« 本・人を呼ぶ法則(2012/9)・堺屋 太一 | トップページ | 本・堺屋太一の見方(2009/4)・堺屋 太一 »

2019年2月13日 (水)

本・歴史の使い方(2004/2)・堺屋 太一

Photo_4
12
12

歴史は多様だ。歴史の「使い方」もまた、さまざまである。
自分自身の歴史の「使い方」を考える。
よく知られている歴史上の場面を引き合いに出して、歴史の「使い方」を語る。

12
12

最近は本の整理で出て来た、著者の本を読み返している!
主に歴史物である!  大変楽しい!!
何冊かあるので、読み返したい!!
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに
第一章 歴史を「知る」
第二章 歴史を「楽しむ」
第三章 歴史を「練る」
第四章 歴史を「企てる」
第五章 歴史を「穿つ」
第六章 歴史を「合わせる」
第七章 歴史を「活かす」

12
12

はじめに
歴史を楽しむ!  理屈抜きに面白さに浸る!
あまり知られていない事件や人物に詳しくなる?
歴史の空白部を想像する?
12
歴史は同じではないが、同じような歴史がある!
「賢者は歴史に学び、愚者は体験に従う」
歴史は成功が失敗の父であり、失敗が成功の母である??
人は成功体験に溺れ危機経験に脅える!!

しかし、成功体験に警戒し、失敗の経験を活かす劇である!!
12
12

第一章 歴史を「知る」
個人的になるが、歴史は好きだった!
小学生の時、夏休み学校の図書館で、伝記ものを借りて読んだ!
そこそこ読んだと思う!!
しかし歴史は学生時代から小説で覚えた感じがする!!
特に、小説では司馬遼太郎、宮城谷昌光、菊池良生、塩野七生らの影響を受けている!
黒田基樹、藤本正行、小和田哲男、桐野作人、谷口克広、鈴木真哉、渡邊大門………
そして、堺屋太一である!!

日本は地域史と民族史は一致する!!
世界は違う! ローマ、ペルシャ、オスマン・トルコ、中国等は一致していない??
日本の歴史は単純である!
流れも分かり易い!!
日本は支配されたことも、支配したこともない??
例外は、朝鮮半島に「任那日本府」を置いた事!
それに、白村江の戦いに、秀吉の朝鮮侵攻である!!
狭くない海の効用がある!!

良く言われる、ヨーロッパ大陸に対するイギリス!
アフリカ大陸に対するマダガスカル島、アメリカ大陸に対するキューバ島がある!
狭くない海だから、遣唐使を派遣出来た!! が学問の神様、菅原道真が中止する!
894年である!! 白紙と覚えた!! が、これは間違っていたと著者は言う!

12
幕末は幸運だった??
フランス、ドイツ、ロシア、アメリカは手を出せない!
イギリスと手を結んだのが幸運だったようだ………
日本史と世界史の出来事を比較する!
織田信長とエリザベス一世は同時代である!!

司馬遼太郎が書いていたが、
徳川家康と、セルバンテス、シェイクスピアは同時代である!

一言で人格を表す例えを造った!!
家康は、狸親父!! セルバンテスは、ドン・キホーテ!
シェイクスピアは多い………
これも歴史の面白さなのか??
12
戦国時代とルネサンスは似ている!
元禄時代の庭園は、ベルサイユ宮殿に劣らない??
中国の歴史は明・清が面白い??? が、宮城谷昌光は古代を書く!!
夏―商―周―春秋戦国―秦―漢―後漢―三国―晋―五胡十六国―南北朝―
隋―唐―五代十国―宋―元―明―清―中華民国―中華人民共和国

著者は宋代からの歴史を日本人は知らない?? 
個人的には古代史の方が面白いと思う!

項羽に劉邦の争いが好きである!!
12
宮城谷昌光のエッセイで知ったが、店の入り口に塩を盛るのは何故か??
晋の武帝である! 後宮1万人と言う? よりどりみどりである!
誰を相手にするか? 面倒くさくなり、羊が止まった家に入る!
それを知った後宮の女は入口に塩を盛って羊が止まるようにした!!
良く分からない習慣も、何か意味があることのようだ……

12
12

第二章 歴史を「楽しむ」
著者の歴史小説がある!! ほとんど読んでいるが面白い!
「豊臣秀長」「鬼と人と」「巨大なり企て」 元禄物は読んでいない!!
楽しましてもらっている!!!
12
千年の都がある!! ローマ、パリ、イスタンブール、京都である!
北京は200年足りない!!
12
ドイツの町の話がある! ドイツに銀山は多いようだ………
ゴスラーもその一つで木造建築が残っている!!
銀山と街並みは国連の世界文化遺産になっている!
ハノーバーの近くである!! 今度ドイツに旅行する時、行ってみよう………
そう言う事で寄った街に、ハーメルンがある!  鼠のお土産を買って帰ったが………
何か興味が持てば行くようにしている………
これも歴史の楽しみ方であろう………

12
日本の「歴史街道」は便利という!! 著者のお勧めである???
12
12

第三章 歴史を「練る」
「歴史の捏造」
ゴッド・ハンド??????
素人発掘家の藤村新一がいる!! ペテン師?? 名誉欲に取りつかれている?
日本に三万年前に人類がいたかが、たった一人の捏造で70年前まで遡った???
「物証歴史学」に対して「理論歴史学」がある!
捏造で、物証主義の危険性が指摘される??

12
そう言う事で、初の女帝、推古天皇が即位する!!
政治問題があった?? 仏教伝来に、神道の問題がある??
この理由は分からないのが辛い!!!!
12
理論歴史学の五原則!!
第一 証明されている歴史的事実の全てを説明出来る仮設でなければならない!
第二 現に分かっている事実に少しでも反すれば仮説は成り立たない!
    (特に本能寺の変ではそう思う)
第三 その時代の技術社会環境と完全に合致していること!

第四 歴史上の有名人も、今日のわれわれ凡人と同様に、
    日常の些事雑務に終われていた!

第五 技術条件を正確に伝えること!
12
特に思うのは、本能寺の変での通信である!
書状が発見されたと言うのが多い!
密書を運ぶ人間?? 時間など現在はメールで瞬時に伝わる!!
ナポレオンがワーテルローの戦いで、伝書鳩で結果を知り儲けた??
後世の人間は結果を知っているが、当時の人間はそうではない!!
「勝者を美化せず、敗者に同情せず」
判官びいきを排する???  
12
古代エジプトと南米との航行が古代で可能だったか??
実際にやってみて成功したが、当時でも出来たと思われるが、
思われるだけである??? 実際に航行したことは証明されていない!!
「実験歴史学である!!!」
モンゴル軍が使用した投石器を再現し、記録とおりの距離と衝撃力を確認した!!

12
本能寺の変の情報がどうやって秀吉に伝わったか??
二通の書状、それで決断した秀吉!!! 
光秀は疲れ果てていた?? それなりに決断しているが、秀吉が上回っていた!!
秀吉と光秀、りょうしゃとも出来る!!
が、秀吉は人好き、光秀は人嫌い!!
女に対しても正反対である???

12
総論の重要さがある!!
「総論賛成各論反対????」
総論に賛成していないから反対する!!
光秀は信長の総論が理解出来なかった???

12
12

第四章 歴史を「企てる」
「関ケ原の合戦」
これは嫌と言うほど読んでいる!!
著者の本も当然読んでいる!
特に著者は二代目の事を良く書いている!
当然、毛利元就に上杉景勝が出て来るので書かざるを得ない???
12
さて日本は偉くない人が大事業出来る国である!!
戦国時代は実力者が多い!
その中で徳川家康の天下簒奪を阻止しようとしたのが、石田三成である!
五奉行と言え、序列は4番目である!!
佐和山19万5千石である! 配下には、島左近がいる!!
著者は日本万国博覧会を開催しようとして、自分も偉くないので(当時は偉くなかった)、
偉くない石田三成を調べて参考にした!!
前田利家が死ぬ! この後、加藤清正、福島正則らが三成を追いかけまわす!
結果、佐和山蟄居になる!
ここから始まる? 254万石VS19万5千石!!
その為にはどうするのか???
家康に対抗出来る総大将を持って来る!!
石田三成が勝つと思わせねければならない!!
大きな企てを実現するには、他人の猜疑と嫉妬がある!!

12
偉い人が支持しても下は警戒する!!
三成は家老たちに口説く!!
毛利家の安国寺恵瓊、宇喜多家の明石全登、上杉の直江兼続らを口説く!!

12
「どうせ戦争は超法規、手続きなどにこだわるな」
必要は法を必要としない!!
手続きを無視できるのは「勝者の特権」である!
それはこれから戦争を始める者の態度ではない!!
真珠湾攻撃である!!

12
上杉家がある1
徳川に大名がなびく中、上杉は家風から言って違うと!!
世の中の期待がある! 上杉景勝・直江兼続主従はその期待を知っている!!

ここで陰謀好きでない常識人を味方に入れる!
大谷吉継である!!

毛利を味方にする!! 陰謀好きの安国寺恵瓊が動いている!!
が、負ける!!
中身の乏しい雰囲気だけで盛り上げて、大勢を事業に参加させるのは、
「偉くない人」が事業を企てる時の基本である!!
この後が分かれる? 「烏合の衆」と化すか?
「世論の風」 となって旧体制を吹っ飛ばすか?

「この企てはすべて自分一人でやった! 
 みんな反対だったが自分が口説いて決起させた」

これでは負ける!!
三成は相手が悪かった??
家康の決断と行動の速さはすさまじい! 決断力と基礎知識がある!
が、合議制の西軍はついて行けない!!  後手後手に回る!!

12
著者は石田三成から学んで、万国博覧会を仕掛けた!!
家老の立場の人を口説く!!
支持者が多いと見せかける! 大勢の協力者いると思わせる??
成功すると思わせる??  ペテン師である???
誘致にカナダ、ニュージーランドを取り込むのは流石と言うべきか??
総大将に総理大臣・佐藤栄作と、石坂泰三経団連会長を選ぶ!!

12
東京オリンピックの成功者が口を出してくる!!
これを読んでいると、現在の大阪万博誘致を感じる!!!
手柄は自分、へまは他人! 大阪府知事も情けない???
一つの成功体験を持った者は、次もそれを繰り返そうとする!

日本海海戦で艦隊決戦で勝った日本海軍は、太平洋戦争でも艦隊決戦を求める!
高度成長で成功した日本企業は、今も大量生産発想から抜け出せない??
万博の成功も「月の石」のせいにする誤解もあるようだ………

12
12

第五章 歴史を「穿つ」
世界的常識がある!
通説、俗説、なんとなくそう思われている歴史的事実は正解なのか?
・川中島の武田の別動隊は通説のとおりには時間が足りない??
・秀吉の中国大返しは、本当か?? そこから本能寺の変を知っていいた??
 黒幕ではないか???

・長篠の3千丁の鉄砲と、三段撃ち??

 そう言う本も今は多い! 読んでいて思うが、
 これが真実だと言う本は読まないほうが良いのでは??

12
そう言う例が多いようだ………
・人類は、狩猟➡遊牧➡農耕➡産業と進んだと言うが………
 今は遊牧は農耕より新しい!!
・江戸は家康が来るまでは寒村である!
 明治維新の遷都の話があった時、遷都すれば江戸は寒村に戻る??

・江戸時代はベンチャー産業の時代だった! 身分も流動的であった??
・六公四民?? 小学校時代は五公五民と教わった!
 小田原北条では四公六民と言う!!
 
・60年毎の「コンドラチェフの波」は江戸時代4回あった? 
 大災害と伊勢参りと連動している??
 1640年(寛永)、1700年(元禄)、1764年(明和)、1833年(文化)とピークがある!
 伊勢参りは、1648年、その9年後に明暦の大火! 1705年、2年後富士山の噴火、
 1771年、12年後浅間山の大噴火、1830年、天保の大飢饉となるようだ!
 現在もバブルがはじけて海外旅行ブームになっている???

・著者の嫌味がある!! 出来の悪かった奴が不動産などで儲けている!
 バルブがはじけて不況になった時、「受験勉強してきた我々が偉かった」
 官僚の本質は変わらない???

・幕末は権力争いである!! 尊王攘夷も単なるキャッチフレーズである!!
 日本政府は伊藤博文を暗殺した安重根をテロリストと断定している!
 では、桜田門外の変の浪士たちは?? 英雄扱いされているのはおかしい!!

・明治維新は、「武士の文化」が崩壊した? 
 治安、文化が失われると体制は崩壊する!
 ソ連も軍事的に敗北したわけでも無く、治安も保たれていた?
 が「社会主義文化」が信じられなくなった??
・明治維新は江戸時代の制度を引き継がなかった??
 海運業の廻船問屋、郵便制度の飛脚業、教育制度の寺子屋………

12
世界は近代工業社会から知価社会へ大転換している!
口先小手先の改革でなく、倫理観と美意識の変更を含む、体勢と発想の転換が必要!!
12
12

第六章 歴史を「合わせる」
『殷鑑不遠  殷鑑遠からず』

自分の戒めとすべき良いお手本は、古いものや遠くのものを捜さなくても、
ごく手近な所にある!
殷の国が戒めの鑑とすべき手本は、遠い時代にさかのばらずとも、
殷の直前の夏の国の滅亡こそ手本とすべき!

今の日本が参考にすべきは、明治維新から太平洋戦争までが参考になると!!
12
明治維新後、英米陣営に属す!! これは幸運だった??
が、普仏戦争でフランスが負けて、プロシア型官僚主導内政で成長する!!
太平洋戦争後もアメリカ陣営に属して、官僚主導業界協調の体制を採る!!
日露戦争以後、疲弊していた日本は、第一次世界大戦で救われる!
太平洋戦争後、同じく朝鮮戦争で救われる!!
12
社会主義の解説がある!!
第一 物財の多いことが幸せである
第二 規格大量生産で物財の供給量を増やせる!
第三 有能で私利私欲のない「人民の官僚」なら社会に最適の規格を発見できる!
「人民の官僚」に対する信頼と愛着がある!
金儲けは醜く、権限は美しい??? 信じられん話だが………

12
官僚主導型啓蒙主義と社会主義は、思想的にも人脈的にも対立する!

国家社会主義  生産手段の私有を認め、民族感情を煽るが、
           中産階級の支持を得やすい!

社会主義     生産の国有化を主張し、インテリと労働者に広まり易い!
12
第一次世界大戦でのドイツ、ロシアの崩壊がある!
実際にシュリーヘン計画通りに進めば戦争は早く終わっていた??
中途半端に行われたので失敗した???
ドイツ帝国が滅亡しても、日本は官僚主導型から抜け出せない??
世界は社会主義の理論と体制が信頼を失った!!
これが鄧小平は分かっていた??
ゴルバチョフは分からなかった????

12
著者の持論がある!!
第一次世界大戦の終了から五年目に関東大震災が起こった!
冷戦消滅後の五年目に阪神大震災が起こる!!
ピークが過ぎれば大災害が起こるのが江戸時からの慣例である??

12
浜口内閣と橋本内閣は似ている!!!
官僚は間違いを認めない??
12
金銭疑惑は民主主義の持病である???
政治資金は政治家の私利私欲にも、利権買収にも使われる?

犬養内閣のあとは政治家の排除である!
独裁者や官僚は、必ず民主政治家の金銭疑惑を言い立てて、政治資金を規制する!
良く分かる話である!!!

12
軍縮会議に海軍は反対する! これでは艦隊決戦は出来ないと?
対米7割が必要!!
それは戦艦一隻、または巡洋艦三隻ほどの差しかない!!
が艦隊決戦は起こらなかった???

商工省に拓務省は、「満蒙はわが生命線」と言う!
満蒙を失った戦後の方が大成長した!!
どちらも同じ間違いを犯し、同じ不運に遭遇する?
緊縮財政と世界不況である!!

12
次に犬養内閣と小渕内閣は似ている??
どちらも予期せぬ死を迎えている!!
12
小泉内閣の解説がある!!
・大蔵大臣、幹事長、官房長官・など務めた事がない!
・族議員の排除!
・官僚主導が強かした!
官僚中心の現行体制維持しようとする!!

そんなものだったようだ………
12
この本は2004年発行である!!!
近衛を出してはいけない!!  これも予言だったようだ………
鳩山由紀夫を警戒していたのか???? 予感がしたのか??
この近衛を出すなは面白い!!!

12
12

第七章 歴史を「活かす」
・「歴史」から「未来」を見る  温故知新の発想!
歴史する、設計する、未来を予測する!!
これ等を恒常的に行う!

➀ 過去に記憶と記憶は今の設計に活かす!
② 今の設計を未来の予測に使う!
③ 歴史を未来の予測に役立てる!

12
歴史は三つの時期がある!
継続器、改革期、飛躍期とある!
12
人口、資源、技術! 人類文明を決定する要素と言う!!
人口は、19世紀初め十億人いなかった?
20世紀初めには、十六億人になった!
十年後には六十億近くになる???
しかし現在は八十億でピークになると言われている!
資源も使い放題の時代は済んだ………
技術も変化している? 省エネルギー、AI等である…………

12
世界的に人口が減少したのは、二世紀から五世紀と十三世紀から十五世紀である!
二世紀から五世紀!
森林資源の激減から物質文明への失望と批判がある!
人口は大幅に減り、人種や民族も入れ変わった………
中世とは宗教国家と家産国家、村落限りの地縁社会の自給自足の世の中である!
12
西欧はモンゴルに蹂躙されて、十字軍がある!
その後の歴史は輝かしい!!
歴史の二例は違う結果を出している!!
今後は、新しい中世か? 二度目のルネッサンスか??
12
・「情報史」から見た世界と、消える国
宗教組織は見事なトータル・メディアである!
中世のキリスト教はラテン語を使い、一般人には分からなくしている!
情報を独占している!!
モンゴルの世界支配により伝馬制度を使い、多数の文書を素早く広域に伝えた!
印刷技術に注目した、マルチン・ルターはドイツ語に聖書を訳して発行する!
情報の伝達が変わる??

インターネットの普及により様相は一変する!!
特に帝の組織に加わることなく、コストもかけずに情報発信できるようになる?
12
二十世紀には、国家の支配と帰属から逃れられなかった?
しかし、人工的な国家は解体されて、ソ連邦、ユーゴは解体される!
中東、南米、アフリカでは国家のない空白地がある!!
EUに自由貿易協定が国家に代わっている???
地球上から国家の影が急速に薄れている?
12
歴史上に巨大帝国は何度も登場する!
ローマ帝国、唐、東ローマ帝国、ササン朝ペルシャ、グプタ朝のインド………
歴史上、周囲に外国の軍事力を意識しないでよい世界帝国は二つ!!
モンゴル帝国と、現在のアメリカである!!!
12
・アメリカは「知価時代のモンゴル」
 モンゴルとアメリカは似ている?
 社会原則、文化政策、政権構成、軍事思想と戦術、対外経済バランス??
 モンゴルの社会原則!
 「ファースト・カム、フャースト・サービス」
 早く帰順した者ほど社会的立場がよい!!
 アメリカも早く移住したものほど社会的に良い見方をされる?

 モンゴルが、世界の3/4を支配出来たのは、多人種の取り込みと多文化の許容である!
 宗教に関しては完全な自由を認めていた!  税金さえ払えば認めた!!
12
大量報復の戦略思想! 
支配地に総督60人を置いた!!
反乱が起これば、大軍が押し寄せ皆殺しする!
例外はない!! 
これはアメリカの核戦略に通じる!!
人員の少ないモンゴル軍の戦術は、物量作戦と補給情報重視である!!
これも二十一世紀のアメリカに似ている???

12
著者はモンゴルの経済政策を褒める??

アメリカにモンゴルの知恵と権威があれば、
あと五十年ぐらいは好況が続くかも知れない?
そのためには、諸国の文化に干渉しない節度と、
安上がりの「小さな政府」を保つ必要がある?

現在のトランプ大統領は、節度も無く喚きまわっているが………
12
・日本の生き方
経済水準の近い国通しが、経済の統合、自由貿易協定を結ばなけらばならない?

EUも最初はそうだった!! 
NAFTA、カナダ・アメリカ・メキシコも南の国を加入させなかった・

メルコスールは南米の似た国4カ国!!
ASEANも同様である???
TPPはどうなのか???
しかし、EUも経済格差は大きい国も加入させた??
国際分業体制、「工程分業」???
技術研究、製品開発、デザイン創造、部品生産、組み立て、販売戦略、
情報宣伝、金融捜査を工程に従い別々の国で行う??
工賃の安い国へと移っている………
中国からベトナムなど東南アジアに移る??

12
未来の世界は、
・高度にコンピュータ化された最新工場!
・低価格な工業品を大量に造る多数の工場を備えた、新興工業国(地帯)
・高度な知的創造的な工程や知的ブランド、高度な観光、情報発信産業の先進国!
以上で構成される!!

12
「歴史が飛躍するとき、時代に乗り遅れるな」

日本も知的創造にふさわしい個性と独創性!
とわがままさをを備えた人材を育成する教育も重要である!

今の日本は全てに逆行している!
税制、年金、地域開発、都市整備、医療、教育、文化、娯楽と…………
官僚主導ではなし得ない道である???

12
12

歴史の使い方・堺屋太一
12
12

« 本・人を呼ぶ法則(2012/9)・堺屋 太一 | トップページ | 本・堺屋太一の見方(2009/4)・堺屋 太一 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・歴史の使い方(2004/2)・堺屋 太一:

« 本・人を呼ぶ法則(2012/9)・堺屋 太一 | トップページ | 本・堺屋太一の見方(2009/4)・堺屋 太一 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ