« 本・歴史と戦争(2018/3)・半藤 一利 | トップページ | 本・世界史のなかの昭和史 ②(2018/2)・半藤 一利 »

2019年8月20日 (火)

本・世界史のなかの昭和史 ①(2018/2)・半藤 一利

Photo_20190817214801


昭和史を世界視点で見ると何が見えてくるのか?
ヒトラーとスターリンとルーズベルトが動かした戦前日本の盲点とは?
未来の戦争を避けるために必読の半藤昭和史三部作・完結編


半藤昭和史三部作??
昭和史、昭和史 戦後編、B面昭和史、世界史の中の昭和史か??
この本は図書館で借りた………
ついでに後になったが、B面昭和史も借りた………
大正から終戦までの歴史である!
間違っても日本が主役ではない??
著者に、保阪正康で昭和史は学んだと言えるが………
内容は下記の通りである!!


プロローグ 歴史の皮肉と大いなる夢想
第一話   摂政裕仁親王の五年間  大正から昭和
第二話   満州事変を中心にして  昭和五年~八年
第三話   日独防共協定そして盧溝橋事件  昭和九年~十二年
第四話   二つの「隔離」すべき国  昭和十二年~十三年
第五話   「複雑怪奇」と世界大戦勃発  昭和十四年
第六話   昭和史が世界史の主役に躍りでたとき  昭和十五年
第七話   「ニイタカヤマノボレ」への道  昭和十六年
エピローグ 「ソ連介入」と「ベルリン拝見」  敗戦から現代
あとがき
関連年表
参考文献


著者が言っているが、これだけ昭和史を書けば重複する事柄も多い!!
が思い出す感じがして面白いが………


プロローグ 歴史の皮肉と大いなる夢想
満州事変、上海事変、国際連盟脱退、二・二六事件、日中戦争、
ノモンハン事件、日独伊三国同盟、日ソ中立条約、南部仏印駐留、
真珠湾攻撃………
動乱の昭和史と言う???


第一話 摂政裕仁親王の五年間  大正から昭和
昭和の最も分り難い二人が出て来る!
スターリンにヒトラーである!! エピソードが並ぶ!!
スターリンはレーニンに最初気に入られたが、後に本質を見抜かれる?
権力闘争に勝ちあがる! 凄まじいエネルギーである??
ヒトラーも伍長で退役して勝ち上がる!
スターリン時代のはじまりは1926年10月18日!
ヒトラーが「わが闘争」を発行したのも1926年12月11日!
著者のこの一致をニタニタ笑って喜んでいる???
「わが闘争」は最初売れなかった?
著者は読みようによっては面白いと!!
「指導者たることは、すなわち大衆を動かし得るということだ!
 有効なプロパガンタとは、少数のステロ的な文句でいいから、
 たえず反復して大衆の脳裏に深くきざみこまねばならぬ」
「抽象理念など大衆にはほとんど無縁である。
 彼らの反応はもっぱら感情の領域にある!
 大衆をつかもうとするならば、まず彼らの心情の扉を開く鍵をを知らねばならぬ。
 それは客観性などという微温湯的な態度ではなく、力にづけられた決意の酔ってなのだ!」
何処かの政治家が利用しているフレーズである??

大正10年11月25日に大正天皇の病患が発表された!
昭和天皇の摂政就任である!  20歳の時だったようだ………

「バーデンバーデンの密約」
永田鉄山、小畑敏四郎、岡村寧次らの密約??
「派閥の解消、人事刷新、軍制改革、総動員体制」
帰国した時は陸軍内部の状況が変わっている!
「天皇は存在するが、存在しない!」
「大元帥は存在するが、存在しない!」
要は、天皇無視か??

大正末期の5年で、アメリカの態度が変わる??
「排日移民法」 
日本は、ワシントン条約、ロンドン条約等がアメリカの陰謀と思っている!
アメリカと言う国はどういう国なのか?
トランプ大統領の中東からの入国制限、メキシコの国境の壁?
カナダ、メキシコ、中南米はアメリカが嫌いなのか??
日本の世論は反米になる???


第二話 満州事変を中心にして  昭和五年~八年
中国は草刈り場となる!
イギリス  大連をはじめとする港湾の管理権、銀行・煙草業の権利、領事裁判権…………
フランス  郵政管理権、京奉鉄道の借款(イギリスと共同)
ロシア   遼東半島の旅順・大連の自由な使用権。鉱山と森林の採掘権。
      ただし、日露戦争後日本に譲り渡す!
アメリカ  石油販売の独占など、機会があれば割り込む?
ドイツ   第一次世界大戦でアジアの権益を失っている?
日本も同じように出来ると勘違いする??
この時期、対中国問題に関しては内政不干渉と言う意見もあった!!
しかし、「暴戻支那」「暴支膺懲」となめ切っている??

ウォルー街の核の暴落があり、アメリカはアメリカファーストに向かう??
第一次世界大戦で戦勝国も債務国になってアメリカから金を借りている?
その金を返すために、ドイツから賠償金を取りたてる?

ソ連とは尼港事件でで日本人が殺される!
スターリンが5か年計画による国家最高に向かい、農業も社会主義的改造に移る?
中国とも小競り合いがある!
満洲里で中国軍を壊滅させる?
これを日本はソ連の軍事力の評価に使う???
石原莞爾の戦略戦術がある!
目的のためには手段を選ばない??
対ソ戦を有利に運ぶために、北満を確保する??
この時スターリンは日本の行動を黙認した?
日本と事を構えたくない? ソ連は我慢する!!
アメリカは日本に対し、太平洋で大々的に演習を行う!
これに日本は移民法と言い反米感情が高まる?
この時期に著者が並べているが、「日米もし戦わば」の本が多数出版されている!
軍人も煽る??
荒木陸相がインタビューに応じている?
よく出て来る名前である??

リットン調査団がある!!
日本は己らの事を棚に上げて??  となる???
この調査団に、アメリカは参加するが、ソ連は厳正中立で参加しない!
もの凄い、スターリンの自制力である? 
報告書に日本は反発する??
連盟脱退になる? ドイツもその後脱退する??
その二国が憧憬を結ぶことになる………

ドイツではヒトラーが台頭する? 
国会議事堂放火事件はゲーリングが首謀者か??
案の定、麻生太郎の「憲法改正はナチスの手口に学べ」発言が出てきた?
ドイツは国民もヒトラーを支持している??

アメリカは反日ルーズベルトが大統領になる!
ソ連を承認する!
この時期、ソ連は国際外交的立場を強化する!!
日本は皇太子が誕生する!!


第三話 日独防共協定そして盧溝橋事件  昭和九年~十二年
昭和8年、ヒトラーは政権の座に就く!
昭和20年に自殺すまで12年の政権である?
その間に世界史上類を見ない事をした???
敗戦国ドイツの名誉回復!! ジュネーブ軍縮会議からの脱退!!
しかしヒンデンブルクがまだ健在の時期である!
突撃隊の粛正? ドイツもソ連も同じような事をしている?
ゲーリング、ヒムラーらが暗躍する!
ハイドリッヒの署名で処刑する! どさくさに紛れて宿された人も多い!
このさい危険人物は排除しておこうと?
親衛隊が独立し、ヒンデンブルグが死ぬ!
「政治的指導者兼行政の最高指導者」になり、総統と呼ばれる!
信任投票は、96%の投票率で、88,9%の支持があった??
ゲーリング、ゲッペルス、ヒムラー、ヘス、ボルマン、リッペントロップ………
ヒトラーのまわりでいずれ権力争いになる??

ソ連も同じようなものなのか?
スターリンも粛清? 自分と合わない人間を殺す!
軍関係も相当粛清する?
その為にでっち上げも行う?
権力者の権力把握は共通点がある??
ファシズムの流れをくみ政権が造られる?
イタリア、ポルトガル、ハンガリー、トルコ、ルーマニア、オーストリア………
実情は分からないが、人民は事実を見ない?
「信じたいものを信じる!」

日本では中国一激論が言われている? 陸軍である!!
「国家を無視する国際主義、個人主義、自由主義思想を芟除し………」
統制派と言われた永田鉄山に対して、
統制派は皇道主義、精神主義、対ソ攻撃論を主張する!
この対立がある?
海軍は、石川信吾が対米強硬論を煽る?
よく出て来る名前に、伏見宮軍令部総長がいる?
諸悪の根源に一つみたいである?
対米英協調派を予備役に追い込む?
この時期に、ワシントン軍縮条約廃棄が決定される!
その後、ロンドン軍縮条約からも脱退する!!

昭和十年(1935年)にドイツはヴェルサイユ条約による軍備制限条項の履行を拒否!
軍備増強に走る? 
それまで準備されていたとは言え、わずか4年後には侵攻を開始する!!
凄い潜在力なのか??

日本では相沢三郎が、永田鉄山を刺殺する!!
統制派と皇道派の構想があり、2・26事件になる!
この事件の主導者たちを、天皇は許さなかった??
首謀者は処刑されるとは思わなかった軍人もいる?

ドイツはラインラントへの進駐がある?
これに対してイギリス・フランスが何も出来なかった……… しなかった………
これに成功し、ヒトラーは自身が付く?
ベルリンオリンピックが開催されて、ヒトラーの演出が冴える?
これに日本は4年後のオリンピックの事もあり、大選手団を送り込む??
あまり重要視されていなかったようだが………
スペイン戦争が起こる!
ゲルニカには行っている!! 
ドイツ軍の爆撃とは言え、この時期はJu52輸送機で爆撃している?
後の米英の爆撃に比べれば可愛らしいものなのか??
ヒトラーは日本と協調しようとする??
対ソ軍事同盟を結びたい?? 日独防共協定が調印される!
この時期からドイツと親電を交換するようになる?
が、ソ連だけを対象とは出来ない? 国際情勢でどう変わるか分からない?
ソ連、スターリンの粛清は凄まじい?
第1回党大会の中央委員の139名のうち98人、
第17回党大会の代議士1966名のうち1800名を逮捕、銃殺する!
当時の知識人はソ連を非難していないようだ?

中国では蒋介石が毛沢東に捕らえられる?
スターリンは日本とドイツの両面作戦を恐れている?
その為には中国で内部抗争をやられては困る?
日本を中国と戦っていて欲しい?? 
昭和10年末に、地上兵力で10対3、航空機では10対2、3の日本は劣勢である!
戦車の数を入れればもっと差が出来る?
現実主義者スターリンである!!
盧溝橋で日本軍と中国軍が激突する!
太平洋戦争の発端である??
又日本の謀略かと思われる?
どうも石原莞爾に山本五十六は疑った??
参謀本部はやる気満々である??


世界史のなかの昭和史 ①・半藤一利

 

 

« 本・歴史と戦争(2018/3)・半藤 一利 | トップページ | 本・世界史のなかの昭和史 ②(2018/2)・半藤 一利 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・歴史と戦争(2018/3)・半藤 一利 | トップページ | 本・世界史のなかの昭和史 ②(2018/2)・半藤 一利 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ