« 「歴史秘話ヒストリア・三十三間堂 国宝大移動 よみがえる平安の祈り」 | トップページ | 本・肖像画の中の科学者(1999/2)・小山 慶太 »

2019年10月29日 (火)

アナザーストーリーズ「落語を救った男たち 天才現る!古今亭志ん朝の衝撃」

Photo_20190910141901


1961年暮れ、古今亭志ん生倒れる! 
居眠りをしても客が喜んだ男が病に倒れた時、落語は衰退の危機を迎えた。
娯楽が多様化し、演芸場は閉鎖。それを救った天才が古今亭志ん朝。 
圧倒的な話芸は今なお伝説。だがその素顔は驚くほど知られていない。
とびきりシャイで、取材を好まなかったためだ。
今回、ライバル立川談志をはじめ、関係者の証言で知られざるエピソードを発掘。
落語家たちが“あの”語り口で振り返る、笑撃の真実!


初めて聴いた落語は神戸文化ホールである!!
ここで「火焔太鼓」を聴いた!! 桂南光である!!
ここから落語を聴きに行くようになった!!
YouTubeがこれほど面白いものだとは思わなかった???
火焔太鼓の、古今亭志ん朝と桂南光の違い!!
火焔太鼓を住友に売りに行き、番頭にいくらで売るか言って欲しいと言われる!!
桂南光は、目いっぱい!! 目を広げる!!! これは現地で見た!!
古今亭志ん朝は、手いっぱい!! 両手を広げる!! これはYouTubeで見た!!


銘々舎馬風は志ん朝と同期である!!
古今亭朝太と言っていた!!
良く寝ていたようだ!!
この男が落語を救う!!
親父、師匠に24歳で、真打になれと言われる!!
19人の先輩を追い越す??
当時、落語が廃れている???
落語家が高齢化している???
新鮮味を出さなければならないと!!!
現在は、桂米紫が落語家を希少動物と言っているが………

志ん朝は先輩の圧力を受けるが、真打になる!!
「火焔太鼓」 「明烏」
昭和37年である!! この「明烏」のラジオ放送が残っている!!
天才と言われる!!

独り突出した人間が出現すると、他にも出て来る!!
立川談志!!!
落語会も不満を抑えるために若手を登用する!!
立川談志、三遊亭圓楽、春風亭柳朝、橘家圓蔵………
談志には、志ん朝に対してライバル心がある???
笑点???  そうそうたる若手を引き連れている!!
談志の落語は、志ん朝の影響がある??
絶えず志ん朝を意識している!!!

林家正蔵???
晩年の志ん朝から教えられる!!!
真打の口上を志ん朝が務める!!
人知れずに教えられる??
多にも志ん朝に助けられた落語家は多いと言う!!
閉鎖かと言う劇場(?)から出演依頼が来る!!
助けてほしいと!! ここに行き毎年独演会をして助ける!!
銭金の問題ではない!!!
63歳で亡くなる!!!

ナビゲーターが変わっている???
沢尻エリカ??? いろいろ言われているようだが、NHKも流石である???

 

« 「歴史秘話ヒストリア・三十三間堂 国宝大移動 よみがえる平安の祈り」 | トップページ | 本・肖像画の中の科学者(1999/2)・小山 慶太 »

テレビ番組」カテゴリの記事

落語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「歴史秘話ヒストリア・三十三間堂 国宝大移動 よみがえる平安の祈り」 | トップページ | 本・肖像画の中の科学者(1999/2)・小山 慶太 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ