フランス

2019年7月21日 (日)

BS世界のドキュメンタリー・完全再現! 黄金期のフランス古城

Photo_20190716044401


現代のテクノロジーを一切使わず、中世のフランス王朝時代の手法で古城を完全再現させるプロジェクトが進められている。
そこから浮かび上がる中世の職工たちの技術とは?
1997年にフランス中部の森で始まった「ゲドロン城」プロジェクト。
現代のテクノロジーを一切省き、中世の工具と地元産の建築材を使い、
服も当時の衣装という徹底ぶりで、当時そのままに古城の再現に取り組んでいる。
今回、浮き彫りになってきたのは、中世の建築技術に隠された“プロの技”。
石を割る、レンガを焼く、モルタルを作る、など理にかなった作業の進め方から、
中世の職工の高い経験知と技術が浮かび上がってきた。
プロジェクトを通して「黄金期のフランス古城」の魅力あふれる世界を紹介する。

1_20190716044701

2_20190716044401


このタイプの城は多いという!! 戦う城である!!!
1998年から25年計画で、ゲドロン城をを造る!
資材は城の近く、半径5km以内で集める!!
水はある!!  石もある!
形は造らなければならない???
粘土は瓦と食器になる! 砂もある!!
服装は当時のようである???
釜が重要になるが、燃料は木材であろう………
まわりにあるが、使い過ぎの問題は???
道具も手造りである!! これは苦労すると思う!
金物屋に買いに行くのとは分けが違う??
鍛造??  鋳造?? どちらにしても火が必要である!!

実験考古学???
橋、通路も木で造る!! 釘が問題である!!
釘が使えない???

当時は農産物も豊富に取れて豊かになっている!
建築物も工夫されるようになる! 派手になってくる!
装飾品が増えて、職人も沢山必要である!!

3_20190716044401

 

フィリップ2世が、基本となる城を造る!! 
ドゥルダン城!! よく似ている城である!!

資材をどうやって上まで運ぶのか??
クレーンはない!! 当たり前である………
この番組を見ていて思う!!
ダークサイドミステリーである! 古代で造れるはずがない??
この番組は城なので造れると思うが、果たしてピラミッドは????
関係ない!! 作業環境はメチャメチャ良さそうである!!
みんな弁当を持って来るのか?? 通勤は馬車か???

2_20190716044402

「映画・マッドマックス・怒りのデス・ロード」がある!
車を上にあげるのに何十人の人間が水車を歩いてまわす!!
この技術を使う!! 人間が水車を回って荷物を揚げる!!
それほど大きくはないが、見ていて楽しい!!

城の生活も紹介されている!!
防衛で実際にアーチェリーの選手を呼んで、狭い隙間から狙う!!
上手く射てる!!! 攻撃側からは隙間なので打てない???
エルフの弓の名手が必要である! レゴラスか??????
当時の攻城方法は?? 堀はなさそうである!! と言うより空堀か??
石を投げる投石機はあるのか??? 森の中では使えない?????
井戸の存在は当然ながら重要である!!

貯蔵室がある! 何を貯蔵しているのか???
農民たちが農作物を持って来る!!
宴会時は、魚に野生の動物が出される!!
当然ワインだろう………
そうであればワイン貯蔵庫も必要か???
ワインはボルドー、ビルバオで工場に行っている!!
城の中では無理ではないか?????

最後に糞尿はどうしていたのか???
いつも城に来ると思うが………

 

2019年7月14日 (日)

BS世界のドキュメンタリ-・EU離脱交渉官の苦悩

Photo_20190712062901


イギリスの離脱交渉でEU側の責任者となったミシェル・バルニエ主席交渉官と、そのチームに密着。
「誤算」「難題」が相次ぎ、イギリス側に「振り回された」舞台裏を描く。
残る27加盟国の説得や、分厚い協定案の作成を迫られる。
最大の焦点となったアイルランドの国境管理の問題では現地に飛び、
スイスやノルウェーなど“EUの例外規定”も参考に解決策を打ち出す。
だが、イギリス政府と議会では「迷走「」が続き、合意がご破算になることも………
離脱期限が延長される中、「円満離婚」への出口は見つかるか?


44年の契約の解約である!  電話の解約ではない!! 問題が無いわけではない!
アイルランドと北アイルランド国境問題がある!!
離脱協議も2年になるが、まとまっていない!!
今さらどうまとまるのか??
イギリスの強硬派はは、脅しに決まっている! もっと有利な条件がある!!

離脱すればどうなるか理解していない国民も多い!!
調子のよい話には裏がある!!!

この6月にスコットランド、北アイルランド、ロンドンを観光した!!
離脱前に行っておきたかった!!
ポンドが余っている??  持っているべきなのか???
それとも替えるべきか??
ユーロトンネルはどうなるのか?? 共同管理はどうなるのか???
ここは陸地である!
ロンドンからブリュッセルまでユーロスターに乗った!
1時間遅れたが誰も騒がない!!
合意無き離脱になればどちらにも影響がある!!
EU離脱は、イギリスの主権の回復である!!
主権とはなにか?????

EUの首席担当者がいる! 苦悩の日々が続く!!

4_20190712062901

2_20190712062901

移行期間が必要である!!
交渉に入れない!! 内閣府一致である??
閣内が不一致である!! いろいろな考えがある??
メイ首相もやりがいが無い?

3_20190712062901

親EU派もいる!!
親アメリカ派もいる!!
鉄鋼関税の確保???
ノルウェー方式!!
カナダ方式!!
スイス方式!!
要は離脱に対する案は出来ていない!!  気分で投票したのか??
イギリスの譲れない一線は何処にある!!
モノとサービスが違うものにする???
イギリスの条件はええとこ取りである!! 特別待遇を求める??
裏口から入れてくれと!!
不満があるジョンソン外務大臣がいる!!
閣外に出る!!!

合意なき離脱の可能性がちらついて来る………
用意はすべきであると!!
ぎりぎりの調停案が出される!!
これをイギリスが承認するかどうか??
イギリスは承認する!!  2018年の末である!!
しかしイギリスとEUの議会の承認がいる!
イギリスは記録的な差で反対される!!
やり直しである!!
アイルランドに、北アイルランドを一緒にEUから出て行けとは言えない!!!
逆に北アイルランドがイギリスから抜ければどうなるのか???
2019年秋にはどうなっているのか???
今年イギリスに行っておいてよかったのか???

 

 

2019年7月10日 (水)

本・増補新装版インテリジェンスの20世紀― 情報史から見た国際政治 ①(2012/2)・中西輝政・小谷賢

20

秘密のベールに覆われた一次資料へのアクセスは困難を極め、
そのため史料を重視するアカデミズムの世界では「キワモノ」扱いされることの多かった情報史研究。
しかし、情報公開に向かう世界的トレンドを受けて、日本でも少しずつ外交史料の開示と分析が進んでいます。
本書は国家と情報の関わりを世界レベルで分析する研究書であると同時に、
情報が国際政治をどのように動かしたかを知ることで新しい国際関係や安全保障の姿を垣間見せる読みものでもあります。

序章が中西輝政、終わりが小谷賢である。
内容は盛り沢山である!
第Ⅰ部は戦間期で、各国のインテリジェンスがある。
第Ⅱ部は冷戦期の、各国のインテリジェンスである。
内容は下記の通りである!

序章   中西輝政 日本におけるインテリジェンス研究のために
第Ⅰ部  戦間期・第2次大戦中のインテリジェンス・ヒストリー
第1章  小谷賢   日本陸軍の対ソ連インテリジェンス
第2章  ダグラス・フォード  東南アジア戦域におけるイギリスのインテリジェンス
第3章  大野直樹  CIAの設立
第4章  佐々木太郎 中国共産党のインテリジェンス体制
第5章  金自成   ロシア情報史
第6章  柏原竜一  戦間期におけるドイツとフランスのインテリジェンス体制
第Ⅱ部  冷戦期のンテリジェンス・ヒストリー
第7章  北岡元   戦後日本のインテリジェンス
第8章  奥田泰弘  インテリジェンスと国家運営
第9章  小島?之  CIAの情報分析とその限界
第10章  山添博史  冷戦下のソ連情報機関KGB
第11章  ポール・マドレール  見えざる内戦
第12章  マイケル・ハーマン  冷戦におけるインテリジェンス
情報史研究のための参考文献
おわりに  小谷賢

第Ⅰ部  戦間期・第2次大戦中のインテリジェンス・ヒストリー
第1章  小谷賢   日本陸軍の対ソ連インテリジェンス
日本陸軍の対ソ連インテリジェンス
日本陸軍の仮想敵国はソ連である。 米英は付録である。
なので情報収集もしていないの、アメリカの戦い方は分からないまま太平洋戦争に突入している!
しかし対ソの情報量は多かったようだ!
シギント:通信情報、ヒューミント:人的情報、オシント:公開情報、情報を収集する!
① スターリンの政治力 ② ソ連国家体制の匈奴 ③ ソ連の国民性 ④ 広大な領土の戦略的価値
⑤ ソ連の人的資源 ⑥ ソ連の物的国力 ⑦ ソ連の軍事力 ⑧ 極東ソ連の実勢力 
⑨ 日本軍とソ連軍、ドイツ軍の戦力比較 ⑩ ドイツの総合的戦争遂行能力
⑪ 英米両国とソ連との関係についての見通し ⑫ 世界情勢全般の情勢推移判断
以上についての情報を集積している!
独ソ戦の見通しも的確であった!
モスクワが陥落してもソ連は抗戦を続ける! つまり長期戦になる!
ソ連は米英からの援助も当てにできる!!
情報も分析も正しく使われなければならない!! 

第2章  ダグラス・フォード  東南アジア戦域におけるイギリスのインテリジェンス
小谷賢の本であったが、1940年に英国だけに日本が宣戦布告したらどうなるのか??
イギリスも日本軍を評価していた??
1944年夏ごろには、この膠着状態を打破出来なかった??
日本人を「狂信者」 「野蛮人」 「兵隊アリ並みの人間」
人種差別がある? 日本軍の最後の一兵まで戦う日本に集団での投降は有り得ない??
密林での戦いは英国は避けたようだ!! 火力を有効に使える場所が良い!
インパール作戦は失敗だったが、英国はこの作戦をどう思っていたのか??
英国の戦争指導者たちは、情報を効果的に利用することが出来た!!

第3章  大野直樹  CIAの設立
ウイリアム・ドノヴァンがいる! 吉田一彦が詳しく書いている!
OSSである。 戦中に相当な事をやったようだ!!
ルーズベルトとトルーマンの考えがある!
アメリカも権限の問題が多そうである!
ドノヴァンのような「他者」が出しゃばることも嫌がられていた?
OSSはトルーマンによって解体される。 が情報機関は必要である。
CIAの設立になる!
最高指導者と情報機関は、考えを共有していなければならない!
CIAはソ連の核開発時期の予測失敗。
朝鮮戦争の勃発と、中国軍の参戦の予測にも失敗している!
今日まで批判は続いている………

第4章  佐々木太郎 中国共産党のインテリジェンス体制
中共自身がソ連のインテリジェンスの一部であった。
中共はソ連型インテリジェンスを忠実に導入したようだ!
エドガー・スノウが毛沢東とインタビューしている?
宣伝効果、インテリジェンス効果はある!
国共内戦では、「軍事力」では国民党が有利であるが、共産党のほうが「インテリジェンス情報」で勝っていた!

第5章  金自成   ロシア情報史
ロシアの帝政時代から、独ソ戦までである。
ロシアと言えば残虐なイメージが強いが………
民主化と言う言葉からは程遠い??
現在も皇帝みたいなものである!
帝政期  政治警察  軍情報部  ボリシェビィキの秘密活動様式の形成
ソ連時代 内戦期   戦間期   粛清期   独ソ開戦時におけるスターリンの判断ミス

敵対組織への浸透は伝統的にロシア情報部の得意とするとこである。
内戦終了時の基本的な活動がある。
① 外国に対する戦略的情報活動の組織、管理及び制御
② 敵国後方での積極的活動
③ ディスインフォーメーション政策の組織と実施
④ 国外の刊行物、軍事関係の収集、分析
⑤ 情報活動で獲得した資料の分析
⑥ 相互支援の組織、所轄官庁からの情報収集
⑦ 軍管理・前線の偵察機関の活動の管理
もっともな活動であり、恒久的に行われている??
独ソ開戦時のスターリンの判断ミスがある。
あらゆる兆候があったにもかかわらず、ドイツの先制攻撃を受けた!
何か日本の開戦時の状況判断みたいである!「見たい現実しか見ない」
スターリンのミスは、収拾した情報の加工分析の重要性と、それを欠いた場合に生じる危険性について考えさせられる!

第6章  柏原竜一  戦間期におけるドイツとフランスのインテリジェンス体制
ナチスドイツの保安部、ラインハルト・ハイドリッヒ。 悪の権化SDである。
ドイツの警察組織は、秩序警察と公安警察に二分される。
ドイツ軍のインテリジェンス体制がある。
〇 ドイツ軍情報部(アプベーア) カナリス提督である。
〇 ドイツ陸軍総司令部  ここにライハルト・ゲーレンがいる。
〇 空軍・海軍での情報活動
ドイツのインテリジェンス体制は、警察機構を軸としてドイツ全土のナチ化が進められた?

フランスのインテリジェンスがある!
地道に活動している!
〇 仏陸軍参謀本部2部
〇 情報部(SR)
〇 仏空軍・海軍のインテリジェンス
情報部(SR)はエージェントの報告を軽視する。

フランスの情報活動は、突撃隊の粛正事件の評価、独ソ不可侵条約の交渉を探知しえなかった。
それを除いてドイツ側の意図を掴んでいた!
がフランス国内の政局も安定していない!
それにより有効な諜報活動が出来ない??
対独政策にしても、融和政策と対決姿勢とが対立していた?
英国もドイツを軽視していた。38年まではフランスの後塵を拝していた。
が、融和政策をとっている英国を、戦闘機中心の防御態勢に変更させたのは、チェンバレンと言う!
この変更がなければドイツに英国は屈していた??
英国とフランスの命運を分けたのは、政治体制の安定度と政治家や官僚のインテリジェンス・リテラシーであったようだ??


増補新装版インテリジェンスの20世紀 情報史から見た国際政治 ➁・中西輝政・小谷賢

 

2019年6月16日 (日)

2019年6月 イングランド・アイルランド・スコットランド・ベルギー・フランス旅行計画!!

7月19日から旅行に出かける!!
奥さんがどうしても行きたい!! スコットランドである!!
イギリスのEU離脱の前である?
再投票の可能性は無いわけではないが………

スコットランドもどうなるのか??
こちらはその方が気になる!!
動物園に、航空博物館!! 美術館にコンサートとある!!
我が家が一番行っている国はベルギーか??
奥さんは何回目なのか???
前回はワーテルローのイベントに参加できた!!
今回はアイルランドの、ゲームオブスローンズのロケ地に行く!!
ワーテルローは大変楽しかったが…………

海外旅行はヨーロッパはほとんどである!!
中東の遺跡にも行きたいが無理だろう………
後は広いアメリカの航空博物館に行きたい!!

奥さんは、オランダ、スペイン、スロヴァキア、ドイツ、ブルガリア、ルーマニアにも行きたい!
知り合いがいる!! 又訪ねていきたい!!!、

2019_1

 

 

2019年6月15日 (土)

アナザーストーリーズ「ノストラダムスの大予言~人類滅亡の狂騒曲~」

Photo_163

Photo_164


「1999年7月、人類は滅亡する!?」
16世紀フランスの伝説的な占星術師ノストラダムスの予言は、なぜ日本で大流行したのか?
彼の予言を解説した新書が日本で発売されたのは1973年。
それは出版社が想像もしなかった恐るべき大騒動を巻き起こしていく。
その驚きのてんまつとは?
さらに破滅が始まると名指しされたフランスの町の大騒動や、世界的学者が巻き込まれた日本の事件など、
世界が狂騒したアナザーストーリー!


これでぼろもうけしたのは五島勉に出版社!
見ていてそう思った??  五島勉は亡くなっている???
「幻解! 超常ファイル ダークサイドミステリー」でも取り上げていた!
面白かったが………
今回はもっと面白かった!!
麻原彰晃が多く出て来る!!
これが話題になった時、本当かなと思ったが………
「1999年7月、人類は滅亡する!?」 
阿刀田高が言っている!!!
予言書は、トーナメントの論理が働くと???????
様々な予言書があり、滅亡時期までが旬で、過ぎれば捨てられる!!!

10巻72 1999の年 7の月 空から恐怖の大王が振ってくるだろう
アンゴルモアの大王を復活させるために
その前後の期間 マルスは幸福の名のもとにス配するだろう

こじつけである!! 1973年???
五島勉の「大予言」が出版される!!
シリーズになり、人気沸騰する????
全国の書店が次々在庫切れになる騒ぎになる!!
出版社、NON BOOK????
小さな会社だったようだ!!
五島勉はライター??  単なるトップ屋???
この出版社の人間のインタビューがある!!
聞いていて、出版社は銭儲けの権化である!! 自慢話のつもりで話している!!
何か探していて、これを出版している!!

予言書があるが、解釈なんてどうにでも出来る!!
実際に起こったことに当てはめる!! 実際に予言ではない!
しかしこの滅亡の予言は、予言である!
1999年7月に滅亡する?? だいたい7月は今と同じ7月なのか???

話として面白い? 怪談みたいな感じである???
空から降ってくるのは??
核兵器????
超光化学スモッグ????

出版に煽る????
ゲーテも絶賛した?? 売り言葉である!!
実際は小説で、ゲーテ本人は信じ
この本は、不安を煽り、急ける道はあると??
五島流である???? 詐欺師! ペテン師!!!!
環境汚染や、核戦争を避ける!!!

はじめは期待していなかった? 25,000部売れれば御の字だった………
出版時に第4次中東戦争が起こっている??
オイルショック、公害、冷戦………
タイミングが良かった?????
しかし、この状態を予言していたのか???
時代が作り上げた「怪物」

ベストセラー倒産!!!
出版し過ぎて、売れずに在庫を抱えて倒産する!!!
1974年に重版出来て、売れまくる!!!!
読んだ事は無い? 
映画化されていた???
信じたアホは多い! 滅亡するなら子供を作らない???
日本人の英知である! 周りにも信じたアホが多い!!

20年後、オウム真理教がノストラダムスの予言を信者獲得のために使う!
現実に出版社に電話がかかる??
お前ところが出版したから影響を受けていると??
「濡れギレ」だと反論する???
オウムの応援団である???? 何とも思っていない???
麻原彰晃について、最後に出て来る! 次はフランスの田舎町である!!

この予言で、滅亡する町の名を挙げる!!
ファッション・デザイナー パコ・ラバンヌ!!!

Photo_161

詐欺師か????
落ちて来るのは、宇宙ステーション??
5つの町が名前を言われる! えらい迷惑である!!!
「オーシュ」 破滅を予言された町!!!

Photo_162

世界遺産もある!  毎年夏、ジャズフェスティバルがある!!
24万人集まってくる!!!
それが滅亡の8月11日に期間である???
7の月ではない!!!!
言いまくられて、町は反撃する???
訴訟になる??  前面衝突???
何故そこまでこだわったのか?? 本人のトラウマである!!
自分は正しい!!! 言わないでいいことを言う!!
パリが燃えている?? 神の啓示か???
ナチスドイツもパリを燃やしていないが………
「オーシュ」 この町はノストラダムスと関係する!!
ロシアの宇宙ステーション ミールが老巧化である!
8月11に皆既日食がある!
それらを総合して、ノストラダムスの予言に当てはめる!!

町はこれを逆手に取る!!
「世界の終わり祭り」を開催する!
これが受けた!! 宇宙ステーションが落ちて来る??
住民は楽しんだ……… パコにも招待状を送る!
嫌味はなはだしい!!!!!
「パコ、やはり失敗だっただろう」
観光客も増えた??? 
そう言う顛末である?? 日本だったら避難する人間も多い!!!


ノストラダムス研究の第一人者 ミシェル・ショマラがいる!!!
フランス・リヨンで予言は出版される!



2000冊のノストラダムスの関連本を集めている!!
難解で、古フランス語書かれている!
なので解説本も多い!
世界に2冊しか現存しない、ノストラダムスの予言集の初版本を探す!!
3797年まで世界は続く??? 追加された予言もある??
世評を反映している?? 本人ではないが出版社が書き加えている???
ナチスとイギリスがノストラダムスを利用する!!
みんな自分勝手に解釈する!!!

予言書ではない??
化粧品、料理本、媚薬の使い方を書いている!!
占星本?? 健康本??? 天気予報???
そんな予言書ではない!!!!

1989年、麻原彰晃が訪ねて来る!!
予言に自分の名前がないか聞きに来る?????
それで事件が起こった時、ノストラダムのせいだと責められる??

予言は信じないが、興味はある???
「幻解! 超常ファイル ダークサイドミステリー」と一緒に見ると面白い!!!

 

2019年4月28日 (日)

オランダからのお客さん!!  「KOBE KITANOZAKA 4月27日~29日」

Photo_88


奥さんの神戸でのフランス語の先生が、今オランダ・ライデンにいる!
仕事の関係でフランスからオランダに行っている!!
奥さんは結婚式にも招待されている!
なので親しい関係であり、日本に帰って来る時によく会っていた!
ヨーロッパに行く時は、KLMをよく使う!
アムステルダムからライデンまでは近い!
そう言う事でオランダに寄ることにした!!
自宅で弥生さんがご馳走してくれた!!
一人娘の、マヤちゃんはおてんば娘である!
今は小学3年生である!
その歳で、日本語、フランス語、オランダ語と喋る!!
パパとはフランス語、ママとは日本語、学校ではオランダ語を喋る!!
が、難しいところもある!!
その為に、学校以外に日本の補習校へも行っている!
この度、弥生さんとマヤちゃんが日本に帰ってきている!!
連休中である!
パパは仕事の関係で帰って来ていない!!
二人の帰国で、マヤちゃんは京都の学校に聴講に行っている。
帰国子女たちを、日本文化の経験をさせている??
落語も聴いたようだ………

今日、授業が終わり実家に帰る途中に寄ってくれた!!
昨年会っているが、相変わらずのお転婆である??
良く叱られているが、めげない!!!

北野で食事したが、イベントがある!
「KOBE KITANOZAKA 4月27日~29日」
フェスティバルステージ???
沢山の人間が訪れている!!
道路に花が引き詰められている!
ここで記念撮影をしてくれる!! 脚立を立てて係員が上から撮影してくれる!!
行列が出来ている! ここまで北野のだから待とう………
4人で記念撮影をした!! 
その撮影中にも、回り込んで写真を撮ろうとするやからは居るが………


Photo_87

楽しい時間を過ごせました!!
又、ヨーロッパに行った時は寄りたい!
今までオランダには行かなかった??
いつもアムステルダム空港には行っているので、オランダには行った気になっていた??
ライデンに住んでいるので、メチャメチャ行き易くなったのは事実である!
今度会うお転婆は、ますますお転婆になっているかも………

面白い話だが、京都の学校にオランダから生徒が来ると、連絡している!!
生徒たちはどんな女子が来るかと期待していたようだ!
ところがマヤちゃんは、ハーフとは言えどこから見ても日本人である!!
みんな青い目の、金髪を期待していたのか??

2019年3月14日 (木)

BS世界のドキュメンタリー・映像詩 フランスの田園

Photo_4
12
12

フランス田園地帯の小さな生き物たちの生命のサイクルを、
超接写映像や独創的なカメラワークを駆使して撮影。

物語は、農薬の散布によってミツバチの群れに起きた“異変”から始まる。
隣の無農薬の畑では、さまざま虫が作物を守ったり、食い荒らしたり・・・

麦穂を渡り歩く世界最小クラスのカヤネズミや、
トウモロコシを食べる小動物と人間との攻防のエピソードも。
農薬の代わりに益虫を散布する最先端の農業や、
畑の真ん中で営巣する希少なタカを守る人々の姿も紹介。

大自然と生命の営みを、四季の移ろいとともに臨場感たっぷりに見せる。
12
12
良く聞くが、フランスは国土全土が耕作可能であると!!
豊かな国である!!  一面の畑がある!!
畑には生物が沢山いる?? これを人は害虫と呼ぶ???
駆除はどうするのか?? それを見せてくれる!!  大変楽しい!!!

12
トウモロコシがある!! 広い!!!
畑を食べ放題のレストランと思っている動物がいる!!
12
殺虫剤を撒く?? これはミツバチに被害を与える! 問題が大きい!!
働きバチが死に巣が全滅する! 
農薬である!  このドラマではないが、ミツバチが世界で被害を受けている!

花が咲いている時に殺虫剤は巻かないようになっているが、
何処にでも規則やぶりはいる!!

この殺虫剤を吸い、酢に持ち帰ることで巣全体が殺虫される!!
ミツバチの死骸がほられている!! これを人体に当てはめると恐ろしい!!
リンゴ園では年間30回ぐらい! これを我々は食べている!!!
12
有機栽培のリンゴ園がある! 様々の生物がいる!
ゴキブリは被害を与えるが、これは天敵が多いので機序してくれる! 
問題はリンゴハナゾウムシで、メスが問題である????
玉子を産みつける!!  被害を与える!
実際に木を揺さぶり個体数を調べる!
それで駆除すべきか判断する!!
有機栽培の畑にはミツバチが沢山いる!
この生物の映像は楽しい!!!
12
カヤネズミ?? この鼠は適度に自然が保たれていれは生息する!
ただし被害は与える!!!
12
被害を与える昆虫がいる! アワノメイガ???
殺虫剤使うと、他にも被害を与える!
天敵を使う!!! 特殊部隊の投入がある!!
さまざま生き物がいるが、被害を与える虫に対して天敵の投入である!
タマゴコバチをドローンで投下する!
タマゴコバチ1匹で60個以上の卵を殺す!!
12
土壌と古代からの品種を植えて、何もしない!!
茎が太く、収穫量が多い品種より強い! 生命力にかける!!
12
野ネズミ対策には毒エサを使う!! 地中にまく!!
鳥に被害を与えるのを防ぐ!!  天敵を住みやすくする???
小さな鳥たちである! これを増やすには毒エサを止める!
そうして畑の中に造った巣を守る!!
収穫時に移動させて、終われな元に戻す!
雛たちが成長すればネズミを食べてくれるだろうと!!!
凄い取り組みである!!!
12
水耕栽培がある!!  巨大な温室である!!
メチャメチャ大きい!! 2万7千m2??
遮断した空間である! 小さな生物、ハダニがいる! 体長0.5mm!!!
これを駆除するには、天敵ダニの一種を撒く!
これがハダニを吸いつくす! 一匹で成虫5匹と20匹の幼虫・卵を食べる!
こう言う昆虫も何種類かいる!!  貴重な戦士である!!!
12
12

3種類の取り組みの効果が表されている!!!
殺虫剤散布!  効果はあるが完全なものではない!! アワノメイガは生き残る!
ドローンによるタマゴコバチの散布!  効果はある!! タマゴコバチが寄生している!
土壌と品種にかけ何もしない!  殺虫剤をまいたのと効果は変わらない!
12
殺虫剤はいたちごっこになる!! 必ず耐性のある品種が出て来る!!
生物は色々いるのが正しい世界である!!!
増えすぎが問題になると!!!

12
12

2018年12月22日 (土)

本・法律の世界地図(2007/9 )・21世紀研究会

Photo_3
12
12

法律は文化や歴史を反映する鏡。権力の道具にもなれば、暴政を防ぐ楯にもなる。「奇妙な」法にもその国・地域の事情がある。
古今東西の法律を読み解くと、新たな世界像が浮かんでくる。

12
12

法律である! 宗教の影響が法律に影響している!!
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに
第1章 古代文明と法
第2章 近代法以前
第3章 イスラーム世界の罪と罰の考え方
第4章 現在社会と各国の法律
第5章 いろいろある世界の法、規則、警告

12
12
第1章 古代文明と法

ハンムラビ法典から始まる!
もし、人が他の人の目を潰したなら、人びとは彼の目を潰さなければならない!
もし、人が他の人の骨を折ったなら、人びとは彼の骨を折らなければならない!
もし、人が同じ階級の人の歯を落したなら、人びとは彼の骨を落さなければならない!
同害報復は同じ階級どうしでなくてはならない!

12
古代エジプトは神が裁く!!
古代ギリシャはドラゴンの法!
ソロンが改革する!
ソクラテスの弁明がある!!
古代ローマになり、東ローマ帝国のユスティニアヌス皇帝の法典になる!
12
古代中国の秦の始皇帝は法で国民を縛った!
漢の劉邦は「法三章」で簡素化を図った!
「人を殺せば死刑、人を傷つけたら処罰、人のものを盗めば処罰する!」
法と刑が一対と見なしている!!

12
12

第2章 近代法以前
アイスランドは世界最古の議会を持っている!
しかし共和国としての独立は、1944年と言う!
イギリスの不文憲法のルーツ!
① ジョン王とマグナ・カルタ
② 「国王と言えど神と法の下にある」
③ イングランドのユスティニアヌス
④ エドワード・コークによる権利請願
複雑な歴史の国である??

オランダのの国際法の父、フーゴ・グロティウス!
12
マリアテレジアの改革! 近代化を図る!
女帝であり相続に問題有とされて、プロシア、フリードリッヒ二世と争う!
7年戦争である!
シレジアをプロシアに奪われる!
数々の改革を、息子ヨーゼフ二世と行う!
ホイリゲの名前が出て来た! 「今年のワイン」と言う意味のようだ!!
神戸に「ホイリゲ」、ウイーン料理の店がある!
ワインの名所であるが、この時期に整備された??
12
ロシアのエカチェリーナ女帝がいる!
愛人が多すぎて誰の子供か分からない??
墓を掘り返してDNAを調べたら良いのと思うが………
近代的な法整備に力を注いだようだ!!
が女帝として君臨したが、プロイセンでもありロマノフ王朝の血は引いていない!
正当な女帝なのか??  これをロシアらしいと言うのか??
12
ナポレオン法典の話になる? ナポレオンが、自分の真の栄光と言う!
日本でも翻訳されている!  箕作麟祥が翻訳する!
言葉に苦労する?? 「動産」「不動産」「義務相殺」「未必条件」などの訳語がある!
しかし翻訳も大変である???
国家の基本法を憲法と呼ぶ。
立法権、行政権、司法権が分割され、国民の基本的人権が守られていることである!!
ドイツの統治民主的と言われたワイマール憲法が、ナチスよって変えられて行く??
日本も憲法改正で忙しい………
12
12

第3章 イスラーム世界の罪と罰の考え方

「アルコール飲料を禁止する」
「豚肉を食べてはならない」
「複数の妻を持っても罰せられない」.
小学校、中学校では、回教にマホメッドと教えられた!!
今はムハンマドである!
大天使ジブリールに啓示を受ける!
偉大な教祖が亡くなれば分裂する??
二代宗派になる! この話は良く知っている???
かの有名な12イマーム派もある!!
12
イスラム教として信じなければならないことに、神のへのご奉仕がある!
「六信五行」

六信とは、神、天使、経典、預言者、来世、予定!
五行とは、信仰告白、礼拝、喜捨、断食、巡礼!
イスラムは臨機応変に対処している!!
法的な解釈を行う権利のあるものがムフティーと言う!
これにより発せられるのが、ファトワーで、見解、裁断と言う!!
具体的には、「悪魔の詩」事件!
インドネシアの震災の支援で食べてはいけなのものが含まれている!
厳格なイスラム教徒は食べずに餓死の恐れがある!
ここで支援品は食べても良いとの、ファトワーを出した!
おかげで餓死者が無くなった………
偶像崇拝、風刺画の問題??

理由はあるのだが、そこまでやるのかと思うが………
12
刑罰がある!
窃盗は、初犯は右手、再犯は左足、三度目は左手、四度目は右足を切り落とす!
姦通罪は、百回のむち打ちが男女ともである!
一夫多妻は、昔の名残とも言う!
日本では妻は尼にでもなるのが美徳である?

モンゴルもそうなのだが、戦争で戦死した妻は誰かが面倒みると言うことのようだ………
それは分かり易い!!
離婚も出来るようであるが、実際はどうなのか??
12
利息、酒、博打、女性のヴェール、ジハードのことが記述されている!!
この章は興味深かったです!!
12
12

第4章 現在社会と各国の法律
弁護士に対することわざ、名言、格言がある!
○ 弁護士多ければ訴訟多し
○ 弁護士とは言語と憤怒とを賃貸する人を言う
○ 善き法律家は悪しき隣人なり
○ 馬鹿と剛情者が弁護士を富ます
○ 弁護士の家は馬鹿の頭で建てられる

アメリカは弁護士が多い! 訴訟社会である?
例がある!
マクドナルドの肥満。セスナの操作ボタンの位置が悪い等がある!
「アンビュランス・チェイサー」 救急車を追いかける者!!
事故を裁判に持ち込むために名刺を置いて行くそうだ………
最近ローアンドオーダーを見ているので、弁護士の悪辣さが分かる???
医療過誤の訴訟でやっていけなくなって来ている?
産婦人科医が減っているのもそのせいのようだが………
銃規制、禁酒法、禁煙法、同性婚の各国の例がある!
実験は問題が多いのか??
共産主義、禁酒法………  やらない方が良かったのではないのか??
同性婚については何も言えないが………
12
中国である!! 「上に政策あれば下に対策あり」
中国人はしたたかと言う!
「法律は伸び縮みする??」
「天高くして皇帝遠し」

遠くまでは意向は伝わらない???
12
シンガポール、ブータンが記述されている!
そしてギャンブルである! カジノである!!
都市型とリゾート型がある!
マフィアの組織を排除できるのか?? それが問題??
12
12

第5章 いろいろある世界の法、規則、警告
国によって常識は変わる??
法律も変わる??  各国の例が紹介されている!
12
○ タイ     国王の話題には触れない!! 尊敬度が違うようだが………
○ シンガポール  ゴミに関する規定が厳しい! 同性婚は認められていない!
○ イギリス  かつらに法服は刑事事件では着想である! 相続は長子相続??

○ フランス  午前8時から午後8時までのラジオで流せる音楽の70%は
         フランスの音楽でなければならない!
○ フランス  法律で禁止されていること以外は原則として許される!

○ ドイツ    法律で許されていること以外は原則として禁止されてる!
○ イタリア  たとえ法律で禁止されていてもやって良いことがある!

○ 旧ソ連   たとえ法律で許されていても、実際はすべて禁止されていた!
○ スイス   法律で禁止されていること以外、
                すべての事をするように義務付けられている!
○ オランダ  売春は合法で、税金は納める?
○ アメリカ   各州によって違っている! 読んでいて面白くなるが………
             進化論は正しくない! 聖書のみが正しい???
12
アメリカ向け製品に見られる神経質な警告文が並んでいる!
アホらしくなって来る??
撮影するとき、レンズの前をふさがないように????
12
12
法律の世界地図・21世紀研究会
12
12

2018年10月29日 (月)

本・諜報戦争―語られなかった第二次世界大戦 ②(2002/9)・ウィリアム.B.ブロイアー

Photo
12
12

Part4 世界を覆う戦火
東京を焼夷弾攻撃する奇抜なアイデア

信じられないような話である??
こうもりに焼夷弾を取り付けて攻撃させる?
それが東京である! アメリカも面白いことを考える?
日本の風船爆弾みたいなものか??
爆撃機1機分で4000ケ所に火災を起こせる??
動物愛護協会が黙っていないのでは???
結局は中止になった??
12
FBIが検挙したホノルルの「スリーパー」

真珠湾攻撃後、日本のスパイの検挙が始まる?
ドイツ人スパイもいる? やはりバレて逮捕される!
処刑はされない? 報復を恐れたようだ………
12
「裏切り者」を演じたフランスの愛国者

ブレストの軍港で占領後も働いていたフランスの海軍大尉!
ドイツに取り入ったと思われた?? が実際は軍港の情報を送っていた!
いつかいなくなる? 同情はされない??
実際は処刑されている! 軍港解放後勲章を授与されて皆に分かる?
軍港の名前は、彼の名前に改名されたようだ………
12
かれらの武器は「言葉」

フランスの地下出版である!
国内の読者は200万を下らない!
ユーモア溢れる記事もある!
職業別の出版物もあり、フランスのレジスタンスの奥の深さを感じる!!
12
やっと捕獲した敵機がこっぱ微塵となった奇妙な顛末
イギリスの小型機ライサンダーは活躍した!
ヨーロッパへの潜入手段で使用され、人員の回収にも使われた!
これが着陸に失敗し、不時着する!
規定により爆破しようとするが出来なかった?
ほぼ無傷で手に入りドイツは調べようと確保を命じる!
が、これはトラックが列車と衝突して粉々になった??
パイロットは無事に回収されたようだ………
12
変装した牧師さま
ノルウェーの聖職者で、ナチに対する抵抗組織に入っている!
ノルウェー国民を隷属させるためにこの最上位の聖職者を逮捕する!
が、ドイツの参謀本部は抵抗組織に入っており、この聖職者命を救う!!
12
謎のスコットランドヤード捜査官
こう言う人間は両親と言うモノがあるのか??
殺人容疑で追われていて、ダンケルク撤退後パリにイギリスの軍服を着て現れた?
最初は愛国心で脱出するイギリス兵を助けた!
が、ゲシュタポに捕まり転向する??
マッチポンプである?? 助けながら、脱出を助けた人間ゲシュタポに売る!
戦後、疑われて警官と銃撃戦になり死ぬ!!
12
ナチによる通貨偽造の企み
通貨の偽造は商売にならない??
原価が高すぎる??  高額紙幣なら余計にだ???
インクに紙幣の紙? 透かしもある?
要は相手の経済の混乱を起こしたいときに有効である!
ナチは最新鋭の偽造工場を造った!!

1943年にイギリスは流通している銀行券をすべて回収し、
新たなデザインの剣に交換すると!!

効果はあった!!
12
薄汚いカフェでの偶然の出会い
ビギナーのスパイである!
トーチ作戦の情報を撹乱する??
上陸地点を違う位置とする情報を流す!
カフェで一人でいると若者二人が入って来る!
ピンと来て誘う!
一か八か賭ける??
酔ったふりをしてニセの計画を話するが、これに引っかかる??
来るはずのない海域でUボートが待っている………
12
ヒトラーの邪悪な守護天使
ヒトラー暗殺は何度も計画されたが、その他部に切り抜けた!!
悪魔的なカンと言う!! トレスコウ大佐が暗殺を計画する!
暗殺の希望者もいる!  当然自分も死ぬ!
邪悪な守護天使はヒトラーを守る!
だいたいミュンヘンの爆殺も早く帰ったために爆発から逃れている??
恐ろしい話である………
12
ルーズベルトの客となったナチのスパイ

モロッコのサルタンはナチス・ドイツのスパイである???
ルーズベルト大統領にチャーチル首相が来ている!
ここの会話をドイツは知る!
1943年には大陸反攻は無いとの情報もあったようだ………
非常に役に立った情報である!! 誰も信用出来ない???
12
ベルリンの売春宿に仕組まれた計略
ジャック・ヒギンスの小説では好意的に書かれる、ヴァルター・シュレンベルグ!!
親衛隊最年少の将官である?
外国の要人がくつろげる場所を作ろうと??
売春宿である!  隠しマイク、テープレコーダー、カメラ………
ベラベラ喋る???
ここにイタリアのチアーノ伯爵が来ている?
若い女が一杯で華やかな場所で逮捕される?
日記を渡せば自由にしてやる???
銃殺刑にされる………
それにしてもドイツはよくやる????
12
スパイの元締めをスパイしたスパイ
スイスのダレスのもとに来たドイツ人!
これを料理人が怪しいと報告する!
料理人がスパイである! スパイの元締めをスパイしている??
いい度胸している??  首になる!!
12
12

Part5 大攻勢

ゲシュタポを翻弄した女性スパイ
フランスのレジスタントの夫婦がいる!
夫が逮捕されてそれを救う!
妊娠中である? 計略を使い無事に救出してロンドンに行く!
そこで出産する!!
12
自分の工場を爆破した経営者
フランスはドイツに負けてドイツの軍需品も造る!
プジョーの工場を爆撃するが、はずれてフランス国民に被害が出ている?
犠牲者を出さないために自分で工場を爆破するように説得する?
これを受け入れる!
ミシュランはこれを拒否した!
爆撃隊が廃墟にする??
フランスはあらゆる作業でサボタージュしたようだ!
機銃などでも故障するようにしている?? フランスは降伏しても戦っている??
何処かの国と大違いである!!
アメリカ本土空爆計画
ドイツ本土へのイギリス爆撃機を迎え撃つ戦法がある!
ありったけの単発戦闘機を上げて、爆撃隊をサーチライトで照らす!
そうしてありったけの銃弾を叩きこむ?? これは効果があったがドイツも大半が付かイモにならなかった??
ドイツもアメリカ本土への爆撃を考える?
ただし、飛行艇である!!
Uボートを一定間隔で配置し燃料補給し爆撃する!
どう見ても無理と思うが……… 
最初は成功するが哨戒機を飛ばされて飛行艇本体、Uボートも攻撃される!
そもそも帰りを考えていない、一方通行の攻撃である??
ドイツも苦しかったんだろう………
12
デンマークの「王子たち」と七千名のユダヤ人
「王子たち」は地下組織のこと!
原子物理学のニールス・ボーア教授がいる! 後にイギリスに脱出する! 
デンマークも地下組織は活動している!
7千人のユダヤ人を救っている! ドイツの裏をかいている??
ドイツに移送さるところスウェーデンに小船で送る!
12
アイゼンハワーの秘密兵器
連合軍の上陸に対してドイツ軍の守備の情報は欲しい!
これを提供したのはフランス人たち!
全体を知らないが、個々の情報を集める!
ライサンダーで回収される!
作戦室に詳細な地図がある! 毎日更新される??
アイゼンハワーの秘密兵器である!!
12
実行されずに終わったナチの「カミカゼ」攻撃
女性パイロットのハンナ・ライッヒ!
ヒトラーの最後の時にベルリンに飛んで来ている??
この女がV1を制度を高めるために友人にせよと??
この女おかしいのではないか??
テストは自身が成功させるが、志願者が集まらない???
12
連合軍の将官二名を狙った刺客
イタリアでアメリカとイギリスの将官を暗殺しようとする!
4人派遣されるがひとりはイギリスのスパイ!
上陸地点で待ち受けている???
12
ヒトラーに警告を発した女性スパイ

ノルマンディー上陸時、ドイツが毒ガス兵器を使う情報が入る!
これを連合軍は恐れている!
逆にもし使われたら報復で細菌兵器を使用すると!!
これを二重スパイを通して流す………
毒ガスは流されなかった………
12
脅された情報管制

ノルマンディー作戦前、イギリスは警察国家と化した??
情報を守るためである!  チャーチル首相にも尾行をつけた!
交通違反もするなと警告した!!!
その中で作戦を知る軍人を捕虜になる可能性のある作戦に参加させない!
この扱いについて迷う!! 作戦を知っていたと判断する!!
ここからは狐と狸である? 二重スパイもいる??
保護されて帰還する時に又逮捕された!!
結局情報は漏らさなかったようだ………
12
魔法使いとキノコ農家の男
ドイツのV1の攻撃が始まる!
連合軍は発射基地を叩く!!
「暗号名 魔法使い」のスパイがキノコ栽培の農民から発射台の情報を得る1
V1に発射台である!
これを爆撃する! 一回では不足で再度攻撃して破壊する!!
魔法使いとキノコ栽培の組み合わせが面白い!!
12
息子を乗せた潜水艦に伝えられた爆発警告
マッカーサーの補佐官、ホイットニーの息子が配属される!
海軍である! 潜水艦でフィリピンのゲリラに爆弾を供給する!
この爆弾が自然発火するとの情報を潜水艦に伝える!
潜水艦には息子が乗っている!
艦長は爆弾はゲリラが必要としていると拒否する!
この爆弾が日本の武器庫を爆破したようだ………
12
ノルマンディーの奇妙な休戦
ノルマンディー上陸後、ドイツの看護婦らを連合軍に引き渡したいと!!
これが2回ある!
引き渡しの間は休戦になる??
がこの休戦時間が長い!! 4時間以上休戦である??
これをドイツ側の休戦の打ち合わせと考えている??
実際は分からないが………
12
ヒトラーのための「毒薬」治療

ヒトラーは暗殺計画で、爆殺から逃れている!
この時の医者がいる??
ヒトラーが信頼した?? さりげなく診察する!
「権力が強迫観念となった神経症」
毒殺しようとしてコカインを投入するが死なない!
具悪に元気になる! 守護天使が付いている??
12
蒸気機関車を盗んだベルギーのレジスタンス

ドイツは連合軍の爆撃を恐れて機関車に資材を積んで隠す!
燃料を積んでいることが分かり、ベルギーのレジスタンスが攻撃する!
機関車を盗み、爆弾を積みトンネルに突っ込ませる!
運転手たちは、トンネル前で脱出する!!
12
ワイン商人の取引で救われた街

ボルドーには行っている! 一面のワイン畑である!!
ボルドー港もヒトラーは爆破命令を出している!
ドイツの軍曹が幻滅を感じて、爆破計画をレジスタンスに教える!
レジスタンス側も信用する! 実際に保管の爆弾を爆破する!
が橋がある! ドイツと停戦の打ち合わせをする?
ドイツの海軍将校は戦前からワインを扱っている!
ボルドーのレジスタンスはワインの関係者も多い!!
双方知り合いである! 
ドイツ軍は撤退したが、橋も港も無事だったようだ………
12
12

Part6 勝利へと突き進む連合軍
この章、戦争の最終段階である!
アントワープを救った秘密軍
ノルマンディーに上陸した後、シェルブール港はドイツに破壊される!
総統命令で、アントワープも破壊の命令を受ける!
ベルギーのレジスタンス、秘密軍がこれの阻止に動く!
イギリス軍を誘導する! 
この時ドイツ軍の軍曹の頭に銃口を突きつけて起爆装置のありかをはかす!
アントワープ港は守られるが、150名のレジスタンスの命が失われた!!
12
オランダのホテルに隠された真実
オランダのホテルの支配人の親子である! ホテルはドイツが使用する!
オランダ解放後、この親子はドイツ協力者として息子は襲われる!
が実際はドイツの情報をレジスタンスに流していた………
息子の妻が口述しに行く! 負傷後、本当の話が広まる!
この襲った、正義漢の塊の偽善者はどうなったのか興味があるが………
12
誘拐被害者に「ギフトラッピング」を
枢軸国側のハンガリーが脱落しようとする!
ヒトラーは許さずに、ヨーロッパでもっとも危険な男、オットー・スコルツェニーがホルティを拘束させる!
終戦まで優雅な保護拘置を受ける………
12
ドイツ軍による巧妙な幻惑作戦
バルジ大作戦の開始である!!
ヒトラーの狂人ぶりが表されている………
港町、アントワープの奪取であるが………
12
第三帝国にながれこむスパイたち
大陸反攻前にスパイをドイツの送り込む!
小型の通信機を持たせている!
これ等の活躍が記述されているが、ドイツ将校の裏切りもある!!
責任者が行方不明になる? 殺されたかと思われたがソ連に捕まっていた?
偽の身分がゲシュタポだったので逮捕されたようだ………
良く助かったなと??
12
コペンハーゲン市内に突入したイギリス軍爆撃機

この爆撃は良く行われたようだ? これに最適の爆撃機、モスキート爆撃機がある!
ゲシュタポ本部に捕らえられたレジスタンスを爆殺、混乱に乗じて脱出させる!
イギリスは実績があるが爆撃隊は難しいと!
チャーチルまで動かして実行する!
これを推進したスパイは現地の調査、写真まで撮影している!!
爆撃は成功するが、犠牲者も多く子供も死んでいる!
スパイは後日、犠牲者の身内に謝る! 受け入れてくれたようだ………
12
イタリアに駐留するドイツ軍を降伏させたSSの将軍

SSの将軍が終戦に動く! ダレスに会う!
これ以上の戦争はドイツ国民に対する犯罪行為だと?
イタリア戦線はドイツの防御網が機能して、連合国軍に多大な出血を出させている!
ドイツの将軍は、名誉ある降伏を認めた!!
降伏できたようだが、1945年5月1日である?
12
幻に終わったベルリン攻略作戦
パットン将軍に任せてベルリンを攻略すべきだったか………
2個空挺師団をベルリン攻撃に送る!
がこれはスターリンが知っていて、ベルリン攻撃を急がした!
ベルリン攻撃に対する、兵の死傷者は10万になると予想される!
ドイツは半分ソ連に渡すとルーズベルトが決めている?
そこまでの犠牲を払う価値があるのか??
賢明な判断か???
12
緊急指令  百機の巨大ミサイルを奪取せよ

ドイツの優秀な技術がある!
米英ソを凌駕している部門もある!
V1、V2のロケット、ミサイルである!
各国はその技術に技術者を自国のもにしようとする!
その中で100機もあるミサイルがソ連占領地域にある!!
これをアメリカ側に持って行く!! 長さ14mに重さ13トン!!
戦後体制を見据えた争いである??
成功するが、相当苦労している!!
12
12

ウィリアム.B.ブロイアー
12
12

2018年10月27日 (土)

本・不思議な戦争の話―本当にあった戦場の出来事40話(2008/9)・広田 厚司

Photo_2
12
12

敵国のドイツを騙すために、味方さえもあざむく、用意周到な英国の作戦計画。
ドイツのスパイが英国内で意外と簡単にその正体を暴露してしまうのはなぜか。

比島戦での日米兵士の一夜の出来事など第二次大戦で起きた
ミステリアスな謎と事実を描く話題のベストセラー第二弾。

写真と共に読む信じられない物語の数々。
12
12

40話ある!
諜報、戦場、政治謀略とある!!
大変楽しいドラマ、真実なのかと言う話も多い!!
内容は下記の通りである!!
12
12

はじめに
第1部 諜報

第1話  「海ざり蟹」作戦Ⅰ  美女スパイ・マダム・ヴェラはどこへ消えたのか
この辺りの話は分り難い!
この章は、著者お得意の「スパイ大作戦」である!
ドイツがアシカ作戦のために、イギリスに送り込んだ美女スパイ!
どうなったかは不明であるが、ダブルスパイか??
どうなっているのか分からなし、生き延びたようだ………
12
第2話  チャーチル首相暗殺計画  エープリルフールに起こった真実
チャーチル暗殺作戦と言えば、「鷲は舞い降りた」!!
4月1日では、胡散臭い話はなかなか信用して貰えない??
ヒムラーよりチャーチル暗殺の命令を受けて英国に潜入した?
その後は分からない??
転向した記録も無く、自殺したのか??
12
第3話  ノルマンディ号炎上  豪華客船に誰が火をつけたのか
フランスの豪華客船である!!
フランスが降伏し、ニューヨークに停泊している!
この旅客船は12000人も乗せれる!
これがアメリカに渡ればドイツにとっては打撃である?
真珠湾攻撃によりドイツとアメリカは開戦する!
ノルマンディー号は改名されて輸送船への転換作業も完了する!
が、その時謎の爆発をする!!
12
第4話  不可解な広告  真珠湾攻撃を示唆する暗号だったのか
サイコロゲーム広告がある!
これを見て暗号ではないかと連絡してきた市民がいる??
暇なんかいや………
チョッとしょうも無さ過ぎる!!
東洋人が不審がられて、拘束される!
その中では、分けの分からない暗号はどうでもよくなる??
12
第5話  英国の激しい反逆罪  処刑された若き英船員スパイ
ドイツの女スパイに篭絡される??
何気ない情報が喜ばれて、話を聞き出し連絡すれば金にもなるし女に喜ばれる!
が重大な機密情報は無かった??
それでもスパイ行為であり処刑される!
本人は反省していて、死刑までとは言う意見もあったが………
12
第6話  異色のスパイ・ガルボ  英・独両国から叙勲された情報員
またまた二重スパイである!
ドイツのスパイであるが一匹狼で、反ナチ思想の持ち主である!
イギリスに情報提供を断られる!
自分でニセ情報をドイツに流す! それがイギリスに知れ二重スパイになる!
英・独両国から叙勲された情報員となる!!
生き残ったと言うのが凄い………
12
第7話  米捕虜ジョネルス少尉の日本からの葉書  素人暗号が重要情報を知らせた
フィリピン戦の捕虜を日本は国内に収容し、労働させる!
その時に、100字の制限内で国際赤十字を通じて捕虜が葉書を送る!
数字に意味があった??  50%と30%である!
揃うと暗号が伝わったようだ?
12
第8話  マックス情報  独・ソの二重スパイだったのか
ドイツのスパイであるが、ソ連のスパイである?
ドイツにソ連の情報を流すが、情報源が分からない!
あまり素晴らしすぎて疑われる??
イギリスは見破った?? 情報にドイツの勝利に結びつくものがない!
そいうところから疑われる??
終戦間際にどこかに消えたようだ??
12
第9話  ドイツのスパイ・ナスター・クラマー  情報源「ジョセフィン」の正体は誰か
連合軍の情報を流す! 
スウェーデンで情報を仕入れる? 情報源「ジョセフィン」の正体は誰か??
イギリスは情報漏洩ルートを確認する!
当然そのままにしてニセ情報を回す1
今度はドイツが不審な情報に気が付き逆に仕掛ける!
これに引っ掛かり信用されなくなる??
策士策に溺れる???
12
第10話  秘匿名「テート」  ドイツの勲章を受けた英国のダブルスパイ
イギリスのドイツスパイの転向がある!
潜入しながら、ハナからバレていて逮捕される!
死刑か?? 二重スパイか??
「テート」は転向し、情報を送り続けてドイツの勲章を受ける!!
複雑な心境か???
12
12

第2部 戦場
第11話  ヘネプの鉄橋  オランダ軍の不可解な手抜かり
ドイツのコマンドー部隊である!!
イギリスの方が先輩である!!
ポーランド戦でも活躍した??
「黄色のケース」の作戦がある!
オランダ、ベルギー、フランス侵攻である!
電撃戦には橋の確保は重要である!!
橋の爆破はオランダの51歳の老軍曹が爆破の権限を持っている?
そんな事があるのか?? 爆破出来ずにドイツが押さえる!
この時有名なドイツの連絡機が撃墜されて作戦が連合軍に漏れる??
上手く行く時は失敗も成功の肥やしである!!
12
第12話  フライング・タイガース  正体不明機を迎撃せよ!
フライング・タイガースはP40である!
無線機を重い理由で搭載していない?
このP40がミンダナオ島から飛行して来るが、正体不明と言うことで攻撃を受ける!
台湾の日本軍基地に爆弾を落として来ている!!
1機は墜落する!! P40ウオーホークは頑丈と言う!!
12
第13話  不思議な偶然  ここの風景は絵葉書と同じだ!
古書店に本を頼む! 来た本の中に絵葉書がある!
なんと今自分がいる建物である!!
偶然とは思わない???
12
第14話  ヘイズ曹長の初飛行  B17を操縦した整備員
整備兵がB17を操縦して脱出する!
のった17人は気が気ではないが、無事に着く!
12
第15話  大漂流  エディ・リッケンバウアーの予感
第一次世界大戦で26機のドイツ機を撃墜してエースになる!
B17に乗り変な感じがした! 実際に計算を間違えて目的地を通り越している!
太平洋を24日間漂流して助けられるが、それなりに努力はしている!
52歳???
12
第16話  チャールズ・コレーラ曹長の幸運  命を救ったキャンディ・バー
イタリア戦線、ドイツの砲撃観測所を爆破に行く!
特攻作戦みたいな感じである!
曹長のポケットに入っていたキャンディ・バーに砲弾の破片が刺さっていた!

命の恩菓子か???
12

第17話  マーク・クラーク中将の予感  間一髪、不思議な感覚に命を救われる
1944年のイタリア戦線で、PTボートに乗り、何故かした移動する!
そこへ砲撃される!
そこに入れが死んでいた?
なぜ動いたのか? 不思議な感覚に何を思うのか??
12
第18話  ジョー・ケネディ  ケネディ家の不幸の始まりか
25回の戦闘飛行を終えて帰国しているが、再度志願する!
V3?? 実際は成功していないが発射陣地がある!
これを爆撃に行く! B24である!!
が空中爆発し戦死する!
もし生き残っていたら大統領か???
12
第19話 ヘビー級チャンピオン、マックス・シュメリング 連合軍兵士に敬愛されたドイツ兵
ヨーロッパ人で初のヘビー級王座に就いた!
空挺部隊に所属する!! クレタの戦いにも参加している!
終戦時、英兵がチャンピオンを知っていて、あいさつされた様だ!
戦後再素ボクサーになる………
12
第20話  バルクレー掃海艇隊  戦闘日誌に残るユタ海岸のミステリー
ノルマンディー上陸作戦で機雷等を除去しているPTボートの群れ!!
暗夜で行動に制限がある時に、照明が付いた?? ドイツ軍のモノなのか?
それに敵の目の前で掃海しているのだが攻撃されなかった?
戦場の不思議な感覚か???
12
第21話  勇猛フリント大佐  ノルマンディ戦線と老大佐の死の予感
老大佐で、アイゼンハワーの後輩で書類が嫌で第一線に出る!
56歳で、北アフリカからイタリアと参加し、ノルマンディー上陸にも参加する1
そうして、俺は自分のチャンスを使い切ったと!!
そこで死ぬが、最後まで戦っていたようだ………
12
第22話  NBC記者ブラウンの特種  母親が検査したパラシュート
パラシュートは製造段階から検査納品まで厳しい安全検査システムが構築されている!
記者がのった飛行機の兵が絶対にパラシュートが開くと!
何故なら母親の名前が書かれている?
検査を母親がやっている?? 無事に生き残れたようだ………
12
第23話  ニュース・スクープ  ドーバー海峡を飛んだ伝書鳩
ノルマンディー上陸後の情報を知らせるように手配はしている?
が、実際に来るかどうか自信が持てなかったようだ………
この時に伝書鳩を持って行っている? しゃれなのか??
そうして実際に送る!! これが役に立つ1
アナログも馬鹿に出来ない???
12
第24話  マーケット・ガーデン作戦  自分の運命を予測した米空挺中尉
米空挺部隊の中尉が、戦いの最中に自分の死を予言した!
生き残った部下がそれを聴いていたので、中尉の死体を発見した時、何を思ったか??
12
第25話  壕の中の日米兵士  マーフィ空挺大尉の奇妙な体験
1944年10月に日本の空挺部隊が攻撃してきた!
守る米空挺大尉が塹壕に飛び込んだとき、先客がいた!
日本兵だった………
12
第26話  米潜水艦「タン」  自分の放った魚雷で撃沈される
1944年、自分の放った魚雷が旋回して自分の潜水艦に向かって来て撃沈される?
そう言うこともあるのだろう………
この魚雷は音響追尾装置は無い魚雷だったようだが………
12
第27話  パットン将軍 その1 前世を信じる不可解な予感者
優秀なスポーツマンである!
狡猾な味方より、勇敢な敵を好む!! 何処か直ぐにわかる??
1943年にチェニスでどちらに行くか、運転手と意見が分かれた!
おれはこの地でカルタゴ軍でローマ軍と戦ったのだと!!
右へ行けと!! 目的に行けたようだ………
神がかり的な何かがある??
12
第28話  パットン将軍 その2 ヒトラーのアルデンヌ反撃を予感する
ヒトラーのアルデンヌ反撃を予感したようだ!!
がクリスマスでもあり、信用されなかった??
実際に救援したのはパットンか??
12
第29話  パットン将軍 その3 奇妙な人生の終わり
自分の人生が終わりに近づいていると感じ、そう言う言動を取っていた!!
朝鮮戦争でパットンが司令官ならどうだったか??
12
第30話  ニューヨーク攻撃  V2ロケットで摩天楼を狙う
UボートにV2を曳航させてニューヨークを狙う!
Uボートからロケット弾を発射することは考えられていたようだ?
Uボートも大戦末期には航続距離も長くなっている!!
問題は大きかったようだ………
12
第31話  アーニー・パイル記者の死  使い切った「運」と死の予兆

従軍記者で戦場の様子をレポートした! 
北アフリカ戦線で従軍して1944年に一度帰国する!

1945年には沖縄に行く! 伊江島で死ぬ!
兵士だけでなく将軍にまで親しく声をかけられる?
「自分のウンを使い果たした?」 と謎めいた言葉を残している!!
12
第32話  幽霊軍人  チャールズ・ジェームソンとは何者か
勝利に貢献した軍人のようだが、記憶喪失で一切の過去は分からない!
幽霊軍人か??
12
12

第3部  政治謀略

第33話  ドイツの手先ウィリアム・ジェイス  
              ドイツの放送アナウンサー、ホーホー卿の正体

もっと活躍したのかと思われていたが、意外にしていない??
謎めいた人物と思っていたが………
初めは興味本位で放送を聞いていたが、別れた妻が見破って相手にされなくなった??
戦後処刑されている!!
12
第34話  「あしか作戦」の後  戦慄の英国占領極秘計画
17歳から45歳の強健な男子を大陸へ移住させる!
住民の生活用品以外の財産を没収する!
反独組織に抵抗組織を摘発し、拘束すべき人物のリストも作成している!

イギリスは最悪を考えて上陸されれば、
南部海岸にマスタードガスをバラまく計画もあった!!

もしアシカ作戦実施となればメチャメチャな事になっていた!!
12
第35話  SL125船団  トーチ上陸作戦の囮船団だったのか
空荷の船団である! トーチ作戦のために情報を流しUボートが攻撃する!
本隊の上陸の船団はこれで攻撃を受けなかった………
流石イギリスと言うべきか??
12
第36話  ウィリアム・エディ大佐の活躍  北アフリカ上陸戦の最大功労者
トーチ作戦のためのニセ情報をドイツに流す!
上陸地点のごまかし??
ドイツの情報を探り、パットン将軍も評価した!
12
第37話  ウラニューム商人  マンハッタン計画を助けたベルギー人
このウランがなければどうなっていたか??
最終的には3万トンのウラン鉱石をアメリカに渡した!!
12
第38話  カチンの森の虐殺  真犯人はドイツかソビエトか
有名な虐殺である? 

ポーランドに行けば、初戦のポーランド新攻、ワルシャワ蜂起にカチンの森は
トラウマになっている??

真実はソ連と分かっていても認めない!!
第二次世界大戦遂行のためにはソ連を責めれない??
必要は法を知らない!!!
カチンの森の場合は実際に死体が発見されて、銃弾も確認されている!
法医学者もソ連の犯行とした??
実際にアメリカの高級将校が現場に立ち会っていたが、報告は無視されたようだ!!
がゲッペルスが騒げば騒ぐほど信用されなくなる??
12
第39話  カナリスとシュレンベルグ  奇妙な対決、友人を処刑した野心家
カナリスとシュレンベルグは良く分からい?
能力は有るのだろう?
情報組織の一元化の権力争いの末、カナリスは処刑された??
12
第40話  秘密の城  ゲッペルス宣伝大臣の休憩所
ヒムラーやゲーリングならわかり易いが、ゲッペルスとは………
古城、リュイト・シュロスで息抜きをしていたようだ??
しかし交通手段はどうしていたのか??
12
主要参考資料
12
12

広田厚司
12
12

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ