヨーロッパに行きと、高齢者が広場に集まってゲームをしている!
真剣にやっている!
地域の住民が集まってやっているようだ!!
日本にも高齢者が出来る、そう言うスポーツが必要だと!
ゲートボールもある!
楽しみ・安心・健康を目指す!!
体育から体楽へと!!
現在のスポーツ施設は若者用である!
これから考える!
パークゴルフをミズノが開発している!!

12
12

3、高齢化産業の住宅事情
自分の部屋を造って楽しむ!
戦後、日本の住宅は増加したが、社会主義の発想で造られた!
東欧に行くと、集合住宅が多い!
高齢化社会は住宅事情も変える!
都心回帰、高齢化、知価革命がある!
12
小渕内閣の「歩いて暮らせる街づくり」
何か、イオニストを想像させるが………
核家族化から、一人ずつ家族へ?
これからは片付ける職業が流行る???

分からないでもない!  奥さんが喜ぶ!!
今、本の整理でキュウキュウしている!
売に行くつもりが、置いてしまう!
この本も片付け中に出て来ている!
こう言うのも楽しい!!!
12
12

4、中高年マーケット関連
第三部に出て来る、ユーリングである!
「いきいき」と言う雑誌がある!
中高年をターゲットにしている・
一種のスキマ産業である!!
12
世代が変わって来ている??
70歳から80歳、50歳、30歳、0歳から10歳の家族構成になる!
意思の疎通がうまくいかない??
これを取り上げて支持されたようだ?? 内容は分からないが………
12
高齢者を考える三原則!
➀ 巨大である!
② 独特である!
③ 個性的である!

結論は、高齢者は管理されない純消費者!!
➀ 経済力がある! 不動産は平均7千万円ある!!
② 縛る概念が無い!!  自由である!!
③ 個性的である!!

個人的にも時間には縛られていない!
自由である! 楽しんでいると思う………
12
12

5、本当に好かれているか
第三部に出て来る、ワールド航空である!
リピーターが多いことが好かれている!
ラスベガスがそうなのか??
この章、旅行である!!
高齢者の求める贅沢!
好きな場所  自我通せるところ!
好きな時    最良の季節!
好きな行動  気儘にできりこと!
好きな結果  心に感じること!

1!
我が家は旅行に関してはマイナーな旅行である!
行きたいところに行く!!
動物園に軍事博物館、特に航空博物館である!!
あまり隣国の団体客がいないところが多い!!
昨年はベルリンに行って、列車でヘクタ・ベルリンのファンと一緒になった!
シールを日本の列車に貼ってくれと頼まれる!
嬉しそうに「OK」した!!
苦労して貼って写メールしたら、お礼の連絡あった!
もっと要るか???  止めてくれんかの???

12
12

6、百貨店は生き残れるか
この本の発行時期は、西武百貨店の経営危機がある!
そごうもそうである!
あっという間に百貨店はまとまった!!
西武もそごう・西武になった!
この時は凄かったみたいである! 
「そんなことしているから潰れるんや??」
そう言う話を聞いている!!
要は生き残れるのか?? 中堅都市では閉店も多い!
楽しいショッピングか? 安い買い物か???
今は何処もポイント還元で忙しい!
ブランド店も独自で店を出す時代である!!

新地と立ち飲みでは、同じ酒が値段が違う!
12
12

7、高齢者は老人ではない
一言で言うと、高齢者は昔と違う!
現在は中年である! 70歳まで働ける社会になっている!
著者の計算方法!
歴史上の人物の現在の年齢感!!
当時の年齢を、1,2倍して3をプラスする!
織田信長は49歳で、堺屋式によれば62歳!!

12
高齢者社会になれば、年金支給に破綻をきたす!
官僚は知れまで何もせずに悲観論を言う!
「短期楽観、長期悲観」の政策しか取っていない?
著者は「短期悲観、長期楽観」が良い!!
70歳まで働くとなると、職場環境に設備も変えなければならない!
そのための投資も行われる!!
12
12

8、魅力ある高齢者

「魅力ある高齢者」 「好かれる老人」 「愛すべき老人」
これからの高齢者は、実用性を失った!
伝えるべきものは無くなっている!!
今は金しか残せない!!
高齢を楽しむためには、お金を惜しまない!!
魅力ある高齢酢アになる為には、金を惜しんではいけない!
12
12

第三部 ビジネスリーダーたちの言葉
企業の取り組みが有る!! 印象に残るのは旅行会社である!
1、大人の楽しい時間産業へ  ヤマハ
ピアノが売れない!
中古品で我慢する?
ならば需要を生み出さなければならない??
それが高齢者の音楽活動である!
別にピアニストになるわけではない!!
英会話も併設している???
楽しく学ぶ! 自分の好きな曲を引ければよいと割り切る!!
12
12

2、スポーツと健康と楽しさ  ミズノ
走る楽しみを与える??
健康関連に活路を生み出す!!
要はシニア対策である!!
スポ根からスポ楽へ
今スポーツジムに行っている!
もう苦しんでやるのは学生時代で卒業している!!
今はゆっくり楽しんでいる!!
パークゴルフがあるようだ………
12
12

3、リフォーム市場を拓く  大和ハウス工業

かっては相手にもされていなかったが、今やそこら中に現場がある!
大手ゼネコンも大和ハウスの仕事をしている??
住居が変わって来ている!!
子供が出て行き、二人の生活場である!
金はあるのでリホームして住みやすくする!
➀ 家族の増減や年齢の変化による生活習慣の変化へのリホーム!
② 今までの住居を子供に譲ったことによる新規購入!

これから伸びる??
12
12

4、人生の伴走者を目指す  ユーリング
この章長い!!
出版である!  シニア向けの雑誌である!
個人的にはあまり興味が無い!
他にすることがあるからである!
12
責任ある情報!
「直」 定期購読でお客の情報を掴む!
「近」 電話センターを設けている!
「触」 情報を具体化する!
12

シニアマーケットに向かうには??
➀ 本気か?
② 頭数だけ揃えていないか? (単に人数が多いと思っていないか)
③ 顧客と面と向かって本当のしごとをするか? 
④ 自分の仕事に誇りを感じ、心から好きか?
⑤ 50歳以上の人々を知っているか? (知ろうとしているか?)

大変である!!!
12
12

5、「旅らしい旅」を演出  ワールド航空サービス
リピーターが多いようだ!
我が家は勝手に計画して、勝手に行く!
どちらかと言えば、マイナーなところが多い!
以前行ったルーマニアでは、地球の歩き方にも載っていないところに行った!
大変楽しく旅している!
がやはり歳である! いつまでも個人旅行できるか???
12
この旅行会社は、企画した担当者を添乗員で付ける!!
従って真剣に案内する!
旅の評判は口コミで広がる!!
確かに我が家は海外では市場に行く!
売っているものを見ていると楽しい!
魚に肉に野菜、果物、乳製品!
たいがいはちみつを買う!!!

そう言う事もやってくれるようだ………
それも楽しいかも………
12
大前研一が言っていたが、九州の列車旅行がある!
100万円以上金がかかる! 列車の中で寿司を食べる!!
お任せであるが、リピーターも多いようだ!
12
12

6、コンセプトは「日常性」  京王百貨店
考えは分かる?
が、突き詰めれば百貨店の時代は終わった………
今はどうなっているのか??
苦戦しているはずである!!
12
12

7、職縁社会から個人社会への橋渡し  パソナ
人材派遣の会社である!!
社内価格と市場価格は違う??
辞めた後、何が出来るのか??
人事部長が出来るでは困る!!
伊勢丹が48歳のフロアーマネージャーを早期退職にした!
再教育は出来ないのか?
フロアーマネージャーなんてやっていることは、売り場の女の子の管理である!!
はっきり言えば不要なのか??
12
職縁社会が崩れ、個人社会に移っている!
「何々会社の誰それです」ではなく、下記のようになる!
「私は何が死と言う者で、こう言う仕事が出来ます」

12
12

高齢化大好機・堺屋太一
12
12

« 本・堺屋太一の見方(2009/4)・堺屋 太一 | トップページ | 本・歴史に学ぶ「勝者」の組織革命(1999/7)・堺屋 太一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・高齢化大好機(2003/4)・堺屋 太一:

« 本・堺屋太一の見方(2009/4)・堺屋 太一 | トップページ | 本・歴史に学ぶ「勝者」の組織革命(1999/7)・堺屋 太一 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ