鎌倉時代

2019年4月26日 (金)

本・表と裏の面白意外史 日本史謎とき博物館(1991/9)・監修・樋口清之

Photo_71


著者の本は好きであるし、よく読んでいる!!
大変面白い!! この本はAmazonで検索しても出て来ない? でも楽しい!!
106の話題について、質問形式で歴史が分かる??
気になる要素をまとめてみた!!!


PARTⅠ 大和・奈良時代
2   遣唐使、遣隋使は国際結婚をしている??
7   東大寺の大仏建立ににかけ、自ら土を運んだのが、聖武天皇!!
9   桓武天皇五代の孫で、自分が日本を支配してもおかしくないと!! 平将門である!
10  村の付き合いは十分は、「冠」「婚」「建築」「病気」「水害」「旅」「出産」「年回忌」「火事」「葬式」
    村八分は、火事と葬式以外の付き合いを止める!!


PARTⅡ 平安・鎌倉時代
12  猫のフンは、妙薬・秘薬だった???
13  大便をしてはいけない日があった?
14  小野小町は男性恐怖症だった………
15  十二単ではどうして用を足したのか?? おまるを使った???
18  胎内いること18か月、生まれたときは2,3歳児??  弁慶である!!
21  後醍醐天皇は、倒幕運動の密議のカムフラジュに、乱交パーチィーを開いた!
23  鎌倉北条執権は16代? 将軍は9代!!


PARTⅢ 南北朝・室町時代
26  高師直は、天皇は目障りだから木像か、金像にせよと!!
35  足利尊氏は酒を飲むと、座禅を組んだ?
36  足利尊氏は、手柄のあった者に、その場で現金を与えた!
38  美しい海を見た足利義満は、海を京に移せと??
   天皇になろうとした話は無かった??
44  天皇は原稿書きのアルバイトをしていた?


PARTⅣ 戦国・安土桃山時代
46  長篠の戦いでの鉄砲は、千丁?? 三千丁?? どうも千丁のようだ………
47  信長は13万の兵で高野山を攻撃しようとしたが、本能寺の変で無くなってしまった?
52  南蛮寺は和風建築だった?
59  豪姫にキツネがついている?? 秀吉は稲荷神社に脅迫状を送った??
59  千利休の作った茶室は狭い! 大名をひざまつかせるものがと??
61  株式会社加藤清正は梅毒ではなく、脳卒中で亡くなった?


PARTⅤ 江戸時代
64  山形藩は日本一交代が多かった? 左遷の地だったようだ………
66  浅野内匠頭は、家中総動員の消防訓練を、マニアックに行った!
72  岡っ引きや目明しは、自分で稼いでいた! 給料は無い!!
74  春日局は、女はブスだからすっぴんを見せるなと!!
77  伊能忠敬は最初の妻に、本を読むなと言われてそれを守る!
    ただし、次の妻が、地図をまとめた???? この話は無かった………
78  徳川吉宗は、大奥の行革で、美人を追い出した! 美人なら直ぐに嫁の口がある??
80  江戸時代、足軽相手の商売では、ふんどしのレンタル業があった??
82  先腹、追腹はあるが共腹は無かった?
85  吉原の遊女は、逃げ出すと真夏の夜に酒をかけられて木に縛り付けられた…… 当然蚊に刺されて死ぬ!


PARTⅥ 幕末・明治維新
93  土方歳三は俳句の趣味があった??
97  石鹸を西洋菓子と勘違いして少女に渡したら、それを食べておせいじまで言った?
99  新橋横浜間で罰金を払ったのは、立ち小便をしたから?
101  電話は高価だったが、声と一緒に伝染病もうつる??
105  姫路城の取り壊しはなぜなされなかったのか? 莫大な費用がかかるから?


表と裏の面白意外史 日本史謎とき博物館・監修・樋口清之

 

2019年3月 3日 (日)

ザ・プロファイラー選「時代を動かした“戦術の天才”~楠木正成~」

12

2

12

岡田准一がいま一番演じてみたいという武将・楠木正成。
鎌倉幕府の倒幕と天皇親政の実現に大きな役割を果たした。
わずかな軍勢で城に立てこもり、幕府の大軍を相手に何か月も戦い抜いた。
これを機に、倒幕が実現。だが、その後、共に戦った足利尊氏と対立。

あくまで後醍醐天皇の味方として戦い、命を落とす。
正成はいったい何を考えていたのか?

12
【司会】 岡田准一
【ゲスト】武田鉄矢 舞の海秀平 小日向えり
武田鉄矢は、NHKで楠木正成を演じている!
小日向えりは知らない??  歴女???
神戸湊川神社に像がある! 大変勇ましい!!!
その下で、路上将棋をやっているのが面白いが………
12
12

司馬遼太郎がこの時代を書かない??
単なる権力争いが、イデオロギーの話になっている???
考えてみると、敵が向こうに付くので、自分はこちらに付く!
利による争いである!!!
12
実像が分からない人物である! まともな資料は5年しかない??
小学生の時、図書館で伝記モノを良く借りた!
その中に入っていた!!
後醍醐天皇の夢で、南の方に木が茂っている??
楠??? それで召しかかられた???
よくある伝承の類か???
河内の生まれ!! そんな話は出て来ない!!
それだけでどんな人物か想像できるのが怖い!!
流石関西人である??
12
時代は執権北条高時である! 鎌倉幕府の終わりに近い!!
楠木正成は、河内の地で運送業みたいなことをやっていた??
金がなければ人は動かない??? 悪党である!!
これは悪い意味ではなく、強い? したたか??
後醍醐天皇が、天皇親政の政治を目指す! それに従う!!
後醍醐天皇も要らんことをするなと!
この前に後鳥羽上皇が倒幕を目指している?
楠木正成!!
「天下統一を目指すには武力と智謀の二つが必要です!」
「智謀を用いれば、武力に強いだけの幕府軍など遅るるに足らないでしょう」 

12
笠置山で後醍醐天皇が挙兵する!
楠木正成は赤坂城で挙兵する!
笠置城が陥落し、赤坂城で500の兵で立てこもる!!
が鎌倉の大軍に自ら城に火を放ち逃れる!!
「合戦の一時の勝ち負けを重要視なさらず、たとえ負けてもこの正成生きている限り
 天皇のご運は必ず開くと思っていただきたい」
12
赤坂城から1年後、姿を現す!!
正成の戦略がある!
その一 偽装工作
 赤坂城の奪還! 兵糧部隊に化けて戦う芝居をして、城に入る!
 奪還に成功する!!
 幕府軍精鋭500に対して、2000の兵で対峙するが、撤退する!
 こう言う兵とは戦わない!!
12
その二 心理作戦
 心理作戦と言うより、騙しである!!
 夜にたいまつで威嚇する! 攻めてはない!
 敵は逃げ、2万5千の兵を動員して来る!
12
その三 ゲリラ戦

 千早城で1000の兵で立てこもる!! 
 ゲリラ戦を展開する?  一騎打ちなどしない!!
 丸太、岩、煮た立った油、糞尿をかける!!
12
その四 だまし討ち
 人形を兵代わりに置く!! 騙されて兵糧攻めに転じられる?
12
その五 兵糧攻めへの対応
 300の水桶! 食料は抜け道などで食料確保!
 幕府軍が撤退する?? このうわさが宇津々浦々に伝わる!!
12
足利尊氏、新田義貞が挙兵する!!
よく言い過ぎであるが、時間稼ぎをした??
時代は鎌倉幕府に向いていない??
鎌倉幕府滅亡し。建武の新政になる!!
天皇の徳に寄るのであると???
12
が、足利尊氏が離れ後醍醐天皇と戦う?
反乱の反乱である! 楠木正成は後醍醐天皇に付く!!
正成は河内、摂津の国を貰っている?
12
建武の新政が始まる………
武士たちの不満が高まる!
恩賞が少ない?? 武士は綸旨を求める!
後醍醐天皇は急ぎ過ぎた???
「此比 都にハヤル物 夜討、強盗、謀綸旨」
尊氏が反旗を翻す!!
尊氏は自分の立場が分かっている? 
要はお互い立場がある!
正成は悪党の仲間のことを考える??? 尊氏に付くと言う選択肢もあった??
尊氏は武士の事を考える??
尊氏は負けて九州に落ち延びる! 正成は
古来負けた方は、九州に落ちて再起を図る!!
平氏もそうである??
正成が後醍醐天皇に提案する!
新田義貞を討ち取り、足利尊氏を和睦せよと進言する!!
天皇の兵も尊氏に付いている?? 天皇の徳のなさを感じる!
逆の考えになっている!
12
尊氏が攻め上がって来る!
作戦を提案する! 新田義貞を引きあげさせて、天皇は比叡山に!
が側近に言われる!!
「これまでもこちらは大軍を退けてきた
 それは武士の戦略によるものはでなく
 ひとえに天皇のご運が天命にかなっているからである」

何処にでもこう言う人間はいる!!
正成は言う!
「この上は異論を申すまでもありません
 天皇は大敵を打ち破る策を立て 勝ち戦に導くというお考えではなく
 打ち死にせよとのごめいれいなのですね」

12
楠木正成は湊川で戦う!
尊氏35000の兵に正成700の兵で立ち向かう!!
正成は弟に言う!
「生まれ変わったら何になりたい」
「七度生まれ変わっても 同じ人間に生まれ 朝敵を滅ぼしたい」
「その望みは同じだ すぐさま生まれ変わって この願いを遂げよう」
凄い一族である!! 楠木正成は43歳で死ぬ!!
息子の正行を筆頭に、正時、正儀らも正成と同じく南朝方として戦う!
特に正儀の動きは不気味だったようだ………
12
南北朝時代が始まる!!
無駄なことをしている??
そう思いますが…………
12
12

2019年3月 2日 (土)

英雄たちの選択「史上最強?後鳥羽上皇の謎~承久の乱の真実~」

Photo_3

12
12

史上最強といわれる後鳥羽上皇は、和歌の道だけでなく武芸全般に優れた上皇だった。
上皇が鎌倉幕府に戦いを挑んだ日本の歴史の大転換点、承久の乱の真実に迫る。
「新古今和歌集」の選者として、一方で、自ら「菊御作」という刀を鍛えさせたという

武人の顔もある。
文武両道に優れた、史上最強の上皇(??)こそ後鳥羽上皇であり、

執権・北条義時の鎌倉幕府との戦いが、承久の乱である。
鎌倉3代将軍・実朝の暗殺を契機に、後鳥羽上皇は、

朝廷と武家政権のありようをめぐって、北条氏と真っ向から衝突する。
12
12

【司会】  磯田道史 杉浦友紀
【出演】  本郷和人 大澤真幸 中野信子 
【語り】   松重豊
12
12

中野信子はNHK好みなのか? 
天皇が権力を握ろうとすればろくな事がない!!
後醍醐天皇もそうであろう……… 後白河上皇???
単なる権力争いとしか思えないが!!
後水尾天皇もきな臭いうわさがあった???
後が付くと何かあるのか??
たいそうに言っても、単に世の中を騒がしただけではないか??
日本で唯一の革命??????
12
鎌倉時代では、三浦一族に興味がある!!
この承久の変でも、三浦義村は裏切っている!!
北条に付いている! その為に弟を裏切っている!!
宝治の乱で三浦は滅亡するが、この辺りは永井路子が詳しい!!
12
「菊御作」 自ら剣を鍛えている! 権威の正当性のためか??
19歳で上皇となる!! 多芸な人物である!!
自由に動きたいし、実際に動く!!!
12
鎌倉幕府が出来る!!  院や公家にとっては目障りである!
北条義時が執権である! 三代将軍、実朝がいる!
実朝の正室を京から迎える!! 実朝は骨抜きにされる???
上皇も鎌倉幕府にちょっかいをかける!!
後鳥羽上皇の息子、頼仁親王を将軍職に就ける???
天皇の権威でこの国をまとめる!!! 天皇親政か??
単なる権力争いである!!!
12
承久元年、将軍実朝が暗殺される!
二代将軍頼家の息子、公暁が暗殺する!
ここでは、黒幕が誰かなどは話題にならない!!
北条義時か? 三浦義村か?? これをやると時間が足らない!!
12
北条義時は直ぐに後鳥羽上皇に将軍に派遣を求める!!
選択がある!!!
一 親王将軍の下向
ニ 幕府の要請を拒絶

12
後鳥羽上皇は駆け引きをする!!
摂津の国から地頭を罷免せよと!
この地頭は北条義時!! 武力を背景に、当然拒絶する!
12
北条は上に貴種がいる!! 血の重みである??
北条ではまとまらない??
折衷案か?? 後鳥羽上皇は実子ではなく摂政の子を鎌倉に送る!!
12
が源氏の一族、源頼茂が将軍就任をもくろむ!!
後鳥羽上皇は頼茂を討伐する!!

その後挙兵する! 西国の御家人たちに書状をまわす!
「北条義時は幼い将軍を差し置いて 政権をほしいままにしている
 今後義時の政治を停止すべし」
承久の乱勃発である!
弟の三浦胤義は、兄義村の参加は確実と!!
三浦が北条にクーデターを仕掛ける!
失敗したら西国の御家人で北条を撃つ!!
まず三浦義村が北条に付く!! 義村も生き残りを図る!!
北条政子が檄を飛ばす!! 勢いが違う!!
後鳥羽上皇は世間を知ら無し、武士も知らない!!
各務ヶ原で戦いになるが、上皇側は大敗する!!
12
権威で人は動かない???
利で動く???
御家人に対して、恩賞をえさに北条義時を殺せと言えばどうなっていたか?
それをしなかった???
上皇側で戦った御家人は処分される!
皇位継承にも幕府は口を出す!!
後鳥羽上皇は、隠岐に流される………
放免の手紙を出す………
承久の乱から18年後に、隠岐で亡くなる!!!
12
後鳥羽上皇が負けたのはエリートの犯す誤謬?? 
人扱いしていない??
一所懸命、土地が命である!
天皇に代わる権威が無い!! 武士にはそれを理論化する頭がない??
なので天皇制は存続した??
12
12

2019年2月24日 (日)

本・「温故知新」と「一所懸命」―2000年の歴史に秘められた日本人の知恵を探る(1991/3 )・樋口 清之

Photo_2

12
12

著者の本も好きである!! よく読んでいる!
日本はもっと誇りを持てとの事である???
変なナショナリズムではなく、古代からの記録が興味深い!
内容は下記の通りである!!

12
12

第一章 「一所懸命」と言う遺伝子のルーツ  
           米と水田農耕が作り上げた日本及び日本人
第二章 「温故知新」こそ環境問題解決の妙手  
           自然とともに生きていた日本人の地球にやさしい生き方
第三章 「多品種少量」を先取りした食文化の知恵  
           悪食こそ好奇心旺盛な日本人のオリジナリティ
第四章 かって「デザイン先進国」は日本だった  
           江戸時代のアルマーニ、尾形光琳創作の秘密
第五章 日本は2000年間、いつも「女性の時代」 
           北条政子が{一夫一婦}制を主張した経済背景のとは

12
12

意味を調べてみた!!
「温故知新」
昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること。
また、過去の事柄を研究して、現在の事態に対処すること。
「一所懸命」
ひとつの事に命をがけで取り組むこと。本気で何かに打ち込むこと。

12
12

第一章 「一所懸命」と言う遺伝子のルーツ  
           米と水田農耕が作り上げた日本及び日本人
 

(一) そもそもコメとは何だろう
コメには日本のオリジナリティが明確に表れている!
日本列島は1500万年後水没する??
日本の縄文時代からの歴史がある?
その頃の雑穀は米以上の栄養価がある!
著者が考古学に走ったのは、弥生時代のコメと言う!!
この米は自生していたのか? 大陸から来たのか??
何でも日本に教えたと言う国もあるが………
米の発達史は日本の歴史と言う!
日本列島の位置!! 国土を上手く利用して水をまんべんなく張れるようにしている?
米が優位になり、神話にも表れている?? 太陽、火、水は米造りの神になる!
農業生産地が先進地帯になる!
米が日本人を決めた???
12
(二) 鎌倉時代以前、すでに準備された「一所懸命」
古代の指導者はほとんど農業技術指導者と言う!
開墾が行われている!
「代かき」
水と土を知り尽くしていた日本人と言う! 土の還元作用を知っている?
水により土が中世に近づく?
大化の改新で定められた、班田収授法 庶民に同じ面積の土地を与える!
墾田永世私財法 開墾した土地の私有を認める!
700年代にこう言う法律を作っている??
農民の逃亡も多かった時代である?
平将門の乱は、土地所有の許認可権を巡る争い?
関東に源氏は根を下ろすには訳がある??
将門は早すぎたようだ! 源頼朝が実現する??
裏面日本史の解説を聞いている感じである??
12
(三) 一所懸命だから当然小規模になる
米と水田への思いが日本人の遺伝子??
一所懸命、この言葉も勘違いしていた? 一生懸命である!!
どちらにしても頑張るという事である!!
土地に金をかけ守る! 一所という言葉からも広くない! 狭い??
狭いので働けば結果が出た??
気候と地形が、集約型農業になり、人手がいる!
「一理違えば、鍬が違う」 狭い日本である??
日本の場合、国、群、里と言った地域分けは自然に出来上がっている!
12
地球にやさしい???  地球を救う??
➀ 自動車をなるべき使わず、自転車を使う
② 無駄な電気は消す
③ 暖房の代わりにセーターを着る
④ 水を出しっぱなしにしない
これは、「質素倹約」「もったいない」の日本でやって来たことである?

12
著者は米にこだわりがある!!
自給自足? やはり自国で確保しなければならない?
減反思想は誤りだと!! 愚民思想の表れだと!!
真の自由化こそ食糧安保に道だと!!
バラマキを行うから、自由化が出来ない??
米を戦略的使うぐらいになれと!!!
軍備は自衛用に使う! 自国が武器を持たないと言っても攻撃はされる?
その時のことも考えずに、票目当ての愚民政策を批判している?
安保と、米を結び付けている??
12
(四) コメが作り、コメが滅ぼした江戸時代
「江戸わずらい」??? 著者のお遊び、恋わずらいではない!!!
脚気の事である! 白米を食べるようになったから???
土木水利技術に優れた大名が生き残る!!
武田信玄、加藤清正が有名であるが、加藤嘉明を例に出している!
今の伊予松山の繁栄は加藤嘉明の力か??
12

徳川の経済政策を解説している!
米の流通である? 当時は米も安かった??
定職のない浮浪者を、米つきの職人として雇った??
12
武士は米を作らなくなった? 徴微権しかない?
それが滅んだ理由なのか?
文化文政時代の山片蟠桃は、市場に任せる自由経済を提唱している!
買い物ツアーがある! これを現在の遣唐使と言う!!!
海外の知識を吸収するためなのか??
明治維新で、旧藩主を政府は保護した!
借金を引き受けて、少ないが家禄を保証したようだ………
日本人の英知であると!!!!
12

第二章 「温故知新」こそ環境問題解決の妙手  
           自然とともに生きていた日本人の地球にやさしい生き方
 

(一) 植林すれば木は永久資源
まず割りばしである! アホな識者が批判する!
割りばしは環境破壊であると!!
この辺りは、武田邦彦と同じである!
識者は単に思い込みで言う!
林野庁の雑誌の記事は、正しいことを記述している!
何もわざわざ割りばしのために木を切るわけではない!
不要な材を使っている! 有効利用である!
最近は言わなくなったが、主張していた識者は間違いを認めない!!
12
日本の木炭の知恵をソ連に伝えたようだ!!
今後、有効伐採にて期の有効利用が考えれる!
ともあれ木を伐採するのは悪と言う風潮がある!!
この辺りを読んでいると、林野庁が何をしているのかと思うが………
再生可能な木は、有効資源だと!!
12
木の建物の良さも記述してある!!!
12
  (二) 昔の家屋に生きる新しい知恵
竪穴住居は日本の環境に合っている??
が、何か古い感じを与えるがそうではない!
昔からの日本の建物は日本の環境に合っている!
畳の効用もある?
除湿、恒温、防音、通気性を持つ!
天然素材の畳の恩恵は大きいと言う!!
何か日本の昔のモノは時代遅れと言う風潮がある?
これはおかしいと!!
12
(三) 高温多湿なのに日本人が清潔な理由
清潔な水が日本は多い!
台所も清潔であり、風呂も好きである!
ローマも浴場が多かったようだが……… 裸の付き合いがある!
サウナ的なものもあったようだ………
「浴衣」は蒸気の熱が直接身体に触れないようにしてある!
新しいふんどし、腰巻を付けて入る!!
江戸時代、男女混浴でも、貞淑で礼儀正しかった・
12
「火」の活用
日本人は、防御用、加工用、照明用、保温用に利用していた!
焼畑農業がある! 熱帯雨林を失いつつある!!
日本は水田農耕を選択した!  自然条件がそれを可能にした!!

森羅万象に神の存在を感じるのは、
具体的に見えるモノに執着してきた伝統の上に立っている!

12
自然への畏敬の念がない環境保護運動は人間のエゴ!!!
「火」を上手く活用している!! 一つ間違えば焼く尽くされる?
恐れを抱きながら付き合っている??
環境運動も、自然への畏敬の念がなければならないと!!!
12
12

第三章 「多品種少量」を先取りした食文化の知恵  
           悪食こそ好奇心旺盛な日本人のオリジナリティ
 

(一) 日本古来の付加価値を付ける知恵
「多品種少量」は日本の文化??
が、軍事的にはどうかなと?? 軍事的には少品種大量である!
日本が芸が細かい???
悪食??  日本は何でも食べる!!
中国には負けるようだが………
レストランでも世界中の食べ物は食べれる国である!!
世界に誇れる納豆がある!
酢、酒、味噌、醤油、漬物、塩辛、塩、なれすし等の保存食がある!
日本人の知恵と自然条件とがうまく一致している!!
12
建前本音がある!
国家の方針は殺生禁断、貴族は薬猟で肉食している!
イノシシ、シカ、キジ、カモ等食べている!
12
日本料理の基本は、禅宗が造った??
汁、飯、漬物!
煮物、焼物、揚げ物、あえ物、造り物!!
一セットである!!
12
徴用の節句!!  9月9月である!
菊は観賞用、薬用、食用、菊酒と使われる!!
「菊まくら」 不老長寿???
菊は奈良時代に広まる………
12
  (二) 和食が健康食でである理由
「医食同源」
そう言う食べ物として、紫蘇、生姜、茗荷、ビワ、梅がある!
サケを食べる??
世界にも有名な果物! 柿!!
ゴボウ!! 捕虜に食べさせて虐待したと言われる!!
12
唐辛子はビタミンAを含むので、うどんにかけるとバランスが保てる!!
だいたい、薬味と言う!! 日本人の知恵である!!
12
江戸時代の市民は、悪食だった!!
寒い冬を越すために何でも食べる!!
寒ブリ、寒鯉、サル、ムササビ、タヌキ、キツネ、シカ、イノシシ………
八目うなぎ、桜鯛、鴨、鶉、寒しじみ、アサリ、ハマグリ………
12
「韋駄天」 インドで足が速く、食料を集めていた!
禅宗の寺院の台所には韋駄天を祀る!!
走りまわって食料を集めたので、「馳走」と言えば料理のことになる!
原料を輸入して加工して付加価値を付けて自家薬籠中の物にしるのが、日本である!
「一所懸命」の熱意ではないかと???
12
12

第四章 かって「デザイン先進国」は日本だった  
            江戸時代のアルマーニ、尾形光琳創作の秘密
 

(一) 着物を着ると日本人が立派に見える理由
江戸時代は「贅沢三昧」???
朝シャンは元禄時代の流行??
尾形光琳のデザインする着物は超一流のブランドである?
ムリ、ムダ、ムラ??
どちらも芸術には必要なようだ??
12
縄文時代からおしゃれだった??  ピアスである!!
モンスーン地帯なので、和服が流行った………
和服の融通性が語られる!! あまり良く理解しがたいが………
12
  (二) 今も帯に宿る古代日本人の魂
帯について並べてある!! 帯に短し、たすきに長し???
・帯事始め  
・帯は聖なるもののしるし!
・「帯祝い」 胎児の人格を認める!
・帯があるから垂れたお尻も美しい!
これ だけ短い中で、帯がたっぷり書いてある??
12

紐の話である!!  真田の真田紐!
伊賀の忍びは紐を作った………
12
12

第五章 日本は2000年間、いつも「女性の時代」 
      北条政子が{一夫一婦}制を主張した経済背景のとは
 

(一) 男こそ被害者だった古代日本
男の方が被害者だった?
「抑圧された女性史」は真っ赤なウソ!!
「三界に家なきもの」は女性ではなく、男性だった!
「天照大神は女性の代表」
「女が苗を植え、男はまわりで歌うだけ」
「200人ぐらいの大家族の家長は女性だった」
「古代の売笑婦は神の化身だった」
要は、女性は弱いものではなく、社会生活の首座にあった………
女性は被害者ではない!
対等でもあり、支配者である??
12
(二) 北条政子が「一夫一婦」を唱えた理由
主人と言うのは差別用語なので廃止せよと!!
では主婦は??? 
北条政子は男女が同権と思っていた!!
鎌倉時代は仏教も女性に味方した!
女性は利口のようだ???
ペリーが日本に来た!! 
江戸湾を測量した時、日本の地図が正確なので測量の必要が無いと!!
日本を歩き回った伊能忠敬!!
測量した地図を妻・お栄に送る! 
それを元に、三通りの概算縮尺地図を作る!
天才か??  それより良く郵便が遠方より着いたものである?
歴史の舞台に登場しないが、地道な日常生活の中で、
英雄にも劣らぬ仕事を成し遂げた女性は数多くいる!!
12
12

「温故知新」と「一所懸命」―2000年の歴史に秘められた日本人の知恵を探る・樋口清之
12
12

2018年9月28日 (金)

本・歴史の読み方―真実は、裏と表を見なければわからない(1997/2)・樋口 清之

Photo_3
12
12

在原業平が天皇の孫でありながら漁色家になった素質以外の理由や、
一休がポルノ詩に秘めたあるメッセージ、
徳川慶喜が大親分清水次郎長から受けたふたつの借り…。
日本史の裏の真実を紹介する。「歴史を見る目」の改題

12
12

著者の本もよく読む! 日本人の良さを書いている!!
150人のエピソードがある!大変興味深い!
内容は下記の通りである!!
12
12

まえがき
① 古代・奈良・平安26人の「なぜ」から歴史の裏を見る
② 鎌倉・室町41人の「なぜ」から歴史の裏を見る
③ 江戸62人の「なぜ」から歴史の裏を見る
④ 幕末・維新21人の「なぜ」から歴史の裏を見る

12
12

興味深い内容をアップする!
独断と偏見に満ちているが…………
12
まえがき
本当の人間を見て欲しいとの事である!!
楽しい本であるが、ロマンが無くなる???
12
12

① 古代・奈良・平安26人の「なぜ」から歴史の裏を見る
7  道鏡と女帝のスキャンダルは?

  「道饗祭」との混同がある! 巨根をご神体として祭る!
  要は嫌われていたので、悪口も相当大げさになるようだが……
  何処まで本当かは分からない??
12 紀貫之の「土佐日記」から読み取れる価値は??
  当時の交通事情が分かるようだ? 土佐に任官して京へ帰る日記である!
  意外な話である?
19 紫式部と清少納言の不仲は?
  当時は入浴の習慣も無く、かなり不潔であり香でに良いを胡麻化していた?
  平均年齢27歳で、37歳や40歳まで生きると、かなり老婆になる??
  確執も仕えた人の対立の代理戦争である??
12
12

② 鎌倉・室町41人の「なぜ」から歴史の裏を見る

29 源義経は美男?
   どうもそうでは無さそうである! 軍事的天才はは言うが??
30 武蔵坊弁慶はいたのか?
   弁慶も架空のの人物か?
   実際に弁慶は二人いる! 僧と書道かであり、この弁慶ではない??
36 栄西が日本にお茶を持ち込んだ?
   延命の妙薬として持ち帰り、実朝が二日酔いになった時、それに効くお茶があると??
   権力に取り入るものであった???
39 北条時頼の「鉢の木」は?
   大切に育てていた鉢の木を暖を取る為に燃やす!
   北条時頼自身、37歳で死に諸国を回っていない!
   なのに史実と考えられているのは???
   兵庫県三日月町に、最明寺 木造北条時頼坐像があるが????
43 足利尊氏は何故人気がないのか?
   確かに人気は無い?? 逆賊ではないと証明されても人気は回復しない?
   良く負けているからなのか………
56 織田信長は本能寺で何故逃げなかったのか?
   逃げれた可能性がある?? 現にこれまでは危機に陥ると逃げている?
   が下手すれば途中で討ち取られて首を晒されるかもしれない??
   相手が光秀なのでそんなへまはしないと???
57 明智光秀の反乱は?
   原因は??  既成の道徳観に価値観にとらわれない性格があると言う!
   恨みだけでは無さそうであるが………

58 筒井順慶の洞ヶ峠は本当か?

   どうも事実では無かったようだ!! 洞ヶ峠で両軍の対決は見ていない!!
   当時は大和郡山城にいた記録がある!!
12
12

③ 江戸62人の「なぜ」から歴史の裏を見る
72 春日局が美しく描かれている理由は?
   権力者には逆らえない?? ゴマすりか??
   それらしく美しく描かなければ機嫌が悪くなる??
74 荒木又右衛門は36人斬ったのか?
   本当に斬ったのは、二人半である???
81 由比正雪が道を誤った火事場の拾い物は?
   楠木流の兵法書を拾ったようだ??
   これをむさぼり読み、浪人たちに説くと圧倒的な支持を受けたようだ??
89 大石良雄の祇園での遊蕩は??
   当時は祇園も栄えてはいない???
   安ての女郎会の、ほどほどの遊びだったようだ………
90 堀部安兵衛の仇討は?
   18人斬りより、相手は5人である???
   そんなに斬れるものではない???
92 柳沢吉保はなぜ「夜食の少将」:といわれたか

   将軍に差し出された御祝儀はこれから受納されない! 
      ただし自分のへはこの限りでない?

   要は自分に持って来いと!!
   細川家が贅をつくした夜食を贈る? 負けじと他家も贈るが流石に食べれない!
   夜食の代わりに「料理切手?」を持って行ったようだ?
   賄賂は無くならない???
94 奈良屋茂在左衛門が友人に贈った二杯のそばの意味?
   江戸中のそば屋を貸し切る?? その日食べれるのは二杯のそばだけである!
   これをどういうのか? 金はかかっている?? 江戸中である!!
101 青木昆陽は、本当に「甘藷先生」だったか?
     さつま芋広めたのは事実だが、先生と呼ばれるほどではない??
103 田沼意次の収賄哲学
     賄賂は多いほど忠誠心がある?? みずからも賄賂を贈っている?
     良く殺されなかったと思うが………
118 葛飾北斎は何故九十三回も引っ越ししたか
     当時はアルバイトで春画を書いていたようだ? 取り締まりを避けるために??
119 伊能忠敬が内陸部の測量をええ加減にしたのは?
     内陸を測量すると、石高がバレる??
     内密に金を渡し、適当にして貰った?? 夢が無くなる!!
127 平手造酒はどんな人物か?
     モデルは平田深喜! 講釈師の腕である!
     実際にこの喧嘩で死んだのは3人とこの平田深喜だけである!
     墓もあるが、前に平手造酒の墓がその前にある1
     もっとも座頭市と対決した話を信じているアホもいたが………
12
12

④ 幕末・維新21人の「なぜ」から歴史の裏を見る
135 緒方洪庵の、医学における罪とは??
       東洋医学を衰退させた?? 東大信仰を造った??
138 沖田総司は美男子か??
     島田順司に尽きるのではないか? 薄幸の剣客?
       イメージが先行した???
143 大久保利通はなぜ碁を習ったのか?
       猟官運動に来た人に対して、俺に取り入れと言った?
     自身久光に取り入るために碁を習ったようだ?
     目的の為に手段は選ばない??

144 木戸孝允はなぜ異常に頭が大きかったのか?

    「胎性脳毒症」で頭が大きかった! 稀に天才的な人が生まれるようだ!!
12
個人的偏見によりまとめた………
大変興味深い内容でした!!
12
12

樋口清之
12
12

2018年2月25日 (日)

本・新名将言行録文庫 (2009/2)・海音寺 潮五郎

Photo
12
12

源頼義、義家、為朝、義朝、北条時頼、時宗、高時、竹中半兵衛、島津家久、義久、
堀秀政、黒田如水、山内一豊、池田輝政、宇喜多秀家、立花宗茂。
天下の覇を競った将帥から、名参謀・軍師、一国一城の主から悲劇の武人まで、
愛情と哀感をもって描く、事蹟でたどる武将絵巻。
12
12

源頼義、義家、為朝、義朝、北条時頼、時宗、高時、竹中半兵衛、島津家久、義久、
堀秀政、黒田如水、山内一豊、池田輝政、宇喜多秀家、立花宗茂。
武士の台頭から戦国時代末期までの列伝である!
戦国時代は大物は居ない!! 脇役とも思える武将である!
竹中半兵衛、黒田如水は別格であるが??
源頼義、義家、為朝、義朝、北条時頼、時宗、高時らはそれほど知られていないだけに面白い!
12
馬の話がある。
竹中半兵衛は高い馬を求めるなと!
高価な馬であれば、戦場で馬から降りた時、盗まれないかを心配しなければならない!
その反面、山内一豊の名馬を求める内助の功の話がある!

気になった武将をまとめてみた!
12
源頼義
「将たる器」 誉め言葉である! 
前九年の役で、安倍貞任を斬る!
占領したところに酒が置いてある。 毒が入っているかも知れない?
飲むなと命じたが、こっそり飲んで何ともなかったのでみな飲んだ?
同じ様に朝鮮半島に侵攻した秀吉の軍でも同じ事があったようだ!
この時は、後藤又兵衛は、「死んでもかまわない!」 と言って飲んだようだだが………

12
源義家
大江匡房が、「義家と言う男、将の器であるが、惜しいことに兵法を知らぬ」
義家は礼を尽くして弟子入りを願い、兵書を学んだ!
後三年の役で、列をなして飛んでいる雁が列を乱したのを見て、伏兵の存在を察した!
私財をはたいて恩賞を与えた!! 付いていきたくなる将である!

生前から半神的英雄と思われていたようだ………
12
源為朝
保元の乱の英雄である!
平治の乱には悪源太義平がいる!
どちらも上手く使われていない感じである!
判官びいきではないが、どちらも頭領では無さそうである………
12
北条時頼
諸国巡歴は確かな資料には載っていないようだ??
最後の大物と言われる、三浦一族との戦いに勝つ!
12
戦国時代になる!
島津家久、義久、堀秀政、池田輝政、宇喜多秀家、立花宗茂らが変わっている!
島津義久はともかく、家久とは珍しい! ついでに歳久も出して欲しかったが………

12
島津家久
竜造寺隆信に勝つ! 竜造寺衰退の戦いである!
秀吉に毒殺されたと言う説もある??
典型的な薩摩隼人と言う!!
12
堀秀政
名人久太郎と言われて、何をやらしてもそつが無かったようだ………
小牧長久手の戦いで一人気をはいた!
命令厳正、指揮徹底して、軍列一糸乱れず、命令のないかぎり気ままな動きをすろものなど一兵もいないようだ!
実証の精神があり、自分で実際にやってみて判断したようだ!
士の採用も、30日ほど観察して、さらに30日奏者させて、人との対応を見、適当と思われる知行を与えた!
悪政を書かれた札も、改めることは改めた!

玄関口に厠を造る。 一日に何度か厠には行く。 その時に番所を観察できる1
秀吉は小田原役が済んだら関八州に封じようとした? 家康は??
「名人左衛門ノ督」 と呼んだ!
12
池田輝政
家康の養女を貰っている!
多数の兵を養う! 生活は質素だったようだ。
武将の三つの宝。 変わった人である!
領分の百姓、譜代の家来、鶏??
戦争の時、一番鶏で兵を起床させ、二番鶏で食事、三番鶏で出発させる。鶏は便利??
12
宇喜多秀家
関ケ原の合戦時に、細川忠興から、家康に味方するように手紙を貰うが、
この返事が良い!!
この話、あまり聞かないのは何かあるのか?
石田三成に夜襲を勧めるが、蹴られる!
なのか保元の乱の為朝を思い出す話であるが………
島津にかくまわれて、琉球へ攻め込む? やらなかったようだが………
八丈島に流されるが、忠実な家臣に恵まれている?
著者曰く、好人物? お坊ちゃまの感じもするが………
12
島津義久
「山内昌之 嫉妬の世界史」がある!
これに義久、義弘の話があった! 家康と正信の会話が面白い!
家中を治むる心得。
「家中の者に恐れられようと思うてはかえって害ができるものじゃ。
上よりは礼儀正しくし、下はその恩恵に添さに感じて悪いことをするを恥じるようにありた」
義久は英雄の資質がある人である!!
12
立花宗茂
東西両雄の対面。
秀吉に東国に本多平八郎忠勝、 西国に立花宗成ありと称える!
親父は、筑前岩屋城の高橋紹運である。
ここには行っている。 石碑があるだけのところにと、奥さんに嫌味を言われたが………
関ケ原で敗れて、改易されるが復活する。
生き方が良いのだろう………
関ケ原でも戦意は充分あったようだ……… やはり三成か??
この章、誾千代の話は割愛しているのか?
12
12

2017年4月27日 (木)

本・吾妻鏡の謎・奥富敬之

Photo_7
12
12
鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』は多くの謎に満ちている。いつ誰により、何のために書かれたのか。頼朝挙兵や実朝暗殺の真実、時頼の廻国伝説、源氏に厳しく北条に甘い人物評価など、史書のねらいと見え隠れする嘘を暴く。
12
12
著者の本もよく読んでいる。
鎌倉時代の本では、永井路子とともによく読んでいる。
もっとも書く内容は違うが・・・・・・
徳川家康の愛読書であるのは知っていた。
凄く参考にしていたと言う。
北条に都合の悪い事は記述されていなし、本当かどうか分からない事も多いと言う。
もっとも著者も不明である。
3人ぐらいで書いているのではないかと言う説もあるようだ。
歴史で好きなのは、鎌倉時代と戦国時代である。
だから著者の本はよく読む!
12
12
記述のおかしい所を取り出し、その分析がある。
記録が抜けている年代がある。がばっと抜けている。
その年代も記述されている。そしてその当時の出来事も・・・・・・
12
12
鎌倉幕府。北条得宗家の幕政での実験掌握を正当化するための弁解状と言う!
直接吾妻鏡に関係ない話も記述されている。
源平合戦と言うより、源源合戦に平平合戦と言う。
特に源氏は同族で殺し合っている。
頼朝の御落胤の話。眉つばと思うがひょっとしたらと思う。
もっとも大友能直の場合は、誰も真偽の研究をしないようだ。検討の余地もない。
「海の兵士 陸の源氏」これも疑問符が付くようだ。
海の壇ノ浦で平家は負けている。
12
12
建物の造営がある。
命令により、これに人足をだす。関東と関西では違ったようだ。
関西と言うか京では、出すのを惜しむのか少し身体に異常がある、不具者を出す。
ところが関東では、逆に身体頑強な者を出す。そうしなければ不忠になる。
この常識で頼朝暗殺を狙った者は、片目を装った。
が関東ではそれは目立つ。ばれたようだ・・・・・・・
12
12
高名な富士川合戦。
これもどうやら世にうたわれているようなものでは無かったようだ・・・・・
又又ロマンが無くなる・・・・・
12
12
日本の独自性なのか、使者は2人いる。
鎌倉時代はそうだったようだ。
執権も蓮署と二人制と言う。
六派羅探題に南・北といる。
江戸時代もそうだったようだ。この二人と言うのが海外で面白がられた話は知っているが・・・・・・
江戸時代の奉行も南と北がいる。
いつも思っていたが、鎌倉時代は謀殺が多い。
大物が殺されている。
比企、梶原、畠山、和田、千葉、上総、三浦・・・・・・・・
もっとも皆殺しではないようだが・・・・・・
庶流が残っているようだ。
権力構造が安定していなかったのかと思ってしまうが・・・・・・
12
12
吾妻鏡には『独歩』と『一揆』と言う言葉が良く出て来るようだ。
説明がある。
一揆は、集団とか決起と言う意味でつかわれるようだ。
その反意語が独歩と言うようだ。
協力的でない。熱意に欠けると言うのだろう・・・・・・
12
53歳の頼朝が、老人性痴ほう症になっていた?????
これを隠すために記録が抜けている???
義時、泰時も同様の疑惑があるようだ!
脱漏と言う!
何故記録が抜けているのか?
 何となく書いていない。
 意識的に書かなかった。
 書いたけど散佚した。
 書いたけど破棄した。
都合よく抜けているのは、やはり②なのか!
面白い記述があった。
否定されているが、頼朝の記録を抜いたのは、頼朝を尊敬していた家康と言う。
12
12
三代将軍実朝の暗殺!
短く、永井路子の三浦義村黒幕説を紹介している。
大変面白い本でした。
が、著者は2008年7月7日、逝去されている。
残念である!
12
12
12
1

2016年12月22日 (木)

本・宿神(全4巻)( 2012/9)・夢枕獏

のちの西行こと佐藤義清と平清盛。若き日の二人は北面の武士として友情をはぐくむが、
ある夜、謎の存在に窮地を救われた時からその運命が大きく狂い始める。
そして、義清は、鳥羽上皇の中宮、待賢門院璋子に心を奪われるようになる……。
巨匠が描く大河伝記絵巻。

1_2

全四巻である。
著者は多才である???
保元、平治の乱から頼朝まで描かれる。
下手な歴史本を読むより面白いし良く分かる??

佐藤義清は西行となる経緯が描かれ、清盛との友情がある。
天皇家の内紛。
白河、近衛、崇徳、鳥羽、後白河等の名前が出て来る。
この当時のおおらかと言う。
男女関係も乱れている。
子供も沢山出来ている。 徳川将軍家もそうであるが………
天皇も子供が多い。 臣籍降下もあり源氏と平家が出来ている。

摂政関白藤原家の内紛。
ここら辺りは大変面白い!
頼長、信西の人物の描写も面白い!
平治の乱で信西も殺されるが、殺されて当然か??
そして武士、源氏に平家の争い!

この乱世を望んだのが、平清盛である。
策士である!
弟家盛を殺している??
家盛の死によって、清盛の後継者としての立場が確定した。
また家盛が存命であれば、保元の乱で平家一門が分裂していた可能性もあったと言われる。
だから清盛は、平氏をまとめる為に、自分が後継者になった方が良いと思い家盛を殺した!
そう書けば少しかっこよすぎるが………

佐藤義清、遠藤盛遠らの武士がいる。
女に対する執念がある。 この辺りは読んでみなければ分からないところである……
出家すれば許される???
歌を詠む!
本の中に沢山の歌が出て来る。
著者の博学な事は知っているが、歌まで理解しているのかと思うと………

佐藤義清は弓の名手でもある。
弓での対決の場面もある。 こいう場面を描くのは著者の得意分野である!
餓狼伝、獅子の門、魔獣狩り等を読んでいるので良く分かる………

鎌倉、東北にも行っている。
ここで那須与一の、与一と名付けた話がある。 真偽は分からないが………
ともあれ四巻を一気に読ませる。
清盛の描き方が良い!
乱世の英雄なのか??
策士策に溺れる??
乱が起こるのを待ち、みずから乱の元を作ろうとする??


保元平治の乱も読んでいて大変よく分かる。
藤原家の人物の描写も生き生きしている。

源氏では為朝が良く描かれている。
義平は簡単である。
保元の乱で源氏は死に過ぎている。
それが平治の乱に平氏に負ける元になる。
熊野に行くと触れ回って、その間に兵を挙げさせようとしてその通りになる。
悪の権化ではないか???
がそんな感じにならないのは、著者の腕か???

マア面白い本である!!

題名の「宿神」とは何か??
神は、何もしないが何処にでもいるようだ!
見える人が少ないがいる。

清盛は見えない。
事を成すのは神ではない。人である!
流石清盛である!!

2016年11月22日 (火)

本・この国のかたち〈2〉(1993/10)・司馬 遼太郎

この国の習俗・慣習、あるいは思考や行動の基本的な型というものを大小となく煮詰め、エキスのようなものがとりだせないか―。日本史に深い造詣を持つ著者が、さまざまな歴史の情景のなかから夾雑物を洗いながして、その核となっているものに迫り、日本人の本質は何かを問いかける。確かな史観に裏打ちされた卓抜した評論。

2

第2巻になる。25から48までの話である。
天領と藩領がある。
小学生の時は、五公五民と教えられた。
農民は搾取されている??
そんな風に教わっている。
北条は四公六民であるのは、書籍によって知った。
教育は重要である??  教科書もあまり信用出来ないのか??
著者の本はよく読んでいるので、たびたび記述されている話も多い!
旗本八万騎、800万石の領土がある。全国では3000万石と言う!
ともあれ徳川幕府の領土は天領である。
倉敷、日田が有名である。
藩領は六公四民、もっとひどいところがあったようだ。
大和は天領で、紀伊は徳川御三家である。
紀伊はひどければ、八公二民と言う。
風土に違いが出るのかも知れない………

同性婚の話がある。
日本は寛容なのか?
中国、朝鮮半島(李氏朝鮮から)は禁止である。
「大宝律令」がある。
唐を参考にするが、入れなかったものがある。
道教、宦官、同性婚。

土佐と肥後の話がある。
土佐は一領具足制度がある。
土佐は山内一豊が入った。これと言う戦功は無い。
単に関ヶ原の合戦前に、城を徳川に明け渡した。
戦場での働きは誰でも出来る。この一言が効いたようだ。
ここに福島正則なんか持ってきたら、それこそ中央に打って出かねない!
家康の遠謀なのか??
郷士と上士の差別凄かったようだ!
肥後は佐々成政、加藤清正、細川忠興(忠利)である。
ここも治めにくいところである。
佐々成政が無理をしたおかげで、一揆の首謀者を斬首できて治めやすくなった??
加藤清正が土木工事に長じていたのがよかったようだ!

明治の汚職の話がある。
井上薫の名前が当然出て来る。
山県有朋も出て来る。
一身に罪を被って切腹する!
今と変わらないのか?
司法卿、江藤新平がそのままおればどうなっていたか?
しかしこの結果が、官員たちを粛然とさせたようだ………

明治の郵便制度の話がある。
早く普及したようだ!4年である。
種がある。前島密である。
全国の村々の名主に特定郵便局をやらせた。
身分も礼遇し、名誉心を刺激した。
そう言う手品があったようだ………

「師承の国」
調べると、弟子が師から教えを受け伝えること、とある。
空海と最澄がいる。
空海の思想が完璧だったので、後進に独創という謀反気をうしなわしめた。
この空海と弟子の関係が、その後の日本の子弟関係を規範になってしまった??
最澄はそうでは無い。
叡山を開き、弟子たちは自分で考えた。
法然、親鸞、日蓮、栄西、道元の叡山で学んだ。
自分なりに考えると、「師から学ぶ」 「我流と言う意味ではない!」
師匠には逆らえないと言う事なのか?
師承の国で、師承を基礎にしつつも伝統に新しい大展開を見せた例として、
著者は3人の名前をあげている。
千葉周作、加納治五郎、清沢満之(東本願寺)
千葉周作、加納治五郎は教授法を合理的にして万人が参加できるようにした。
その為旧諸派との争いがあったようだが……

日本の金の話がある。
かっては黄金の国と言われたようだ。
実際に金が取れた。
金が必要なのは仏教の影響と言う!
金箔を貼る??

「華厳」
大乗仏教。解脱。
読んでいて分かっていないのに分かったような気になっている???
分かっていない!!
日本の形成にかかわっている。
宗教的な話は、どちらかと言うと苦手である!
極楽浄土も分からない!!

スギ・ヒノキがある。
かっては日本の建造物の材料である。
軽く、柔らかくて加工しやすい。
伊勢神宮も遷宮時はヒノキを使う。
レバノン杉があった。船に最適だったようだ。
今はもうないが………
日本では桶や樽に使用した。
下肥、肥料にする。
これの桶、樽にヒノキが使われる?
今は海外の木材に押されている??
もったいない感じがする!

このくにのかたちの話なれば、中国と宗教は避けれないのか??
話が古代から明治まで飛ぶ!
知識の宝庫である!

2013年11月23日 (土)

司馬遼太郎歴史のなかの邂逅〈1〉空海~斎藤道三・司馬 遼太郎  

かつてこの国を生きた人々の生の輝きが、時代の扉を押しあけた―。歴史上の人物が持つさまざまな魅力を発掘したエッセイ百八十八篇を、時代順に集大成。 
第一巻には “人類普遍の天才”  空海から、“魔術師”斎藤道三まで、司馬文学の奥行きを堪能させる二十七篇を収録。

20131123_book1_2

久しぶりの司馬遼太郎だ!
最近中村彰彦の本をよく読む。そのせいでもないが歴史エッセイが気になる。
特に今まで歴史エッセイで特に好きだったのが、司馬遼太郎と戸部新十郎だ。
まとまって読むのは珍しいと言える。
188編の歴史エッセイを時代毎にまとめて、1巻は27編ある。
空海から始まるが、主に宗教上の話がまとめてあったと感じたが・・・・・・・
空海、最澄、親鸞、蓮如・・・・・・・ 日蓮はなかったが・・・・・   

最初が倭人と言う事について述べられる。
出雲王朝、1961年のエッセイだが、島根県は出雲と石見の国から成り立っている。
仲は良くないようだ。多分現在もだろう!
石見銀山は世界遺産になったし・・・・・・・
精神世界の君主として、国造がまだいると言う。
やはり神話の世界であり、大和朝廷と張り合った国なのか?
何故出雲に王朝が出来たのか?   
ツングース人の事が記述されている。
蝦夷から陸奥、出羽、佐渡、越後と来て、出雲地方まで来たのではないのかと?
日本の先祖の一つだろうと思う!   
空海と最澄。比叡山と高野山!
空海の風景の印象が強い。 唐の密教の正統は異国の空海に伝えられた。 空海一代で完璧な形で終わった。
最澄の場合は、弟子が再び唐へ行ったと言う!
どちらにしても、密教? 何もわかっていない人間である。   

ぜにと米! 交互に繰り返される。
平氏はぜに!鎌倉幕府は米、足利幕府はぜに、安土桃山もぜに、徳川幕府は米! と言われればよく分かる例えだ!   
今に始まったことではないが、
源義経!軍事的天才であった。
それゆえ政治的に無知であり、不幸に繋がった!
が大軍の司令官としてはどうなのか?
しょせん遊軍の司令官か?
司馬遼太郎は、義経が好きだそうだ!   

しょうゆの話。
和歌山の湯浅が起源だと言う。
味噌造りから出来る。味噌樽の底に溜まっていた液で物をると美味しかったと言う!
偶然に出来たのか?
最初に食べた人は偉い!

上州徳川郷。
新田義貞の末?徳川家は最初藤原氏を称していた。
途中で源氏に変た!
遠祖が徳川村にいたと言う話が生きた。
それで徳川村は租税不要の、免租地になった!
嘘みたいな話と思うが・・・・・・・

戦国大名のふるさとにも記述されていたが、家系図なんて当てにならない。
日本の場合は、かなりええ加減と言う!
適当に作っている。作る専門家もいる。
かなりの知識がいる。
名門で行方知れずになっているのを上手く結びつける!
なかなか出来ないし、金もかかる!

果心居士が登場。
司馬遼太郎らしく真面目?である。
果心居士は戸部新十郎、隆慶一郎も登場させる。
特に戸部新十郎は松永弾正についても得意だ!
そして弾正との絡みで必ずと言っていいほど登場する。
出てくれば嬉しい!
果心居士は実在の人物のようだ!
目くらまし?幻術?楽しい。

戦国の傭兵集団、鉄砲集団!
根来衆に、雑賀衆!名人芸と言うが、当時の鉄砲は命中精度はどんなものだったんだろう?
両方とも和歌山と言うのも何か理由があるのか?
司馬遼太郎は久しぶりに読んだが、やはり面白かった!   

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ