« 本・ナショナリズムの正体(2017/9)・ 半藤 一利・保阪 正康 | トップページ | 本・本土決戦幻想 コロネット作戦編 昭和史の大河を往く第八集(2009/9)・保阪 正康 »

2019年8月 7日 (水)

本・本土決戦幻想 オリンピック作戦編 昭和史の大河を往く第七集(2009/6)・保阪 正康

Photo_20190802102701


昭和20年11月1日、アメリカ軍、鹿児島・宮崎3地点に同時上陸―オリンピック作戦。
もし、太平洋戦争が8月15日で終わらなかったなら…。
起こりえた「一億総特攻」に至る本土決戦計画を検証し、あの戦争の意味を問う。


架空戦記ではない!! 昭和史の大河を往くシリーズである!
九州を巡り、知覧、鹿屋、万世らの基地を訪ねて振り返る!!
会社の先輩で、鹿屋だったと思うが、整備兵で特攻隊を見送った話を聞いたことがある!
ひとりで車で、知覧や鹿屋を巡りに言っていた!
「映画・月光の夏」をダビングして渡したことがある!
見てから丁寧に礼を言われたことを覚えている!!
得意げに話すわけでもなく、耐えているような感じで話をしていた??
何故か西村晃に話をしてくれた………
そこへも巡っている??
内容は下記の通りである!!


もし、あの戦争が八月十五日で終わらなかったら
玉音放送録音盤奪取、宮中選挙計画
昭和二十年十一月一日、米軍、南九州上陸  オリンピック作戦
日本本土侵攻の戦死者数予測に震撼した連合国首脳
日本本土上陸作戦を見抜いていた情報参謀・堀栄三
志布志湾に残るトーチカ跡が伝える、起こり得た「現実」
志布志湾から鹿屋、都城へ  十一月一日の上陸以降の作戦
吹上浜に立つ  第二総軍司令官・畑俊六に心中
知覧の陰に隠れた特攻基地  万世陸軍航空基地
一枚の写真が伝える少年特攻兵たちの心情
松代大本営から発せられる本土決戦派政権からの命令
人間爆弾「桜花」という凶器
民間人にも戦闘を強要する「一億総特攻」
特攻基地から一転、鹿屋、知覧がB29の基地に
特攻を涙で美化せず、犬死と
特攻隊員を見送る知覧の人々の思い
愚劣なりし日本よ  蒼穹に散ったパイロットの詩
天皇と内閣は人質  松代大本営の真の意味
本土決戦が現実となる歴史の条件
もはや戦える状態でなかった日本軍
あとがきに代えて  オリンピック作戦からコロネット作戦へ


8月15日で戦争が終わらなかったら………
その条件がある??
親軍派の首相!
天皇に内閣は人質になる!
本土決戦に走る???

原爆完成のニュースがある!!
これで日本本土上陸はしなくてよくなったと、チャーチルは思ったようだ?
連合軍首脳はそう思った?
ソ連はそれが困る?  対日戦争に参加して分け前を貰わなければならない??
マッカーサーは軍人としての名誉を望む!!
ノルマンディー作戦のアイゼンハウアーに対抗するのか??
日本上陸の司令官の名誉が欲しい??
日本の抗戦派の軍人には本土県船への憧れがある!!
勝てるかどうか分からない???
が、やってみなければ分からないと???
真珠湾攻撃の時も成功して、「やってみなければ分からない」と言われたと思うが………
終戦の時に、国体保護を要求する軍は天皇を変えてでも戦争遂行を考える!!
明治維新から何年も経っていない??
レイテ島の戦いでは日本の方が兵力が多かった??
海空軍は問題にならない??
ここで負け、沖縄でも負けいる! 時間稼ぎをしている??
本土決戦ではどのような戦いを想定していたのか???

九州の上陸予定地を巡る!!
11月1日の予定である!
それまでに九州の基地、鉄道、道路等軍事施設は徹底的に攻撃される?
アメリカは艦載機だけで1千機を超える??

8月から11月まで3ヶ月はある!
広島、小倉、新潟、長崎の順に原爆は落とされる予定である?
広島、長崎と落とされている!
予定通りとすれば、新潟、小倉に落とされる???
アメリカは陸軍25万、海兵隊8万7千、戦務要員4万、支援要員17万7千、
海軍要員1万5千!
ヨーロッパから7万5千、工兵3万2千、陸軍航空隊4万8千が動員される!
アメリカのことだから、補給も完全に考えている!!

マッカーサーの参謀と言われた堀栄三!!
アメリカの作戦を読んだ??
株価の動向を読む??
製薬会社とかんづめ会社の株価が上がると、2,3か月後に太平洋で軍事行動がある?
合理的な考えで、公開情報で作戦を読む??
九州上陸の時期も想定した! 偵察機が何処に来るかを調べている??
ヨーロッパではノルウェーからスペインまで偵察機を飛ばしていたようだが………
作戦部のエリートは情報を軽視している?
と言うより、都合の悪い情報は信じない??

アメリカは損害の予想におびえる???
が、マッカーサーにマーシャルはやりたい!!
日本の兵力を想定している??
作戦計画はあるが、日本はどうなのか??
「全機特攻、水上、水中すべて特攻」
アメリカも日本の特攻を恐れている??
被害が想定出来ない???
上陸が行われたら、夜も照明弾で赤々としていたと思われる?
そんなん中での特攻の成功率はいかほどのものか???
陸軍の司令部の本音はどんなものだったのか?
単に本土決戦をしたかっただけなのか??

万世陸軍航空隊の基地がある!
鹿屋、知覧ほど高名ではない!
忘れられているのは、軍の命令の変更が多過ぎてチャンとしていないからと??
ここから特攻に出撃した少年特攻隊員の写真がある!
そう言う写真は多いようだ………
にこやかに笑っているが、心中はどのようなモノなのか??
国家的英雄に祭り上げらっれいる??
子犬を抱いた少年兵がいる!
これになりすました男もいる!!!!

一億総特攻がある! 竹槍に人間爆弾である!
もし実施されていたら、アメリカは降伏を認めずに、人影を見たらすぐに攻撃するだろう………
原爆もためらわないだろうと思うが………

松代大本営がある!!
長野県にある? 選ばれた理由の一つに呆れるが………
長野県である! 信濃の国、信州!  神州に通じる???
この程度の頭で戦争指導したかと思うと情けないが………
天皇、内閣を幽閉し一億総特攻の命令を出す!!

「人間爆弾・桜花」がある!!
全長6メートルで、一式陸攻から懸吊されて敵艦近くで切り離されて体当たりする!!
ロケット推進である!!
宇垣纒に岡村基春がいる!!
宇垣纒は終戦後自ら特攻に出て、自分の言葉を行動で果たした!!
大西瀧次郎も自決した!!
岡村基春は、特攻で無くなった遺族の追悼と慰霊を繰り返した!
そして遺書も残さずに鉄道自殺した!!
「自分は必ずあとを追う!!」
著者の講演に訪ねて来た学徒動員の元の整備兵がいる!
著者の講演を聞いて、著者に伝えたい気持ちで喋ったようだ!
付き添いの娘を下がらして言ったようだ!
「隊員は死にたくて死んだのではない! 失神するもの、
 茫然自失になり操縦席に乗れず、無理やり操縦席に乗せた」
泣きながら喋ったようだ! キレイごとではないと!!
上陸してきた敵と戦うに、当然戦車が進軍して来る!
これに対しては、体当たりの戦術しかない?

作家大佛次郎が終戦の翌日の日記に書いている!!
「驚いてよいことは軍人が一番作戦の失敗について責任を感ぜず、
 不臣の罪を知らざるが如くみえることである。
 戦争に負けたのは自分たちのせいだということは誰れも考えない。
 悲憤慷慨して自分はまだ闘う気でいるだけのことである」
「不臣の罪を自覚し死を以て謝罪すべきものは数知れずいるが、その連中はただ沈黙しているだけである。
 作戦失敗の責任は、現地軍の玉砕で申訳が立つように考えているなら死者に申し訳ない話である。
 人間中最も卑劣なのが彼らなのだ!!」

特攻を「平和の礎」と呼ぶ無責任さと言う!
特攻により戦局の挽回など不可能と分かっていながら、無責任に特攻に追いやる前に、
軍人の見栄を捨て和平交渉に入っていれば、未成年も含む前途ある若い命は救われたのではないか?」
平和観音堂の建立を目指す発起人の中には、「われわれもあとにつづく」と送り出した指揮官もいる!
あまりにも無責任である!!

特攻隊員と民間の交流がある!! 泣けてくる話である!
手を振って見送る場面もある!
本土決戦となった場合、これらの住民も戦わなければならなくなるはずである!!
特攻機を見送り、そのパイロットの出撃の様子を遺族に知らせて、その後も付き合いがある人もいる!

終始特攻作戦に反対した航空隊長がいる!!
美濃部正!! 末端の指揮官であるが、特攻作戦に反対した!
抗命!! 死を覚悟している?? 恐怖でシャツは皮膚に食い込んだ??
「自らの命を他人に命じられて失うことはおかしい」
「こうした作戦を行うなら指揮官が率先して体当たりすべきだと!!」
自らの部隊には特攻を命じていない!!

「海軍の馬鹿野郎」と打電してきた特攻隊員もいる!
この電報は抑えたようだ! 知れると問題が大きい??
マニラでは見送りの指揮官に突っ込んだ特攻隊員もいる!

はたして講和・終戦を考えていたのか?  無責任と言う!!
本土決戦は現実となったのか???
日本の食糧事情がはもう末期的症状である!
原爆投下にソ連の侵攻に対してどう対処するのか??
本土決戦を主張する軍人たちは何を考えていたのか?
とりあえず一戦して撃退して有利な状況で講和を行う!!
その一戦も出来るかどうか??? 本当にどのような戦略があったのか??
百万単位で人が死ぬ?  それでも本土決戦はやりたい??
北朝鮮みたいな感じである!!!

ノルマンディー上陸では水際で撃退するロンメル将軍と、
引き込んで迎え撃つルントシュテット将軍の考えがある!
日本はどう判断していたのか?? 水際かどうか?
いずれにせよ損害は多い! 特攻だらけになる???
アメリカは特攻により日本とは共に生き残れないと考えたようだ!
もっと悲惨な結果になっていた??
地上戦には期待していなかったとある???
情けない話である! 死んだ人間に対してどう持っているのか??
日本の九州への軍備増強がある!
オリンピック作戦よりコロネット作戦をやったほうが良いとの意見もあったようだ………
8月15日で終わっていなければ、分断国家になる可能性もあった!!
日本人民共和国は北朝鮮と同盟を結んでいる???
架空戦記が書けそうであるが………
「佐藤大輔・征途」である!! 
「昭和史の大河を往く」のシリーズは又読んでいきたい!!


本土決戦幻想 オリンピック作戦編 昭和史の大河を往く 第七集・保阪正康

 

« 本・ナショナリズムの正体(2017/9)・ 半藤 一利・保阪 正康 | トップページ | 本・本土決戦幻想 コロネット作戦編 昭和史の大河を往く第八集(2009/9)・保阪 正康 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・ナショナリズムの正体(2017/9)・ 半藤 一利・保阪 正康 | トップページ | 本・本土決戦幻想 コロネット作戦編 昭和史の大河を往く第八集(2009/9)・保阪 正康 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ