ハンガリー

2019年1月13日 (日)

本・AI時代の新・地政学(2018/9)・宮家 邦彦

Ai
12
12

AI時代を迎え、従来の地政学の常識は大きく書き換えられていく。

戦略兵器となった「AI兵器」が核にとって代わり、
熱い戦争ではなく「水面下の刺し合い」が主戦場となる可能性すらある。
大事なのは、技術の革新を認識しつつ、変わらぬ人間の本質と冷徹な現実を見据え、
世界の行く末をクールに考え抜く姿勢だ。
戦略的思考に定評のある元外交官が、縦横無尽・自由自在・ユーモアたっぷりに
未来を読み解く。

12
12 
    
宮家邦彦も久しぶりである!!
大変好きな元外交官である?

内容は下記の通りである!!
12
12
はじめに

第一章 AI革命で激変する地政学
第二章 歴史の大局観を磨く
第三章 ダークサイドの覚醒と諸帝国の逆襲
第四章 「核の脅威」の本質
第五章 蘇るナショナリズム
第六章 米国は衰退し、中国の夢が実現する?
第七章 要人へのお節介メッセージ
第八章 ちょっと変わっているが、素晴らしい国
これから何が起きるのか  「おわりに」にかえて

12
12

相変わらずたとえ話が多い!
シュミレーションは面白いが………

12
12

第一章 AI革命で激変する地政学
AIなれば全て上手くいく??
金融機関もAIならば問題がない???
上手くいくと??
そんな事は無い!!

12
第5次中東戦争はもう始まっていると言う!
直接的な武力ではなく、サイバー空間である!
今やサイバー攻撃が安上がりで効果的である?
攻撃ソフトは価格が下落している?
大国でなくとも、人口も少なく貧乏でも攻撃出来る??

12
AIが作る芸術に創造性はあるのか
AIは、音楽のあらゆるデータを取り入れ、それから作曲する!
それは芸術で、感動的なものなのか??
なんでもAIだから………
そう言って許される??
人間が考えなくなる???

12
AI革命はダークサイドを変えるか
IT技術で単純労働者が犠牲になった?
差別化、排外主義的に不健全かつ暴力的な大衆迎合型ナショナリズムに救いを求めた!
著者は、これを「ダークサイドの覚醒」と呼んでいる?
次のAI革命はどうなるのか??
著者のAI革命の結末?
ダークサイドの拡大と過激化?
ネオ社会主義の台頭??

12
AI革命と米中の地政学
果たして中国はアメリカを超えているのか?
AI革命の核心はディープラーニング、ビッグデ-タ、高速演算能力!
中国はこれを取り入れて国内治安対策に大きな成果を上げている?
矛盾の対決である!
日本は中国の状況に影響される??

12
AI革命と米露の地政学

ロシアの地政学!

ユーラシア大陸の中央部での、農耕民VS狩猟民!
ヨーロッパ方面である!!
ロシアはAI技術も進んでいるが、それよりローテクでも頑丈な兵器である!
かのAK47ライフルも、どぶ水につかっていても仕える??
米国の方が進んでいるが、ロシアを過小評価せべきではない??

12
AIと日韓、日朝、日中の地政学
韓国(朝鮮半島)
半島の3つの敵、北の満州、西の華北、南の日本!
町貢でしのぐ!!
中国は1970年代までは日本は脅威ではなかった??
現在難しい??
中国が優位にあるAI技術で攻撃して来たら、日本は守れない?

12
AI革命は戦争をどう変えるのか

AI技術の軍事の実用化の規制は難しい?  出来ない??
兵器が無人化しいる?
いまでもプレデターが爆撃している??
国家軍事戦略を根本から変える??

12
AI革命で変わる国家戦略論

・AIは国家保安に軍事・情報・経済的優位を与える
・AI革命は国家政策にも革命的な変化をもたらす
・AI関連兵器の軍備競争は不可避である
・政府はAI技術を促進しつつ管理すべきである
・AI兵器の能力と安全性には二重背反性がある
・政府はAIで長期に優位に立つ技術を支援すべし
・軍民協力を促進し、対AI技術の研究も勧めるべし

著者の注釈がある!

・AIは核兵器に代わり「戦略兵器」になる
・AI兵器で敵国の大量破壊が可能になる
・AI兵器は、容易にAIの判断で実行できる
・「対AI軍事技術」の実用化が必要である!
果たして日本で出来るのか??

12
AIを悪魔にするのは人間である
AI技術の開発は人間である??
悪意を持って作れば混乱を招く??
それより、AIがAIを造る時代が来るのではないか??

12
AI革命時代に日本がすべきこと
戦後空想的平和主義から脱却すべきと!!
対AI軍事技術に対する投資である!!
軍事タブー化しないことである!!

12
12

第二章 歴史の大局観を磨く
大局を読む直感力を養う方法

大局観と直感!!!
実地経験を積まなければ使えない!
コンピューターに碁で人間が負けた?? アルファ碁???
アルファ碁は、すべての手を読むのではなく、
ある手が「適切か否か」「どの程度効果的か」

それだけを判断、学習させることで、短時間で最善の手を直感的に見いだすことが
可能である???

参考にすべきと!!
12
歴史の大局を左右する「ドライバー」とは
「ドライバー」  国際情勢を左右する事象!
「エピソード」  大ニュースだったが、国際情勢を左右する力はない!
「トリビア」    無関係の事象!

どうやって区別するのか?

➀ 歴史を学び、常に過去と照合する癖をつける!
② 知ったかぶりは厳禁、「知的正直さ」こそが武器になる!

12
著者のドライバーは何か??
➀ ロシアのウクライナ侵攻
② 中東のアメリカのイラク撤退
③ 中国の尖閣領海の侵入
当たっているようか………

12
「力の真空」理論と北朝鮮情勢
「何者かが事象の統制を失い、誰もそれを代替出来ない状態」
北朝鮮を言っている?
著者の持論である「力の真空」が生じようとしている?

12
過去の力の真空は?
➀ ソ連のレーニン死後のスターリン独裁
② 第2次世界大戦での独日敗戦による米中ソの大国化
③ 1968年以降の英軍スエズ以東撤退とイラン台頭
④ イラン革命後のソ連アフガン侵攻と、イラン・イラク戦争
⑤ ソ連アフガン撤退後の、アルカイダ台頭
⑥ 19991年以降の米軍フィリピン撤退後の南シナ海情勢
⑦ 2011年の米軍イラク撤退後のイスラム国台頭

12
これ等から、北朝鮮ではどう言う事は起こるか?・
・最強部外者が動かない場合、弱い部外者でも分け前に与かれることがある??
・部外者が介入しない場合、破綻国家になるか、新たな独裁者が生まれる??

12
北朝鮮は、6カ国の足元を見ている!!!
12
中国人とアラブ人の5つの共通点

➀ 世界は自分を中心に回っていると考える!    自己中心
② 自分の家族・部族以外の他人は信用しない!  部外者不信任
③ 誇り高く、面子が潰れることを何よりも恐れる!  面子重視

④ 外国からの炎上は「感謝すべきもの」ではなく「させてやるもの」と考える! 
      援助不感謝
⑤ 都合が悪くなると、自分はさておき、他人の「陰謀」に責任転嫁する! 
   陰謀論好き

要は皆相手が悪い??  自分が正しい??
「中華思想」なる言葉はない?? 「華夷思想」が一般的!!

12
中国人と中東人はここが違う
多神教VS一神教の違い???
農耕民族VS非農耕・遊牧民族???
中国は新疆ウイグル自治区がある!
中東系で教育されている??
先日の中国の宣伝映像があった?
技術教育を受け、町で踊っている??
やらせ丸出しの映像だったが………

12
ユダヤ陰謀論に陥るな

何でもユダヤの陰謀にし過ぎではないか??
➀ 世界の現状と将来に対する危機感
② 国際ユダヤ運動の多様性
③ 圧倒的な知識力量
ユダヤ系にも、アメリカに住むユダヤ人は、イスラエル第一に考える立場と、
アメリカの利益を優先する立場があると言う??

12
ユダヤ・ロビーとイスラエル・ロビー
ユダヤロビーは小世帯である!
イスラエルの立ち場を有利に運ぶために、ユダヤ票が欲しい!!
600万と言う!! しかしキリスト教右派、ネオコンはユダヤに近い!
この票は3000万票ある!
これが欲しいので、イスラエル支持になる!!
イスラエル・ロビーはユダヤ・ロビーを含んでいる???

12
周辺国としての日本、ロシア、トルコ
ヨーロッパにはカトリックとプロテスタント以外の周辺の国が3カ国ある??
日本、ロシア、トルコである??
ヨーロッパに近いが仲間ではない??

正教に、イスラム教に一応仏教だが無信教みたいな日本である!!
日本は陸続きではないが、ロシアのトルコは陸続きである!
ロシア機撃墜で険悪だったロシアとトルコが会談をした!
どうもプーチンの方がエイドリアンより一枚上手のようだ??
ロシアの対日妥協は、経済力ではなく、中国と言う!!!

12
12

第三章 ダークサイドの覚醒と諸帝国の逆襲
スター・ウォーズ化する世界

ダークサイドの覚醒??
大衆迎合的ナショナリズム!
貧富の差
反イスラム・反移民の極右運動
トランプ大統領
「アラブの春」の失敗
中国の反腐敗運動
沢山ある??

12
諸帝国の逆襲
ロシアのプーチンのジョージア、ウクライナ、クリミアなどへの侵攻
中国の夢
イランのペルシャ帝国の復活
トルコのオスマントルコの再建
ダークサイドと諸帝国に対処する必要がある??

12
トランプを生んだダークサイ
解任されたバノン!
それにジャレッドとイヴァンカ・クシュナー夫妻!
バノンの批判がある! ジャバンカとはよく言った??

・すべての誤った判断の起点はジャバンカである!
・イヴァンカは情報漏洩の女王だった
・選挙中、イヴァンカは誤ったアドバイスの泉だった
・ジャレッドが推進した、FBI長官解任は近代政治史上最も愚かな決定だ
・トランプタワー25階で弁護士の同席も無く外国政府関係者と会ったのは
 反逆的、反愛国的である!

何か複雑であるが………
この対立を生い立ちの対立とみるか??
「ユダヤ系」と「非ユダヤ系」の戦いとみるか?

12
ダークサイドを支える民衆
著者の思うダークサイドがある!
不健全な自国至上主義、排外主義、大衆迎合主義民族主義、人種差別、性差別………
2,3割の割合で、マジョリティではない!!
フランス・ニースの大型トラックのテロ
トルコのクーデター未遂事件
この未遂はエルドアン大統領の権力を強化させる!
現にそうなって来ている??

12
国際政治版「メジャーリーガー」は米中露
ロシア・プーチン大統領に中国・習近平の共通点!
どちらも愛国者で、民族主義者である!
アメリカを戦略的敵対国としている!
独裁制、強権性!!
メジャーリーグと言っても、1強2弱である!
いずれ中国が追い付いて来て、1強1中1弱となる??

12
米露関係の悪化
米露はメジャーリーグである!
マイナーリーグがメジャーの動向に影響は与えれるのか??
無理ではないか??
それでも「地域の独立変数」の立ち場でやれることはある??

12
厳冬のモスクワで見たロシア帝国の黄昏

・ロシア人は米国・西欧と共に共産主義と闘った
・西側はロシアが冷戦に敗れたと誤解している
・冷戦終結はロシアに何の利益ももたらさなかった
・欧米は今、ロシアの伝統的利益すら侵害している
・プーチンの手法は侵略ではなく、防衛的なものだ
・ロシアは欧州でもアジアでもない独立の単位だ
・今の中国はロシアにとって直近の脅威ではない
・同時に中国がアジアを独占することも認めない
・ロシアはユーラシア大陸の大国として生き続ける
・そのためには周辺諸国とのバランスが必要だ   ………
虫の良い話であるが………

プーチン大統領は偉大であると!!!
12
インドは頼もしい対中同盟国となるか
インドは海も川も山もある!
日本は対中牽制でインドを必要とするが、インドはそれほど必要としない?
インドは北の山からの中国の影響より、一帯一路の海からの中国を警戒している?

12
イランの地政学「米国による制裁」はどうなる

イランにとって核は合理的選択になる???
北朝鮮と同じか?? が中東の核のドミノ化を生じかねない?
日本はイランから石油は輸入している??
ペルシャ帝国の末裔である!! 問題は多い???

12
12

第四章 「核の脅威」の本質
北朝鮮の戦略は誤りではない?? つまり、リビアにイラクは何故崩壊したのか??
核がないからだと??
金日成から三代目になる?
著者はオーナー経営の2500万人の従業員がいるブラック企業と言う?

「売り家と唐様で書く三代目」  なるほどである??
この企業は、オーナーと番頭グループの葛藤がある?
上手くいかなければ番頭のせいであり、粛清される??
周辺諸国の足元を見ている??

韓国は、紛争になれば失うものが大き過ぎる!
中国は米韓同盟の韓国に統一されるのは悪夢である! 緩衝国が必要である!
日本はロシアを恐れるあまりに朝鮮半島に手を出した??
米ロの思惑もある??

12
北朝鮮への「宥和政策」は機能するのか??
著者はヒトラーへの宥和政策と同一に論じている?
要は、強硬策を選択した国には、宥和政策は通用しない!!

12
14世紀に始まった朝鮮の外交???
➀ 常に強国に朝貢することで独立を守る
② 中華は朝貢を行う朝鮮を保護して、恭順でなければ激しい態度を取る
③ 朝鮮への地政学的脅威は、女真や日本で中華はそれほどではない
④ 朝鮮内部ではエリート間の権力闘争が長く続いた!

100年前に、日本につくか? 清につくかで迷った朝鮮半島である??
現在は中国につこうとしている??

12
著者お得意の「力の真空」がある!!
➀ トランプ政権以降、米中ロ競争は新段階は入る
② 北朝鮮で終わりの始まりで、力の真空が生じる
③ 「真空」では最強部外者が最大の分け前を得る
④ 最強部外者が不介入なら、次なる部外者に益する
⑤ 部外者が不介入なら、破綻国家か新独裁者が生まれる

このゲームを各国は如何に戦うのか???

アメリカ  米韓主導の統一を目指す
韓国    韓国主導では出来るのか?
中国    難しい立場で、緩衝国を造ろうとする?
ロシア   半島への影響力は限られている?
日本    善意の部外者としてしか参加出来ない?

12
韓国という隣人との付き合い方??
こと日本相手となれば、外交上のルールも国産条約も破棄する??
対中が重要になる?

国家の独立に必要なのは、原理・原則・主義・主張ではない?
最も強力な敵との
「冊封」「朝貢」である!!
12
12

第五章 蘇るナショナリズム
欧米から世界に広がる幻滅の時代???

民族主義、極右勢力の台頭である!!
自国の主権が犯されている??

➀ 冷戦時代は西側陣営でも社会主義的政策が導入された
② 冷戦後は富の再分配より自由競争と経済効果が重視された
③ グローバル化は格差を拡大させ、社会的弱者の怒りを増大させた

12
EU離脱は、UKの末路の始まり???
再投票しかないという人も多い!!!

12
騒がれていない国の地政学がある!! 以下の国には行ったことがある!!
➀ ハンガリーの地政学  スラブとゲルマンの狭間で
   オーストリア、プロシア、ロシア、オスマントルコに蹂躙されている?
   国境も変わり、東欧各国にハンガリー人がいるようだ??

② ポーランドの地政学  最悪の隣人を持つ悲劇の民族
   最悪とはドイツにロシアか? 国が存在しない時もあった………

③ スウェーデンの地政学 高福祉平和中立国家の真実
   スウェーデンは楽しい! 大国スウェーデンの戦艦バーサ号!
   高福祉国家に、武器輸出国!!
   フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでロシアにあたる!
   NATO、ユーロ、EUとバラバラに加入してバランスを保っている??

④ エストニアの地政学  陸軍3800人の国がロシアに勝つ方法
   エストニアのガイドさんは日本人でフランス人と結婚している!
   IT関係の仕事をしていると言っていた?

   ロシアからサイバー攻撃を受けて、その後対策を考えているので
     IT技術は進んでいる?
サイバー攻撃については、日本は無防備である???
北朝鮮に中国、ロシアは進んでいる??
欧米との差は広がる一方である???

12
12

第六章 米国は衰退し、中国の夢が実現する?
アメリカは50の州からなり、50のアメリカがある!

ワシントンはアメリカの首都であるが、アメリカにあらず???
建国の記念も、東部13州のものである?? 他の州は関係がない?
国際化を維持するのか?? 孤立主義の傾向を強めるのか?
孤立主義を続ければ、各国は対応を考える?

12
トランプ当選をなぜ予測できなかったのか?
白人・低学歴・男性・ブル―カラーの集団が支持した??
トランプ大統領は最善の候補者ではないが、変化を求めた?
クリントンよりは期待出来る??

12
アメリカは北部の清教徒的な「理想主義」と、
南部の重商主義的な「現実主義」の複合体国家??
第一次南北戦争で北部が勝つ!
第二次南北戦争はオバマ大統領の退陣で終わった?
トランプ大統領登場が、第三次南北戦争???

12
トランプ不規則発言にも規則性がある??
まず思いついたままを言う! 暴言・本音・思いつき???
次に直ちに譲歩せずに、発言が続く??
そして妥協する???

12
北朝鮮に対しても武力行使までちらつかせながら妥協した!!
KKKの本題も、批判しながら最後は双方に問題有と!!
サウジアラビアの皇太子の殺人関与も、アメリカの国益優先で不問にしている??

12
トランプ国連演説がある!! 著者の解説がある!
➀ 「アメリカ第一主義」貫く!
② アメリカは利用されたり、利益のない一方的な取引には応じない!
③ 「イラン核合意」はアメリカ史上最悪かつ一方的である?
④ 国際連合は改革が必要である?

⑤ ベネズエラは社会主義の失敗ではなく、忠実に実行された結果である!
⑥ グローバル化の中でアメリカの中産階級が置き去りにされる事は無い?
アメリカ・ファーストである! 国連で言うかと???

12
中国を市場メカニズムを通じて中国経済と成長させれば、民主化せざる得ない?
そう思って、対中外交の失われて四半世紀が過ぎている??
独裁国は、合理的に考えない??
そんな事をすれば自国に不利になるからしないだろうと言うのは間違い??

12
中国の政体を代えずに、西欧からの技術を活用して政治体制を守る!!
「社会主義市場経済」はマーケットなのか???
中国には市場経済があるのか???
それが問題である???

12
フィリピンとの南シナ海の領有権争いは、仲裁裁判所が中国の主張を退けた?
これの著者の解説は面白い!!!
「満州事変」と「リットン報告書」の繰り返しである!!
満蒙は日本の生命線と言って、報告書を無視し国際連盟を脱退した?
中国にとって、南シナ海は革新的利益である? 仲裁裁判所の判決は無視する??
歴史は繰り返す???

「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでいないっという事である」
チャーチルである???
ヒトラーと北朝鮮の「宥和政策」は同じなのか???

12
アメリカと中国の変化する関係性は?
戦略的パートナー   クリントン政権
責任ある利害関係  ブッシュ政権
戦略的再保証      オバマ政権

その後、修正主義勢力、ライバル勢力、戦略的競争者と対中政策は変わる??
北朝鮮は米朝の関係ではなく、米中の問題である!!

12
12

第七章 要人へのお節介メッセージ
各国首脳へのメッセージである!

限られた国、北朝鮮、韓国、中国などである!!

12
拝啓、金正恩委員長閣下
アメリカも北朝鮮も妥協しない??
中国も手を焼いている??
ICBMの開発に成功すればアメリカは妥協しない!!
妥協する地点は何処にあるのか???

12
拝啓、文在寅国大統領閣下
➀ アメリカの懸念  文在寅は信用出来ず、ミサイル配備を撤回しかねない!
② 中国の懸念    文在寅はアメリカに擦り寄り、北との対話路線を放棄する!

③ 日本の懸念    反日の文在寅は対米同盟を重要視せず、
              日米韓の連携を弱体化させる!
④ 北朝鮮の懸念   日和見の文在寅はアメリカに屈して制裁を強化しかねない!
⑤ 韓国の懸念    文在寅は対米関係を重視するあまり、
              アメリカに対して卑屈になる!
どちらにしても文在寅が問題なのか??
作り笑いが気持ち悪いが………

12
拝啓、習近平国家主席閣下
二国間貿易、南シナ海、サイバー、宇宙、北朝鮮、中国の人権問題………
どれも中国を妥協出来ない???
トランプ大統領の階段でも無礼な態度を取られている!!
もっとも危険なのは北朝鮮である!!

12
拝啓、孫政才元重慶市党委員会書記閣下
「重大な規律違反」
著者は評価しているが、孫政才を心配している?? 実力者である!!

12
拝啓 国家安全保障担当補佐官閣下
要人の訪中に失敗はない!!
現在の米中貿易問題は??
この本では、中国に対して、貿易問題で中国を責めない??
どうなっているのか???

12
12

第八章 ちょっと変わっているが、素晴らしい国
外務省を辞めて分かった格差の拡大
なかなか面白い! 外交官時代は100円ショップでも分からなかった?
どれだけ苦労しているかがである!
庶民と同じ立場になった??
格差は解消どころか拡大している?

12
沖縄をこよなく愛した外交官の物語
著者の叔父に千葉一夫がいる!
元外交官で沖縄返還に努力した?
「鬼の千葉」 それだけでどんな人間か分かる??
テレビドラマ化されたようだ………
個人的な話………

12
伊勢志摩サミットとオバマ広島訪問
アメリカのシークレットサービス、警備は徹底している?
日本なんか当てにしていない!! 信用していない??
しかし中国の唯我独尊はアメリカの比では無いと!!

12
伊勢志摩サミット  議長国の特権と責任
国際会議は議長国にならなければ意味がない??
議長国が仕切る? 発言順序に宣言までである!!
北朝鮮問題では中国が開催国で仕切っている!
他の国でやられて、知らないことを決められたら困る??
北朝鮮問題は現状維持がベストであると考える??
解決しないわな!!

12
息子のバンドを追っかけ上海へ?
チョッと信じられない話である!! ミーハーだったとは………

12
ジェームズ・ボンドのいない日本
第二次世界戦の日本の情報力はそれなりにやることはやっていた!!
大本営参謀、堀栄三? スウェーデンの小野寺信等がいる!!
都合のよい情報しか欲しがらない??
上層部がそうである!!
戦後、日本は遅れている???
取り戻すのは簡単ではないし、日本は感嘆の情報を漏らしかねない!!
人からの教育がいる!!
佐藤優によれば、陸軍中野学校では、折れない心を造るための教育もしている!
甲賀流の記憶術も習っていた???
簡単にではないようだが………

12
当世日本「シンクタンク」事情
日本のシンクタンク事情?

➀ 官僚組織の圧倒的優位
② タコ壺的縦割り研究
③ 深刻な資金難
人も金も集まらず成果が出ていない?

12
著者の「国家の戦略」
➀ 敵を1つに絞る
② 正しい同盟国を選ぶ
③ 負ける戦争を戦わない
④ 勝てる戦争を、できれば戦わずに勝つ

国家戦略と具体的戦術を掲示できるシンクタンクが生き残る??
出来なかければ「下請け」と「呼び屋」を続けるしかない!!

12
大衆迎合政治「日本よ、お前もか! 」
人民は新しいものを欲しがる?
小池劇場はこれで勝てた?

政治学では、「ポピュリズム(大衆迎合主義)」と呼ぶ!
一般大衆の利益、願望、不安などを利用し、
大衆の支持の下、既存のエリート主義と戦う政治手法である!
日本新党、郵政選挙、大阪維新………

安倍政権の功罪は??  世界的にはやり手である?
著者は、日本も世界のポピュリズムに飲み込まれている??
日本では期待を込めて新党を結成しても、離合集散により支持を失う!!

12
ポピュリズムの嵐、日本にも?
民意とは感情的で非論理的で、長期視野に欠ける??
だから住民投票など軽々しくやってはならない??
スコットランド独立、カタルーニャ独立、イギリスのEU離脱、大阪都構想………

大阪都構想で思ったこと!
この先何年も生きない老人とこれからの若者を一緒にしてはいけない!
自民党の女性市議だったと思うが、
「大阪市が無くなるんですよ! それでもいいのですか?」
ヒステリックに叫んでいたが………

12
希望の党??
・広義の「ポピュリズム」政党である!
・イデオロギーの要素はない!
・ナチ党のよう危険性は少ない?
・保守の改革運動である
・大阪維新のように地域性がない!!
なにか一時は天下を狙っていたが、現在はおとなしいが………

12
日本型ポピュリズムの特徴は?
小泉首相にはカリスマ性があった??
日本で再度、ポピュリズムの風は吹くのか??
➀ カリスマ的指導者がいるのか?
② カリスマ指導者の賞味期限?  「排除の論理」が問題では無さそう?
③ 政治家の自己統制力?
小泉元総理は天才だったと!!

12
欧米である!
・EU離脱でキャメロン首相が失脚!!
・トランプ政権発足!
・フランスはマクロン候補が当選!
・ドイツは右派勢力が伸びている?
日本と欧米とは違っているようだ??

12
よくわからん!  戦闘と武力衝突の違い
何を揉めているのかと思ったが………
言葉のお遊びみたいに感じたが………
鬼の首を取ったみたいな野党にはあきれるが………

12
国連でも、紛争に難民については微妙に使い分けしているようだ………
日本では当然か??

12
前川前次官は官僚王国ニッポンの黄昏
トランプ政権の状況!

・長官の下の次官、局長級は結局官僚が占めている
・政府中枢は統治の素人で行政能力がない
・側近は官僚組織を敵視し、行政を混乱させている
一昔前の民主党政権であると??

12
国家公務員キャリアには暗黙の社会契約があった!
・低賃金・深夜労働・組織の論理に絶対服従。 が政治家に屈する必要はない!
・次官・局長までの出世は保証しないが、
 退職後の天下りと民間平均以上の生涯給与を保証する!
現在は優秀な人材は公務員を目指す!!
政治家や高級官僚を目指さない??
時代が変わるのか?

前川前次官は官僚王国ニッポンの黄昏なのか???
12
12

これから何が起きるのか  「おわりに」にかえて
米朝会談の4つの可能性?
➀ 米朝とも誠実である場合       実現性は低い!
② 北の誠意を米が見誤る場合     北朝鮮が最初から白旗は上げない?
③ 北の不誠実を米が見抜く       決裂は時間の問題!!
④ 北の嘘を米が信じてしまう場合   国際賞賛をトランプが欲しがる?
どれも可能性は低そう!!
北朝鮮のICBM開発中止で納得するかもしれない………

12
トランプ大統領は北との交渉でミスしている!
➀ 最後の切り札を最初に切る!
② 直感に頼り、衝動的に決断する!
③ 交渉内容を喋り過ぎる
④ 経済的利益が戦略的利益を代替すると考える!
⑤ 自分が特別な能力を持つと過信する!

見事な分析である!!

12
12

AI時代の新・地政学・宮家邦彦

12
12

2017年6月23日 (金)

本・神聖ローマ帝国・菊池 良生

Photo
12
12
中欧に存在した不思議な「帝国」の一千年史。ドイツはじめ中欧諸国の母胎となったこの帝国は、教皇や周辺諸国、諸候と合従連衡と抗争を繰り返しながら、中世史の一極をなし続けた。その実体を解き明かす。
12
12
著者の本は何冊か読んでいる。
そんなに多作ではない。  が独特の文体がある。
「傭兵の二千年史」「戦うハプスブルク家」「ハプスブルク帝国の情報メディア革命」
「警察の誕生」「ハプスブルク家の光芒」等を読んでいる。
今回、神聖ローマ帝国を読み直した。   やはり面白い!
昔よりは知識がついているので、理解が深まった?????
神聖ローマ帝国。    何が神聖なのか?
何がローマ的なのか?   そんな話から始まっている。  主にドイツの話になる!
12
12
ドイツに旅行した時、「ロマンティック街道」を通った。
ロマンチックなと言う意味と思っていたがそうでは無さそう・・・・・
ガイドさんが説明してくれた。   ローマ的なと言う意味だそうだ。
ローマ時代への憧れがあるようだ。  「ローマへの巡礼の道」と言う意味みたい!
古代ローマ帝国は、文化の憧れだったようだ。
12
12
ローマ帝国の滅亡からの混迷がある。   そう思うと、ローマ帝国は巨大だった。
滅亡後は小国(?)が乱立している。   フランク王国も分裂する。
そこら辺りはよほど歴史に詳しくなければ分からない!
12
12
「カノッサの屈辱」
このくだりを読んでいると、宗教なんてええ加減なものと感じる。
ハインリッヒ4世も我慢した。  軍事力は持っている。
滅ぼしてしまうのは簡単と思うが、やはり宗教は力がある。
カノッサの屈辱の後も、ハインリッヒと教皇の対立が続いたようだ!
ローマ的なものはイタリアにあるようだ。イタリアを無視出来ない。
のでフランスもイタリアに絶えず侵攻している。
地盤を確保する必要がある。
12
12
皇帝バルバロッサ、赤ひげ、第2次世界大戦のドイツのソ連侵攻作戦名がバルバロッサである。  フリードリッヒ2世!
塩野七生が絶賛している。読まなければと思いながらまだ読んでいない本が積んである・・・・・・・
破門されながらも、己の信念に従って十字軍を率いる。
ラテン語をはじめ、6か国語を喋る。乗馬・槍術・狩猟の腕も他を圧したようだ。
肩書きは、ドイツ王・ブルゴーニュ王・イタリア王・ナポリ王・シチリア王・・・・・・・・
嫌がられるだろう・・・・・・・
アラビア語も喋り、イスラムの文化も詳しい。
相手のイスラムの指導者も驚いたと言う!
が教皇との対立を読んでいると、民衆をだましているとしか思えないが・・・・・・・・
125
12
「モーゼ・キリスト・マホメッドは世界三大詐欺師だ!」
フリードリッヒは言ったとされる。これを教皇は破門の根拠としたようだ!
何と言ってよいのか???
12
12
13世紀に神聖ローマ帝国と表される。
1254年の公式文書に、「神聖ローマ帝国」の国号を使用したようだ。
ドイツの周辺に限られていたようだ。   ドイツに絶対王朝はいらない。
ザクセン・バイエルン・シュヴァーベン・ボヘミア・メーレン・オーストリア・シュタイアーマルク・ロートリンゲン・ブラバンドのドイツ諸侯!
ヨーロッパに巨大な国はいらない。   勢力均衡?
たとえばドイツとフランスにまたがる国は、教皇にとって悪夢以外の何物でもない!
無難な王・皇帝が良い!  と言う事で、ハスプブルク家が選ばれる。
オーストリア・ハスプブルク家の誕生である。
苦労したのは間違いない!
このハスプブルク家が意外にしたたかだったようだ。  子だくさんである。
子供は多い方が攻略に使える。   フリードリッヒ三世。
愚図と言われても、長命であった。   人間、何か取り柄がある。
12
12
それからはハスプブル家の話が中心になる。
スペイン・ハンガリーで二重結婚をするがどちらも相手が死に、王座が転がり込んでくる。
「戦争は他家に任せよ!子造りに励め!」
実際に多産系である。
スペイン・カルロスの話、ドイツ30年戦争、マリアテレジアの話はさらりと流している。
宗教戦争がある。難しいと思う!   どちらについても苦しい・・・・・・
読みたければ、著者も沢山記述しているので、そちらの方を読んだ方が良い!
12
12
面白い話があった!   オスマントルコのウイーン包囲がある。
この時フランスにトルコの使いが来る。
この時、ルイ14世の前で、コーヒーを披露した。この時からフランスはコーヒーを愛好する。
ウイーン包囲だが、冬将軍でトルコは撤退する。
その時トルコがズタ袋を残した。  コーヒーである。トルコ通の男が払下げて貰った。
これはウイーンのコーヒー文化の始まりと言う。
12
12
この時代の王・皇帝の名前は憶えれない!  多すぎる!
面白い本でした!
12
12

2015年3月 1日 (日)

本・マリア テレジア:ハプスブルク唯一の「女帝」・江村洋

生きた、愛した、戦った----。プロイセンをはじめ、周辺国の手からハプスブルク帝国を守り抜き、16人もの子をなした、まさに国母。波乱と情熱に満ちた生涯を描く。

20150301_book1
著者の本は何冊か読んでいる。
最も大衆向きの本ばかりである。学術書は読む能力が無い・・・・・・・
16人も子供を生んでいる。
それでいてプロシア、フリードリッヒと戦い続けている。
フリードリッヒも悪い女と付き合った????
大体フリードリッヒも賢くない????
己の意地もあるのだろうが、作らなくてもよいよい女の敵を作り過ぎでは??
3枚のペチコート??
フリードリッヒを崇拝する王族も多い。
マリアテレジアの息子も崇拝している。
ロシアの皇帝も崇拝している。
女性でありながら帝位継ぐ。
かなり無理する。
ヨーロッパの王族の結婚は、お互いの兄弟でする事も多い。
下手な結婚をすれば、何かあれば王位継承権を主張される。
マリアテレジアの相手は、ロートリンゲンの公子フランツである。
小さな国である。つまり害が無いと言う事なのか????
が宿敵とも言うべきフランスの意向もある。
スペイン・イングランド・・・・・・・
フランツは穏やかな人である。
理財の才能はある。
軍事の才能は無い。
マリアテレジアが戦いの指揮をとる。
そういうオースリリアの弱体状況を見て、プロシアのフリードリッヒ2世が動く。
オースリリアのシュレージェンシ地方を簒奪する。
オースリリア継承戦争が始まる。
合従連衡の時代になる。
7年戦争が始まる。
カウニッツ伯!
宿敵、不倶戴天の敵フランスと結ぶ!
プロシア・イギリスVSオースリリア・フランス・ロシア!
毎年のように出産しながら、20年で16人の子供を産みながら、プロシアと戦う。
シュレージェンシを取り返す目前まで行きながら挫折する。
ロシアの女帝の死!
後はフリードリッヒ崇拝のピュートル3世である。
よく7年も戦ったと思うが・・・・・
マリアテレジア夫妻は仲睦まじかったと言う。16人の子供がいる。
妻が女帝では浮気も出来ない。
お腹が大きいのに、よく戦争指導なんか出来たと思うが・・・・・・
娘は攻略結婚の対象としてしか見ていない。
一人の例外を除いて。
徹底的に政略に使う。
特にブルボン家に嫁がせた。
言語も教育されているのだろう・・・・・・・
末の娘はルイ16世に嫁ぐ!
ハンガリー、ドイツ諸侯との軋轢、歴史がよく分かり面白い!

2015年2月10日 (火)

本・傭兵の二千年史・菊池良生

古代ギリシアの民主制の崩壊に始まり、中世を経て、ナポレオンの時代に至るまで、歴史の転換点で活躍したのは多くの傭兵たちだった。

20150210_book1_2

著者の本もよく読む。
読んでいて思い出したことがある。
山内昌之が、中東の事を記述していた。
子供が4人いれば、二人は何とかなる。職につけて生活出来る。
他は生活出来ない。つまりあぶれる!
行きつく先はテロリストになるのか???
中世も現在も変わらないのかと思う・・・・・・・・・
人類最古の職業と言う。
売春と傭兵!
技術が無ければ、売る物は身体に腕っぷしなのか??

ギリシャ時代から傭兵はいる。
ポエニ戦役。ローマは市民兵である。
カルタゴは傭兵であった。
経済力はあるので傭兵は雇える。が負ければそれも厳しい!!!
ヴェネチュアも陸兵は傭兵である。
各時代の傭兵の活躍(?)が記述されている。
傭兵が居なければ戦争も成り立たない時代が続いている。

騎士と言っても金は要る。
アルバイトをしている。傭兵である。
オーストリア、フランス、プロシア、イタリア、スペイン等傭兵の需要はいくらでもある。
十字軍も傭兵が多い。大量に派遣できない。
傭兵の需要が続くほうが、傭兵たちにとっては良い。
金儲けである。その為八百長の戦いもある。
適当に戦っている。最後の一兵まで戦うなんてことは無い。
例外もあるが・・・・・・・・
都市国家シエナの話として記述されている。
契約した傭兵隊長が敵を撃退した。が支払う金が無い。
そこで傭兵隊長を殺して、市の聖者として奉ったようだ!
その中でスイス長槍歩兵が記述されている。
強かったようだ!
スイス誓約同盟!
スイスの農民歩兵は強かった。スイス歩兵強し!
この本を読んでからだが、スイスに行った。
長槍兵の人形も見た。
戦場の模型もあった。
が負ける時は来る。
スイス傭兵は州が契約する。
節操が無くなり、敵味方に雇われる。同士討ちである。
流石に片方が裏切ったようだ。
フランス:「フランスがスイスの傭兵に支払う賃金は金の延べ棒にしてパリからバーゼルまでの道路を覆い尽くしてしまう」
スイス:「フランスのためにスイス人の流した血潮はパリからバーゼルに至るありとあらゆる河川に満ち溢れている」
金のあるところにスイス傭兵がいる。
最大のお得意先が、フランスと言う・・・・・・・

南ドイツの農民がいる。
これが傭兵になる。
『ランツクネヒト』
食い扶持のない農民の若者は傭兵になる。
わずかな金、給金で!
スイス傭兵が先生のようだ・・・・・・
傭兵隊長は兵を飢えさせてはならない。
その為に略奪も許される。そうでなければ反乱になる。
普通は3日間と言うが・・・・・
16世紀は、傭兵の売り手相場だったようだ。

30年戦争頃は、傭兵の天下なのか?
ヴァレンシュタイン、マントイフェル、テイリー・・・・・・・・・
領主より兵を持っている。金がつないでいるとは言え・・・・・・
スウェーデン王、グスタフ・アドルフ。
王は突撃すべきでないのか。
戦いには勝つが、王が戦死する。
大国スウェーデンの没落が始まる。
雇い主を変えていく傭兵たち。節操なんてないのか????

ワイルド・ギース。
アイルランドも産業は無い。
ましてイングランドとの冷たい関係がある。
ここの若者も傭兵となってヨーロッパに散って行く。
それをワイルド・ギース(野生のガチョウ)と呼ぶようになる。

ルイ16世のテュイルリー宮殿が革命勢力に襲われる。
これを守っていたスイス護衛兵は、最後の一兵に至るまでことごとく倒れた。
スイス傭兵4万が解雇される。
そして、兵はフランス国王ではなく、フランス国民万歳!
と叫ぶ!
この時に傭兵の時代は終わったと言う?

12

傭兵の二千年史・菊池良生

12

2015年1月 5日 (月)

ハンガリーのお土産、『マジパン』 で出来た!

正月に実家に帰った。
甥っ子がいる。二人いて、どちらも二人の子供がいる。
昨年にハンガリーに行った。
その時のお土産がある。
『マジパン』

20150101_maji2

粘土みたいなもので自分で好きなように形を作れる。
面白いと思って買った。
面白かったのか?
正月にその子供の女の子が作って来てくれていた。
見せる為に持って来てくれている。
なかなかうまく出来ていると感じたが・・・・・・

20150101_maji1

2014年12月30日 (火)

ハンガリー・ホッロークー村のDVDを見る!「NHKスペシャル」

奥さんが旅行から帰って来て、録画したDVDを見ている。
どちらもNHKである。
「ハスプブルク家」
「ドナウ川流域の国の紀行」
このドナウ川の映像に当然ハンガリーがある。
もう10年前と思うがNHKのドナウ川の流域の国の紀行のスペシャルだ!
ここに「ホッロークー村(世界遺産の村)」が登場する。
見た風景がある。
教会が見えている。
懐かしい????

20141230_horo5

パローツの民族衣装を着ている。
ここの案内をお婆さんがする。
村中総出で迎えてくれている。
リハーサルも大変だっと思うが・・・・・・
観光に行った時に出迎えてくれたピロシュカおばあちゃんが写っている。
村人たちが並んで写っている。

20141230_horo_1
緑と赤のベストを着ているのがピロシュカさん

にこやかに笑っている顔は、同じ顔である。
衣装は少し違うか?
若者が踊っている映像もあった!

20141230_horo2

見ていて気持ちが良い!!!
いつまでも元気でいて欲しい!

20141230_horo3
2014年のピロシュカさん

2014年11月23日 (日)

2014年のヨーロッパ旅行を終えて  ハンガリー

今回も楽しい旅行でした。
奥さんの苦労もあるが、何より二郎の忍耐の旅行です!?
ハンガリー・スロバキア・スロベニアの旧東欧諸国。
武装中立のスイスと廻った。
どの国も親切にして貰ったと思う。
気がついた事が色々ある。
どの国も信号があまり無いように感じた。
各国で、裏通りと言うか、横断歩道で待っていると、車の方が止まってくれた事も再三あった。
親切で教えてくれているのでが、こちらに理解力がないので余計に分からなくなる事もあった。
公衆電話を見かけなくなった。
車は各国の車がある。
メルセデス・アウディ・BMW・フォルクスワーゲンとドイツ社が目に付いた。
トヨタ・ホンダ・スズキと見かけると嬉しいが・・・・・
楽しい旅行でした。
ハンガリー・スロバキア・スロベニアの各国は、ガイドさんに感謝しています!
今回初めてフィンランド航空を使った。
なかなか良かったと思う。(機内食を割り切れば)
我が家は中欧によく行く。
なので乗り継ぎに便利である。
又が機会があるなら、使いたい! 

ハンガリー

20141115_kan1
ブダペスト、ブダの丘から

ドナウ川の流域は大変きれいと思った。
ただブダペストの流域は少しライトアップで人工的と感じた。
大観光地と感じた。
観光客も大変多かったと思う。

今回は大平原トラベル・ハンガリー専門旅行会社の現地ツアーを申し込んだ。

20141115_kan2
現地で見せていただいた案内

代表のカタリンさんが自らガイドしてくれました。
独学で日本語を学んだそうです。
奥さんも見習らなければならない!
大平原とあるだけに、郊外は平原の中を疾走する感じ!
大変気持ち良かった!
ガイドさんに城跡の配置図を見せて貰った。
中欧は騒乱の地である。
城も山城が多そう!
オスマントルコの影響が強いと感じるが・・・・・

20141115_kan4
ホロックー村で

奥さん言うようにツアーに参加すると、確かに効率よく観光できる。
今回も、ホロックー村で民族衣装まで着れる恩恵もあった。

料理は気候のせいもあると思うが、濃厚である。
グラーシュは美味しかった!
ホテルの朝食には、ご飯と味噌汁もあった。
味噌汁は辛かったようだが・・・・・・
日本人も多いのだろうか?
ありがとうございました!

2014年11月11日 (火)

2014年ハンガリー(32) ブダペストからスロベニア・リュビリャーナへ

ブダペストからスロベニア・リュビリャーナへの移動日。
朝から調子が良くない。
天井が回っている感じ。
朝食も取らなかったのはビックリ!
ゆっくりと休んで8時にフロントへ降りる。
外で運転手を待つ。
それらしい車が来た。
若い運転手である。
入口に停めて、ホテルにたしめられて離れた所へ停める。
中に入ろうとして二郎に気が付いて、名前を書いた紙を見せた。
車はフォルクスワーゲン!

ハンガリーの皆さんへ!
ありがとうございました!
又来ることがあればよろしくお願いします!

20141109_bud0
ホテルの窓から

快調に車は走る。
道路も整備されているし、日曜日なので車も少ないのか?
スピードもかなり出している。

20141109_bud2

途中でトイレ休憩をする。スロベニアである。

20141109_bud3

平原の中を気持ちよく走る・・・・・・
二郎も快適である!
ここで良く休息出来たので、気分も良くなった・・・・・・

20141109_bud4

車にはナビがある。
高速道路は道しかないが、市街に入るとナビを見ていると面白い。
間違わずにホテルに着いた!
日曜日なので人通りも少ない・・・・・・・

2014年ハンガリー(32) 4日目の観光⑦ ホッロークー村 聖マーティンの日

この日、ホックーロー村はお祭りである。
村の守護聖人、聖マーティンの日。
教会の前の道で演劇がある。

20141108_ho_4_1

教会はこの村では一番高い建物である。
若い女性がひげを付けて首切り役人を演じている。
斧を軽々と振り回している。
何かおかしかった・・・・・・・

20141108_ho_4_2

少しだが屋台も出ている。
手作りであろう・・・・・・・

20141108_ho_4_3

奥さんがチーズの店で買い物をした。

20141108_ho_4_4

燻製のチーズも買った。

20141108_ho_4_5

演劇が終わっていた。

手作りのクッキーを配っていた。
聖人の日だからか。

20141108_ho_4_6

にこやかで嬉しそうだった。

20141108_ho_4_7

美味しかった! ありがとうございます!

2014年ハンガリー(31) 4日目の観光⑥ ホッロークー村での変身!

ホッロークー村、食後の出来事がある。
奥さんが変身した!!!
ハンガリー人である!

まずお婆さんが自分の事を語った・・・・・・・・
若い時の麻の糸をつむぐ事を実演しながら喋る。
かっきりとした声で、目を輝かせる様に喋る。

20141108_ho3_1

麻の糸紡ぎまでの順番に説明してくれました。

20141108_ho3_5

歌をうたって糸巻の作業を見せてくれた。

思わぬサービスがあった。
民族衣装を着させてくれる。
チャンと用意してくれている。
ここへ観光に来るお客さんへの、大平原トラベルだけのサービスか?
最初奥さんは渋ったが、その気になった。
順番に、お婆さんが着させてくれる。

20141108_ho3_6

ちょうちん袖のブラウス、肩ががっちりしているように見せる。
白のスカートを2枚はく。腰を大きくする。

20141108_ho3_7

3枚目に柄のスカートをはいた。
結婚式は15枚重ねてはくそうだ。
スカートは年齢で柄が変わっていくそうだ。

20141108_ho3_9

ネックレス、ベスト、エプロン、リボンベルトを着ける。

20141108_ho3_8

見ていてなかなか面白かった。
ネックレスから帽子まで正装する。
帽子を被ることにより、結婚しているかどうか分かるようにしている???
ピンクのベストも良く似合う・・・・・・
まわりの観光客も面白そうに見ていた。

男性用もあると言うが遠慮した。
後で思ったが、やっておけば面白かったのに・・・・・・・
大平原トラベルに依頼すると、サービスがあるのか?
楽しいパフォーマンスだった!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ