« 本・ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘(1995/7)・ジョン・ルカーチ | トップページ | 本・日本の選択〈5〉対日仮想戦略「オレンジ作戦」(1995/7)・NHK取材班 »

2019年12月10日 (火)

本・経済学者たちの日米開戦 : 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く(2018/5)牧野 邦昭

Photo_20191205164301


なぜ開戦したのか?――経済学者たちの「失敗の本質」。
有沢広巳ら一流経済学者を擁する陸軍の頭脳集団「秋丸機関」が、
日米の経済抗戦力の巨大な格差を指摘する報告書を作成したにもかかわらず、
なぜ無謀な対米開戦を防げなかったのか。
焼却されたはずの秘密報告書から、「正確な情報」が「不合理な意思決定」につながっていく過程を
克明に辿り、
日本屈指のエリートたちが陥った「痛恨の逆説」を解き明かす。


「猪瀬直樹・昭和16年夏の敗戦」
緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る………
日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちがシミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、
実際とほぼ同じだった!
知られざる実話をもとに日本が「無謀な戦争」に突入したプロセスを描き、意思決定のあるべき姿を示す!
大変面白かった!! この報告書は顧みられなかった!!
今回の本は、経済学から何故戦争したのかと???
しかし書類は焼いたと!! その中から答えを出した!!
そうかな?????
内容は下記の通りである!!


はじめに
第一章 満州国と秋丸機関
第二章 新体制運動の波紋
第三章 秋丸機関の活動
第四章 報告書は何を語り、どう受け止められたのか
第五章 なぜ開戦の決定が行われたのか
第六章 「正しい戦略」とは何だったのか
第七章 戦中から戦後へ
おわりに


はじめに
正確な情報があったのになぜ戦争を選んだのか???
3年目以降は分らない?? つまり戦えないと分かっていて戦争を始めた!!
それでいて南方資源を確保し、長期不敗態勢を造る!!!
書類は焼かれているが、その中で復元して実働を探る??


第一章 満州国と秋丸機関
「秋丸機関」 秋丸次郎??? 満州国から陸軍省に呼ばれる!!
陸軍軍務局軍事課長岩畔豪雄大佐に挨拶する!!
経済戦の調査研究に着手する!!
「ノモンハン事件で戦車の攻撃方法、飛行機の使い方に彼我の差を痛切に感じたり」
石井部隊をモデルとする???
それだけで間違っていると思うが??

国際情勢がある!
アメリカブロック、ソ連ブロック、英帝国ブロック、中欧ブロック(ドイツ、イタリア、)バルカン)
東亜だけ取り残されるわけにはいかない??
アメリカブロックは無いが……… 
満州に石油が発見される?? それはものにならない???
人員が揃い、各国を担当する!
秋丸機関」は昭和15年1月末に設立され、5月に陣容が整った!!
ちょっと人員不足で、付焼刃的な感じがするが………


第二章 新体制運動の波紋
当時は日本も政争がある?? 新体制??
「今日の内外重大の時局に対処するために、5年先、10年先を展望したうえで、
 広く国民に訴え、充分に支持され、協力されるような政策」
よく分からない組織である??
読んでいてよく分からない????
口を出す人間が多過ぎるのか????


第三章 秋丸機関の活動
欧州の戦局がある??
フランス降伏、イタリア参戦、バトルオブブリテンが始まっている!!
ソ連にアメリカは参戦していない!!
何をすべきか??
一 ソ連は依然研究の重点たること
二 英国は本国以外の地域の向背及び戦略的価値が重視せらるるにったこと
三 米国は仮想敵国として研究上重要となりたること
四 ドイツは戦勝を齎したる最大原因と認めらるるナチスの国防経済体制の研究が重視せらるべきこと
五 フランスは研究上の重要性を減じたるも、ドイツ占領地域の経済力の研究が必要であり、
  惨敗の原因は如何なる政治経済的の欠陥に基くかの研究が重要なること
六 イタリアは地中海、紅海の制覇にあり、アフリカ・近東地方への進出が注目される外大した変化はない
七 東亜は英米依存の脱却に依り東亜共栄圏を如何に確立すべきかの検討が重要になる

アメリカと戦争が現実味を帯びている??
日本の研究もある! 研究手法はオーソドックなものなのか??
英米への貿易の依存の高さ?
中国一国の戦争の倍は出来ないと!!

「戦争というものは、四分ぐらい勝つ見込みがあったらやるもんだ」
そう言う考えがまかり通っている??
研究は進まない!!

「経済戦の本質??」
重要であるが、明確な回答は未だない!!

「国防経済力」
第一 国防経済力の強さは、これを構成する諸力の最弱点によって定まる
第二 国防経済力は戦争勃発時、即時配置すべき経済力が大きい程、早いほど大きい
第三 国防経済力の強弱は、経済力が如何なる曲線を描くか?

岩畔豪雄は偽札をばらまく???

「狭義の経済戦」 
敵の経済を崩壊さんがための、軍事的・政治的・思想的および経済的処置である!
「抗議の経済戦」
戦争経済に対する攻防戦にて、之がため用いられる軍事的・政治的・思想的および経済的処置である!
よく分からない説明である???


第四章 報告書は何を語り、どう受け止められたのか
1941年前半の状況??
前年、バトルオブブリテンでドイツは負ける????
日独伊三国同盟を結んでいる!
北部仏印進駐がある!!
アメリカとの関係が悪化している!!
月日は何説かあるが、報告書がある!
要はアメリカの国力の大きさが強調されていて、持久戦は難しい!!
報告書が発見される!!
「英米合作経済抗戦力踏査」
一 英米合作すれば、英国の供給不足を補い、戦争遂行に耐えれる経済抗戦力を有す
二 英米合作は更に第三国に70億弗余の軍需資材の供給余力を残す
三 最大供給力発揮には、開戦後1年から1年半の期間を要す
四 英国船月平均50万トンの撃沈は、対英援助を無効にする!
  1943年にて年600万トンを多く超えることはない!
撃沈数は順調だった………

「ドイツ経済抗戦力踏査」
一 経済抗戦力踏査は1941年最大で、42年より低下する!
二 ドイツは労働力の限界に達している! ソ連の生産力を利用しなければならない!
三 それでも不足する分は南アフリカまで取りに行かなければならない!
四 独ソ戦が長引き、消耗戦になれば抗戦力が低下し、対米長期戦は不可能になる?

そして日本の対策を提言している!!
一 北進より南進を勧める!
二 北と南の二面作戦は出来ない!
三 北の消耗戦を避け、南の資源戦争へ向かう!
四 資源獲得により、経済抗戦力を蓄え、高度国防国家建設の経済基礎を確立する!
五 北は南が上手くいけば解決する!
六 南の資源確保は、半枢軸国側だけでなく、枢軸国側の政策も容易にする!
はっきり言えば、ドイツの勝利は難しいと言っている!!
短期で独ソ戦が終われば、イギリスには勝てるかもしれない!!
長期になれば日本もアメリカも勝利はない!!
報告書の扱いは諸説がある!!
読んでいると都合の良い考えしかないのかと??

独ソ戦が短期で終わらなかった???
この時日本が北進してソ連を東西から攻めたらソ連は崩壊していた!!
実際は北進は出来なかった??
もし北進すれば、「対米英ソの戦争」になる!
それを避けるための「対英米開戦」
屁理屈みたいに感じるが………
対ソ認識だけは正しかった………


第五章 なぜ開戦の決定が行われたのか
日米経済力の比較がある!  普通なら戦わない!!
第一案 対米開戦
第二案 日米国交回復論
第三案 情勢観望論  臥薪嘗胆????

第二案が望ましいとしながら、どうせ開戦ならば早いほうが良いと!!
戦備局の判断がある!!
南進は、船舶の問題では否定的、石油だけなら賛成!!

「猪瀬直樹・昭和16年夏の敗戦」に言及している!!
緒戦、奇襲攻撃で勝利するが、国力の差から劣勢となり敗戦に至る………  総力戦研究所!!
日米開戦直前の夏、総力戦研究所の若手エリートたちが
シミュレーションを重ねて出した戦争の経過は、実際とほぼ同じだった!
知られざる実話をもとに日本が「無謀な戦争」に突入したプロセスを描き、意思決定のあるべき姿を示す!

著者は評価していない!! 過大評価であると????
教育機関であり自由に出来た???
秋丸機関を褒めるに対して、扱いが偏っているのではないか………

日米の経済格差は自明の理のことだったと!!
それでは報告書は意味があったのか??
何か言い訳に感じるが………
なぜリスクの高い、開戦となったのか??  
① 行動経済学による説明!
② 社会心理学による説明! 枢軸側で中立を保ったスペインの例がある??

開戦には、国際情勢の推移の期待がある!!
何か??? ドイツ勝利である???
つまり他力本願である!!!
先の見通しが立たない! アメリカが応じなければ出来ない外交と、
開戦3年目以降は不明と言う状態では、どうなるか分からないから合意出来た???
戦争終結への見通しが無く、それゆえ戦争を始めた!!!


第六章 「正しい戦略」とは何だったのか
独ソ和平へのあっせんを考えている!!
ヒトラーとスターリンのあいだを取れる政治家なんかいるのか??
ドイツと日本の思惑が違う!! 共同の作戦なんかない!!
ドイツは結局日本を信用していない???
日本は信用されずに、情報が洩れていると考えられた??
実際に大島駐独大使の電報は解読されていた!!
ドイツも日本も暗号は解読されていた???
イタリアはザルか???

結局どうあがいても、ドイツも日本は勝てない!!
ましてや陸海軍の不一致がある!!
実際はどうなのか??
① 日本の船舶の減少  連合軍と枢軸軍の国力の差!!
② アメリカの造船力ののけた外れの大きさ
造船は第一次世界大戦と第二次世界大戦では違っている!
アメリカは大量生産を図る!
日本の英米の造船予想は、倍違っている??
船を例に出しているが、軍用機もお話にならないほど差がある!!

開戦は避けられたのか??
開戦したがっている軍人は多い?? 戦えば何とかなると???
戦争したくない軍人は多い!
がここまで来たら開戦もやむ得なし!!
不死鳥伝説???  廃墟の中から蘇る!!
それで開戦したというのも、どうなのか??
国際情勢の変化???
ドイツの勝利を当てにする???
なら戦後の社会主義と資本主義の対決を思えば、スペインは賢かった??
臥薪嘗胆という選択肢は無かったのか??
日本にはリーダーが居なかった??

経済学者がこの時期出来たことは???
今開戦しても負ける!! それならば3年我慢して戦力を充実させる!
開戦はそれ以降だと???
逆にドイツの敗北を予想し、その後の米英VSソの対立を予想して臥薪嘗胆する???
でまかせでもよいのでそう言う報告をして時間を稼ぐ!!
しかしその時ドイツの勝利を見ていると、バスに乗り遅れるなの気持ちも分かるが………
ましてや国民をどう説得するのか?????


第七章 戦中から戦後へ
秋丸機関は思想的には右から左の人がいたのか???
ゾルゲ事件が尾を引いている?? 
それで報告書などが焼かれたのではないか??
開戦後、秋丸機関は、武村機関になる!!
秋丸次朗は軍の経済学の仕事をやり終戦を迎える!!
武村忠雄はその後も分析し、ノルマンディー上陸作戦を予測する!!
各人活躍している!!
終戦に、戦後の復興に、エネルギー・原発に働いたようだ!!!


おわりに
「日米開戦すれば高い確率で敗北する」
「なぜ日本は開戦と言う選択肢を選んだのか??」
「先行きが見通せないからこそ、日本は日米開戦に踏み切った」
狂信者以外は日米の国力の違いが分かっていて、3年以降はどうなるか分からない???
その状況で開戦したのは、合理的選択だったのか????


経済学者たちの日米開戦 : 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く・牧野邦昭

 

« 本・ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘(1995/7)・ジョン・ルカーチ | トップページ | 本・日本の選択〈5〉対日仮想戦略「オレンジ作戦」(1995/7)・NHK取材班 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イタリア」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

フランス」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

山本五十六」カテゴリの記事

政治・政局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本・ヒトラー対チャーチル 80日間の激闘(1995/7)・ジョン・ルカーチ | トップページ | 本・日本の選択〈5〉対日仮想戦略「オレンジ作戦」(1995/7)・NHK取材班 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ