« 本・平成史(2019/3)保阪 正康 | トップページ | 本・なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(2019/2)半藤 一利 »

2019年8月 3日 (土)

本・日本人の「戦争観」を問う―昭和史からの遺言(2016/12)・保阪正康

Photo_20190802095301


戦後70年という節目の年に,日本はこれまでの安全保障政策を歴史的に転換して集団的自衛権の行使を認めた。
戦争を「想定外」にしてきた戦後の日本の安全保障政策の歴史的な転換を経た今、
日本人にその事実に向き合うための「戦争観」はあるだろうか…。
「今ほどあの戦争からの教訓が必要なときはない」
昭和史の知を駆使しながら、この国と軍事の関わり方に思索をめぐらす歴史エッセイ集。


最近は著者に、半藤一利をよく読んでいる!!
大変考えさせられる!
内容は下記の通りである!!


日本人の「戦争観」を問う
日本人の「戦没者への補償と追悼」を問う
日本人の「戦争責任論」を問う
日本人の「広島・長崎論」を問う
日本人の「昭和天皇論」を問う
あとがきにかえて  昭和の戦争に思想はあったか


日本人の「戦争観」を問う
自衛隊が海外派遣で戦争に巻き込まれたらどうするのか??
戦う!! が戦死したらどうなるのか?
アメリカは除隊してからも悩んでいる人も多い!
そう言う人達が妄想から犯罪を犯すこともある!
凄い問題である! 集団的自衛権??
戦争になったらそれなりの覚悟が必要である!
その為には教育がいる! その為にこれから安倍政権は何をしようとするのか?

統帥権!! 問題の統帥権である!!
司馬遼太郎 魔法の杖とかした統帥権が国を滅ぼした!
山県有朋が統帥権を独立させたのは、組織が不安定で仕方がなかった面はあると!
しかし、その後、政治と軍が分化される?
軍は独自に軍の利益を求める?
良く言われる陸海軍大臣現役武官制!!
現役しか出さない!! そうやって内閣を軍の都合のよい方に仕向ける?
現役制でなくても、恐らく軍は言う事を聞かずに内閣を潰していたのでは??
「統帥権干犯」  少し調べてみた!!
陸海軍の兵力を決めるのは天皇!
軍縮会議で勝手に兵力を決めるのは、憲法違反である。天皇の統帥権を犯すものだ!!
議会で「統帥権干犯!」と騒ぎ出したのが野党・政友会の犬養毅や鳩山一郎!!
それ以来、内閣は軍に干渉できなくなる!!

軍事を政府がコントロールできない??
東條英機も戦況は知らなかったようだ??
なので、首相、陸相、参謀総長を兼務する! が時すでに遅かったようだ?
最後の最後でそれを正したのは、やはり天皇ではないか??

日本軍の作戦がある! 海軍は空母の集中活用等、独自の戦術があった?
が陸軍は、補給を考えずに戦線を広げて餓死、病死者を多く出している!
ガタルカナル島、ニューギニア戦線、インパール作戦、ソロモン………
ノモンハンとガタルカナル島の共通点!!
どちらも主観で戦争を考える?
相手は自分の考えている通りに動く! 動かなければ戦争を知らないと!!
駆け込みで戦争をはじめている!!  今しかない!
終わりの戦略はなかったようだ?? ドイツの勝利頼りである??
補給も考えずに戦線を広める?? 中国で泥沼になっている??
東南アジア、フィリピン、ニューギニア、アリューシャンと!!!
餓えの前には戦陣訓は役に立たない??
玉砕が当たり前になる!!
ノモンハンでは、戦死者の数が少ないのは戦っていなかったとして部隊長の責任を問う!!
兵の命を何とも思っていない???
知覧特攻平和会館へ、福岡の自衛隊の幹部候補生が訪問する研修がある!
最近の集団的自衛権もあり、幹部自衛官の使命感や死生観を初級幹部の段階で確立する必要があった!
それでここは選ばれているようだ?
「正しい歴史認識を持つこと」
これは正しいのか??
現在の教育は太平洋戦争の経緯を正しく伝えずに、隣国に配慮した自虐史観に覆われている!
日本の伝統的美徳や倫理観が継承されずに愛国心さえ希薄になっている!!
その為の教育に特攻が利用されている??

大西瀧次郎、宇垣纒らは「俺も後から行く」と言って自決している!
著者の本によく出て来るが、隊員の弔問を済ませて自らの命を絶った司令官もいる!
実名が出る! 生き残った菅原道大中将、富永恭二中将!!
こんな人間を許したのが間違いであると!!!

「余りに精神に重きを置き過ぎて科学の力を軽視したこと」
「政治が軍事をコントロール出来なかったこと」
「最低限の国際ルールを守らなかったこと」
過去の錯誤に立ち返り、その教訓に立脚した新しい戦争観を創らなければならない!!


日本人の「戦没者への補償と追悼」を問う
「戦死」と「殉職」の違い!!
日本は幸せと思う?
原発も事故があってはならなので、そう言う想定はしていない!
どの部署か忘れたが、働ぎ口の斡旋部門は職を失ってならない??
戦争放棄しているので、戦死は無いと!!

旧軍の恩給の仕組みがある!
年金問題が発生するのが分かる気がする!!!
勝手に召集していて、年月が足らないからと言って差別がある!
公務員には手厚い??
兵卒と大将では5倍ぐらいの差がある!!
こんなええ加減な事で、戦争しようとしている??
そに保証はどうするのか? 自衛隊が保険でもかけてくれるのか??
戦没者の追悼施設の問題もある! 
自衛隊員がもし戦死しても靖国神社には祀られない!!
それを言い出すと、イタリア大使白鳥敏夫はどうなるのか??
朝鮮戦争で機雷除去で戦死した人は祀られない!!

靖国神社の松平宮司と言う人は偉い!!
これだけの問題になると考えていなかったのかと???
歴代の宮司がためらっていたことをやる!
天皇も深いと分かっていても居直っている感じの話は聞いている!
「ルーズベルトの大戦略、ルーズベルトに残されていた道は、
 資源の乏しい日本を禁輸で追いつめて開戦を強要することだった」
「参戦によって米経済は完全に復興した」
と言うパネルを飾っていた!!
靖国神社は、宗教性が強い!   文部科学省!
千鳥ヶ淵墓苑は、宗教色がない! 厚生労働省!
多くは身元不明である!!
ノモンハンで自決を強要した司令官達は、自決したら靖国神社に祀ると言ったようだ!!
いくら靖国神社と言えども遺族の人も関係ある年齢の人は亡くなって行く!!
ドイツとイタリアはどうなっているのか?
ドイツは国立中央追悼施設で、ユダヤ人、ロマ人も含むすべてと言う!
イタリアは、イタリア人のみで、軍人・民間人を問わない!
どちらも宗教性はない!!
日本も本当に追悼施設を考えなければならい!!!


日本人の「戦争責任論」を問う
太平洋戦争の検証はなされていないようだ??
一億総懺悔でみんなに責任がある???
事後法の禁止! 遡って法律は適用されない?
隣国はそう言う事を平気でやっているようだが………
東京裁判が裁く罪がある!
㋑ 平和に対する罪
㋺ 通例の戦争犯罪
㋩ 人道に対する罪
28人のA級戦犯容疑者!!
実際に戦争を行った参謀たちは省かれている?
こう言う時に、俺がこの戦争を始めた、と言う軍人は名乗り出なかったのか?
石川信吾とか辻政信である??
現実には7名が絞首刑である!! 海軍は絞首刑を出していない!
東京裁判を認めない人も多い??
勝者が敗者を裁く裁判だと???
しかしそのまま日本で戦争裁判をやっていたら、天皇制否定の別の国家になっていたかもしれない??
そう言う意見もある??

著者が言う日本の戦争責任!
① 開戦責任
② 継戦責任
③ 結果責任
④ 他国への責任
解説がある!!
① 開戦責任
  当時の状況下での開戦は妥当なのか? 平和的に解決出来なかったのか?
  出来なければ罪に問われない?
② 継戦責任
  あれだけの期間戦争する必要があったのか?
  政治に軍部は戦う状態になっていない?
  作戦参謀の無能さもある?
③ 結果責任
  負けた責任? 300万人以上死んでいる?
  引き際を間違っている! 10万の英霊の申し訳ない??
  それで引くタイミングを失っている?
④ 他国への責任

戦争をやった国の賠償責任!
「戦争被害受認論」があるようだ!
国家の非常事態である戦争はみんなが被害を受けており、
戦争犠牲や戦争損害は国民みんなが等しく被害を受けており、
国民すべてが受認しなければならないと!!
誰が戦争する気になるのか??? 我慢してくださいね!!
日本は東南アジアの独立に協力したと!
実際にインドネシア独立には約3000人の旧日本兵が協力している!
1000名ほど死んでいる! この人達は脱走兵扱いになっていると聞いたが………

2006年に読売新聞が「検証・戦争責任」のキャンペーンがある!
主導したのが渡邊恒雄と言うのが意外である!!
① 満州事変がなぜ日中戦争へと拡大したのか?
② 勝算のないまま米国との戦争に踏み切ったのは何故か?
③ 玉砕・特攻を生み出したのは何だったのか?
④ 米国による原爆投下やソ連参戦は避けられなかったのか?
⑤ 東京裁判で残された問題は何か?
個人的に思うのは、外務省、大島ドイツ大使、白鳥イタリア大使、松岡洋右外務大臣!
陸海軍の参謀本部、軍令部の軍人!
代表的なのが、辻政信、岡敬純、石川信吾らか??
突き詰めれば瀬島龍三もである!! もっといるはずである!!
その責任は重い!
天皇責任については左翼の言動はやはりおかしいと思う!
利用出来るものは何でも利用する!!
天皇制打破とセットになっている!
質問の巧妙のようだ?? 戦争責任の意味が何を表すのか?
本土決戦に走る軍部を抑えれたのは、天皇しかいない!!
日本の政治の社会、日本の文化伝統の中ではほとんど有り得ない決断ではないか???
自衛隊が派兵により戦死するかもしれない前に、戦争の総括・検証をやらなければいけない!!


日本人の「広島・長崎論」を問う
世界初の原爆の被害国である! 原爆投下の正当性!!
原爆で戦争終結が早まった?? 日本もアメリカも死者が少なくなった??
ドイツの勝利頼りで始めた戦争である!
ドイツが降伏した時、降伏しなかったのは自棄になっていたからか??

オバマ大統領の広島訪問があった!
歴史的なことである! 謝罪を求めずに実現した!
著者は評価している!
謝罪謝罪と言っていれば永遠に来なかったかもしれない??
オバマ大統領の演説に負けない演説が出来るのは誰か?
吉田茂、石橋湛山、大平正芳と言う!

原爆投下の正当性!! カナダの諸省が日本に使用されて良かったと!!
一発でカナダが嫌いになった!!
トルーマンもエノラゲイ搭乗員も謝罪はしなかった………
謝罪すればアメリカの正義が否定される???

被爆国の論理は日本でしか通用しない!
原爆を神の懲罰と言う国が在るのは情けないが………
日本の騙し討ちの真珠湾攻撃もある!
日本も負い目があるので言い難い??
それより勝算もないのに戦争を続けた、本土決戦に賭けたとはいえ、
日本の首脳陣の問題は大きい!!
死者と死者とを相殺しない!!
日本はやはり被爆国なので、その被害に後遺症!
じゅうたん爆撃による被害などの検証はしなければならない??
ジェノサイド、皆殺しなのか??


日本人の「昭和天皇論」を問う
海外の天皇論は極端と言う!
陰謀論の親玉みたいなものもある?
太平洋戦争への心境の変化!
① どんな理由でも戦争に反対!
② 外交交渉による和平を望みつつ、ダメなら開戦と言う選択肢も容認!
③ もはや開戦!!
ドイツの快進撃で、対ソ戦、北進に、南部仏印への基地確保!
どさくさに紛れてかなりいいとこ取りしている!!
天皇が開戦もやむ得ないと思うようになったのが、11月2日と推測している!
開戦後の快進撃がある!
が、ミッドウエー以後は嘘の報告になる! 大本営発表である?
天皇も不安になる!!  伊勢神宮に2度戦勝祈願にも行っている?

天皇も不安になっているが、負け続けても本土決戦へと走る軍部!
現実に陸海軍とも戦えないとの報告を出している……
天皇に上げる報告書もウソ、粉飾されていた!!
軍部に不信感を持っている………
国体、皇統を守れなくなりかねない?
終戦へも決意がある???
終戦が遅れた責任があるのでは??
そう言う意見もあるようだ……
がその段階までは、報告も虚偽であり、正しい情報はない?
その中で、聖戦遂行と言う軍部の横暴がある?
天皇の名前の元に多くの人が亡くなっている!
その慰霊を続けているので、ペリリュー島にも行っている?
それに対する慰霊を行っている!!
現在の民主主義の中での、天皇のあり方を模索して定着させる!


あとがきにかえて  昭和の戦争に思想はあったか
戦略と言う軍事思想は自国に合わせて作らなければならない?
戦前でそれを真剣に考えていたのは、石原莞爾と山本五十六と言う!
特攻や玉砕がある!!
「多くの若者がここまでやった」という事実を歴史に残す戦いだった!!
死んだ方はたまらない!! 
そう言う作戦しか思い浮かばなかった???
軍人たちが、どうしたらよいか分からない状態まで戦争を続けた!
そう言う事はあってはならない!!
その為には日本に合った戦争観が必要ではないか?
対外戦争と言っても日本は朝鮮半島ぐらいである!
日清戦争、日露戦争ぐらいしか戦っていない!
第一次世界大戦でも戦争は経験していない??
それが満州国を造り中国に攻め込み、太平洋戦争を起こす!
勝算なき、責任なき戦争である???
それを踏まえて考えることが重要である!!!


日本人の「戦争観」を問う―昭和史からの遺言・保阪正康

 

« 本・平成史(2019/3)保阪 正康 | トップページ | 本・なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(2019/2)半藤 一利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・平成史(2019/3)保阪 正康 | トップページ | 本・なぜ必敗の戦争を始めたのか 陸軍エリート将校反省会議(2019/2)半藤 一利 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ