« テレビドラマ・フレミング ジェームズ・ボンドを夢見た男 2014 U=NEXT | トップページ | 昭和の選択・山本五十六 開戦への葛藤 「避戦派」提督はなぜ真珠湾を攻撃したのか »

2020年2月20日 (木)

米中貿易摩擦 アメリカファーストから中国ファーストか???

Photo_20200131114701

コロナウイルスの時に、何か別の事を考えている???
米中貿易摩擦である……… 何か影響がありそうである………

中西輝政が書いていたが、第一次世界大戦のイタリアのフィアット社である!!

オーストリアにも工場を持っていた!!
ドイツ、オーストリア、イタリアの三国同盟の時は良かったが、イタリアが脱落する!
そうなるとフィアット社のオーストリア工場は、イタリアの為でなく、オーストリアのために働く!!
何が言いたいかと言うと、中国である!

アメリカファーストである!
トランプ大統領は就任早々、アメリカの工場移転を阻止した!
企業には税制面で優遇したようだ………
アメリカで生産してアメリカの製品を買えと!!
露骨であるが………
しかしアメリカで生産、工業製品に農作物を作ると、その生産の人間は賃金が安い方が良い!
また違法移民が来るのではないか???
日本の企業、自動車工場もアメリカで生産している!
日米対立は、今は無いが、もし対立があれば、この工場は人質になる!!

中国は世界の工場になっている!!
人件費が安かったからであるが、今は高い!!
北朝鮮の人件費が安いと言っても、工場も何かあれば差し押さえられる!!
現在はそう言う時代である!!
トランプ大統領は、「アメリカ第一」、「アメリカ製品を買え、
アメリカ人を雇用しろ」、といったスローガンで、
大統領就任からの1年で、300万人の雇用を創出したと主張する! 
この主張の真偽は?????
アメリカ国内外の多くの人は、輸入品に対する追加関税措置は、
アメリカ経済、特に雇用に損害を与えている!!
ある見積もりは、鉄鋼製品とアルミ製品の追加関税は、
アメリカの鉄鋼産業において少なくとも15万人の雇用機会を促進すると!!!
しかし、農業やサービス業など、ほかの産業における少なくとも500万人分の雇用機会が、
報復措置の影響を受ける???
一時的に農産物を輸出出来るので、農家は助かる!
それを手柄のように、記者会見に農民を呼び、嬉しいと言わせる!!
見え見えのパホーマンスである!!!

しかし中国も新疆ウイグルの民族弾圧を隠すために、ウイグル人に幸せだと言わせている!
踊って、職業訓練を受けている!!
チベットにしろ漢人を入植させて、少数民族にして文句の出ないようにしている!
民族問題では歴史を見ても、必ず反乱・武力闘争などがある!!
ソ連邦! ユーゴスラビアは厳しかった!! ユーゴは内戦だった………
スコットランド、ベルギーは???? 台湾に香港は???
北朝鮮もある!
スコットランドはまた国民投票か???
ジョンソン首相は拒否しているが、自分はEU離脱に成功している!
自分は良いが、他はダメであると!!!!!
日本は沖縄か………
何が言いたいかと言うと、中国の支配下になれば弾圧される………

日本の元中国大使・丹羽宇一郎は、日本は中華連邦の一員となるのが幸せだと!!
伊藤忠は中国で儲けているのだろう………
中国の周辺の国で、繁栄した国はないとも言うが??
「合従連衡」 強すぎる中国に対して日本は???
「合従」で中国に対抗すると言っても、「蘇秦」はいるのか??
だいたい近くに味方になる国はいるのか???

尖閣列島で日本と揉めた時、中国はフジタの社員を拘束した!!
カナダで、中国最大手の携帯メーカーHUAWEI(ファーウェイ)の副会長が逮捕された!!
その時も中国はカナダ人を拘束している!!
何かあれば、相手国に報復をする!!!

今はおとなしいが、指導部が反日を煽ればなにをされるか分からない!!
中国に進出しているが、工場等何をされるか分からないと思うが………

いま中国は、海外にいる中国人にも本国の指令に従うように命令している??
その時中国人はどうするのか?? テロでも起こすのか??
サポタージュするのか???

アメリカ・ファーストは何時まで続くのか??
何年か後には、中国・ファーストを主張するのか???
昔、中国の毒入り餃子の話があった!!
中国は、自国の非を認めなかった!!!
あくまで日本で混入されたと!!
色々問題は多い!!
アメリカのペットフード、養殖魚介類!!
ヨーロッパの農産品の農薬!
粉ミルク???  中国製品を原材料として使い、汚染される製品は多い!!
調べると、色々あり過ぎる………
要は、こう言う製品は、闇に葬られる!!!
握り潰される!!!
パックス・シニカとはそう言うモノなのか???

米中貿易摩擦はアメリカが有利であるようだ………
中国には、「臥薪嘗胆」と言う言葉がある!!
中国は、復讐心に燃えている!!
その時には、中国製品を押し付けられるのか???
中国で生産しろと!!! 中国製品を買えと!!!
ミャンマーは中国に傾いている………
一帯一路は細菌話を聞かないが…………
アメリカ、中国はやることは変わらないと?????

アメリカの大国による保護主義政策、イギリスのEU離脱、中国による報復措置の行使により、
自由貿易の時代は終焉を向かえる!!
世界は貿易戦争に向かうことになる!! 
明らかに、世界中の非常に多くの人々の生活を危機に陥れる!
現在のもろい経済に対する圧力が倍増することになる!!
「貿易戦争に勝者はいない。アメリカの追加関税に他の国が対抗措置を講じた場合、
   大変深刻な結果が世界経済を苦しめることになる」
世界は変わらないが………

 

 

« テレビドラマ・フレミング ジェームズ・ボンドを夢見た男 2014 U=NEXT | トップページ | 昭和の選択・山本五十六 開戦への葛藤 「避戦派」提督はなぜ真珠湾を攻撃したのか »

アメリカ (カナダ・メキシコ)」カテゴリの記事

中国 (モンゴル)」カテゴリの記事

インテリジェンス・国際情勢」カテゴリの記事

時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テレビドラマ・フレミング ジェームズ・ボンドを夢見た男 2014 U=NEXT | トップページ | 昭和の選択・山本五十六 開戦への葛藤 「避戦派」提督はなぜ真珠湾を攻撃したのか »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ