« 本・官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態(2018/11)・佐藤 優 | トップページ | 本・不平等主義のすすめ 二十世紀の呪縛を超えて(2001/10)・渡部 昇一 »

2019年4月18日 (木)

テレビドラマ・連続ドラマW 推定有罪 amazonビデオ

15


近年、DNA鑑定技術などの進歩で、過去に起きた事件に新たな事実が分かるケースが発生している!
多くの人生を狂わせるのが冤罪だである!
冤罪のもたらす悲劇は、真の犯人を取り逃がしてしまうこと、そして、犯人と間違われ罪を着せられた人間の苦痛!
さらには、事件の被害者や、その周囲の人々、罪を着せられた人間の周囲の人々など、たくさんの人に影響を及ぼしていく。
冤罪事件の当事者だけでなく、遺族、警察、裁判所、弁護士、報道関係者などの姿を描く、社会派人間ドラマである。


「冤罪」とは、無実の罪のこと! 罪を犯していない者が国家機関による刑事手続において、真実に反して罪人とされることである!
特に証拠不十分な中での取り調べにおける自白の強要や、DNA鑑定の精度の低さなどが問題視されていた!
平成18年に導入した新たな試薬では、計15の部位の鑑定ができる!
現在ではDNA型の組み合わせが別人と一致する確率 は約4兆7千億人に1人という確率で個人識別を行うことが可能である!


仲村トオルに、黒木瞳、國村隼、寺島進、陣内孝則、柴俊夫らが印象に残る??
冤罪のドラマである!!
冤罪を起した記事と誤認逮捕の刑事がいる!!
冤罪を証明されて窮地に陥る!!
弁護士は黒木瞳である!
政治家との内密の話がある時、息がかかるぐらい近づく!
近づかれた方はその気になる???
出演者は下記の通りである!!


加山清治  仲村トオル  週刊潮流記者、12年前に篠塚良雄が少女殺害の犯人であるかのような記事を書き続けた
鳴瀬実   中村俊介   加山の相棒、家族ぐるみの付き合い

篠塚良雄  國村隼    少女殺害事件で有罪判決を受け冤罪で服役していた男
長田美保  本仮屋ユイカ 良雄のひとり娘、保母として働く。 名前を変えている!
石原瑤子  黒木瞳    篠塚良雄の弁護士、新たにDNA鑑定をやり直して良雄の冤罪を証明する
太田佳苗  草笛光子   篠塚良雄を支援する会代表

鈴木弘子  ミムラ    12年前に殺害された少女・智子の姉、週刊潮流営業部に所属

浅田邦夫  陣内孝則   捜査一課刑事、12年前に篠塚を誤認逮捕
浦井茂   柴俊夫    捜査一課長、浅田の上司

吉田栄之助 竜雷太    内閣官房長官、12年前の事件当時は警察庁長官
栗林伸行  相島一之   与党都議会議員、石原とは大学時代からの友人
桂木尚人  寺島進    少女殺害事件の情報を握っているとして石原、加山に接近
森本宏信  中丸新将   判事、12年前に篠塚良雄に有罪判決を下した

32

4_1

冤罪を証明した弁護士は黒木瞳である!!!
冤罪には、罪を着せられているのだから、真犯人がいる?
冤罪で刑務所に入っている人にも家族がいる?
殺されている被害者にも家族がいる??
どちらも世間の風当たりが強い???
特に責任を感じているのが
記者加山清治(仲村トオル)に刑事浅田邦夫(陣内孝則)である!
お詫びに行くが拒否される??
どちらも冤罪の原因を調べようとする??
記者は娘がおり、いじめに会う??
記事を書く時に、記事は弁護士の承認がいることになる??
冤罪とは言え一度は自白している! 尋問に耐えられない??
被害者の父は、無実なら何故自白したのかと!
被害者の姉は記者と同じ新聞社で働いている?
取材に同行する? これが取材に有利に働く!
冤罪の被害者は、娘も名前を変えるほどになって音信不通である!!
母親は心労もあり亡くなっている………
被害者は国に12億円を要求している!!

53

被害者の娘には取材を拒否される!
が、殺されてた少女の姉が一緒に行ったので取材に応じる!!
記事は進むが、冤罪の被害者はかたくなである??
美しき弁護士は、もっと先を考える1
政治家を利用しようとする!
逆に政治家もこの状況を利用とする!
キツネとタヌキである………
美しき女狐か???
被害者同士に娘がいる!! この二人が重要になる?

1年前、ある人間が弁護士に証拠を持ち込み、冤罪を教える?
弁護士はそれを警察に言うが相手にされない??
警察も何か隠している!! 状況は進んで来る??
誤認逮捕した浅田邦夫(陣内孝則)は、上からの圧力がかかる??
動くなと!!!
それでも動く!!!
12年前の事件現場を目撃していた桂木(寺島進)がいる!
弁護士に連絡し、今度は記者に連絡してくる??
この証言が犯人を決めることになる!!
予想通りか、思わぬ犯人か??
一挙に解決に向かう………

64

それぞれの家族に平和が訪れる………
それぞれの責任の取り方がある???
一番美味しいところを取ったのは弁護士か?? はたまた女狐か???
警察の威信とは何なのか??
他人を犠牲にしても守るモノなのか??
最近そんなドラマばかり見ている感じがするが………

 

« 本・官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態(2018/11)・佐藤 優 | トップページ | 本・不平等主義のすすめ 二十世紀の呪縛を超えて(2001/10)・渡部 昇一 »

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態(2018/11)・佐藤 優 | トップページ | 本・不平等主義のすすめ 二十世紀の呪縛を超えて(2001/10)・渡部 昇一 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ