ポーランド

2019年9月 2日 (月)

本・おとなの教養 2 私たちはいま、どこにいるのか?(2019/4)・池上 彰

2_20190901001401


教養とは、「立ち止まって考える力」です。
AIとビッグデータ、キャッシュレス社会、民族紛争に地政学、ポピュリズムから日本国憲法まで─。
いま知っておきたい6つのテーマについて、歴史や経済、政治学の教養をベースに、
わかりやすい解説で問題のみなもとにまで迫る。
32万部突破『おとなの教養』(NHK出版新書)の第2弾、満を持して登場。新聞やテレビの報道が、
より深く理解できるようになる!

著者の本はよく読んでいる方である!! 佐藤優とともに書きまくっている???
なのでダブっているところも多い!!
相変わらず丁寧に何度も書いて、分かるようにしてくれている!!
今話題のことについて解説してくれている!!
韓国の話題については時期が時期だけに書かれていない!
AIとビッグデータ  キャッシュレス社会と仮想通過  なぜ民族紛争が起こるのか?
地政学  ポピュリズム  ブレグジットとトランプ現象をどう読むか? 日本国憲法
どれもよく分かる!!
内容は下記の通りである!!

序 章 私たちはいま、どこにいるのか?
第一章 AIとビッグデータ  人間には何が残されているのか?
第二章 キャッシュレス社会と仮想通過  お金はどう変わろうとしているのか?
第三章 想像の共同体  なぜ民族紛争が起こるのか?
第四章 地政学  地図から見える大国のホンネとは?
第五章 ポピュリズム  ブレグジットとトランプ現象をどう読むか?
第六章 日本国憲法  何がいま、焦点になっているのか?
文献案内
おわりに


序 章 私たちはいま、どこにいるのか?
著者の特徴である!!  最初に短く本の内容を解説している!!
「リベラルアーツ」???
時代が動いても変わらないような普遍的教養を言う!
ヨーロッパの大学で学問の基本とされた七科目!
文法、修辞学、論理学、算術、幾何学、天文学、音楽!!
著者が考える現代人必須の自由七科は??
宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人!
・教養を学ぶことは普遍的な考えを身に付ける!
・日頃のニュースを、身に付けた知識で考え直す? 騙されない??

著者の情報収集がある!!
特に印象に残るのは、アウトプットを考えてインプットする!!
誰かに教えることを意識して情報、知識を収集する!!

アメリカはモンロー主義の国で、アメリカファーストの国である!!
寄り道したが変わっていない??
イギリスはヨーロッパから距離を置いている国である!
現在のEU離脱も方針変更ではない!! そう言う国であると!!

下記の件で解説する!!
①  AIとビッグデータ  
②  キャッシュレス社会と仮想通過  
③  想像の共同体
④  地政学  
⑤  ポピュリズム  
⑥  日本国憲法 

第一章 AIとビッグデータ  人間には何が残されているのか?
ラッダイド運動??
産業革命時、イングランドで織物の機械を、労働者が打ち壊した!!
現在でも自動運転の車の襲撃事件が多発している?

「シンギュラリティ」
汎用型人工知能!
人間がデータを入力していたが、コンピューターが自分で管理するようになる??
「デープラーニング」である!!
これはどうなのか??
著者の本ではよく出て来る新井紀子の名前がある!!
「シンギュラリティ」は絶対に来ない!
実体験である!! 信憑性はある!!
人間同士であれば質問も裏があると感じるが、AIは理解出来ない!
膨大なデータの中から、回答を選び出す!
そう言う問題がある??
しかしもっと問題は、中高生の「読解力」と言う!!
例があるが、文章と漫画があるが、漫画しか見ていなくて理解したつもりになっている!
要は必要ないと思っている!!

まずい例がある!
①  企業の採用基準!  データを絞り込むと、白人ばかりになった!
 授業員が白人ばかりで、データが白人が多く、白人を選んだ!!
②  犯罪予防!! 
 アメリカで予防的に犯罪の多い場所と時間をデータ化した!
 すると黒人ばかりが捕まった!!
③  アメリカの学力低下??
 それを教師のせいにした?? 成績が悪いと教師の教え方が悪いと!!
 そうすると大規模な成績の書き換えがあった!! 情けない!
 来れにはおまけがあり、それまでは大学に行かないような学生も試験を受けて、
 成績を下げた?? 大学の大衆化である!! よく分かる!!!
④  ゆとり教育?
 全く成績を下げた理由ではなさそうである? それより教育の側に問題がある!
⑤  アメリカの学費が上がったのは??
 大学ランキングがあり、よくするのに設備を充実させる! それに金がかかる!
 その金が授業料に跳ね返っている??
⑥  選挙に無条件にAIを取り入れるのは危険である!
 データの不正使用はある???
⑦  中国は進んでいる!! 顔認識、音声認識、個人のデータを監視している!
 1984年の世界が中国で実現している!!
⑧  AIの兵器化がある!!
 イスラエルは顔認識を積んだドローンで暗殺を図る1
 状況を考えずに、目標を見つけたら排除する!!

未来に対して思考できるのは人間だけである!!

第二章 キャッシュレス社会と仮想通過  お金はどう変わろうとしているのか?
お金は??  共同幻想?? 単なる紙幣も、作るのに10円台であるが、みんなが1万円と信じている!
だからお金は価値がある???
簡単な貨幣の歴史がある!!
① 貨幣の誕生 物々交換から、貝殻、紙幣、硬貨が出来る?
② 兌換紙幣から不換紙幣へ  金と交換出来なくなる!!

世界はキャッシュレス化している!!
中国は進んでいる!! 国民総監視になるのか?
スウェーデンに行った時、2回目に実感したが………
リーブロック化???  カエル飛び?????
中東などが鉄道を引かずに一挙に自動車社会化した!!
アフリカが電話網引かずに、一挙に携帯電話が発達した??
中国もキャッシュレス化を進めている!!
これは中国が蛙飛びで一挙に進もうとしているのか??
実際に進んでいるが、すべて国に把握されている??
管理国家である! 5Gでも実際に情報を抜いているのか???
日本はキャッシュレス化では、財務省と経済産業省の暗闘がある!!
ポイント還元で違いがある!!!
どちらにしても国民の管理を行う!!  異常な入出金があれば直ぐ分かる???

仮想通過である!!
よく損をしたとニュースになっている!!
実際に何が便利なのか??  海外送金に便利??
お金の価値!!
①  交換  ② 貯蓄  ③ 尺度(物の値段)
ビットコインは主役になるのか??
中国は賢い!! 把握出来ないからと廃止にする??
キプロス危機があり、銀行の取り付け騒ぎがある!
この時銀行を介さないでビットコインで海外送金をした!!
一躍脚光を浴びた!!
何事も不正はある?? 儲かるとなれば特にそうである!!
著者はまだ進めていない!!
一般人がわざわざやる価値は無いと思うが………

第三章 想像の共同体  なぜ民族紛争が起こるのか?
民族  想像上の存在!
人種  白人、黒人、黄色人種…………
部族  血縁、地縁によるグループ!
民族意識が生まれるには無き科きっかけが必要である!!
セルビアとクロアチア、チェコとスロヴァキア! 言葉による違いな少ないようだ!
日本は伝説を持っている? 古事記に日本書紀である! 民族は物語を持っている!
ユーゴスラビア、ベルギー、スイス、ソ連は国名の言語を持たない!
ユーゴスラビアにソ連は崩壊した………  ベルギーは揺れているが………
ユダヤ人になるには試練がある! 単に宣言しただけではいけない!
学科試験に実技試験がある!!
イスラエルはユダヤ人の国である!! イスラエルにもアラブ系はいる!
出生率が高いので、イスラエルの人口に影響する? ユダヤ人が少なくなるかも???

世界の民族! 植民地支配に民族を利用する!!
① ルワンダ 少数民族のツチ族とフチ族
  支配のために少数民族を利用する! それがフチ族のツチ族の大量殺害に繋がる!
  ベルギーの植民地である!!
② フランスはカンボジアを支配するとき、ベトナム人を利用した!
③ インドは宗教を利用して、シーク教徒を利用した!

第一次世界大戦まで中東を支配していたのはトルコである!
イギリスの3枚舌外交がある!!
① フセイン・マクマホン協定  アラブの国を造る!
② サイクス・ピコ協定     イギリス・フランス・ロシアで分割する! ロシアは革命で脱落!
③ バルフォア宣言       ユダヤ人に国を造ることを認める!
戦後、サイクス・ピコ協定でイギリスとフランスで分割する! 
はじめはアラブ人も受け入れたが、国を造ろうとしたので紛争になる!
これによりアラブ人に民族意識が生まれて、パレスチナ人になる!!
レバノンは民族意識でまとまらなかった!!
ブッシュ大統領(ジュニア)のイラク攻撃でイラクに民族意識が芽生えた!!
クルドは世界最大の国を持たない民族と言う!!
国にまたがってい住んでいるので各国で弾圧を受ける!!
イラク、トルコ、イラン、シリアである!
中東の紛争でイラク、ISなどと戦う!
それで自治区を造れるが、独立になると各国が邪魔する!!
オスマン時代は意識は無かったようだが、分かれてから民族意識が芽生えた!!
これを読んでいると、混乱の責任はイギリスにある???
EU離脱もそうであると思うが………

第四章 地政学  地図から見える大国のホンネとは?
佐藤優が地図の大切さを言っている!!
太平洋戦争、陸軍は地図を理解出来ていない??
理解していたら、インパールに侵攻しない??

シーパワーとランドパワー???
シーパワー  イギリス、アメリカ、日本………
ランドパワー 中国、ロシア、ドイツ………
国際政治は二つのパワーの駆け引きである!!
なぜ対立するのか?? 
両方追いかけているのは、中国の一帯一路!!
開発に金を貸して、返せないことを見越して、インフラの回収に走る!!
かって鄭和が航海したところは中国領である!!
そう言う事では南シナ海は中国領土であると??
ツキジデスの罠????
新興国が急激に成長して覇権国を脅かすようになると、緊張が高まり戦争になる危険性が大きくなる!

敵に敵は味方???
中ソ対立時、周恩来は日本に核武装を勧めた!!
ソ連に対して日本と協調しようとした???
北方領土は日本領となっている!
では尖閣は?? 書くまでもないと言うことか??
ロシアは緩衝国を求める!!
中国との間にはモンゴル!!
冷戦時はワルシャワ機構軍!
敵と直接領土を接したくない??

ウクライナはロシアの語源のルーシ公国発祥の地である!
麻生太郎がキエフを高天原のたとえた!!
著者も麻生太郎が知っていたと驚いている?? 馬鹿にしている??
北朝鮮の地図は日本とアメリカは塗られていない!!

中東である!!  アフリカもそうであるが、国境が直線である!
サウジVSイラン??? 宗教もかむ!!
イスラエル、サウジ、イラン、トルコ、シリアなどややこしい!!
トルコでカショギ記者を暗殺したのは、サウジの王子??
中東も脱石油に走っている?? 国際金融か???
記者の暗殺に皇太子が噛んでいる??
暗殺時、ニューヨークの株価が下がった!
この時サウジが買い支えた!!  株価は直ぐに戻る!!
武器購入もありトランプ大統領は現実的で、正義感は無い!!!
地図は良く見たほうが良いと!!

第五章 ポピュリズム  ブレグジットとトランプ現象をどう読むか?
かって読んだ本にあった!  西ドイツコール首相!!
国民が選んだ議員が決めることを、国民投票にかけるのを嫌がった!!
国民投票は良いのか??
イギリスのEU離脱!! スコットランド独立!
スペイン・カタルーニャ独立!
大阪都構想!!!  混乱を招いている???

アメリカ大統領の選挙の仕組みがある!!
子供の頃から面白いと思った!! 選挙人制度である!!
高坂正尭が言っていたが、完ぺきなものはない!

ポピュリズム???
① 民主主義にはどうしてもポピュリズムの要素がある!
② エリート蔑視!!  反知性主義である!!

ブレグジットは、ブリテン+エグジットの造語である!!
「最後の授業」は教科書にあった! 最近は教えないようだが………
ヨーロッパを一つにしてしまえば戦争は起こらない??
ECSC      アルザス・ロレーヌ地方を監視する!
ECC      欧州経済共同体
EURATOM   欧州原子力共同体
EC        欧州共同体
EU        成立する!!
結果、人の流れが加速して、ポーランド国民が大量にイギリスに来る!
イギリスで働いた方が自国で働くより儲かる!!
医療制度も発達しているので良い医療が受けれる!!
イギリスはポーランド人に仕事を奪われている!!
EU離脱の問題は、北アイルランドの国境問題にある!!
ここがネックになっている!! ザルになりかねない!!
ロンドンから企業が逃げ出している???
日産もホンダも撤退か?? 金融機関もロンドンから離れていく!

2019年6月に、スコットランド、北アイルランド、ロンドンと行った!
離脱前に行っておきたかった??  もう行く事は無いかも………
この時、ユーロスターでブリュッセルに行った!!
一時間遅れたが、誰も文句も言わないのは感心した!!
EU離脱となればこのユーロスターも問題になる!!
検査も厳しくなる!!
それでも、合意無きEU離脱でも離脱したい????

アメリカはラストベルトである! トランプ支持の牙城なのか??
見捨てられた?? が、トランプなら何とかしてくれる??
いま中国との関税合戦がある! この関税をトランプ大統領は中国が支払うものと思っていた??
最近のニュースで、オピオイドが良く出て来る! 鎮痛薬である!!
製薬会社が訴えられている?? 負けそうであるが………
ラストベルトには失業して、オピオイドに手を出している人が多い!
突然死が多い!!

莫大な労働力が流れ込んできて、これまで安定した生活を送ってきた人賃金が下がり、
失業率も増えた!! これらの不満が出たのが、ブレグジットとトランプ現象・アメリカファーストである!!

第六章 日本国憲法  何がいま、焦点になっているのか?
安倍総理は96条について演説していた!!
「大多数の人間が憲法を変えたいと思っても、96条で出来ないと!!」
発案に2/3の賛成がいる? これを過半数に変える??
そのそも大多数の国民が賛成しているのだからと言うことは、2/3の国民が賛成しているのでは??
自衛隊の存在はどうなのか??
朝鮮戦争が起こらなければ、出来ていなかった??
憲法についてはアメリカから与えられたものだから問題だと!!
一概にそうは言えないようだ!!
最初の憲法原案が気に入らず、マッカーサーが案を作らせ、それを日米で改正していった!
日本の意見も入っている!!
学生時代に、先生がこれは良い憲法だと言っていたが………

戦争放棄について、共産党が自衛のための軍隊なら良いのではないか??
吉田茂が、戦争は自衛のためと言って始まる!!
そう言って軍隊の保持を行わないと!!
こう言う時代もあった?? ところが朝鮮半島で戦争が起こった!!
ここからややこしくなる!!
では自衛のための戦力はどの程度か??
今やヘリ空母も4隻保有している??
空母への改造が言われている!!
強力な軍隊である!! 

国民の三大義務がある!
「納税」「勤労」「教育」
働かなくても納税していればよい!!
海外では、はっきり日本軍と言う!
自衛隊などと言っても通用しないし馬鹿にされる??

安倍総理は執念がある!!
集団的自衛権を認めさせる!!
自衛隊斯加憲論も安倍総理は考えている!!
岸元総理以来の念願である!!

日本は立憲主義であると!!
国民は法律を守らねばならない!!
憲法は国の最高権力者が守るものである!!


おとなの教養 2 私たちはいま、どこにいるのか?・池上 彰

 

2019年1月13日 (日)

本・AI時代の新・地政学(2018/9)・宮家 邦彦

Ai
12
12

AI時代を迎え、従来の地政学の常識は大きく書き換えられていく。

戦略兵器となった「AI兵器」が核にとって代わり、
熱い戦争ではなく「水面下の刺し合い」が主戦場となる可能性すらある。
大事なのは、技術の革新を認識しつつ、変わらぬ人間の本質と冷徹な現実を見据え、
世界の行く末をクールに考え抜く姿勢だ。
戦略的思考に定評のある元外交官が、縦横無尽・自由自在・ユーモアたっぷりに
未来を読み解く。

12
12 
    
宮家邦彦も久しぶりである!!
大変好きな元外交官である?

内容は下記の通りである!!
12
12
はじめに

第一章 AI革命で激変する地政学
第二章 歴史の大局観を磨く
第三章 ダークサイドの覚醒と諸帝国の逆襲
第四章 「核の脅威」の本質
第五章 蘇るナショナリズム
第六章 米国は衰退し、中国の夢が実現する?
第七章 要人へのお節介メッセージ
第八章 ちょっと変わっているが、素晴らしい国
これから何が起きるのか  「おわりに」にかえて

12
12

相変わらずたとえ話が多い!
シュミレーションは面白いが………

12
12

第一章 AI革命で激変する地政学
AIなれば全て上手くいく??
金融機関もAIならば問題がない???
上手くいくと??
そんな事は無い!!

12
第5次中東戦争はもう始まっていると言う!
直接的な武力ではなく、サイバー空間である!
今やサイバー攻撃が安上がりで効果的である?
攻撃ソフトは価格が下落している?
大国でなくとも、人口も少なく貧乏でも攻撃出来る??

12
AIが作る芸術に創造性はあるのか
AIは、音楽のあらゆるデータを取り入れ、それから作曲する!
それは芸術で、感動的なものなのか??
なんでもAIだから………
そう言って許される??
人間が考えなくなる???

12
AI革命はダークサイドを変えるか
IT技術で単純労働者が犠牲になった?
差別化、排外主義的に不健全かつ暴力的な大衆迎合型ナショナリズムに救いを求めた!
著者は、これを「ダークサイドの覚醒」と呼んでいる?
次のAI革命はどうなるのか??
著者のAI革命の結末?
ダークサイドの拡大と過激化?
ネオ社会主義の台頭??

12
AI革命と米中の地政学
果たして中国はアメリカを超えているのか?
AI革命の核心はディープラーニング、ビッグデ-タ、高速演算能力!
中国はこれを取り入れて国内治安対策に大きな成果を上げている?
矛盾の対決である!
日本は中国の状況に影響される??

12
AI革命と米露の地政学

ロシアの地政学!

ユーラシア大陸の中央部での、農耕民VS狩猟民!
ヨーロッパ方面である!!
ロシアはAI技術も進んでいるが、それよりローテクでも頑丈な兵器である!
かのAK47ライフルも、どぶ水につかっていても仕える??
米国の方が進んでいるが、ロシアを過小評価せべきではない??

12
AIと日韓、日朝、日中の地政学
韓国(朝鮮半島)
半島の3つの敵、北の満州、西の華北、南の日本!
町貢でしのぐ!!
中国は1970年代までは日本は脅威ではなかった??
現在難しい??
中国が優位にあるAI技術で攻撃して来たら、日本は守れない?

12
AI革命は戦争をどう変えるのか

AI技術の軍事の実用化の規制は難しい?  出来ない??
兵器が無人化しいる?
いまでもプレデターが爆撃している??
国家軍事戦略を根本から変える??

12
AI革命で変わる国家戦略論

・AIは国家保安に軍事・情報・経済的優位を与える
・AI革命は国家政策にも革命的な変化をもたらす
・AI関連兵器の軍備競争は不可避である
・政府はAI技術を促進しつつ管理すべきである
・AI兵器の能力と安全性には二重背反性がある
・政府はAIで長期に優位に立つ技術を支援すべし
・軍民協力を促進し、対AI技術の研究も勧めるべし

著者の注釈がある!

・AIは核兵器に代わり「戦略兵器」になる
・AI兵器で敵国の大量破壊が可能になる
・AI兵器は、容易にAIの判断で実行できる
・「対AI軍事技術」の実用化が必要である!
果たして日本で出来るのか??

12
AIを悪魔にするのは人間である
AI技術の開発は人間である??
悪意を持って作れば混乱を招く??
それより、AIがAIを造る時代が来るのではないか??

12
AI革命時代に日本がすべきこと
戦後空想的平和主義から脱却すべきと!!
対AI軍事技術に対する投資である!!
軍事タブー化しないことである!!

12
12

第二章 歴史の大局観を磨く
大局を読む直感力を養う方法

大局観と直感!!!
実地経験を積まなければ使えない!
コンピューターに碁で人間が負けた?? アルファ碁???
アルファ碁は、すべての手を読むのではなく、
ある手が「適切か否か」「どの程度効果的か」

それだけを判断、学習させることで、短時間で最善の手を直感的に見いだすことが
可能である???

参考にすべきと!!
12
歴史の大局を左右する「ドライバー」とは
「ドライバー」  国際情勢を左右する事象!
「エピソード」  大ニュースだったが、国際情勢を左右する力はない!
「トリビア」    無関係の事象!

どうやって区別するのか?

➀ 歴史を学び、常に過去と照合する癖をつける!
② 知ったかぶりは厳禁、「知的正直さ」こそが武器になる!

12
著者のドライバーは何か??
➀ ロシアのウクライナ侵攻
② 中東のアメリカのイラク撤退
③ 中国の尖閣領海の侵入
当たっているようか………

12
「力の真空」理論と北朝鮮情勢
「何者かが事象の統制を失い、誰もそれを代替出来ない状態」
北朝鮮を言っている?
著者の持論である「力の真空」が生じようとしている?

12
過去の力の真空は?
➀ ソ連のレーニン死後のスターリン独裁
② 第2次世界大戦での独日敗戦による米中ソの大国化
③ 1968年以降の英軍スエズ以東撤退とイラン台頭
④ イラン革命後のソ連アフガン侵攻と、イラン・イラク戦争
⑤ ソ連アフガン撤退後の、アルカイダ台頭
⑥ 19991年以降の米軍フィリピン撤退後の南シナ海情勢
⑦ 2011年の米軍イラク撤退後のイスラム国台頭

12
これ等から、北朝鮮ではどう言う事は起こるか?・
・最強部外者が動かない場合、弱い部外者でも分け前に与かれることがある??
・部外者が介入しない場合、破綻国家になるか、新たな独裁者が生まれる??

12
北朝鮮は、6カ国の足元を見ている!!!
12
中国人とアラブ人の5つの共通点

➀ 世界は自分を中心に回っていると考える!    自己中心
② 自分の家族・部族以外の他人は信用しない!  部外者不信任
③ 誇り高く、面子が潰れることを何よりも恐れる!  面子重視

④ 外国からの炎上は「感謝すべきもの」ではなく「させてやるもの」と考える! 
      援助不感謝
⑤ 都合が悪くなると、自分はさておき、他人の「陰謀」に責任転嫁する! 
   陰謀論好き

要は皆相手が悪い??  自分が正しい??
「中華思想」なる言葉はない?? 「華夷思想」が一般的!!

12
中国人と中東人はここが違う
多神教VS一神教の違い???
農耕民族VS非農耕・遊牧民族???
中国は新疆ウイグル自治区がある!
中東系で教育されている??
先日の中国の宣伝映像があった?
技術教育を受け、町で踊っている??
やらせ丸出しの映像だったが………

12
ユダヤ陰謀論に陥るな

何でもユダヤの陰謀にし過ぎではないか??
➀ 世界の現状と将来に対する危機感
② 国際ユダヤ運動の多様性
③ 圧倒的な知識力量
ユダヤ系にも、アメリカに住むユダヤ人は、イスラエル第一に考える立場と、
アメリカの利益を優先する立場があると言う??

12
ユダヤ・ロビーとイスラエル・ロビー
ユダヤロビーは小世帯である!
イスラエルの立ち場を有利に運ぶために、ユダヤ票が欲しい!!
600万と言う!! しかしキリスト教右派、ネオコンはユダヤに近い!
この票は3000万票ある!
これが欲しいので、イスラエル支持になる!!
イスラエル・ロビーはユダヤ・ロビーを含んでいる???

12
周辺国としての日本、ロシア、トルコ
ヨーロッパにはカトリックとプロテスタント以外の周辺の国が3カ国ある??
日本、ロシア、トルコである??
ヨーロッパに近いが仲間ではない??

正教に、イスラム教に一応仏教だが無信教みたいな日本である!!
日本は陸続きではないが、ロシアのトルコは陸続きである!
ロシア機撃墜で険悪だったロシアとトルコが会談をした!
どうもプーチンの方がエイドリアンより一枚上手のようだ??
ロシアの対日妥協は、経済力ではなく、中国と言う!!!

12
12

第三章 ダークサイドの覚醒と諸帝国の逆襲
スター・ウォーズ化する世界

ダークサイドの覚醒??
大衆迎合的ナショナリズム!
貧富の差
反イスラム・反移民の極右運動
トランプ大統領
「アラブの春」の失敗
中国の反腐敗運動
沢山ある??

12
諸帝国の逆襲
ロシアのプーチンのジョージア、ウクライナ、クリミアなどへの侵攻
中国の夢
イランのペルシャ帝国の復活
トルコのオスマントルコの再建
ダークサイドと諸帝国に対処する必要がある??

12
トランプを生んだダークサイ
解任されたバノン!
それにジャレッドとイヴァンカ・クシュナー夫妻!
バノンの批判がある! ジャバンカとはよく言った??

・すべての誤った判断の起点はジャバンカである!
・イヴァンカは情報漏洩の女王だった
・選挙中、イヴァンカは誤ったアドバイスの泉だった
・ジャレッドが推進した、FBI長官解任は近代政治史上最も愚かな決定だ
・トランプタワー25階で弁護士の同席も無く外国政府関係者と会ったのは
 反逆的、反愛国的である!

何か複雑であるが………
この対立を生い立ちの対立とみるか??
「ユダヤ系」と「非ユダヤ系」の戦いとみるか?

12
ダークサイドを支える民衆
著者の思うダークサイドがある!
不健全な自国至上主義、排外主義、大衆迎合主義民族主義、人種差別、性差別………
2,3割の割合で、マジョリティではない!!
フランス・ニースの大型トラックのテロ
トルコのクーデター未遂事件
この未遂はエルドアン大統領の権力を強化させる!
現にそうなって来ている??

12
国際政治版「メジャーリーガー」は米中露
ロシア・プーチン大統領に中国・習近平の共通点!
どちらも愛国者で、民族主義者である!
アメリカを戦略的敵対国としている!
独裁制、強権性!!
メジャーリーグと言っても、1強2弱である!
いずれ中国が追い付いて来て、1強1中1弱となる??

12
米露関係の悪化
米露はメジャーリーグである!
マイナーリーグがメジャーの動向に影響は与えれるのか??
無理ではないか??
それでも「地域の独立変数」の立ち場でやれることはある??

12
厳冬のモスクワで見たロシア帝国の黄昏

・ロシア人は米国・西欧と共に共産主義と闘った
・西側はロシアが冷戦に敗れたと誤解している
・冷戦終結はロシアに何の利益ももたらさなかった
・欧米は今、ロシアの伝統的利益すら侵害している
・プーチンの手法は侵略ではなく、防衛的なものだ
・ロシアは欧州でもアジアでもない独立の単位だ
・今の中国はロシアにとって直近の脅威ではない
・同時に中国がアジアを独占することも認めない
・ロシアはユーラシア大陸の大国として生き続ける
・そのためには周辺諸国とのバランスが必要だ   ………
虫の良い話であるが………

プーチン大統領は偉大であると!!!
12
インドは頼もしい対中同盟国となるか
インドは海も川も山もある!
日本は対中牽制でインドを必要とするが、インドはそれほど必要としない?
インドは北の山からの中国の影響より、一帯一路の海からの中国を警戒している?

12
イランの地政学「米国による制裁」はどうなる

イランにとって核は合理的選択になる???
北朝鮮と同じか?? が中東の核のドミノ化を生じかねない?
日本はイランから石油は輸入している??
ペルシャ帝国の末裔である!! 問題は多い???

12
12

第四章 「核の脅威」の本質
北朝鮮の戦略は誤りではない?? つまり、リビアにイラクは何故崩壊したのか??
核がないからだと??
金日成から三代目になる?
著者はオーナー経営の2500万人の従業員がいるブラック企業と言う?

「売り家と唐様で書く三代目」  なるほどである??
この企業は、オーナーと番頭グループの葛藤がある?
上手くいかなければ番頭のせいであり、粛清される??
周辺諸国の足元を見ている??

韓国は、紛争になれば失うものが大き過ぎる!
中国は米韓同盟の韓国に統一されるのは悪夢である! 緩衝国が必要である!
日本はロシアを恐れるあまりに朝鮮半島に手を出した??
米ロの思惑もある??

12
北朝鮮への「宥和政策」は機能するのか??
著者はヒトラーへの宥和政策と同一に論じている?
要は、強硬策を選択した国には、宥和政策は通用しない!!

12
14世紀に始まった朝鮮の外交???
➀ 常に強国に朝貢することで独立を守る
② 中華は朝貢を行う朝鮮を保護して、恭順でなければ激しい態度を取る
③ 朝鮮への地政学的脅威は、女真や日本で中華はそれほどではない
④ 朝鮮内部ではエリート間の権力闘争が長く続いた!

100年前に、日本につくか? 清につくかで迷った朝鮮半島である??
現在は中国につこうとしている??

12
著者お得意の「力の真空」がある!!
➀ トランプ政権以降、米中ロ競争は新段階は入る
② 北朝鮮で終わりの始まりで、力の真空が生じる
③ 「真空」では最強部外者が最大の分け前を得る
④ 最強部外者が不介入なら、次なる部外者に益する
⑤ 部外者が不介入なら、破綻国家か新独裁者が生まれる

このゲームを各国は如何に戦うのか???

アメリカ  米韓主導の統一を目指す
韓国    韓国主導では出来るのか?
中国    難しい立場で、緩衝国を造ろうとする?
ロシア   半島への影響力は限られている?
日本    善意の部外者としてしか参加出来ない?

12
韓国という隣人との付き合い方??
こと日本相手となれば、外交上のルールも国産条約も破棄する??
対中が重要になる?

国家の独立に必要なのは、原理・原則・主義・主張ではない?
最も強力な敵との
「冊封」「朝貢」である!!
12
12

第五章 蘇るナショナリズム
欧米から世界に広がる幻滅の時代???

民族主義、極右勢力の台頭である!!
自国の主権が犯されている??

➀ 冷戦時代は西側陣営でも社会主義的政策が導入された
② 冷戦後は富の再分配より自由競争と経済効果が重視された
③ グローバル化は格差を拡大させ、社会的弱者の怒りを増大させた

12
EU離脱は、UKの末路の始まり???
再投票しかないという人も多い!!!

12
騒がれていない国の地政学がある!! 以下の国には行ったことがある!!
➀ ハンガリーの地政学  スラブとゲルマンの狭間で
   オーストリア、プロシア、ロシア、オスマントルコに蹂躙されている?
   国境も変わり、東欧各国にハンガリー人がいるようだ??

② ポーランドの地政学  最悪の隣人を持つ悲劇の民族
   最悪とはドイツにロシアか? 国が存在しない時もあった………

③ スウェーデンの地政学 高福祉平和中立国家の真実
   スウェーデンは楽しい! 大国スウェーデンの戦艦バーサ号!
   高福祉国家に、武器輸出国!!
   フィンランド、スウェーデン、ノルウェーでロシアにあたる!
   NATO、ユーロ、EUとバラバラに加入してバランスを保っている??

④ エストニアの地政学  陸軍3800人の国がロシアに勝つ方法
   エストニアのガイドさんは日本人でフランス人と結婚している!
   IT関係の仕事をしていると言っていた?

   ロシアからサイバー攻撃を受けて、その後対策を考えているので
     IT技術は進んでいる?
サイバー攻撃については、日本は無防備である???
北朝鮮に中国、ロシアは進んでいる??
欧米との差は広がる一方である???

12
12

第六章 米国は衰退し、中国の夢が実現する?
アメリカは50の州からなり、50のアメリカがある!

ワシントンはアメリカの首都であるが、アメリカにあらず???
建国の記念も、東部13州のものである?? 他の州は関係がない?
国際化を維持するのか?? 孤立主義の傾向を強めるのか?
孤立主義を続ければ、各国は対応を考える?

12
トランプ当選をなぜ予測できなかったのか?
白人・低学歴・男性・ブル―カラーの集団が支持した??
トランプ大統領は最善の候補者ではないが、変化を求めた?
クリントンよりは期待出来る??

12
アメリカは北部の清教徒的な「理想主義」と、
南部の重商主義的な「現実主義」の複合体国家??
第一次南北戦争で北部が勝つ!
第二次南北戦争はオバマ大統領の退陣で終わった?
トランプ大統領登場が、第三次南北戦争???

12
トランプ不規則発言にも規則性がある??
まず思いついたままを言う! 暴言・本音・思いつき???
次に直ちに譲歩せずに、発言が続く??
そして妥協する???

12
北朝鮮に対しても武力行使までちらつかせながら妥協した!!
KKKの本題も、批判しながら最後は双方に問題有と!!
サウジアラビアの皇太子の殺人関与も、アメリカの国益優先で不問にしている??

12
トランプ国連演説がある!! 著者の解説がある!
➀ 「アメリカ第一主義」貫く!
② アメリカは利用されたり、利益のない一方的な取引には応じない!
③ 「イラン核合意」はアメリカ史上最悪かつ一方的である?
④ 国際連合は改革が必要である?

⑤ ベネズエラは社会主義の失敗ではなく、忠実に実行された結果である!
⑥ グローバル化の中でアメリカの中産階級が置き去りにされる事は無い?
アメリカ・ファーストである! 国連で言うかと???

12
中国を市場メカニズムを通じて中国経済と成長させれば、民主化せざる得ない?
そう思って、対中外交の失われて四半世紀が過ぎている??
独裁国は、合理的に考えない??
そんな事をすれば自国に不利になるからしないだろうと言うのは間違い??

12
中国の政体を代えずに、西欧からの技術を活用して政治体制を守る!!
「社会主義市場経済」はマーケットなのか???
中国には市場経済があるのか???
それが問題である???

12
フィリピンとの南シナ海の領有権争いは、仲裁裁判所が中国の主張を退けた?
これの著者の解説は面白い!!!
「満州事変」と「リットン報告書」の繰り返しである!!
満蒙は日本の生命線と言って、報告書を無視し国際連盟を脱退した?
中国にとって、南シナ海は革新的利益である? 仲裁裁判所の判決は無視する??
歴史は繰り返す???

「人間が歴史から学んだことは、歴史から何も学んでいないっという事である」
チャーチルである???
ヒトラーと北朝鮮の「宥和政策」は同じなのか???

12
アメリカと中国の変化する関係性は?
戦略的パートナー   クリントン政権
責任ある利害関係  ブッシュ政権
戦略的再保証      オバマ政権

その後、修正主義勢力、ライバル勢力、戦略的競争者と対中政策は変わる??
北朝鮮は米朝の関係ではなく、米中の問題である!!

12
12

第七章 要人へのお節介メッセージ
各国首脳へのメッセージである!

限られた国、北朝鮮、韓国、中国などである!!

12
拝啓、金正恩委員長閣下
アメリカも北朝鮮も妥協しない??
中国も手を焼いている??
ICBMの開発に成功すればアメリカは妥協しない!!
妥協する地点は何処にあるのか???

12
拝啓、文在寅国大統領閣下
➀ アメリカの懸念  文在寅は信用出来ず、ミサイル配備を撤回しかねない!
② 中国の懸念    文在寅はアメリカに擦り寄り、北との対話路線を放棄する!

③ 日本の懸念    反日の文在寅は対米同盟を重要視せず、
              日米韓の連携を弱体化させる!
④ 北朝鮮の懸念   日和見の文在寅はアメリカに屈して制裁を強化しかねない!
⑤ 韓国の懸念    文在寅は対米関係を重視するあまり、
              アメリカに対して卑屈になる!
どちらにしても文在寅が問題なのか??
作り笑いが気持ち悪いが………

12
拝啓、習近平国家主席閣下
二国間貿易、南シナ海、サイバー、宇宙、北朝鮮、中国の人権問題………
どれも中国を妥協出来ない???
トランプ大統領の階段でも無礼な態度を取られている!!
もっとも危険なのは北朝鮮である!!

12
拝啓、孫政才元重慶市党委員会書記閣下
「重大な規律違反」
著者は評価しているが、孫政才を心配している?? 実力者である!!

12
拝啓 国家安全保障担当補佐官閣下
要人の訪中に失敗はない!!
現在の米中貿易問題は??
この本では、中国に対して、貿易問題で中国を責めない??
どうなっているのか???

12
12

第八章 ちょっと変わっているが、素晴らしい国
外務省を辞めて分かった格差の拡大
なかなか面白い! 外交官時代は100円ショップでも分からなかった?
どれだけ苦労しているかがである!
庶民と同じ立場になった??
格差は解消どころか拡大している?

12
沖縄をこよなく愛した外交官の物語
著者の叔父に千葉一夫がいる!
元外交官で沖縄返還に努力した?
「鬼の千葉」 それだけでどんな人間か分かる??
テレビドラマ化されたようだ………
個人的な話………

12
伊勢志摩サミットとオバマ広島訪問
アメリカのシークレットサービス、警備は徹底している?
日本なんか当てにしていない!! 信用していない??
しかし中国の唯我独尊はアメリカの比では無いと!!

12
伊勢志摩サミット  議長国の特権と責任
国際会議は議長国にならなければ意味がない??
議長国が仕切る? 発言順序に宣言までである!!
北朝鮮問題では中国が開催国で仕切っている!
他の国でやられて、知らないことを決められたら困る??
北朝鮮問題は現状維持がベストであると考える??
解決しないわな!!

12
息子のバンドを追っかけ上海へ?
チョッと信じられない話である!! ミーハーだったとは………

12
ジェームズ・ボンドのいない日本
第二次世界戦の日本の情報力はそれなりにやることはやっていた!!
大本営参謀、堀栄三? スウェーデンの小野寺信等がいる!!
都合のよい情報しか欲しがらない??
上層部がそうである!!
戦後、日本は遅れている???
取り戻すのは簡単ではないし、日本は感嘆の情報を漏らしかねない!!
人からの教育がいる!!
佐藤優によれば、陸軍中野学校では、折れない心を造るための教育もしている!
甲賀流の記憶術も習っていた???
簡単にではないようだが………

12
当世日本「シンクタンク」事情
日本のシンクタンク事情?

➀ 官僚組織の圧倒的優位
② タコ壺的縦割り研究
③ 深刻な資金難
人も金も集まらず成果が出ていない?

12
著者の「国家の戦略」
➀ 敵を1つに絞る
② 正しい同盟国を選ぶ
③ 負ける戦争を戦わない
④ 勝てる戦争を、できれば戦わずに勝つ

国家戦略と具体的戦術を掲示できるシンクタンクが生き残る??
出来なかければ「下請け」と「呼び屋」を続けるしかない!!

12
大衆迎合政治「日本よ、お前もか! 」
人民は新しいものを欲しがる?
小池劇場はこれで勝てた?

政治学では、「ポピュリズム(大衆迎合主義)」と呼ぶ!
一般大衆の利益、願望、不安などを利用し、
大衆の支持の下、既存のエリート主義と戦う政治手法である!
日本新党、郵政選挙、大阪維新………

安倍政権の功罪は??  世界的にはやり手である?
著者は、日本も世界のポピュリズムに飲み込まれている??
日本では期待を込めて新党を結成しても、離合集散により支持を失う!!

12
ポピュリズムの嵐、日本にも?
民意とは感情的で非論理的で、長期視野に欠ける??
だから住民投票など軽々しくやってはならない??
スコットランド独立、カタルーニャ独立、イギリスのEU離脱、大阪都構想………

大阪都構想で思ったこと!
この先何年も生きない老人とこれからの若者を一緒にしてはいけない!
自民党の女性市議だったと思うが、
「大阪市が無くなるんですよ! それでもいいのですか?」
ヒステリックに叫んでいたが………

12
希望の党??
・広義の「ポピュリズム」政党である!
・イデオロギーの要素はない!
・ナチ党のよう危険性は少ない?
・保守の改革運動である
・大阪維新のように地域性がない!!
なにか一時は天下を狙っていたが、現在はおとなしいが………

12
日本型ポピュリズムの特徴は?
小泉首相にはカリスマ性があった??
日本で再度、ポピュリズムの風は吹くのか??
➀ カリスマ的指導者がいるのか?
② カリスマ指導者の賞味期限?  「排除の論理」が問題では無さそう?
③ 政治家の自己統制力?
小泉元総理は天才だったと!!

12
欧米である!
・EU離脱でキャメロン首相が失脚!!
・トランプ政権発足!
・フランスはマクロン候補が当選!
・ドイツは右派勢力が伸びている?
日本と欧米とは違っているようだ??

12
よくわからん!  戦闘と武力衝突の違い
何を揉めているのかと思ったが………
言葉のお遊びみたいに感じたが………
鬼の首を取ったみたいな野党にはあきれるが………

12
国連でも、紛争に難民については微妙に使い分けしているようだ………
日本では当然か??

12
前川前次官は官僚王国ニッポンの黄昏
トランプ政権の状況!

・長官の下の次官、局長級は結局官僚が占めている
・政府中枢は統治の素人で行政能力がない
・側近は官僚組織を敵視し、行政を混乱させている
一昔前の民主党政権であると??

12
国家公務員キャリアには暗黙の社会契約があった!
・低賃金・深夜労働・組織の論理に絶対服従。 が政治家に屈する必要はない!
・次官・局長までの出世は保証しないが、
 退職後の天下りと民間平均以上の生涯給与を保証する!
現在は優秀な人材は公務員を目指す!!
政治家や高級官僚を目指さない??
時代が変わるのか?

前川前次官は官僚王国ニッポンの黄昏なのか???
12
12

これから何が起きるのか  「おわりに」にかえて
米朝会談の4つの可能性?
➀ 米朝とも誠実である場合       実現性は低い!
② 北の誠意を米が見誤る場合     北朝鮮が最初から白旗は上げない?
③ 北の不誠実を米が見抜く       決裂は時間の問題!!
④ 北の嘘を米が信じてしまう場合   国際賞賛をトランプが欲しがる?
どれも可能性は低そう!!
北朝鮮のICBM開発中止で納得するかもしれない………

12
トランプ大統領は北との交渉でミスしている!
➀ 最後の切り札を最初に切る!
② 直感に頼り、衝動的に決断する!
③ 交渉内容を喋り過ぎる
④ 経済的利益が戦略的利益を代替すると考える!
⑤ 自分が特別な能力を持つと過信する!

見事な分析である!!

12
12

AI時代の新・地政学・宮家邦彦

12
12

2018年10月25日 (木)

本・世界スパイ作戦―2次大戦で暗躍した各国情報機関の戦い ② アメリカ。ソビエト・他(2007/9)・広田 厚司

Photo_29
12
12

第3章 米国編
45 OSS(戦略情報局)
OSSとドノヴァンについては、吉田一彦が詳しい本を出している!
真珠湾攻撃により、COIが作られてドノヴァンが任命される!
この組織がOSSとなる? 最終的には13000人の要員を抱える!
破壊活動に情報活動を行う??
FBIとは対立している??
CIAに発展する!!
12
46 ジョセフ・ウィリアム・ドノヴァン
第一次世界大戦のヨーク軍曹、リッケンバーカー大尉、パーシング将軍らと英雄と称えられた!
FBIのフーヴァー長官と対立する!
「我々が知る以上の事を、ドノヴァンは我々の事を知っている」
沢山の特殊な任務をこなしたようだ?
最盛期には6万人が作戦に従事した!
暗殺もやっていた??
敵も多いが、多くは嫉妬に感じるが………
12
47 FBI(連邦捜査局)
良くも悪くもエドガー・フーバーである!
国内のスパイ摘発に力を貸した!
OSSと対立する?
外国大使館から暗号書を盗み出す?
必要は法を必要としない???
12
12

48 ウィリアム・G・セボルド
ドイツ人でアメリカに密入国する!
コンソリデーテット航空機会社で働き、ドイツに帰った時スパイを強要される1
脅しである!!
本人は引き受けるが、本当のことを喋る!!
FBIからダブルもダブルにされる? 
アメリカのドイツのスパイ摘発に地下を貸す!
12
49 アレン・ウェルシュ・ダレス
ドノヴァンから新組織への参加を求められる?
スイスに赴任するが、スイスは危険である?
ここでドイツ外交官コペルから情報を得るが、ダレスは信用するがイギリスは信用しない!
ウルトラ情報と比較して信用なくそうとした?
こうなるとパットン将軍である!
「狡猾な味方より勇敢な敵を好む」  イギリスとドイツであるが………
ゲーレン機関を開設させた? CIAの長官にもなる!
キューバ上陸を進言して、失敗に終わる??
12
50 フィリッツ・コペル
ドイツ外務省の心臓部にいたが、反ナチ、反ヒトラーで連合軍に情報を流す!
報酬は戦後のドイツ復興への手助けと言う!
需要な情報を送り、ドイツの生産性、士気はどうかも調べる!
ベルリンからスイスで行き情報を渡す!
この情報をダレスにアメリカは信用するが、イギリスは信じない!
戦争を生き延びる?
12
51 タイラー・ゲートウッド・ケント
アメリカの裕福な外交官の息子で、語学に堪能で暗号担当になる!
ここからややこしい? 反ユダヤ? 反共産など色々ある!
ドイツに暗号解読から得られた情報を流す!
結局はバレて逮捕されて、追放される??
12
52 エリック・エリクソン
石油関係の実業家でスウェーデンで石油事業を展開する!
積極的にドイツの石油事情を調べる!
その為に裏切者扱いされる! 知っているのはわずかの人間である?
ヒムラーの信頼も厚く、フリーパスで動ける?
ドイツの石油生産量に、爆撃の被害を調べて報告する!
アイゼンハワーが戦後エリクソンの功績を語った為に誤解が融けた!!
12
12

第4章 ソビエト編
53 オクラナ(秘密警察)
オクラナとは「護衛」を意味する!
反乱、革命論者を逮捕、投獄、処刑した!
ロシア革命で崩壊する!!
12
54 チェカ(秘密警察)
オクラナの後継組織!
1922年にGPUになり、OGPU、NKVD、MVD、KGB、FSBと名前を変える!
12
55 GPU(ゲペウー=ソビエト国家正治保安局)

1922年から1923年まで存在し、引き継がれる!
12
56 OGPU(オーゲペウー=ソビエト総合国家政治局)
1923年から1934年まで存在し、引き継がれる!
12
57 NKVD(エヌカーベーデー=ソビエト人民内務委員会)
大規模な粛正を行う! 1934年から1946年まで存在し、引き継がれる!
12
58 KGB(カーベーベー=ソビエト国家保安委員会)

秘密警察と言えばKGBである!
SMERSH スメルシュも配下で、暗殺も行っていた!
プーチン大統領の出身母体である!
12
59 GRU(赤軍参謀本部情報部)
スパイゾルゲはGRUの傘下だった!
ここも優秀な人材がいる!
部門も多いようだ………
現在も活動している!!
12
60 SMERSH(スメルシュ=秘密警察暗殺部門)
「スパイに死を」 暗殺部門である!
トロッキー暗殺が有名である!
自殺したヒトラーの遺体をソ連に運んだとされる!!
組織はまだ生き残っている??
12
61 センター
情報員を管理したのが、モスクワの「センター」である!!!
第二次世界大戦後はKGBが支配した!!
12
62 赤いオーケストラ(ロト・カペラ)

ソ連のドイツを監視するスパイ網がある?
このスパイ網をドイツは「赤いオーケストラ」と言って追求した!
ドイツ人も多い? 1943年にドイツの組織は壊滅した!
スイスではまだ活動できたようだが………
12
63 レオポルド・トレッパー
モスクワの情報員を管理する「センター」の指示を受けずに行動する!
有能である!
バルバロッサ作戦を知らせるが拒否される?
危険を察して逃げているが、ゲシュタポに捕まる!
ダブルになり、小数のスパイが犠牲なるが、ソ連に情報を送る!
しかしソ連バレて戦後モスクワに行く!
バルバロッサ作戦の情報を無視したと言ってスターリンを怒らせる!
何とかイスラエルに移住出来る??
12
64 ハロ・シュルツ・ボイセン
ティルピッツ提督と姻戚関係がある!
反ナチで、「黒いオーケストラ」を組織する!
空軍将校で空軍関係の情報をソ連に流した………
ゲシュタポに逮捕されて処刑される!
12
65 アルビド・ハルナック
ドイツ経済省の官僚で、共産党員でソ連のスパイ!
ドイツの占領計画、重工業の生産能力等の情報を送った!
ゲシュタポに逮捕されて処刑される!
12
66 サンドア・ラド
ブタペスト生まれで、共産党員!
ドイツの情報をソ連に流す!
「チタデル、城砦」作戦をソ連に流す!
それでソ連は勝利できた??
スイスにいて贅沢三昧の生活をおくった??
生き延びたようだ………
12
67 レーチェル・デューベンドルファー
ポーランド生まれでソ連のスパイになる!
スパイの監視もしている?
ヒトラーのソ連侵攻を知らせるが、受け入れられなかった?
12
68 ルドルフ・ロスラー
第二次世界大戦の三大スパイ!
ゾルゲ、ドイツのスパイでトルコの英国大使館から機密を盗んだエリザ・バズナ!
そしてドイツの情報をソ連に流したルドルフ・ロスラーと言う!
ロスラーは反ナチ、反ヒトラーでソ連に情報を流した?
異常なまでの記憶力がある!
クルクス攻撃の情報を手に入れ、これでソ連は待ち伏せ出来た?
生き延びたようだが………
12
12

第5章 その他の諸国編
69 フランス軍事情報第Ⅱ局とドジェーム局
普仏戦争時に設立された軍事情報機関!
ドイツのフランス侵攻を予測するが無視される?
敗戦後、幹部はイギリスに亡命する!
12
70 BCRA(情報と作戦中央局)
第二次世界大戦中の実質的なフランスの軍事情報組織!
レジスタンスを支援している!!
12
71 アンドレ・ドヴェヴリン(パシー大佐)
BCRAを率いる! レジスタンス組織を統一させる!
ノルマンディーでは後方撹乱を指揮する!
12
72 ジャン・ムーラン

フランス最高のレジスタンス指導者!!
正義感の塊で、ドイツの圧力にも屈しない!!
裏切りでゲシュタポに逮捕され処刑される!
12
73 クラウス・バービー
フランス人で「リヨンの虐殺者」である!
戦争犯罪の免責を共産主義者の名簿と引き換えに要求する!
南米ボリビアで暮らすが、大戦後38年が経つが発見されて終身刑になる!
12
74 マシルド・カレ
フランス人のトリプル??
フランスのスパイでドイツにばれて二重スパイになる!
それもイギリスにばれて今度はドイツを騙す??
裏切ったすべての人に憎まれる!!!
12
75 ノーア・イナヤット・カーン
父はインド人で、母はアメリカ人である!
フランスからイギリスに逃れるがフランスに潜入する!
無線通信士として活躍する!
後に捕まり処刑される! 芯の強い女性だったようだ………
12
76 クリスティーヌ・グランヴィル
ポーランド人の伝説的な女性である! イギリスに逃れるがポーランドへ戻る!
実戦に強いのか、数々の武勇伝がある?
戦後、おかしい男に殺される?
12
77 ピェール・ブルスレテ

インテリである! ヴィシー政権を批判する地下新聞を発行する?
その後イギリスへ渡りBCRAで働き、フランスへ潜入する!
「オーバーロード作戦」まで大規模な武装蜂起は行わないように説得する!
最後は密告によりゲシュタポに捕らえられて飛びおり自殺する!
12
78 HA局(スイス非公式情報機関)

非公式な情報機関である!
自国に関係ある国の情報を集めている??
戦後解散する!
12
79 オスロ部隊
占領下にありながらレジスタンス運動を展開する!
ドイツの戦時中の資料を確保する!!
12
80 ヘンリー・オリヴァー・リナン

ノルウェーの強烈なナチの信望者である!
スパイ網を設けてイギリスからのスパイを処刑する!
戦後、処刑される!
12
81 クヌート・ハウケリド
ノルウェー人で連合国側のスパイ!
原爆製造に必要な重水の異相を阻止した!
工場も爆破する! 「映画・テレマークの要塞」である!
12
82 ラオール・ウォーレンベルグ
スウェーデン人で、ユダヤ人殺害を阻止した!
ハンガリーのユダヤ人を救ったが、本人はソ連に捕らえられ死亡したようだ?
12
83 フレミング・B・ムース
デンマーク人で、イギリスで訓練を受け地下抵抗組織をまとめた!
戦後、諜報資金を私的に流用したとされた??
12
84 ヨハヌス・マリヌス・ドロンカース
オランダ人でドイツのスパイ?
潜入に成功するが、正体を見破られる?
狐と狸である!  処刑される!
12
85 ワクラウ・リピンスキー

ポーランド人でイギリスに逃れてポーランドに戻る1
ワルシャワ蜂起の危険性を言ったが無視された様だ?
ソ連に危険人物とされ、冤罪で処刑される!
12
86 フランセスコ・コンスタンチーニ

イタリア人で、素朴なスパイとされる?
派手さがなく地道に活動して情報を手に入れる?
イタリアの役に立つ! 
後に、何の報酬も得なかったと?
12
12

広田厚司
12
12

2018年8月22日 (水)

本・物語 ポーランドの歴史 - 東欧の「大国」の苦難と再生(2017/7)・渡辺 克義

Photo_2
12
12
10世紀に産声をあげたポーランド王国は、14~16世紀に隆盛を極めるが、
王朝断絶後、衰退に向かう。
18世紀、ロシア・プロイセン・オーストリアによる分割で国家は消滅。
第一次大戦後に束の間の独立を勝ち取る!
第二次大戦中にはドイツとソ連に再び国土を蹂躙された。
冷戦下の社会主義時代を経て1989年に民主化を達成。
潜在力を秘めた地域大国は今、どこへ向かうのか。
栄光と悲運に彩られた国と民族の歴史。
12
12

ポーランドには行ったことがある!
ワルシャワとクラフクである!
大国ではあるが、超大国ではない??
つまり、プロシア、ロシア、オーストリアに対抗出来ない!
結局分割される! 日本と違い領土は絶えず変動している!!
大陸の中心にあると言うことは苦労する??
内容は下記の通りである!
12
12

まえがき
序章   王国の黎明期
第1章  中世の大国―ポーランド・リトアニア連合王国の隆盛
第2章  王制の終焉と国家消滅―露・普・墺によるポーランド分割
第3章  列強の支配と祖国解放運動―繰り返される民族蜂起
第4章  両大戦間期―束の間の独立とピウスツキ体制
第5章  ナチス・ドイツの侵攻と大戦勃発―亡命政府と地下国家の成立
第6章  ソ連による解放と大戦終結―ワルシャワ蜂起の功罪
第7章  社会主義政権時代―ソ連支配のくびきの下で
第8章  民主化運動と東欧改革―自主管理労組「連帯」とワレサ
終章   ポーランドはどこへ向かうのか
あとがき

12
12

ポーランドは日本の関係が深い! 杉原千畝にも協力している?
この本では無かったが、シベリアの地のポーランド人の孤児たち765人を日本が救出した。
国旗はどちらも赤と白である!
12
12

序章  王国の黎明期
1795年から1918年の123年間は独立を喪失していた!!
ポーランド史は、「抵抗と挫折」の歴史である!!
王家の略系図がある! 申しわけないが一人も知らない??
領土を分割して相続させる?? ポーランドは外敵が多い!
タタール人、ドイツ騎士団、リヴォニア騎士団??
攻めて来る民族は良い人ではない??     
12
12

第1章  中世の大国―ポーランド・リトアニア連合王国の隆盛
ポーランドリトアニア連合王国!
敵の敵は味方?? 普通隣の国同士は仲が悪いと思うが………
リトアニアもかっては広大な領土を持っていた??
12
共和制とは「世襲の君主を持たない政体」のことのようだ!
16世紀から18世紀の分割までは、シュラフタ共和国と言われる!
要は、巨大な中央集権では無かった??
王も選挙で選ばれる??
12
ポーランドはスウェーデンともバルト海を巡って争う!
コサック、オスマントルコとも戦う!
オーストリアと連合して、ウイーンからオスマントルコを駆逐する!!
12                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       
12

第2章  王制の終焉と国家消滅―露・普・墺によるポーランド分割
18世紀後半に、ロシア、プロシア、オーストリアに分割される!
草刈り場である! 中欧に大国は要らないし、ポーランドは対抗出来ない??
各国は領土に人口を自国に取り込む!
アメリカの独立戦争にもポーランドは義勇兵が参加している!!
第二次分割は、ロシアにプロシア!
第三次分割は、ロシア、プロシア、オーストリア!

武装蜂起もあるが潰されて、ポーランドはヨーロッパの地図から消えた………
12
12

第3章  列強の支配と祖国解放運動―繰り返される民族蜂起
ナポレオンが登場する!
ポーランドの軍隊は各国に吸収される??
フランスにもポーランド部隊があったようだ!
ナポレオンによりワルシャワ公国が生まれる?
ロシア遠征にも参加している? ナポレオンのポーランドの愛人の話は無い!
ユゼフ・ポニャトフスキ将軍がいる! 
ナポレオンに評価されてフランスの元帥になっている!
蜂起も多かったようだ!
たびたび国が変わる? クラフク共和国? 
蜂起の度に沢山の人間が処刑されている??
12
日露戦争、第一次世界大戦がある!
これにより、餌をまかれる?? 独立である!
結局第一次世界大戦後123年ぶりに独立を果たした!!
12
12

第4章  両大戦間期―束の間の独立とピウスツキ体制
ポーランドと言いうより、中欧は民族がまじりあっている?
なので地域によれば、例えばドイツ人が多いところもある!
こう言う時に、民族保護のための介入が行われる!!
12
ポーランド・ソ連の戦争がある。1920年から21年にかけてである!
かろうじて勝ったようだが………
大戦間のポーランドは政情不安だった??

12
コラムにエスペラント語の話がある!
昔中学校の頃に、この言葉が今後世界標準になると言われたが………
12
12

第5章  ナチス・ドイツの侵攻と大戦勃発―亡命政府と地下国家の成立
ナチスドイツの侵攻がある!!
チェコ侵攻からポーランド侵攻である!
兵力差は歴然としている? 電撃戦の開始である??
騎兵が戦車に向かったとある?? これはどうなのか??
騎兵がいた事は事実であるが、10%程度である! 実際はどうだが??
英仏は直接的な援助は出来ない??
ソ連がベラルーシ人とウクライナ人の保護で侵攻する!!
チェコもドイツ人保護で信仰されている!!
第四次ポーランド分割である!
12
悪者で思ったが、ドイツのポーランド侵攻、カチンの森の虐殺、
ワルシャワ蜂起がトラウマになっている??
ポーランド侵攻後、ソ連はリトアニアを要求し、ドイツと分割する!
20年で独立国で無くなる!!  
亡命政府が出来る!! 地下抵抗組織も活躍する!!
この時期、バトルオブブリテンでポーランドのパイロットも活躍している!!
12
ワルシャワゲットーの蜂起等もある!
国内の異分子、反体制派は処刑、シベリア送りである!
ドイツとソ連に鍛えられている??
カチンの森のポーランド将校の虐殺がある!!
ドイツがソ連の犯行と喚いたが、米英は対独戦争のために目をつぶる!
将来いずれこの将校たちは邪魔になるからか??
ワルシャワゲットー蜂起! 失敗である! 救援も失敗する!!
地獄のような日々だったようだ!!!
12
コラムにあったが、昔NHKの放送で見たが、ユダヤ人虐殺の話である!
ポーランド人も加担していた!!
占領政策とは言え、ユダヤ人を忠実に虐殺したのは、
佐藤優によれば、チェコとオランダと言う!
オランダはアンネの日記が必要である!! これで保護したと贖罪出来る??
実際相当あったようだが………

12
12

第6章  ソ連による解放と大戦終結―ワルシャワ蜂起の功罪
ワルシャワ蜂起がある!
これを、ソ連は見守った?? 
その結果ワルシャワは壊滅し、多くの人が死んだ………
アメリは、イギリス、ソ連の思惑がある!
しかしポーランドは英米から遠い!! ソ連からは近い!!
12
果たしてワルシャワ蜂起は必要だったのか??
結果としては、英米も救援出来ずに、ソ連に圧力をかけることも出来なかった!!
ソ連の利益になっただけである???
12
12

第7章  社会主義政権時代―ソ連支配のくびきの下で
戦後はポーランドの国防大臣にソ連の軍人が付く!!
ソ連の将校が採用される!
政治家は追放、処刑される!! ロシア語が必須になる!!
12
ワルシャワ条約機構、コメコンが出来る!
冷戦の最前線に立つ??
12
12

第8章  民主化運動と東欧改革―自主管理労組「連帯」とワレサ
1980年、連帯が出来る!!
この辺りは記憶に生々しいが………
ポーランドは革命ではなく、過去への復帰と言う!!
12
12

終章  ポーランドはどこへ向かうのか
イギリスがEU離脱になる時が、ポーランド経済にとっての転換点になる??
アイルランドでも、ポーランドからの出稼ぎが多い!
アイルランドのガイドさんが言っていたが、どうも不満が多い!!
失業時の話だった……… 
離脱後は、イギリスから出稼ぎの人間が帰って来る!!
その影響があるようだが………
12
12

渡辺 克義
12
12

2016年10月13日 (木)

大モンゴル①~⑤ NHKスペシャル(1992年 VHSをDVDに変更)

家においてあるVHSである。
いつか見たいと思いながらそのままになっていた。
今回奥さんにDVDに入れて貰った。  こう言う事は早い!

見事にDVDに入った。  嬉しい限りである!

Photo_2

全5巻である!
① 幻の王プレスタージョン  ヨーロッパ救世主伝説を追う
② 若き狼チンギスハーン   チンギスハーンの伝説的生涯
③ 世界制覇への道      モンゴルによるロシア征服
④ 大いなる都          フビライの経済対策
⑤ 巨大大陸の遺産      元滅亡の影響力を探る

大変面白い!


① 幻の王プレスタージョン、白人のキリスト教の騎士の国がある。 
その王を、プレスタージョンと言う。
伝説であるが信じられている。
その王が騎士を率いて助けに来てくれる??
アフリカにもそんな伝説があったと思うが………
ポーランドで追悼記念の行事がある。
ポーランドもタタールに攻撃されて、ドイツ騎士との連合で負けている。
ロシアが後に分かるが、タタールに攻撃される。
教皇に連絡するが、ロシアは正教である。かばってくれない! 

教皇はモンゴルに使者を出す。
使者は見たありのままに報告する。
ここでキリスト教徒を見る。
ネスリウス派と言う。景教??
モンゴルは宗教には寛大である。
能力を求める!出自にこだわらない!
教皇に返事を出す。その時、教皇は紙を初めて見たようだ。
この時、キリスト教の王、プレスタージョンはカトリックなのか??


②若き狼 チンギスハーン

古代の騎兵は、幼い時から馬になじんでいなければなれない!
鐙が無い時代は絶対にそうである。
少年時代に馬に載せられる。
冬に耐久レースをやる。過酷である! 指も凍傷になる??
こやって教育される。日本でやれば問題である!!
そうやって戦士として成長する。
そう言う戦士を率いてチンギスハーンは攻撃に出る。
父を亡くした時、身内が離れて行った。その事があり身内を信用しない!
ナレータ―役は耶律阿海である。数か国語を喋り、金に仕えていてハーンに衣替えする。
耶律楚材の方が良く知っている!
小さな勢力を撃破して遊牧民を支配する。
苦労が多かったと思うが………

山内昌之が書いていたが、ハーン死亡の連絡に行く。
モンゴルからヨーロッパの東まで、だいたいの方角は分かるが、何処にいるか分からない!!
替え馬を引き、馬に乗りつづける。 内臓がはみ出る??
たどり着けば恐らく死んでいる!!  

こう言う軍隊である!  強いはずである!!

サマルカンド・ホルズムを攻撃する。 
暗殺教団の本拠も攻撃する。  イスラム国では出来ない??
実際に滅亡したのかどうかは疑問であるが………
その死によってヨーロッパは救われている。
そう言う英傑は、トルコのサルタン、マホメドⅡ世もいる??


③世界制覇への道

ポーランド、クラコフの街が最初に出て来る。
ラッパ手がモンゴル来襲をラッパを吹いて知らせる。
弓で倒れるが、この教会には行っている。
タタールの衣装を着た人が、弓を打つ真似をする。写真を写せば金が要る………
懐かしい!!

Photo_3
クラフクのタタール人

今回はモンゴルの狩りから始まる。集団での狩りである。これを戦いにも応用する。
少年時代からこう言う事をしていたのだろう…………
狼の肝を食べれば特別な力が宿る??
都、カラコルムの様子が語られる。今は遺跡は残っていないようだ。

モンゴルの最高料理は羊の塩茹でと言う。岩塩のみ使用する。
脂身が最高と言う! それで厳しい冬を過ごせると言う!
過度な肉食であるので、ビタミンはお茶から取る?
皆で馬乳を入れてミルクティーにして飲んでいる。
馬乳酒も作っている。馬乳でチーズ等も作っている。

タタール人は各地で生活するが、モンゴルが引き上げると迫害されるようになる。
教育もタタール語では出来ない。スターリンは強引である。逆らえば命が危ない!
ソ連邦崩壊で民族意識が目覚める!

ルーシ、小さな町モスクワを焼く。ウラジミールも焼かれる。凍りついた河を渡って攻撃する。
この模型を見て、ゲームオブスローンを思い出した。(はまりすぎである!)
キエフを攻撃される。キエフ陥落である。キエフはウクライナである。
モンゴルのクビキ!!モスクワがのし上がって来る。タタールに協力する。
絵画があるが小さい村である。クレムリンがある。モンゴル語で砦を表すクレンから来ている!
これがモンゴルと組んで大きくなる。絵画で見ても大きくなっている。
モスクワはモンゴルに感謝すべきなのか??
ロシア、東ヨーロッパに侵攻する。
モンゴルは支配地に少数の人間しか置かない。
反乱があれば即モンゴル軍が来て皆殺しを行う。例外は無いようだ!
ハーン、オゴデイ死す。モンゴルは引き上げる!  ヨーロッパは助かった??

キエフ、ウクライナにはタタール人がいる。
このタタール人がウクライナ問題を難しくしている??
ウクライナもモンゴル語で、辺境と言うようだ!
ウクライナ人のインタビューがある。
ロシア人はモンゴル人との混血だ!  差別がはなはだしい!


④大いなる都、大都!

モンゴルは末子相続と言う。
オスマントルコは相続者以外は殺されるようだ。

モンゴルは各地に国を造り支配させている。
本国の支配は誰が行うのか?
フビライとアリク・ブケの相続争いがる。
フビライが味方を集めてハーンの相続を宣言する。クーデターである!
これにたいしてアリク・ブケも同じ事をする!
フビライが4年の戦いに勝つ!
上杉景勝と景虎の争いみたいである……… 規模が違うか………

莫大な銀で世界を支配する。
フビライの目は中国に向いている。南宋が残っている。
首都を大都に決める。巨大な都市である。
北京で発掘されたが、調査が終われば壊したようだ!!
残せなかったんだろう………
遊牧民族から脱却している!
南宋攻略が始まる。襄陽を底的な包囲を行い兵と船を手に入れる。
南宋攻撃前に、日本に国書を送っている。
南宋と国交がある鎌倉幕府に、変更を求める!
元寇が始まる。
元は大国である。両面作戦が出来る。
南宋が滅亡する!!
元は港を押さえる。運河で大都は海とつながっている。
遊牧民が海洋交易を行う!富を大ハーンにもたらす!
地図を見ると、今の中国は海洋を含めて、元の版図を目指しているんかと思う。



⑤ 大大陸の遺産

元滅亡の影響力は?? 先に何を思ったかを記述する。
新疆ウイグル、チベットと漢民族が送り込まれている。
要は原住民の民族感情を殺そうとしている。
教育も中国語を押し付ける??  将来、中国もこのままでは行かない!
その時問題が起こるだろう!!

クルミアのタタール人は、スターリンにより中央アジアへ追放させられる。
ソ連も崩壊した。
それによりタタール人が故郷に帰ろうとする。
と言ってもタタール人も侵略してここに国を造った! クルミアハーン国である。
モンゴルの旗の下に集まれば、民族にかかわらずクリミアタタールである。
ロシアが伸張する!!!  モンゴルを利用している。やがてモンゴルも崩壊する。
ティムール帝国!  中央アジアに国が出来る。
クルミアハーン国もモスクワを焼いたが、滅ぼされる。
元も明に攻撃され、大敗し遊牧民に戻る。が逆襲に転じる。
万里の長城を造る。モンゴルの脅威が造らせる。が、満州勢力がのし上がる。
モンゴル兵も参加していたようだ!
モンゴルをも支配下に置く、大清が誕生する。
清はモンゴル支配にチベット仏教を利用する。
細かく分断されて清に支配される。
清が滅びる。ソビエト連邦が出来る。
モンゴル人民共和国が出来るが、ソ連に支配される?? キリル文字を押し付けられる。
第2次世界大戦がはじまり、クリミアはナチスドイツに協力する。
中央アジアに強制移住させられる!

現在のウクライナ問題では、ウクライナとロシアが揉めている。
ウクライナ人、ロシア人に交じってタタール人も出ている。
が、あまり深刻に考えられていない感じがする。負の遺産になる!!
「中国もそうなると思うが………」
VHSであるが撮っておいてよかったと思う!奥さんに感謝です!!

2015年8月24日 (月)

本・ポーランド電撃戦・山崎雅弘

1939年9月1日、英仏と同盟を結ぶ『東方の軍事大国ポーランド』に攻め込んだドイツは、わずか1か月でその国土を蹂躙、ソ連とともにポーランド領を分 割併合した。この「ドイツ電撃戦の始まり」といわれる戦争は、どのように戦われたか。また、「第二次世界大戦の発火点」とされるこの戦争は、どのような経緯のもとに始まったのか。独ソ英仏の熾烈な外交戦とポーランドの特異な歴史を描く力作。

20150824_book2

ポーランドは、ワルシャワ・クラクフに行ったことがある。
ワルシャワでは、ドイツのポーランド侵攻、カチンの森ポーランド将校の虐殺、対戦末期のワルシャワ蜂起!
これがポーランドのトラウマになっているのかと思った。
その映像も見た。JU87が映える!

この本は何年か前に買っている。
本屋ではよく見ていた。著者の本は初めてである。
大国に挟まれた小国、中国は辛い!
かっての山岡荘八の徳川家康のキャッチフレーズがある。
大国駿河今川と尾張織田に挟まれた小国三河松平の運命!
ポーランドも辛い!
プロシア・オーストリア・ロシアに囲まれ国自身が消滅していた時代がある。
第二次世界大戦前はドイツ・ソ連に挟まれている。
軍事大国ではないが、それなりの軍事力はある。

10世紀からのポーランドの歴史が記述されている。
分割されて、国も消滅した時期がある。
地政学がある。
第1次は、ロシア・プロイセン・オーストリアによる一部分割。
第2次は、ロシアとプロイセン。
第3次は、ロシア・プロイセン・オーストリアにより分割併合で国が消滅。
ポーランドは大国ではない。
が中国である。目障りである。
第一次世界大戦、ドイツとロシアが味方にするために独立と言う約束手形を出す。
こうなると条件が良い方に味方するようになるが、実査に約束は守られないようだ・・・・・・・・
国境も自国の意思に関係なく決められる。

第2次世界大戦前のドイツの戦争計画がある。
チェコ侵攻は     『緑の場合』
ポーランド侵攻は   『白の場合』
ルクセンブルク3国にフランスは 『黄・赤の場合』
アメリカも対戦国相手の戦争計画は色だった・・・・・・
日本はオレンジだったようだが・・・・・・・・

当時のヨーロッパの強国は、ドイツ・イギリス・フランス・イタリア・ソ連になるのか?
第1次世界大戦の敗戦国ドイツは賠償による不満がある。
ドイツ人が多く住む地域も今はドイツではない。
その地域の回復をドイツは目指す。
チェコスロバキアが最初にターゲット?
スロバキアは親独の国のようだ。
ポーランドもポーランド人だけではない。ウクライナ人もいる。
ウクライナ人の分離独立??
ソ連が後押ししている。
現在も変わらいようですが・・・・・・
ポーランドもドイツに見習いチェコ領土の一部を自国領土に編入しようとする。
あまり同情は出来ないと思っているが・・・…
このチェコ侵攻時、英仏が強硬に出て戦争になれば、反ヒトラーのクーデターが起こることになっていたようだ!
英仏が妥協したために起こせなくなったようだ!

外交は難しい!
誤ったメッセージを送る。
送らないようにするが、誤解する。
会談の派遣する人間の問題もある。
早く着けば足元を見られると思い、ゆっくり時間をかけて移動する。

自国の戦力の把握がある。
ポーランドはまだ騎兵を活用していた。
訓練されていて、精鋭である。
が時代は進んでいる。
伝令に頼るポーランドに対し、無線によるドイツ!

ポーランドはドイツ・ソ連の間を、イギリス・フランスを巻き込んで泳ごうとしていたようだ。
それが間違いと思うが・・・・・・・・
自信過剰なのか?
自国ポーランドは重要な国でどこも救ってくれるとでも思ったのか?
イギリスは戦争は避けたい。その為ポーランドが全面的にポーランドを救ってくれると思うのは間違いとのメッセージ(?)を送る。
ポーランドはフランスは陸続きなので援軍をよこしてくれると思っている。
知っている有名なドイツの将軍の名前が出て来る。
ルントシュテット、グデーリアン、マンシュタイン、ライへナウ、ホト・・・・・・・・
空軍ではリヒトフォーヘン・・・・・・・
ドイツはこのポーランド戦で多くの戦訓を得たようだ。
電撃戦の基礎をつかんだようだ!
が失敗も多い!
輸送機Ju52から爆撃する。
乗り入口を開けてスコップで焼夷弾を投下していたようだ。
自軍に流れて陸空軍が険悪になりかけたようだが・・・・・・・・
ちょっと信じられない話だが・・・・・・

ポーランドも善戦した!
読んでいて辛くなる。
特に優秀と言うかできる人間を将来の邪魔としてシベリアに送られる。
軍将校をカチンの森で殺される。
こういう記事を見て日本の隣国はどう思うのだろうか???
チェコ・ポーランドと第2次世界大戦が始まった状況が大変よく分かった!

2012年11月11日 (日)

ポーランドの歴史 (ケンブリッジ版世界各国史)・イェジ ルコフスキ・フベルト ザヴァツキ

ポーランドに行く前に、歴史の読んでおきたかった。ポーランドの通史である。
ブルガリアに行く前も、このシリーズの、ブルガリアを読んだ。
著者は一人が18世紀、もう一人が19世紀の専門家である。
やはり長い!

20121111_book1


100ページほどはパリ行きの飛行機の中で読んだ。
残りはポーランドへ行く前日に読み終えた。
ポーランドは、ロシア、プロシア、オーストリアの緩衝地帯になる。(フィンランドは大国ロシアとスウェーデンに挟まれている)
1795年にヨーロッパの地図から消えた。
第一次世界大戦の後のポーランドは、その前といちじるしく異なり、第二次世界大戦に又異なったと言う
そもそもポーランド人とは何ぞや?
国内はウクライナ人、ザクセン人、アルメニア人、リトアニア人、ベラルーシ人、タタール人、ユダヤ人等人種のウツボなんだろう。
宗教も今はカトリックでまとまっているのだろうが、プロテスタント、ロシア正教を押し付けられていた時代もある。
国の名称からして多い。
ポーランド王国、ワルシャワ大公国、ポーランドリトアニア共和国、ポーランド会議王国、クラクフ自由都市・・・・・・
強いポーランドは要らなかったようだ。
大国ロシア、プロシア・・・・・・・
強いポーランドは要らない。
ロシアはよく言われていた。
国境の間に緩衝地帯を欲しがる。それも味方の。
ドイツ、プロシア、オーストリアが強くなれば困る。
陸続きで大変だ。
それを抜きにして国が成り立たない。
面白い記述があった。
第一次世界大戦末期に、ボルシェビキ軍とポーランド軍との、近代での最後の最大の騎兵戦行われ、ポーランドは勝った。
これは最後の栄光なのか?

ドイツのポーランド侵攻とワルシャワ蜂起。
避けて通れない歴史である。
地政学の問題も多い。
学校で歴史を教えるのは苦労が多そう。
学生も覚えるのに大変だろう!
地図ひとつ見ても、年代毎に違う。西へ東へ国境が動く。
これからのロシアとの付き合い。西欧との付き合い。
カジ取りが大変である。
理解は出来たとは言い難いが、最後まで読み通せた。(誉めてやりたい!)
バルカン半島の他の本も読んでみたい!

2012年10月20日 (土)

ポーランド4日目、最後の日、ワルシャワ空港へ

ホテルに荷物を取りに帰り空港へ!
タクシーを呼んでもらおうとしたら、ホテルタクシーで送ってくれた。
これも60ズウォティと決まっているようだ。
分かりやすくていいと思うが・・・・・
14時ごろだったが市内は渋滞した。
チョッとイライラした。
14時半には空港に着いた。
運転手はかなり高齢だったが、親切だった。

20121018_airport

空港に着いたが搭乗手続きがいっぱいの人がいた。
これだけの人がヘルシンキに行くのかと思うとゾッとする。
が奥さんが乗り継ぎだから何処へ行くのかわからないと。
中国人の団体がいた。荷物が多い。
それで重量の問題なのか、時間がかかっている。
荷物を開けている人もいる。
その都度、添乗員なのか?若い男性が走り回っていた。

イライラして待っていると日本語が聞こえた。
年輩の団体。政治家か業界の団体と感じた。女性はいなかった。
添乗員?に対する態度が横柄だった。
そうやって待っているうちに見なくてもいいものを見た。
空港にLGの大きな看板があった。
目に付くところにある。そう言う戦略なんだろう!

荷物の重量は21.8kと20kで無事に通れた。
サスペンダーをしているのでいつも引っかかる。
あと何回引っかかるのか?
少し心配になる。
中国人は、荷物にビニールをかけていたから帰国するのだろう。
奥さんは、係員にベイジン(北京)?と聞かれた。
と言う事は直通便があるのか?
日本人は乗り継ぎだろう。
37番乗り口に行くと日本人誰もいない!
ヘルシンキ行には日本人は二人だけだった。
少し休憩して
時間は遅れたが無事出発。

ポーランド4日目、最後の日、ワルシャワ市内観光

軍事博物館より文化科学宮殿に向かう。 ここまで来たら市内を一望したい。

20121018_culture1

と言うわけで30階まで上がった。
やはり30階から見ると迫力はある。

20121018_culture2


20121018_culture4


20121018_culture3

上がる前に、レオナルドダヴィンチの簡単な展示があるので見て上がった。
当然、シロテンを抱く貴婦人もあった・・・・・・
大きい建物だが教会でもなく国会議事堂でもない。
単に力を見せびらかせている建物か?
50年も経っているのでこれからの補修も大切である。
外壁の補修など大変である。
足場だけでもどうするのか?
歴史的な建物の補修には、企業の垂幕に広告が入る。
それも重要な収入である。
この建物に広告する企業はあるのか?
まして周りに当てつけの様に高層建物が建設中である。
見えないようにしているのか?

そうこうしている内に12時を過ぎた・・・・・

ポーランド4日目、最後の日、ワルシャワ市内観光、軍事博物館の中

20121018_musee1


見ていて楽しい。
騎士の時代からの鎧、馬の鎧、槍、刀、弓、鉄砲などが並べられている。
服装もある。
絵もあり時代の変化が面白い。
火縄銃も大きいものがある。銃身も長い。びっくりする。
見学していると高校生ぐらいの団体に出会った。
銃を持たせて、どんなものか体験させている。
皆床にへたり込んでいる。
通るのが悪いのかなと思っていたら、向こうから通ってくれと言われた。
展示は中世から現在まで続く。
二郎は見ごたえ十分だった。
第二次世界大戦前ぐらいと思うが、長身のライフルがあった。
たぶん対戦車ライフルと思う。
バズーカ砲が出来るまで、歩兵の持つ兵器で戦車と戦えたライフルだと言う。
銃弾も凄い!
そんな展示が並んでいる。
サブマシンガン、ステンもあった。
楽しく興味深く見物できた。

2階の屋に暗い部屋がある。
すぐに何か分かった。
カティンの森の展示場だ。テーマがテーマだけに暗い。
ここは早々に引き揚げた。

ポーランドのロシアに対する思いは複雑と思う。
ポーランドの有能な人材は、戦争で相当無駄に亡くなっている。殺されたのか?
大国ドイツとロシアに挟まれた国の悲劇は辛いものがある。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ