« 阪急電車で西宮に行く途中で!! びっくりである!! | トップページ | 本・昭和史を動かしたアメリカ情報機関(2009/1)・有馬 哲夫 »

2019年6月13日 (木)

本・元外務省主任分析官・佐田勇の告白 小説・北方領土交渉(2014/1)・佐藤 優

Photo_179

対米関係の悪化の反面、日露関係は徐々にではあるが、歩み寄りを見せる。
悲願の北方領土返還に向けて奔走した佐田勇は、とある政治闘争に巻き込まれたことで、外交の一線から身を引き、
今は作家だ。しかし、政権交代、さらに再交代と政変が続く中、
いずれの内閣も佐田の情報分析力を頼ってやってくる。
ロシア大統領の何を衝けば交渉はスムーズに行くのか、詳細なレポートで佐田は政権を助けてきたが、
そんな佐田を逆恨みする連中が霞がいて……。

著者の読者は大抵の本を読んでいるので、実名を挙げてもらったほうが良いと思うが………
今までだいぶ書いていると思うが………
だいたい表紙の佐田勇?? 佐藤優である!
楽しい本である!!!
内容は下記の通りである!!

まえがき
登場人物紹介
第1話 ストルイピンの銅像
第2話 謎の演説
第3話 ソ連スクールの勝利
第4話 内閣情報調査室幹部の自殺
第5話 国策問題研究所
第6話 共同論文
最終話 小説・北方領土交渉
参考文献

まえがき
この小説の主人公は、すべて著者の頭の中で作り上げた架空の人物である??????
著者の読者ならたいがい分かると思うが………
北方領土の交渉をノンフィクションで書けない! もう担当していないからか??
説で書いている!!

登場人物紹介
佐田勇    佐藤優
矢部進太郎  安倍晋三
森田義雄   森喜朗
築地峰男   鈴木宗男
新党大空   新党大地
大沢一郎   小沢一郎
乃村毅彦   野田佳彦
中田麻衣子  中田真紀子
本橋龍太   橋本龍太郎
鯉住俊一郎  小泉純一郎
中田飛車角  田名角栄
十勝一郎   中川一郎
神田直人   菅直人
鷹山幸男   鳩山由紀夫
西郷和憲   東郷和彦

他は分り難い??? 
が面白い!! 特に森田義雄が良く出て来る!!!

第1話 ストルイピンの銅像
ピョートル・ストルイピン???  調べてみた!!!
ニコライ2世の治世においてセルゲイ・ヴィッテと並んで有能な政治家であり、革命派に対する容赦ない弾圧と、
一方で農業分野を中心に地方自治の近代化、司法・中央行政機構に渡る広範な改革を実行した!!

佐田勇は佐藤優である!!!
これから佐田勇のことは著者とする!
北方領土交渉は、佐藤優、東郷和彦、鈴木宗男の本は読んでいる!
著者は、森田義雄(森喜朗)に呼ばれてアドバイスする!!
著者は「アサヒ芸能」に連載している!!
問題のいかがわしい雑誌である!
それだけに縛りがなく、何でも書ける???
確かに、外務省の女、不倫、金、セクハラ、パワハラと書く!
名が売れている出版社であれば、書かしてくれない??
大変良く分かる!!
事実だから反論できないし、したらもっと書かれる!!!
外交では露骨ではなく、メッセージをそれとなく入れる!!
ストルイピンの銅像に献花せよと!!
ロシア大統領への交渉を前向きに行うメッセージになると!
様々なアドバイスがあり、具体的である!!!
世界情勢の分析があるが、読んでいると面白い!!
この時代は、シェールガスと、イスラムの過激派の話がある!!!

第2話 謎の演説
鈴木宗男に著者を叩き、離れていった人間がいる!!
復権、復活した時に擦り寄ってくる人間がいかに多かったと………
人間を見た!!!
その時、変わらずに付き合っていた人間は少ないがいる!!!

著者の本は分かり易く、北方領土の知識も得ている!!
そもそも歯舞諸島、色丹島と択捉島、国後島は違う!
日本は千島列島に、択捉島、国後島が含まれるのか??
サンフランシスコ条約では、この二島は千島列島に含まれると!!!
それを、ソ連との国交回復交渉で、この二島は千島列島に含まれていないと!
この主張には無理がある!!!
日本固有の領土だと!!! この辺りは難しい?? 
北海道の開発はどこまでやっていたのか??
そこで「ひきわけ」の発想が出て来る!!
外務省の内紛??  手がら争いもある???
足の引っ張り合い????
ものすごく人間的である????
よほど鈴木宗男、佐藤優は外務省に恐れられている!!!
自分の地位が危うくなる???

第3話 ソ連スクールの勝利
先進資本主義国では、国家は性悪説にたつものという前提に立って、憲法や法令によって、
国家の恣意的活動をよくせいしようとする!
イスラムは一人のカリフによって支配されるべきだと!!
ソ連はともかく、ロシアは普通の帝国主義の国になった???
田中真紀子と対立して、はっきり言えばうそを言われる!
鈴木宗男に佐藤優は逮捕されて、外務省から追い出される?
ソ連スクールの勝利である!
が、鈴木宗男は復権し、佐藤優は作家・評論家になり、外務省の前に立ちはだかる!!
著者と親しい記者は露骨に圧力を受け、円形脱毛症になる??

第4話 内閣情報調査室幹部の自殺
不正かどうか???
機密費の私的流用がある???
この隠蔽がある!
内閣情報調査室幹部の自殺?????
自殺という事は何かある??
その隠蔽か??? 
そう言う時は、それらしいうわさが流れる………
生々しい話になる! 
得意の「サンカク官僚」
「義理欠く」「人情欠く」「恥欠く」
ロシアも人員の移動がある?? これはメッセージなのか???
何か無ければ自殺なんかしない???

第5話 国策問題研究所
著者の執筆量は膨大である!! 異才である??
メルマガに1050円の定価を付ける!
メルマガに1050円という事は、書籍に3万円と言う抵抗感がある!
それだからこそ真剣に読む!
「身銭を切る??」 タダはタダの価値しかない???
外務省ユーラシア課の首席事務官??
著者お得意の「赤ちゃんプレイ!!」
「殺人以外の全ての犯罪に手を染めている!!」
女性の新入省員を、セクハラ・パワハラする!
本当の事と思うが、

旧陸軍の「国策問題研究所」
金が流れている??  右翼???
こう言う組織が幅を効かしている???
面白くない話が並んでいるが………

第6話 共同論文
拘置所と刑務所の違いが分かる!!
西ドイツと東ドイツぐらいの差がある?????
刑務所の方が自由がない???
作家となっても頼りにされている!!
ロシアのことわざ「こぼれたミルクについて泣くな」
(腹水盆に返らず)
ロシアの共同論文について、論評を依頼される!
著者の原稿はロシアでも注目されている!
ロシアにも友人はいる??
日本の方がいないのではないか??
この内容は、信じられるが、外務省は嫌がっている?
書くに当たっては、著者の愛国心がブレーキをかける???

最終話 小説・北方領土交渉
どちらかと言うと、恨み節になる???
淡々と流れを記述している!
読んでいて面白いが、本当かなと???

元外務省主任分析官・佐田勇の告白 小説・北方領土交渉・佐藤優

 

« 阪急電車で西宮に行く途中で!! びっくりである!! | トップページ | 本・昭和史を動かしたアメリカ情報機関(2009/1)・有馬 哲夫 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急電車で西宮に行く途中で!! びっくりである!! | トップページ | 本・昭和史を動かしたアメリカ情報機関(2009/1)・有馬 哲夫 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ