旅行・地域

2019年6月16日 (日)

2019年6月 イングランド・アイルランド・スコットランド・ベルギー・フランス旅行計画!!

7月19日から旅行に出かける!!
奥さんがどうしても行きたい!! スコットランドである!!
イギリスのEU離脱の前である?
再投票の可能性は無いわけではないが………

スコットランドもどうなるのか??
こちらはその方が気になる!!
動物園に、航空博物館!! 美術館にコンサートとある!!
我が家が一番行っている国はベルギーか??
奥さんは何回目なのか???
前回はワーテルローのイベントに参加できた!!
今回はアイルランドの、ゲームオブスローンズのロケ地に行く!!
ワーテルローは大変楽しかったが…………

海外旅行はヨーロッパはほとんどである!!
中東の遺跡にも行きたいが無理だろう………
後は広いアメリカの航空博物館に行きたい!!

奥さんは、オランダ、スペイン、スロヴァキア、ドイツ、ブルガリア、ルーマニアにも行きたい!
知り合いがいる!! 又訪ねていきたい!!!、

2019_1

 

 

2019年4月28日 (日)

本・こだわりのドイツ道具の旅―道具が語りかけるドイツ人のライフ感覚(2000/1)・佐貫 亦男

Photo_72


ドイツ人には欠点もある。
しかし、彼らが道具を作り、住居を整え、栄養には富むが美味とはいえない食事で暮らす日常の中には、
日本人が今後生き残るための生活の知恵がきわめて多い。
少なくとも物を作り維持し楽しむ精神は、ともすれば物欲に走りがちな日本人にたいして、清新な気風を吹き込むことは疑いない。


「ドイツ道具の旅」を読んでいる!
具体的な記述で、大変面白かった………
続編的な本である!!
内容は下記の通りである!!


はじめに
第一章 ドイツ人の心に触れる
第二章 ドイツ料理を味わう
第三章 ドイツ都市像を探す
第四章 ドイツの道を眺める
第五章 都市から都市へ移動する
第六章 ドイツのインテリア感覚
第七章 浴室とトイレをのぞく
第八章 がんばれミノックス


はじめに
著者はドイツの技術に傾向している???
カメラもドイツ製が好みであるし、大事に使っている?
今のデジカメ、スマホ全盛の時代を見ればどう思うのだろうか??


第一章 ドイツ人の心に触れる
いろんな都市の名前が出て来る??
ハンブルグが出て来る!!
駅前に採食レストランがあるようだ?
この当時のハンブルグは平和だった??
移民のスリにあった経験を有する身としては、読んでいて月日を感じる………
人情実のある話が面白い??
ドイツは老夫妻が寄り添っている???
イギリスはそっけないと!!!


第二章 ドイツ料理を味わう
ドイツ料理である!!!
ドイツは朝食が楽しい??
写真がカラーだともっとわかり易いと思うが………

パンとバターから、ぜいたくな食事!
ウインナーシュニッチェル
ヒラメ、
カワマス、
鶏肉、
美味しそうである!!
バターライスを頼んでいる!
今度は頼みたいが………
今はトルコ料理がどこにでもあるが………


第三章 ドイツ都市像を探す
市役所は都市の顔である!!
ヨーロッパには良く行くが、市役所は確かに都市の貌である??
昔の木造の住宅は見ていて楽しい??
ハーメルンにドイツではないが、ストラスブールの町並みは、
見ていて楽しかった!!


そう言う写真が並んでいる??
著者は小さな町を巡っている!
楽しそうである!!
村役場と教会のバランスが良いと!!
ハンブルグは連合軍の昼夜兼行の爆撃で火の海になった?
それでも復興した???
残った塔を記念に残している? エレベーターで上まで行ける!!!
原爆ドームと小名jである?
大都市であるし、観光には事欠かない!
ここからリューベック、ブレーメンにも行った!
キールにも行ってみたいが………


第四章 ドイツの道を眺める
城門があり、道にアクセントになっている???
動物の模型がある? 色が塗ってあり楽しいが………

Photo_73

Photo_74

Photo_75


自転車専用道路がある!!
その解説もある!! 大挙して自転車が走ってくるのは恐ろしいが………
オランダは凄かったが………

道路も楽しい………


第五章 都市から都市へ移動する
都市から都市への移動は、列車ではスイスが楽しかったが………
なんといっても風景が良かった???
列車も色々ある?
通路があり、6席の座席がある? 普通の列車もあるが、日本より余裕はある!
テーブルが付いている!!

タクシーはメルセデス・ベンツのディーゼル車が多い!!
今はどうなのか??  ホンダもあるのか??

バス停も今は待ち時間まで表示されている!!
当時は無かった???


第六章 ドイツのインテリア感覚
ドイツのインテリア感覚??
自分にないので、意見は無いが、著者は言いたいことがある!
ドイツの宿の食堂がある!
写真は、ハーメルンの宿の食堂的な感じである?
ベッドに階段の説明がある!!

インテリアとしての武器、メダルなどの収集に展示!
インフォメーションの看板が良く分かる!
レストランなどの表示も楽しい………


第七章 浴室とトイレをのぞく
トイレと浴室である!!
泊まったホテルは、シャワーだけも多い!!
トイレも代わりばえがしない???
ウオッシュレットは無理だろう………
日本の水がたくさんあるところと違う!!!


第八章 がんばれミノックス35
著者は、ミノックスを愛用している!
100%褒めているわけではないが、ほめている!
へまも書いてある???
日本製も使いたいが、顧客無視で競争ばかりしていると!!


こだわりのドイツ道具の旅―道具が語りかけるドイツ人のライフ感覚・佐貫亦男

 

2018年4月24日 (火)

4月26日~5月10日 ヨーロッパ旅行予定

4月26日~5月10日 ヨーロッパ旅行予定
12
4月26日からヨーロッパに行く!
これからはもっと旅行に行きたいと思っている!
今回は、イギリス、スペイン、スウェーデンの3ヶ国である!
計画は奥さんが立てる!
12
スペインのマヤさんからイワシ祭りに誘われている!
是非に行きたい………
そこを基準に計画を立てている!!
12
航空博物館に動物園、美術館を巡る!
とくにイギリスは楽しみである!
シャーロック・ホームズ記念館にも是非に行きたいが………
12
スウェーデンでは奥さんは、イケヤに行くつもりである???
食べ物はスペインが楽しみである!!
後は成り行きである!!
12
予定表は下記の通りである!!
12
12
Photo
12
12

2017年10月14日 (土)

2017年 秋 ヨーロッパ旅行計画! BCRから卒業か??

2017年 秋 ヨーロッパ旅行は??

12
今年の春にバルト三国とフィンランドに行った!
その時ラトビアでゾウの話を聞いた!
それからが大変である!
そのゾウがズゼ! 息子は市原ぞうの国にいる。
そうして神戸王子動物園に、夏にホームステイで来園していた………
奥さんが必死になって観に行っている!!
12
12
以下動物園である。 まずは王子動物園である!
王子動物園 
ズゼの子供「結希」と乳きょうだいの「りり香」
ズゼがラトビアから来たゾウである!!
12
Photo
12
愛媛県 とべ動物園! 3頭の親子が群れをなしている!
ゾウが観たくてわざわざ行っている! アフリカゾウである!!
12
Photo_2
12
そして再び王子動物園である!
127
Zuze
12
良くやると思う!! 最近は名前入りである!
そのおかげで、BCRから離れたようだ??
最近昔みたいに言わなくなった!!
燃え尽きたようだ!!
くすぶっているようだが???
とりあえず嬉しい!!!
12
と言う事で旅行計画である!!
スロバキア、ドイツ、スイスがメインである!
ドイツにスイスは動物園が入っている!
今度はzoo休暇になるのか??
ゾウにカバが好きなようだ??
感心すると言うより呆れかえっている!!
文句を言われないように、空軍博物館をちゃんと入れている!!
行けば楽しい旅になるだろう………
12
計画書である!!
12
2017
12
また要所要所で、二郎余話(新)と、二郎余話(紀行)に記事をアップします!
よろしくお願いします!
12
12

2016年11月 8日 (火)

オランダ旅行記事アップ中です!

今オランダにいます。
旅行記アップ中です。よかったら覗いてください。
二郎余話(紀行)
20161105_21_2
 

2016年8月28日 (日)

雑誌・日本軍「戦略なき組織」検証 失敗の本質 情報敗戦⑤ 本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか

ダイヤモンド社、ハーバード・ビジネス・レビュー・(2011/1)
航空機産業に続いて読んだ。短編で読みやすい!
情報敗戦 本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか 杉之尾宜生

20160826_book1_2

欧州の地は複雑怪奇と言って辞職した。
平沼騏一郎首相!
あることで良く知った名前である。
街道をゆく4『丹波篠山街道・光秀の反乱』に登場していた。
亀岡城に行った時に、「街道を行く」を読んだ。
平沼騏一郎と言う検事総長がいる。
単なる官僚でなく、思想右翼の団体、国本社の総師である。
後に首相になり、独ソ不可侵条約を結ばれ、ヨーロッパは奇々怪々と言って内閣を投げ出した。
著者言う、能力が無いが、能力が無くても権力を握れば弾圧は出来る。
この平沼騏一郎が良い例と言う!

1921年1月、平沼騏一郎検事総長は大本検挙の判断を下した。
国家主義国家というものは、民衆を動かす強力な民間団体を喜ばない。
そうして些細な事で弾圧した。
司馬遼太郎もきつい!
そこまで言うのか!
その人が首相になる。
負けるべきして負けた感じがしないでもない。

ノモンハンの戦いがある。
日本は惨敗している。
がソ連の資料が公開されるに従って色々な事実が出て来ている。
ソ連の損害も多かったようだ。
これを持って又何かと騒がしい人がいる。
ノモンハンの戦いは、ソ連は周到な準備をしている。
ジャーコフを派遣している。
ここで日本を叩いておいておとなしくさせる。
いかにソ連とは言えども独、日との両面戦争は厳しい。
そう思うと、ドイツは何を考えて両面で戦ったのかと思うが………

よく言われるが、日本はソ連の機械化が信じられない。
日本が出来ないからソ連も出来ないと思ってしまう。
それで動員を計画する!

ロシアのメドベージェフ大統領がこの戦いが、第2次世界大戦の勝利の帰趨に大きな影響を与えたと演説した!
この勝利の意味を変更するような、歴史の捏造は許されない。
捏造では無く、実際はどうだったかの検証は必要である。
が検証により、もっと頑張ればよかったと、精神論に走る人も多いだろう。

日本は兵二万数千人に火砲100門、戦車0。
ソ連は兵五万数千人、戦車498両、装甲車385両、火砲門、航空機515機。
勝てないと思う。
ジャーコフは日本の下士官と兵を誉めた!
実際に相当な損害を与えている。
指揮官が無能とは言われていた。
このソ連軍の実数をつかんでいない。
精神論で何とかなると思っている。
大体、本来なら辻政信が腹を切らなければならない!
現地の司令官に責任を押し付けている!

その後独ソ不可侵条約が結ばれる。
「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」と言って辞職する。
実際はどうだったのか?

①  情報分析:リュシコフ大将の亡命の影響
②  情報活動:陸軍大佐土居明夫の対ソ情報報告
③  外交情報:独ソ関係の見直しの誤算

リュシコフ大将の亡命の影響はあった。ドイツからも尋問官が来た。
ゾルゲが登場する。
いかにリュシコフの情報が当てにならないかを吹き込む。
ゾルゲの最大の貢献とも言う!

土居明夫は良く知っている名前である。
谷光太郎の本には良く出て来る。
実際に自分の目で見て判断する。
シベリア鉄道の貨物列車の数から物量を判断する。
いい加減な情報は信じない。
がソ連の脅威を主張すればするほど、ソ連が怖いのか?
と言われる。

この時期、白鳥イタリア大使、大島ドイツ大使と出先で勝手な事をしている。
この大島大使は、ドイツ・リッペントロップ大臣(ビスマルクの再来とおだてられている)に独ソの提携についての示唆を受けている。
がこの報告は外務省が無視したようだ。大島大使、白鳥大使に問題がある。
天皇陛下が嫌ったようだ!
事前に陸軍もこの情報はつかんでいる。
が有効に使えない。
独ソ不可侵条約で、ソ連との連携を主張し始める日本。
一貫した考えが無いのかと思うが………
決して「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」では無かったようだ!
ただこの独ソの接近がいつまで続くかの判断は出来ていないようだ!!

ノモンハン事件の教訓
①  要求する:情報要求・情報関心の明示はトップの責任である。
②  集める :インフォメーションを収集する。
③  処理する:インフォメーションを分析処理してインテリジェンスに転換する。
④  判断する:トップの情報要求に対して、情報見積もり・情勢判断をする。
⑤  報告する:トップおよび関係者に適時に報告・通報する。
スターリンは独ソの二方面の戦争を回避したい。

その為に、情報を集めて、判断して実行した。
そしてノモンハンの勝利である。
日本は土居明夫のように貴重な情報をつかんで来ても無視される。
上層部に判断出来る人間がいない。
総合的に判断出来ない!
現地の幕僚が勝手に動いても追随するだけである。
ソ連では死刑であるが、日本では許されていた。
指導者も現実に生起する社会現象を分析・評価して、現実の問題を社会科学的に制御しようとする態度と能力を涵養しなかった。
情報活動・組織構造・戦略が有効に機能していない。

「人間は歴史から何ものも学ばないことを、歴史から学ぶ」
要は反省も表面上の事と言うみたいである!

12

日本軍「戦略なき組織」 検証 失敗の本質 情報敗戦⑤ 本当に「欧州ノ天地ハ複雑怪奇」だったのか

12

2016年8月20日 (土)

ドイツ旅行の記録アップしました。

2016年7月のドイツ旅行の記録のアップが完了しました。
下記のリンクから見れます。

旅行記
2016年7月 ドイツ旅行(シュトゥットガルト、ニュルンベルク、ミュンヘン)

食事の内容は下記のリンクです。
食べ歩き放浪記
海外 ドイツ
海外 オーストリア
ホテル朝食
機内食


2016年8月18日 (木)

2016年ドイツ旅行 10日目 大阪到着

関西国際空港に到着した。
日本は暑い!!

何の不安も無く帰って来た。
荷物も帰って来ている。

後は荷物を宅配で送り、朝飯を食べるだけである。
「さち福や」

20160803_osaka1

ここで食べるのを楽しみにしている。

20160803_osaka2

バスで神戸三宮まで帰る。
奥さんは爆睡している。

20160803_osaka3

無事に旅は終わりました!!

2016年ドイツ旅行 9日目 飛行機で気が付いたこと

そんな事を気にしなくても良いと思うが、KLMの飛行機の中の映画である。
言語があるのと無いのがある。
見ていると、中国語の字幕があるのが多い。
日本語の字幕無い。
何か意味があるのか???

20160802_airplane_23

フライトを見ていると、選択が日本語だったので見ていると、「日本海」の表示になっていた。
気になって英語で調べたら、「Sea of Japan」とあった。
朝鮮半島とオランダは直行便があるのか??
あれば騒ぎまくっているのではない??
何を考えているのかと言われそうである。

20160802_airplane_24

2016年ドイツ旅行 9日目 アムステルダムから大阪へ

大阪行きの便は少し遅れたが、無事に出発である。満席である。
昨日か、追加料金でビジネスに変更できる。
二人で12万ぐらいいる???
どうしたか?? 絶対に追加料金は払わない???
奥さんはビジネスに変更したかったようだ。

20160802_airplane_21

荷物の棚を奥さんが閉めれなかった。
オランダ人??
女性乗務員が閉めてくれた。
奥さんが「重すぎる」と言うと、「だから私は強いのよ!」と力こぶを見せる真似をした。
KLM航空の乗務員はいつもフレンドリーだ。

20160802_airplane_22

機内食は、スナック、メイン、アイスクリーム、朝の軽食と出て来た。
飲み物は多い。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ