スロベニア

2015年11月16日 (月)

スロバキア観光(二日目) ⑯ブラチスラヴァ 奥さんは観劇に・・・・・・・

(2015年11月 スロバキア旅行の目次)

ブラチスラヴァで奥さんは邦子さんと観劇に行く。
初めは日本で聴きに行ったコンサートだったが、予定が変わった。
邦子さん推薦のミュージカルに行った。
二郎は一人ホテルで泣いている?????

Musi1

奥さんのミュージカルの記事
スロヴァキアミュージカル 「ロミオとジュリエット」






2015年6月 3日 (水)

パリ市当局、橋を壊した「愛の南京錠」除去へ 総重量45トン(50トン?)

ニュースを見ていると、面白い記事があった!
パリでだが、橋にかかっている南京錠の重みで橋が壊れる!
何故南京錠をかけるのか?
恋人たちが南京錠を掛けて愛を誓うという行為の起源は定かではないが、欧州各地の大都市をはじめ、遠くはアフリカ北部モロッコや中国にも広がっているようだ。


20150603_pont1

ポンデザール橋では2008年から、各国から訪れた恋人たちが自分たちの名前を記した南京錠を欄干に取り付け、その鍵をセーヌ川に投げ込んで永遠の愛を誓うようになっていた。
しかし昨年、錠の重みでポンデザール橋の一部が壊れたため、橋に南京錠を掛けられなくするアクリル板の設置や、「自分撮り」を勧めるなどの対策を取った。それでもポンデザール橋のみならずパリ市内のあちこちで情熱的に南京錠を掛け続ける恋人たちを止めることはできなかった。
昨年スロベニアに行った。
そこで南京錠の橋の案内があったので観に行った!
20150503_pont2

スロベニアの次に行ったのは、スイス・チューリッヒに行った。
ビックリしたのはここでも橋に南京錠を掛けていた。
20141111_pont3

記事を読んでいると、パリの他の橋も同じようにかけられているようだ!
暇なんか!!!
と言いたいが・・・・・・
それでも45トンである。
全部合わせたら何トンになるのか?
資源の無駄使いなのか?
撤去した南京錠は、スクラップになるのか?
南京錠屋の仕事が少なくなる???
でもないか?
これを取り外す時、鍵は無い。
が南京錠屋さんなら開けれるか?
そうでなければ切断しなければならない。
面白い話である!

2014年11月23日 (日)

2014年のヨーロッパ旅行を終えて  スロベニア

スロベニアは200万の小さな国である。
ユーゴ時代は富める国だった?
なので自分たちの稼いだ金は自分たちで使いたい。
なにかスコットランドの事を聞いている感じがした。
首都も落ち着いている感じ。
たまたま行った時にワインのイベントが立っていた。
こう言うのは大好きである。
ワイン・チーズが主である。
民族衣装のパフォーマンスもある。
小さな川だが、橋が多い。
竜の橋、愛の橋、3本橋といろいろあるので楽しい!

20141115_pont2
竜の橋

20141115_pont3
愛の橋

20141115_pont1
3本橋

ブレッド湖の観光客は又アジア系が多かった。
つまり中国人だろう・・・・・・
日本の団体客もいた。
世界は中国を中心に動いているのか?

20141115_castel1

ブレッド湖には現地ツアーに申し込んだ。
ブレッド湖は美しい!
時期が時期なのか?
曇り空だった・・・・・・・
霧、雲でなかなか城も見えにくかった。
それだから良かったと思う!
この霧の中で城から島を見れたのは幸運だった!
普段の行いが良いのか?
最後に霧が晴れた。
ガイドさんは日本に来たことがある。
ここはゴミも分別されている。

又24時間の自販機があった。
治安も良いのだろう・・・・・・
ホテルも広く対応も良かった。
市内も歩いて自由にまわれる感じ!
偶然とは言え、青空市にも出会えた。
ありがとうございました!

2014年11月17日 (月)

2014年スロベニア(34) 三日目③ リュブリャーナからチューリッヒへ

リュブリャーナからチューリッヒへ移動
飛行機はアドリア航空。
バスで飛行機まで行く。

20141111_flight1

20141111_flight2

機内食は金が要りそう!
1時間半ほどのフライトである。
スロベニアに感謝です!

20141111_flight3

緑の多いスロベニア

20141111_flight4

アルプス山脈が見える。

2014年スロベニア(33) 三日目② 空港でのハプニング!『iPhoneは何処だ?』

スロベニア、リュブリャーナ空港。
食事も終わり、荷物のセキュリティを終えて待合で待つ。
座っていると奥さんがもぞもぞしている。
何をしているかと思うと、iPhoneが無い。
上着から袋の中をひっくり返している。
「早く止めなければ・・・・・・・」
タクシーの中で触っていたようだ。
サア大変!
テレフォンカードを買って日本に電話をかける!
ソフトバンクに連絡するがつながらない!
日本の知り合いにかけて、ソフトバンクに連絡して貰うようにしている。
パソコンを出してソフトバンクの連絡先を確認している。
見ていて情けなくなった・・・・・・
これが反対ならどれだけ人を責めまくるか???

20141111_iphone1

早く止めることだけ考えている。
不正に使われたら膨大な金額を請求されるからだ。

20141111_iphone2

テレコム スロベニアのカード、7.21ユーロ

20141111_telcard

そうすると急に走り出した。
何事か??
iPhoneのアラームに音楽を流している。
それが聞こえたようだ。
鳴ったところは座っていた座席!!!
座席の下に落としていた。
アホとしか言いようがないが・・・・・・・
ちなみに音楽とは、『ナルト』のオープニング曲だったクローザーだ!!!
そう言えばナルト連載は前日発売のジャンプで最終回だった。
最後に助けて貰った感じがするが・・・・・・・

情けない話です!!

奥コメ:旅行前にネットでコートを買いました。縦ポケットにボタンがついている、ということで、財布やiPhoneを入れても横から落ちないだろうと思いました。が、空港内が温かかったので服を脱いだ時にポケットから滑って落ちたようです ホテルに電話をしてタクシーの運転手にも確認してもらうように頼みました。お騒がせして本当にすいません!

20141111_iphone3

2014年スロベニア(32) 三日目① リュブリャーナ 空港へ出発

リュブリャーナ空港、スイス、チューリッヒ行きの飛行機は7時35分。
5時にタクシーを呼んで貰っている。
昨日気が付いたが、ホテルの隣は事務所である。
5時頃から仕事している女性がいた。
別に盗撮した訳ではないが・・・・・・・・
勤勉な人もいるのだろう。

20141111_air1

タクシーはメルセデス。
料金はホテルから空港まで38ユーロ。一律で決められているのか?
ホテルでも支払えるし、運転手に直接払ってもよい。
ホテルで支払って、2ユーロをチップで運転手に渡した。

小さな空港である。

20141111_air2

20141111_air3

朝食が食べれないので、お弁当をホテルに頼んだ。
早々と手続きを済ませて弁当を食べる。

20141111_air4

ジュース・ヨーグルト・リンゴ・パン・サンドイッチにバターと蜂蜜がある。

20141111_air5

2014年11月16日 (日)

2014年スロベニア(28) 二日目⑱ 買い物と風景

リュブリャーナ城から降りて土産店に寄った。
青空市場のところにある。
奥さんは買い物が好きだが二郎は苦手だ。

20141110_town1

スーパー、SPARによって牛乳やジュースを買った。

20141110_town3

プレシェーレノフ広場で、少人数だが軽やかに楽しそうに踊って歌っている。
服装は統一されている。
端の男性は両手を上げて踊っている。
写真は撮って良いのか分からないので、後から写した。
奥さんが一人私服でリュックサックの男性がいる。
どういう関係なのか??

20141110_town2

2014年スロベニア(27) 二日目⑯ リュブリャーナ城 時計台

リュブリャーナ城 時計台。

20141110_tower1
丘の上のリュブリャーナ城、右側にある時計台

外から見ていただけだが、ここは上まで登れる。
螺旋階段を登って行く。

20141110_tower2

手すりがあるので登り易いが・・・・・・・

20141110_tower3

登って正解か!なかなかの眺めである!

20141110_tower5

20141110_tower4

20141110_tower6

幻想的な風景でである。
神話の世界か??

20141110_tower7

20141110_tower11

20141110_tower8_2
プレシェーレノフ広場

20141110_tower9
竜の橋

ここでシャッターを切って欲しいと頼まれた。
3人連れので、若い女性が一人いる。
嬉しそうにシャッターを切った。・・・・・・・

20141110_tower10
写真を撮った親子、危ないと思うが。。

出る時に係りの綺麗な女性が、映像があると教えてくれた。
城の有史以前からの歴史がよく分かる。時計が逆に回る。
言葉は分からない。
が城の形が、方形から円形に変るなどの変化が分かる!
楽しかったです!
係りの女性に感謝です!

2014年11月14日 (金)

2014年スロベニア(26) 二日目⑮ リュブリャーナ城

リュブリャーナ城
当然町の中心にある。
見上げれば城が見える。
なかなか面白い城である。
城壁の上にも行ける。
復旧はされていると感じた。

20141110_castle_15

20141110_castle_11

20141110_castle_12

螺旋階段が多い城である。
新旧あるが、新しいのは上りと下りが分かれている。
古いのはぶつかるが・・・・・・・・

20141110_castle_13_2

20141110_castle_14

20141110_castle_16
中は博物館

20141110_castle_17_2
城壁

Img_4218
城壁内

20141110_castl_4
城壁の上で

2014年スロベニア(25) 二日目⑭ リュブリャーナ城 ケーブルカー

リュブリャーナ城 
上までどうして行くのか?
今は歩くなんて絶対に出来ない。

20141110_cable1

ケーブルカーにした。
まだ新しい!

20141110_cable2_2

ガラス張りで回り全体が見通せる!
景観のジャマにならないように作ってある。

20141110_cable3


20141110_cable4


20141110_cable5


20141110_cable6
お城とケーブルカー、共通チケット

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ