« テレビドラマ・ドラマW 死刑基準 2012 amazonビデオ | トップページ | テレビドラマ・再生巨流 2011 amazonビデオ »

2019年4月19日 (金)

本・人間通になる読書術(1996/11)・谷沢 永一

Photo_10
12
12
マキアヴェリ、シェイクスピアから司馬遼太郎、星新一まで、
当代きっての読書人・谷沢永一が「読んで面白かった」という基準だけで選び出した四十冊。
本書ではそのエッセンスを凝縮して紹介する。
「この1冊さえ読めば、40冊を改めてお読みになる必要はありません」と著者自ら太鼓判を押す、
忙しい人にも怠け者にもぴったりの画期的な読書案内。
12
12
凄い本である!! 解説書を含め10冊弱読んでいる!
読んでいて楽しい!
よくこれだけまとめて書けるものだと思うが………
40冊は下記の通りである!!
その中で興味を持った本を挙げる!!
12
12
人の世に生きる道      『論語の新研究』 宮崎市定
人間性の正体を観る     『お菓子と麦酒』 サマセット・モーム
日本社会の原理       『「空気」の研究』 山本七平
情念のメカニズム      『新訳イソップ寓話集』 
思想も文藝も自己顕示である 『インテレクテュアルズ』 ポール・ジョンソン
戦わずして勝つべし     『孫子』
人間情念の動機を探る    『ラ・ロシュフコー箴言集』
思想を分析する方法     『先哲の学問』  内藤湖南
人物を見きわめる視線    『人物評伝』 ケインズ
可愛気の必要        『新史太閤記』  司馬遼太郎
大陸の気風と伝統      『鹿州公案 清朝地方裁判官の記録』 藍鼎元
私人の悪徳は公共の利益   『蜂の寓話』 上田辰之助
性への懐疑         『ルイバヤート』  オマル・ハイヤーム
腐敗の効用を知る      『腐敗の時代』  渡部昇一
時は金なり、勤勉の勧め   『フランクリン自伝』 松本慎一・西川正身
近代的人間類型       『ロビンソン・クルーソー』 デフォー
理論のメガメを捨てて観る  『私の実践経済学』 高橋亀吉
人の心をつかみ友をつくる  『人を動かす』 デール・カ¥ネギー
善意が傲慢に転じる時    『カール・マルクス』 E・H・カー
出世と合理化の相反関係   『パーキンソンの法則』 C/N/パーキンソン
常識心理の盲点を衝く    『ブラウン紳士の童心』 G・K・チェスタトン
本当の学問とは何か     『童子間』 伊藤仁斎
人間の創造性の開発     『石橋を叩けば渡れない』 西堀栄三
精神の絡繰を照らす     『レオナルド・ダ・ヴィンチ論』 ポール・ヴァレリー
資本主義を支えた奢侈の精神 『恋愛と贅沢と資本主義』 ヴェルナー・ゾンバルト
人を統率する秘訣      『君主論』 マキャベリ
人生の美意識        『徒然草』  
通商が歴史を動かす     『アジア史概説』 宮崎市定
情に訴える話術       『ジュリアス・シーザー』 シェイクスピア
権威という化け物の正体   『門番の怪飼猫』 E・S・ガードナー
自分自身に会うひととき   『余暇と祝祭』 ヨゼフ・ピーパー
理性万能主義の落とし穴   『無益にして不確実なるデカルト』 ジャン=フランソワ・ルヴェル
人みな人に忍びざるの心あり 『孟子』
権力と猜疑心        『ノーメンクラーツ』 ミハイル・S・ヴォスレンスキー
哲学は理屈をこねた詩である 『エセー』 モンティーニュ
詐欺は心の隙を衝く     『白昼の死角』 高木彬光
自利が化して他利となる   『国富論(Ⅱ)』 アダム・スミス
商売の眼目は決断力である  『商家の家訓』
近代的人間関係の原型    『危険な関係』 ラクロ
優越感の美酒に酔う     『ボッコちゃん』 星新一
編集者と著者の雑談
12
12
孫子・君主論は解説書を読んでいる!
どちらも解説は多い!! 
ついでに言うと、戦争論も多い!!!
12
まともに読んだ本は少ない!!
『新史太閤記』  司馬遼太郎
『腐敗の時代』  渡部昇一
『人を動かす』  デール・カ¥ネギー
『ボッコちゃん』 星新一
12
『人を動かす』は親父の本棚から読んだ!
衝撃的だった……… 人を矯正する第一の方法は、誉めることだと!
実際の例が沢山あり、大変分かり易かった!!
12
一時通勤電車の中で読んだのが、星新一に、サマセット・モームである!
星新一は読みやすい! ショートショートの名手である!
ほとんど読んだが、ほとんど覚えていない???
12
サマセット・モームのコスモポリタンを勧められた!
通勤の時に読むのに、短編で面白い本はないかと?
そう言う事で勧められた!
マアそれほど感じるもは無かったが…………
12
『ブラウン紳士の童心』 G・K・チェスタトンは読み切れていない!
ホームズの方を先に読んだ!
ちらっと読んだだけだったが………
解説では、トリックの数も記載されている!
異常な数のトリックなのか???
12
『司馬遼太郎・新史太閤記』は面白い!
新史太閤記、関ケ原、城塞、覇王の家、播磨灘物語が面白かった!
人間が感じられる!!
備中高松城の状況が大好きである!
新史太閤記、播磨灘物語のこの場面が好きである!!
役者がそろっている??
12
「山本七平・空気の研究」 は、支配される空気を破るには、水を差す!
これは印象的だった!!
12
腐敗の時代』  渡部昇一『腐敗の時代』  渡部昇一
腐敗には二種類ある!
個人的腐敗と組織的腐敗である!
昭和の軍組織は、腐敗している???
12
イソップで好きなのは、「あのブドウは酸っぱい」
全部読めば面白いと思うが………
12
E・S・ガードナーはペリーメースンシリーズである!
これは何冊か読んだ!!
12
恐らくこれらの本は読まない!
この本のおかげで読んだ気になるのか???
面白かったです!!!
12
12
人間通になる読書術・谷沢永一
12
12

« テレビドラマ・ドラマW 死刑基準 2012 amazonビデオ | トップページ | テレビドラマ・再生巨流 2011 amazonビデオ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

名言格言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビドラマ・ドラマW 死刑基準 2012 amazonビデオ | トップページ | テレビドラマ・再生巨流 2011 amazonビデオ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ