独り言(よもやま話)

2019年6月19日 (水)

本・日本人はなぜ水に流したがるのか(2015/2)・樋口 清之

Photo_214


「水に流す」とは、今まであったことを、さらりと忘れ去ってしまうことである―そう書き出した著者は、
この日本人独特の心情・行動様式を、豊かな水資源を有し、稲作による共同体を形成した点に着目する。
「清浄」を尊び、罪や穢れは「禊」で洗い流す。
しかし国際化の波は、「水に流す」思想の問い直しを迫っている。
『梅干しと日本刀』などの名著で知られる著者による、ユニークな日本人論。


山本七平は、空気の研究で、水を差すと言っている!!
読んでいて楽しい内容である1  著者の本はよく読んでいる!!
内容は下記の通りである!!


序    日本人はなぜ水に流したがるのか
第一章  「水に流す」思想はどう出来上がった
     水が果たした清浄機能
     日本人の中にある禊思考
第二章  「水に流す」は民衆の知恵
     水が結ぶ共同体
     水に見る人の心
第三章  「水」を敬い、利用した日本人
     水にまつわる信仰
     水利用に通じていた日本人
第四章  多湿が生んだ日本文化
     水気の演出に美を感じる
     多湿との闘いが生んだアイデア
第五章  「水に流す」共同体の発展はあるか
     江戸の商家に見る疑似家族の知恵
     現代に息づく共同体精神


序  日本人はなぜ水に流したがるのか
過去にこだわらず、論わず、責めず、忘れ、受容し、許す………
おだやかで優しい人間関係を、寛容な人間の美点として日本人は、水に流してきた………
水に流すのは、禊とも考えられる!!


第一章  「水に流す」思想はどう出来上がった
     水が果たした清浄機能
     日本人の中にある禊思考
古代から川にごみは流した???
イギリスのティームズ川は汚物で飲み水にならずに、汚物を別ルートで流した………
日本の水に困らない環境が影響している!! 千変万化する環境もある!
川の氾濫、台風、集中豪雨………
死体も川の流す………
川も処理できないぐらい汚染される!
用便んも流していた………
自然の破壊について、立ち向かうのでも無ければ、屈するのでもない??

狭い日本列島なのに、温帯、亜熱帯、亜寒帯とある!
自然への順応性の良さと、二重性格的特性が日本人にはある………

済まないと言う!
住む、済む、澄むは同意語である!
川はゴミを流しても浄化する? 川は澄んでいる!
澄んでいなければ、済んでいない???
日本人は、一応済みませんと言う! 欧米では済みませんと言うと責任を追及される??
島国で侵略もされない単一民族なので、「水に流す」考えが普及する!!

水は聖水としての役割がある!!
禊がある!! 水で清める?? 始まりは「古事記」「日本書紀」である!
「喪に服す」
初七日、7の倍数である!!
ニ七日、14日、 三七日、21日、  四七日、28日と続き、七七日、49日となるようだ!!
「古事記」「日本書紀」からの引用は良く分からない????
読んでいて楽しいが………
罪も悪も禊で流す!
「流れ灌頂」 罪を洗い落とす!
「代垢離」  代わりに禊をする!
「盛り塩」  厄払い!
「豆まき」  穢れを祓う!
「流し雛」  体に付いた穢れを流してもらう??
「御手洗」  神社で手を洗い、口をそそぐ場所!
「補陀落」  海の向こうの極楽浄土 熊野信仰と結びつき、実際に渡っている!
       帰ってきた伝説がある???


第二章  「水に流す」は民衆の知恵
     水が結ぶ共同体
     水に見る人の心
米は日本の政治、経済、宗教の要であった!1
稲作に必要なのが水である!! 水には争いもあったが、共同作業である!!
エジプトは、ナイル川上流のいかなる工事も戦線服とみなす?? と公言している!!
共同体は自然と信仰の上で成り立っている!!
祭りは、酒のうえで普段言えないことを言う!
相撲は、しこで地力を増殖させる!!
どんと焼きは、田んぼでしめなわなどを焼いて、灰を田んぼに戻す!

村八分は禊の意味もある!!  村には十分の付き合いがある!!
結婚、出産、成人、旅立ち、普請、水害、火事、病気、葬式、法事
この内、火事と葬式以外の付き合いは止める………
今は単なるこらしめか。いじめである!!!

・笑いで流す罪がある!!
・共同体は横でつながっている!!
・丸く収める!!
・おたがいさまの精神!!
・一杯やる? 酒で洗い流すのか? この言葉が日本人は好きである!!
飲み食いでつながる仲間意識?? 
・宴会には食べきれない料理を出して、持ち帰らせてみんなでお祝いする!
・講も情報交換の場である!
・日本は強いヨコ社会でもある? だから「水に流せる」
・犠牲家族で絆を深める!
 7人の親がいる! 生みの親、名付け親、成人になった時の親、結婚式の親、法事の親………
・水の権利を守る共同体は派閥に似ている!
・水は清らかで正しく、美しい!!!

水に関することわざ  色々あって楽しい!!
・我田引水
・水かけ論争
・水清ければ魚住まず
・水は方円の器に従う
・水入らず
・水にする
・水も漏らさぬ
・水を差す
・水の低きに就く如し
・水喧嘩は雨で直る
・水心あれば魚心
・流れに耳を洗う
・長るる水は腐らず


第三章  「水」を敬い、利用した日本人
     水にまつわる信仰
     水利用に通じていた日本人
日本人は自然に任せる!! 諦めではないが強調しようとする!!
その為、「山の神」「海の神」
「水神」は守護神にもされる!
「宇佐の神」は神功天皇の三韓遠征の守護神である!!
日本は多神教であった!! その中でも「水の神」は一番大切だった………

水の信仰からくる地名と名前
串は銛に通じる! 大串、小串、立串、浜串てんてんてn

元旦の朝早くに汲む水を「若水」と言う!
女性を休ませる??  若返りの元である!!

水の神はさまざまに姿を変える! これは多いと言う!!
「八岐大蛇」も8本の川を意味している!!

末期の水?? 禊と再生を表す!!
墓参りで、墓に水をかけるが、末期の水ではない!
仏教の教えである!! 知らずにやっていたが………

産湯??
これからの生命を祝い、再生された魂を寿ぐための儀式であると!!

水による技術の発達!
稲作は水の観察を進歩させる! 
・土木機技術も向上させる!
 正確な測量技術は必要である? 段々の水田でも水の流れ……
伊能忠敬の地図も測量技術があったからであると!!
・井戸は繁栄のしるしである!! 神社にも井戸は多いようだ………
・日本料理、日本酒は水とかかわりは深い! 良き水を探していると………


第四章  多湿が生んだ日本文化
     水気の演出に美を感じる
     多湿との闘いが生んだアイデア
日本は湿気が多い!! 「わび」「さび」
はっきりした物言いを嫌う!!
濡れた感じが美しい! 「水もしたたるいい男」
水の関する藻が多い!
・水引き
・のし
・お茶
・発酵食品の多さ!
・干しものに餅は、長期旅行の保存食?
・日本家屋は多湿対策の建物?
・身体にぴったりの服を嫌う?


第五章  「水に流す」共同体の発展はあるか
     江戸の商家に見る疑似家族の知恵
     現代に息づく共同体精神
商家の跡取りは長男ではない! 優秀な番頭に後を継がせる!!
又、家族的でもある! 疑似家族???
のれん分けは商家を強くするようだ………

装身内意識がある! その出発点は村落共同体である!1
「外に出しても恥ずかしくない子」
「人様に迷惑をかけない子」
「身内の恥は家の恥」
身内だからこそ、水に流せる!!
そう言う意味で、現在の企業は村落共同体の末裔と言う!!


日本人はなぜ水に流したがるのか・樋口清之

 

2019年6月12日 (水)

阪急電車で西宮に行く途中で!! びっくりである!!

Photo_184


座っている席の前に、岡本だったと思うが、若い女性が座った!!
バッグを持っている??  ブランド品と思うが、分からない!!
シャネルの紙袋を持っている!!!
左手にカップのコーヒーを持っている!!
それでいて片手でスマホを操作して、イヤホーンを聞いている!!
学生に見えるがそうでは無いのか???
この程度で驚いていたらどうにもならない????

 

2019年6月11日 (火)

大阪のおばさんには、大阪のおばさんか?? ポートライナーにて??

Photo_183


だいぶ前だが、テレビの大阪でも中継があった!!
ゴミはかってにほる??? 規則は守らい!! やりたい放題である!!
注意しないのかと言うと、怖いやんけ!!!
確かに怖い!! ふぁんふぁんふぁんと早口でまくしたてられたらどうにもならない??
これに対抗するには???
ゲストが手嶋龍一だった!! 面白い人である!!
この時どう言ったか???
対抗できるのは、大阪のおばちゃんだと!!!!

先日神戸中央病院に行った!!
帰りにポートライナーに乗った!!
帰りに席に座った!! 引き出せる席が1席と2席が2個づつある!
たいがい1席に座る!! 迷惑をかけたくないからである!!!
ところが2席におばさん一人が座った???
荷物を横に置いて占拠している???
だんだん客が増えて来る!!  それでも知らん顔である!!
そこへ、あえて言うが大阪のおばさんがやって来た!!!
見ていると流石である???
尾の席に行く、荷物を叩いて、席を空けろと!!
どうなるかと思って見ていたが、不満そうに席を空けた!!!
こう言う時は感心する!!!

 

2019年6月 5日 (水)

ふるさと納税について思うこと!!

Photo_177

塩野七生が書いていた!  カエサルである!
「どんな悪法でも、始められたときは善意に基づいている」
やはり、はじめは良かれと思ってもどうしても不備が出て来る??
そう言うものだと思っている!!

ふるさと納税! 地方出身者が、故郷のために税金を使いたい!
これは良いことと思う!!!
が返礼と言うかお礼が問題である!
当然それを目当てに納税する人間が出て来る!
身内の話だが、ふるさと納税をお礼を見当てにしている!!
賢いと言うか、ずるいと言うか???

2_20

納めて貰う方は、何もせずに税金が入ってくる!!
半分お礼に当てても半分入ってくる!!
それこそ坊主丸儲けである!!!

たまたま泉佐野市が、ふるさと納税から外されているようだ!
不平を言っている!!!!
しかしどうなんだろう???? 何か目に余ることをしているのではないか??
地方出身者でもないのに、自分の住んでいるとこに悪いとは思わないのか??
地方はお礼に地元の名産品を与えるので、地元の産業に還元出来る!!
ふるさと納税に頼り過ぎると、それが当たり前になる!!
実際考えものであるが………

 

2019年5月27日 (月)

渡る世間に鬼はいない!!

Photo_147

「空母いぶき」をハット神戸に観に行った!!
大変面白かった!!

家に帰って気が付いた!!
カード入れが無い?
映画館で入場する時に免許を見せている!
という事は映画館で落としている??
奥さんが冷い!!!
何をしているのか???
その視線に耐えてもう一度映画館に行く!
今上映中なので終わるまで待って欲しい!
それで1時間ほど待っていた!
座席はJである!
アルバイトの学生が親切に探してくれたが無い!!!
泣けてきそうだったが、その周りを探してくれた??
座席はJ!!!!

が勘違いでIの席を探していた!!
ともあれ顔が崩れっぱなしである!!!
歳のせいか、こう言う事が多い!!
キーホルダーも無くなった………
たいがい出て来るが………
渡る世間に鬼はいない!!!!!

2019年5月 5日 (日)

自転車でコケた?? 歳を感じるが………

Photo_101


自宅から三宮の方に自転車で行った!
なだらかな坂なので行きは嬉しい!!
最近は歩きスマホの人間も多い!!
全然前を見ていない人もいる!!
そんな中で道は縫うようにして自転車を走らせる!!
そうすると、前から来る人がいる!
こちらか行く人がいる!
このままでは、丁度自転車が行く時間にすれ違いそうなので通れない!
そこでスピードを上げた??? 先に通過しようと!! それが間違いだった!!!
向こうから来る若い女性とぶつかった……… (泣く!!!!!)

情けなかった………
ただ女性もすいませんと謝ってくれた………
倒れたが怪我はなかった………
通行人の年配の男性が、頭打たんでよかった!!
そう言ってくれた!!!
何事もなく分かれたが、情なかった………

スイス・ルツェルンの橋でつまずいた時は、5人ほどスイス人が集まって来てくれた??
大丈夫か????
気を付けよう………
もう遅いか????

 

2019年5月 1日 (水)

Sumitomo Mitsui Banking Corporation security@smbc.co.jpとは何か???

Photo_96


今度は又新しい!! 平成最後の日に来たが………
素直に読むと、三井住友銀行になる!!! SMBC????
銀行口座とクレジットカードを安全にするためにセキュリティアプリケーションを有効にするためにお支払いください。

買掛金 :3.99 JPY

三菱・UFJ銀行に次いで来たメールである!!
次はみずほか???

内容は良く分からない??
何処でアドレスを調べて来るのか?
開いたらどうなるのか興味はあるが………
今度銀行に持って行って聞いてみよう………

 

2019年4月30日 (火)

本・追憶のドイツ―ナチス・空襲・日本人技師(1991/5)・佐貫 亦男

Photo_97


首都に降る爆弾。技術購入交渉の難航。工場内部をかくす航空兵器会社。
スイス税関の非情な検査。日本人同士のあつれき。
帰国への不安―プロペラ設計技師・佐貫亦男のすごした苛烈なドイツ。
1941年4月、プロペラ技術の購入で再度ドイツを訪れた佐貫技師は、
1943年11月まで滞在し、同盟国と中立国の対日感情をつぶさに体験。

戦後10年たって、長編の回想記にまとめ上げた。


第二次世界大戦中、ドイツで暮らした技術者の感想と、戦後の再訪の記録である!!
実体験だけに面白い!! 著者は遠慮なく書く!!
先に第二部を書いてから、第一部を書いている!
もう著者を知る人間も少ないと思う………
古書店で探した著者の本は多い!!
この本は、図書館で探した………
二部構成である!!

はじめに
第一部 青い防空灯
第二部 ドイツあれから10年
あとがき


はじめに
1939年に短期でイタリアとドイツへ出張!
1941年から1943年末までベルリンにいた!
よく帰国出来たと思うが………


第一部 青い防空灯
イギリスの爆撃の話がある!!
モスキートにランカスターなどの4発爆撃機である!!
逃げた時に、水道を閉め忘れて、下の階に流れた………
その賠償の話がある??
悪い人間を相手にしたですね!!!
何処にでもいるそう言う人間はいる!!

「われら総統を戴くゆえに勝利あり!」
「シベリアで暮らすか、最後まで戦うのか?!
このポスターでも負けている???

各国の日本の評価もスイスからの雑誌で手に入れる!!
「ゼロ戦は近接戦闘ではもっとも危険な相手である」
「雷撃機の使用に関しては、英国人から学んでその上を言っている」
「航空母艦は日本に真の用途を発見された」
空母の運用は、真珠湾以降はアメリカが開発し運用する!!
認めるところは認められている!!!
1941年6月に独ソ戦が始まり、冬までに戦いに終わると!!
冬までに終わらなければドイツの負けである???

日本の軍人の愚かさがある!!!
「軍人こそ真の日本の勤労階級の代表である!!」
「士官学校へは農民、小企業家などで占められている???」
「日本は天皇を中心とする、ピラミッド型の家族国家で、国家の危機には身を挺して死地におもむく!」
官尊民卑!!! そう言う時代である!!
ドイツと一蓮托生である?? 負けてはならぬし、考えてもいけないし、言ってはならない!!

スイスへ行っている!!!
中立国である!! がヒトラーも侵攻を計画した???
スイスは風景が美しい???
現在も当時と風景は変わっていない??
イスパノ・スイザはスイス人がスぺインで作った会社である!
やはりスイスの技術は高い! ドイツも使っている??
精密工作機械、エリコンの機関砲はドイツに輸出されている??
この技術が無ければ、スイスもせいぜいブルガリア程度の国だった???
えらくブルガリアに失礼であるが………
スイスは荷物検査も厳しかったようだ………

イタリアに行く!
行く前に言われる??
「イタリアに製造権を買いに行くなんて、君の頭はどうかしているのか?」
1943年、ドイツ兵は戦況を悲観している??
「日本はドイツより後まで戦うだろう」
ムッソリーニが辞めたニュースを聞く!!!

各国の航空機の製造がある1
1944年に最高の製造である!
あの空襲の時代にである???
1944年、ドイツは39,807機、アメリカは96,318機!
ソ連の推定は22,000機である!!
これにイギリスが加わる!!
著者は、ダイムラーベンツのエンジンの取り扱い説明書を読む!!
感想は「機構の鬼」 日本じゃ出来ないと!!!

ベルリン空襲を目にしている!
イタリアが降伏する!
モンテ・カッシーノが爆撃される!
ムッソリーニ救出!!!
オットースコルニティーである!!!
パリにも行く!!
北アフリカへの輸送で、50機以上のJu52が撃墜されている??

著者はソ連経由で日本に帰ることになった!!
ソ連から査証が来る!! しかし何故著者なのか??
査証が取り消されたと言われる!
詳しくは書いていないが、はずれた人間がひがんでいる???
ここからの苦労は依然読んでいる!!
よく帰国出来たと思う??


第二部 ドイツあれから10年
10年後ドイツに来る!!
下宿先に連絡を取っている!
「あなたが来たと思いました」 懐かしがってくれたようだ………

弱いイタリアのピアッジョ社から製造権を買う!
それはならなかったが、戦後ピアッジョ社は成長する!!

ユンカース社からプロペラの製造権を買う!!
この時の商談の話が思い出されている………
山下奉文中将に会っている!
陸軍は満州に飛行機工場を造り、陸軍の思い通りにする!!!

本田宗一郎とも一緒に来ている!!
ハインケル博士にも会う!! 懐かしい??
ダイムラーベンツの工場にも行く??
メッサーシュミット博士には会えなかったようだ………

エバアルト・ディートル将軍の名前があった??
リデル・ハート曰く、ヒトラーお気に入りの諸郡である!
一人は砂漠のロンメル、もう一人が雪のディートルと言う!!
ミュンヘンのBMWの工場にも行く!!!

ここでもソ連経由で帰る話になる!!
がスイスの話がある! 本田宗一郎が同行している?
「マルペンサの鬼婆」
税関で徹底的な検査を受ける! 嫌がらせとしか思えなかったようだ………
抗議文を送ったようだが、返事は無かった………
イタリアの記述がある………
この辺りはあまり面白くないが………


あとがき
ドイツの国力に対する過大評価がある!!
軍人が軍事力を評価するのは当然であるが、正当な評価なのか?
経済はやはり商社員の冷めた目が必要である???
しかしヒトラーも連合軍の力を見誤った!!!!


追憶のドイツ―ナチス・空襲・日本人技師・佐貫亦男

 

Mitsubishi UFJ Financial Group no-reply@mufg.jpとは何者なのか??

Photo_95 メール


相変わらずよく来る!!!
今日は29日、祭日である!
何回目になるのか???
そもそも Mitsubishi UFJ Financial Group no-reply@mufg.jp とは何者なのか???
何処にも三菱UFJ銀行とは書かれていない!!!
受け取った方がそう判断するようになっている!!

迷惑メールの特徴は?  調べてみると面白い!! 相当発進されているようだが………
不自然さがなく完成度の高い日本語の文章で書かれてある巧妙なメール
企業から送信されて来るメールとは思えないホンの数行の怪しいメール

メール送信者である!!
三菱UFJフィナンシャル・グループの正規ドメイン mufg.jp に 偽装 されてる場合あり???
何かその通りである!!
開いてみたらどうなるのか????
それには興味があるが、それが間違っていると!!!
メールが来ている人は多いと思う!!!
これを送り付ける人は、それなりの、労力に似合う報酬があるのか??
あるのだろう……… 恐らく口座番号を記入する欄があるはずである!!!

銀行には携帯を教えている! 用事があれば連絡が来る!!
アドレスは教えていない!! だいたい知らないので教えようがない!!

坊生命保険会社で、退職時支払先を変更した!
その時に銀行引き落としにしたら、暗証番号教えてくれと!!
でなければ、引き落としできないと!!!
結局教えなかったが………
分からないことはするなと言うことなのか???
知ったかぶりも、欲にかられることも無いようにする………

2019年4月28日 (日)

オランダからのお客さん!!  「KOBE KITANOZAKA 4月27日~29日」

Photo_88


奥さんの神戸でのフランス語の先生が、今オランダ・ライデンにいる!
仕事の関係でフランスからオランダに行っている!!
奥さんは結婚式にも招待されている!
なので親しい関係であり、日本に帰って来る時によく会っていた!
ヨーロッパに行く時は、KLMをよく使う!
アムステルダムからライデンまでは近い!
そう言う事でオランダに寄ることにした!!
自宅で弥生さんがご馳走してくれた!!
一人娘の、マヤちゃんはおてんば娘である!
今は小学3年生である!
その歳で、日本語、フランス語、オランダ語と喋る!!
パパとはフランス語、ママとは日本語、学校ではオランダ語を喋る!!
が、難しいところもある!!
その為に、学校以外に日本の補習校へも行っている!
この度、弥生さんとマヤちゃんが日本に帰ってきている!!
連休中である!
パパは仕事の関係で帰って来ていない!!
二人の帰国で、マヤちゃんは京都の学校に聴講に行っている。
帰国子女たちを、日本文化の経験をさせている??
落語も聴いたようだ………

今日、授業が終わり実家に帰る途中に寄ってくれた!!
昨年会っているが、相変わらずのお転婆である??
良く叱られているが、めげない!!!

北野で食事したが、イベントがある!
「KOBE KITANOZAKA 4月27日~29日」
フェスティバルステージ???
沢山の人間が訪れている!!
道路に花が引き詰められている!
ここで記念撮影をしてくれる!! 脚立を立てて係員が上から撮影してくれる!!
行列が出来ている! ここまで北野のだから待とう………
4人で記念撮影をした!! 
その撮影中にも、回り込んで写真を撮ろうとするやからは居るが………


Photo_87

楽しい時間を過ごせました!!
又、ヨーロッパに行った時は寄りたい!
今までオランダには行かなかった??
いつもアムステルダム空港には行っているので、オランダには行った気になっていた??
ライデンに住んでいるので、メチャメチャ行き易くなったのは事実である!
今度会うお転婆は、ますますお転婆になっているかも………

面白い話だが、京都の学校にオランダから生徒が来ると、連絡している!!
生徒たちはどんな女子が来るかと期待していたようだ!
ところがマヤちゃんは、ハーフとは言えどこから見ても日本人である!!
みんな青い目の、金髪を期待していたのか??

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

古代史 室町時代 幕末 平安時代 鎌倉時代 アイルランド アジア (インド・東南アジア) アフリカ アメリカ (カナダ・メキシコ) イタリア イングランド オセアニア オランダ オーストリア ギリシャ スイス スウェーデン スコットランド スペイン スロバキア スロベニア チェコ デンマーク トルコ ドイツ ノルウェー ハンガリー フィンランド フランス ブルガリア ベルギー ポルトガル ポーランド ルクセンブルグ ルーマニア ロシア (バルト3国) 中南米 中国 (モンゴル) 中東 台湾 戦国武将(武将) 朝鮮半島  上杉氏(越後・謙信他)  中国 (毛利・宇喜多他)  九州 (島津・竜造寺・大友他)  会津 (蒲生氏郷・保科正之他)  北条氏(小田原・早雲他)  四国 (長宗我部他)  大谷吉継  宮本武蔵_  徳川家康 (徳川関連)  明智光秀 (明智・細川)  東北 (政宗他)  武田氏(甲斐・信玄他)  真田一族  真田幸村 大河ドラマ  真田幸村 本  真田幸村 紀行  石田三成  織田信長 (織田関連)  藤堂高虎  豊臣秀吉 (秀吉関連)  黒田官兵衛  黒田官兵衛 大河ドラマ  黒田官兵衛 本  黒田官兵衛 紀行 おんな城主 直虎 本 おんな城主直虎 大河ドラマ お勧め アート インテリジェンス・国際情勢 エネルギー・原発・資源 コンサート スポーツ テレビ番組 ドラマ ゲーム・オブ・スローンズ ナルト 中央アジア 事件 仕事の悩み 剣客 単なる女好きのおっちゃん 古代文明 名言格言 国内 旅行 坂の上の雲 山本五十六 政治・政局 旅行・地域 昔話 映画 映画・テレビ 時事 書籍・雑誌 東南アジア 源平合戦 独り言(よもやま話) 神社・仏閣 科学 紹介、情報 落語 講演 軍事博物館 金融

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

カテゴリー

無料ブログはココログ