« 大阪・心斎橋通り魔の無期確定へ 裁判員の死刑破棄5件目 最高裁 思うことがある!!! | トップページ | 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? メディアと民衆・指導者編(2015/6)・NHKスペシャル取材班 »

2019年12月 4日 (水)

本・情報戦の敗北 なぜ日本は太平洋戦争に敗れたのか(1997/3)・長谷川慶太郎・稲垣武・近代戦史研究会(編集)

Photo_20191203223101


日本は日露戦争に勝利した。その勝因の一つは、
イギリスの助けを借りて情報戦に勝利したことだといわれる。
しかし昭和期に入ると、日本は情報の収集と秘匿を軽視するようになった。
太平洋戦争では、戦況の客観的判断材料となる情報を無視し、
かたくなに主観的な戦いを続けてしまった…。
情報戦敗北の軌跡をたどり、日本人に求められる資質と行動様式を探るビジネスマン必読の一冊。


日露戦争の勝因と太平洋戦争の敗因がある???
客観的に見ていると思って、主観的、思い込みで見ている? 判断している??
「見たいものしか見ない!」 「信じたいことを信じる!」
後世、歴史の結果が分かっている人間が批判すのはたやすい!!!
が読んでいて嫌になるが………
内容は下記の通りである!!

文庫版のためのまえがき
はじめに
第一章 グローバルな戦略情報を得た日露戦争   稲垣 武
第二章 第一次世界大戦の戦訓をどう学んだか   長谷川慶太郎
第三章 日中戦争と情報活動           長谷川慶太郎
第四章 情報を「無視」したノモンハン事件    稲垣 武
第五章 「知恵の戦い」にも敗れた太平洋戦争   稲垣 武
第六章 国際情勢の理解不足           長谷川 慶太郎


文庫版のためのまえがき
はじめに
日本の情報軽視が書かれている!!
今はどうなのか?? あまり変わっていない??


第一章 グローバルな戦略情報を得た日露戦争 稲垣 武
日露戦争である!
大国ロシアと戦うために、情報を仕入れている!
「敵を知り、己を知れば百戦危うからず?」
御庭番的情報組織と言う!!
個人的に情報収集している!! しかしそれでは個人の結びつきの関係で動く?
それではダメだと!! 組織で動く!!
が、それなりに危機感があり、ロシアの情報を仕入れている!!
石井真清大尉が活躍するが、日本人は上の秘密が分かっていない?
軍人でもベラベラ喋る!!

明石元二郎、福島安正は有名であるが、無名の戦士が沢山いた!!
この時期は日英同盟がある! 意義留守の協力が得られる??
明治陸軍は柔軟な発想が出来る!!

日露戦争前に、兵力の把握があるがほぼ正しかった!!
ロシアはロシア兵一人で日本兵3人に匹敵すると!!!
まずシベリア鉄道の輸送力を調査する!!
列車に乗って輸送列車とすれ違うと、内容を目を皿にして探る!!
鉄道の線路もシベリアでは難しい! 土地が凍土の影響を受ける!!
日本はほぼ正確に輸送量を把握していた? ノモンハンとは大違いである!!
がロシアも運用を改革し効率的に輸送する!!
日本の輸送量予想を上回っている!!

日本は各関係国に武官を配置する!!
ロシア、ドイツ、イギリス、北京らで情報収集する!
馬賊情報もあり、そんなもの信用出来ないと??
司令部も頭が固い!!

この当時から日本の暗号は解読されている!!
日本は暗号と思っているが、あんなもの暗号ではないと!!
ロシアに言われる???

旅順攻防戦がある!
そもそも日露戦争で旅順攻撃は無かった??
が海軍が要求した!! 艦隊基地である!!
日清戦争では簡単に落としている??
地図も無かったようだ??  竹矢来でも組んでおけ!!
それぐらいの感覚から始まった?? ロシアも情報管理は徹底していたようだ!!
ここはやはり「司馬遼太郎・坂の上の雲」が詳しい!! 乃木司令部の問題になる!!
バルチック艦隊の情報は必死で収集している!!
各国の外交官、スペイン沖で給炭した係員に艦隊の情報を収集している!
金はかかっていると思うが………
イギリスの情報が大きい!! 正確な日時をつかんでいる!
なので艦隊をそれまでに潰しておきたい!!
海軍は旅順要塞、203高地を落として欲しい!!!

坂の上の雲に、アイルランド沖で漁船を間違って砲撃した!!
夜間と言うが、これによりイギリスに足止めを食らった??
秋山真之はこの時の、ロシアの命中率を知りたかったようだが………

黒溝台の会戦がある!!
この時ロシアの情報については入ってきている!
騎兵の報告もある! 在外武官の情報もある!!
がこれを軽視ししている!! 思い込みである!!
この時期にロシアと言えども動かない!! ノモンハンと変わらない???
ここで息切れしている! もう戦えない????

日露戦争の情報活動の長所と欠点!
長所!
一、 欧米の、イギリスの情報を活用できた!
二、 ユダヤ人ロビーの活用!
三、 国家存亡の危機になり、国を挙げて情報収集した!
四、 ロシア内部の混乱を利用できた??
欠点??
一、 個人の活動が主体であった!
二、 陸海軍の協力が無かった!!!!
三、 作戦課と情報課の対立を生んだ!
四、 戦略情報は優れていたが、戦場情報は劣っていた?
五、 暗号解読は遅れていた!!

日露戦争の戦訓がある!
1、 重砲の集中使用
2、 歩兵、騎兵の突撃に対する機関銃による防御
3、 鉄条網、手榴弾、迫撃砲の効果的使用

日露戦争で日本に高い評価を与えたイギリスの観戦武官!
「実戦で学んだ教訓を捨てている? 想像力・洞察力に欠け戦術確信の稀少さを示している!」

第二章 第一次世界大戦の戦訓をどう学んだか 長谷川慶太郎
日本とアメリカの違いがある!
観戦武官で欧州に行った、本間雅晴、今村均は適当に欧米の雑誌からの記事を戦訓として報告している!
ええ加減で叱責されている!!!
参戦していないので、学ぼうとする態度は少ない??

アメリカは多くの事を学んだ!
遅れて参戦したので、急膨張しているが学んでいる!
それが第二次世界大戦にも活かされている???

経済、人員の補充!!
士官制度がある!! 日本は士官学校を出なければ士官になれない??
が、アメリカにドイツはそうではない??
下士官上がりで42歳の少将もいる!!

総力戦も日本は理解していない??
実際に出来なかった………

「砲兵が耕し、歩兵が占領する!」
兵は消耗品か?? 上級士官は王様か???
兵の健康を考えていない??
栄養、休養などを考えていない!!
家族との休養、食料は缶詰めに乾パン??
炊事車でも設けて食事をさせることはない??
ノイローゼ、精神的ダメージに対するフォローもない!
精神がたるんでいると!!!

対潜作戦、護送作戦についてはほとんど学んでいない??
他人ごとだったのか?? 一部の軍人が重要性に気が付いている??

空軍は単に戦闘機同士の戦いに勝てばよいと!!
補給部門に整備部門の後方勤務の重要性がある!!
これを学んでいない!! オーストラリアでも学んでいる!!

文民政治家の役割!!
日本は統帥権がある! 諸悪の根源なのか??
学者、知識人もほんの一部を除いて御用学者であった!!
総力戦に対する国家の在り方???
生産に教育、すべてにわたり指導する政治家は育たなかった?
軍人も軍事優先である!!!

第三章 日中戦争と情報活動  長谷川慶太郎
中国は列強に侵食されて、「租界」を要求される!!
切り取り自由みたいな感じである!!
中国は「軍閥」が割拠し日露戦争に勝った日本から武器を輸入し、留学させて武力を競う?
武器輸出も相当な金額になる??
山本七平によれば、室町時代に中国が日本からの輸入で困ったのは刀剣と言う??
当時の中国は軍閥が乱立し日本は中国を支配しようとする??
日本は帝国主義のビギナーである! イギリス並みに老熟していない!!
直接的である???

日本も当時は強国と言われているが、米英の投資も必要としていた?
つまり経済も順調ではなく、軍事費に金をかけれない状況である??
伊藤博文、犬養毅、原敬と首相が暗殺されている!!
本当に日本は政治的に安定していたのか???

中国に対しては、情報収集も上手くいっていない???
誰と結ぶべきか?? そう言う情報収集をしていない!!
現在も日本には過度な中国に対する思い入れがある??
学者、経済界にいる!!
それが中国を高く評価している!! 売国奴の集まりか??
丹羽駐中大使、伊藤忠商事であるが、日本は中華連邦の一員となった方が幸せだと!!

中国の状況の把握が出来ていない??
偵察機での把握なんか出来ない!
そう言う調査は出来ないし、していない!!
特務機関の情報収集である!
児玉機関が有名であるが、他にも○○機関と言うのが多い!
恐らくメチャメチャ情報活動していたと思うが………
それに日本は政治力もない??? 中国を混乱させてここどと思う勢力と結びつくこともない!
著者が言う!!!!
今から考えると、果たして中国の事を知っていたのかと???
中国の知識人、学生、青年がどう思うか? 考えていたとは思えない!!
長年中国を研究してきた日本陸軍の知的水準を疑う!!! とまで書いている!!

第四章 情報を「無視」したノモンハン事件 稲垣 武
同じく情報を軽視と言うより、無視したのが「ノモンハン事件」である!!
これについては書き尽くされている感じがする!!
日本の参謀の知的水準の低さを感じる!!!

この戦闘に負けている!!
この時の前線の司令官に責任を押し付けて自害させている!
作戦参謀は責任を取らない!!
負けた戦訓が身に染みている司令官は使えるはずである!!
ソ連のジャーコフ元帥は、日本の下士官と兵を褒めた!!!
上級士官は褒めなかったが………

日ソどちらも相手に一撃を与えて今後のために思い知らせたい!!
相手より多い兵を戦場に集める!!! 当たり前である!!
相手のことを知らずに、自分の基準で考えるから、ソ連も同じだと!!

ソ連軍は近代化されている!! 
鉄道で輸送がある!
日本側からは200キロ、ソ連からは740~750キロ離れている!!
日本の方が有利である???
輸送の自動化の差が出ている!!

これからは嫌になる話ばかりである!!
〇 日本の1個師団はソ連の3個師団に匹敵する
〇 慎重論を唱えた参謀に「一撃膺懲論」を展開する!
〇 ソ連の鉄道輸送を自分の目で確認した土居明夫は辻政信に脅される!! 
  もう祝勝会の準備をしている! そんな事を言えばいきり立った若い者があなたを殺すかもしれない?
〇 戦車の力の差! 火炎瓶でガソリンエンジンが燃えれば、ディーゼルエンジンに交換する!
  現地でやれる力がある!!
〇 砲兵の差!! 能力は射程の差、砲弾の備蓄量のなさ!
〇 航空兵力は勝っていたと言うが、それならば輸送部隊を狙わなかったのか?
  戦闘機を落とすことだけに力が入っている??
〇 航空偵察をやっていない! 無線も役に立たない???
〇 ゾルゲの暗躍? 日本は出来ていない!!
〇 偽情報に引っかかる?? 戦力を日本から隠している??
  ノルマンディー上陸作戦のパットンか??
〇 偵察飛行が出来ていない!
〇 8440人の戦死者、8776人の傷者、連隊長クラスは6人戦死、6人自決!!
  これはNHKだが、自決しなければ靖国神社に祀らない????
この戦訓は活かされずに、服部、辻は同じことをやる!!!

第五章 「知恵の戦い」にも敗れた太平洋戦争 稲垣 武
太平洋戦争はと言うより、第二次世界大戦は知恵の戦いである!!
ドイツ、イギリス両国の技術力の争いは凄いものがある!!
暗号解読にかける、異能力者????
潜水艦などから暗号書の奪取がある!
沈没船から引き上げる???
何処の国も相手の飛行機などが墜落していたら秘密をつかもうとする!!
零戦などもそうやって秘密を暴かれる??
英独は特に大陸での戦闘なので、軍用機は不時着なので相手に確保される?
そこで電子機器など研究される!!

日米交渉時の暗号!
真珠湾攻撃の暗号!  真珠湾とは特定できていない!!
ミッドウエー海戦の暗号!  AFが何処なのか?? このために水が不足しているとの偽情報を流す!!
山本五十六撃墜の暗号!
船舶暗号の完全解読!!  それほど大きないアメリカ潜水艦が商船を撃沈出来た!

完璧に解読されてはいなかった?? 
この本には無いが、大島駐独大使の外交暗号は解読されていた!!
逆にアメリカの暗号の解読は出来ていなかった??
もっともアメリカの担当者の前で暗号を解いて業額させた事実もあるようだ?
堀栄三のように、アメリカの株式の動きと、通信を解析して作戦を読んだ参謀もいる!!

ガタルカナル島への反撃をどう見るのか??
本格的反攻か??  単なる武力偵察か、飛行場爆破と見たのか??
日本は根拠もなく、本格的な反攻と見なかった???
その為に兵力の逐次投入を行い、情報もない中で兵は死ぬ!!

日本もスペインなどで情報収集している! 
スペイン人をアメリカに送り込み、神父に化けて海兵隊員から情報を聞く?
物資の輸送を確認する??
そうやって掴んだ情報は用いられない??
と言うより握り潰されていた???

写真偵察も日本のカメラの性能は遅れていたようだ!
当然分析の担当者もである!
イギリスは女性を使う!!
写真判読のステップ!
1、 戦術情報 艦戦・飛行機の動き、空襲による損害等の情報!
2、 戦況情報 軍事行動の情報を一日単位でまとめる!
3、 戦略情報 より長期的に、軍事施設、工場などの変化に関する情報!

日本は極端な作戦参謀重視である! 情報参謀は低く扱われる!!
アメリカは情報重視で、作戦参謀なんか事務屋に過ぎないと!!

敵味方の状況が一目で分かるCICを日本は出来なかった!!
地図である! これもレーダーの能力の問題がある!

空気が支配する!! 信じたくない情報は無視する!!
〇 英国上陸は無いと!! 逆に叱責される???
〇 独ソ戦!
〇 ヤルタ密約
無視される!! 特にスウェーデンの小野寺信の情報は下級役人に握り潰されていた??
都合の悪い情報は、脅される???
バトルオブブリテンでドイツはイギリス上陸を延期した!
1940年である? 真珠湾攻撃の1年半前である!!
もはやイギリス上陸は無理と分かる??
ましてやバルバロッサ作戦である!! いかに優秀でも生産力には限界がある!!!
情報を軽視し過ぎている!!!

第六章 国際情勢の理解不足  長谷川 慶太郎
著者の解説がある!!
○ 防諜活動の意識の薄さ! 敵は自分の計画通りに動く???
○ 中国から撤兵! 朝鮮半島、満州国だけにして置く!
  一番困るのはイギリスか?
○ 文民政治家の軽視!
  軍人を抑えられない! 国力、経済力を考える!
○ 軍人の視野の狭さ
  特に正確な情報を、都合よく無視する!!
  客観的に判断できずに、主観を客観的と信じる!
○ 経済情勢の判断ミス!! 理解力不足!!
  日本の国の資源がどれだけ必要で、その供給先の理解が無い?
  要は国力と言う実力を理解していない?
○ 歴史認識の不足!
  戦史しか勉強しない!! その戦史も正規戦だけを研究している?
  他国の歴史も調べない!!
○ 言論の自由の重要さ!!
  反対意見を弾圧している!!
○ 日本は三流国
  国際常識のなさ!!
  現在の安倍総理は海外首脳とも交流が多い!!
  当時は昭和天皇が交流が多かったが、首相などは交流が無い!!
  青年将校の行動は、どう考えても三流国である???
○ 国際常識の重要性!
  戦前の日本には国際常識が無かった???
  三流国だった! 政治経済軍事もである!!!


情報戦の敗北―なぜ日本は太平洋戦争に敗れたのか・長谷川慶太郎・稲垣武・近代戦史研究会(編集)

 

 

« 大阪・心斎橋通り魔の無期確定へ 裁判員の死刑破棄5件目 最高裁 思うことがある!!! | トップページ | 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? メディアと民衆・指導者編(2015/6)・NHKスペシャル取材班 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

イングランド」カテゴリの記事

ドイツ」カテゴリの記事

ロシア (バルト3国)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪・心斎橋通り魔の無期確定へ 裁判員の死刑破棄5件目 最高裁 思うことがある!!! | トップページ | 本・日本人はなぜ戦争へと向かったのか? メディアと民衆・指導者編(2015/6)・NHKスペシャル取材班 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ