« 2016年12月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月14日 (日)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:岡崎インター

目次に戻る


Simg_3534
12
12
Simg_3504
12
12
岡崎インターで食事した。12
一杯の人である。
今は酒を出さないので、食事が終われば直ぐに出て行く。
店は有名店が入っているようだ………
12
12
Simg_3513
12
12
Simg_3523
12
12
「創業明治三十三年 伊藤和四五郎商店 鶏 三和」
神戸さんちかにも出店している。
かつ丼は売り切れで、名古屋コーチン親子丼1080円が、感謝祭で100円引きである。
鶏の調理方法が2種類あるようだ。
スプーンしかくれなかったようだ…………
12
12
Simg_3507
12
12
Simg_3517
12
12
「大正庵釜春」
ざるそば870円を頼んだ。
このタレは少し変わっている??
12
12
Simg_3530
12
12
Simg_3546
12
12
「地雷也三州岡崎宿店」
天むすを買った。 帰ってから食べようと!!
5個680円。
12
12
帰りは京都の手前で渋滞したが、京都を過ぎれば問題なく走った。
久しぶりの旅行である。
楽しかったです!!
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:二俣城跡

目次に戻る


Simg_3464
12
12
Simg_3466
12
12
Simg_3479
12
12
Simg_3481
12
12
Simg_3485
12
12
Simg_3486
12
12
信康が自害したのがこの城のようだ。
覚悟を決めて自害した。
信長が殺せと言った理由はいろいろ憶測されいる。
この件は、「司馬遼太郎 覇王の家」を信頼したいが………
12
12
旭ヶ丘神社が並んでいる。
長い階段を上がっていく。
ここまでは車で来れる。
神社は靖国神社に関係がある。
神社の鳥居にくくり付けられている木も枯れている………
武田と徳川の争いの地である。
長篠の合戦以降、徳川が攻勢に出る。
12
12
Simg_3469
12
12
Simg_3472
12
12
Simg_3474_2
12
12
Simg_3488
12
12
Simg_3491
12
12
Simg_3489
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:清瀧寺

目次に戻る


自害した信康の供養する為に、家康により建、命名された寺。
本堂には、家康の木像、信康の位牌、徳川歴代将軍の位牌が安置されている。
静かな寺である。
行った時間も遅かったが………
12
Simg_3430
12
 
12
Simg_3460
12
 
12
Simg_3445
12
 
12
Simg_3448
12
 
12
Simg_3453
12
 
12
Simg_3450
12
 
12
Simg_3454
12
 
12
Simg_3456
12
 
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:諏訪神社

目次に戻る


諏訪神社があるが、案内が無いのには、少しビックリである。
信康堂、諏訪神社、清瀧寺と並んでいる。
見上げる感じである………
12
12
Simg_3421
12
12
Simg_3423
12
12
Simg_3425
12
12
Simg_3428
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:信康堂

目次に戻る

だいたいの予定は完了した。
最後に、清瀧寺と二俣城跡を訪ねて帰ろうとした。
まず青瀧寺に行こうとしたら道路沿いに凄いものがあった。
信康堂である。
岡崎三郎信康である。
12
12
Simg_3434
12
12
Simg_3432
12
12
信康会がある。
家康嫌いの人の集まりか??
狂い者なのか??
信康は名将になる素質があったのか??
信康堂の場所はここがふさわしいのか??
12
12
Simg_3435
12
12
Simg_3437
12
12
Simg_3439
12
12
Simg_3440
12
12
Simg_3442
12
12

2017年5月13日 (土)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:井伊谷城跡

目次に戻る


直親の墓から井伊谷城跡に向かう。
遺産センターに車を置いて、一人で歩いて行く。
坂道を歩いて行く。
上り口がある。
道は整備されている。坂道と階段を上手く組み合わせている。
入り口の、直虎の杖が置いてある。 これは有難かった………
12
Simg_3413
12
12
Simg_3385
12
12
Simg_3409
12
12
Simg_3412
12
12
途中に休憩所が2か所造ってある。
12
12
Simg_3373
12
12
稲荷神社も途中にある。
12
12
Simg_3378
12
12
Simg_3380
12
12
雨の日には登れないと言うか、降りれない!!
滑るのが怖い!!
12
12
Simg_3381
12
12
Simg_3383
12
12
そんなに長い距離ではない。
上に上がると、すがすがしいが………
城と言っても天守閣があった分けではない!
最後に攻められた時に集まる場所なのか??
小野政次の屋敷は何処にあるのか??
12
12
Simg_3394
12
12
Simg_3396
12
12
Simg_3400
12
12
Simg_3404
12
12
Simg_3402
12
12
Simg_3389
12
12
Simg_3393
12
12
Simg_3375
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:井伊直親の墓

目次に戻る


昨日の遺産センターの案内係の人は、あまり勧めない??
駅より徒歩15分とある。
その駅に行ったが、特に案内は無い。
幟があったので行ってみると、ごみの集積場である。
12
Simg_3343
12
Simg_3342
12
見落としたのかもしれないが、案内は無かった………
12
12
川べりにあると思っているので、車で川まで行くと、小さく案内がある。
が片側からしか見えない。
川辺うの道がある。 この本線のところにも幟が必要である??
道を歩いていくと、墓のところに幟がある。
それで直ぐに分かったが………
川沿いの道からは、下へ降りる。
又急な道である。
ようやく来れた………
12
12
Simg_3345
12
12
Simg_3348
12
12
Simg_3349
12
12
Simg_3354
12
12
Simg_3355_2
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:気賀関所

目次に戻る


箱根、新居と並ぶ、重要な関所である。
取り調べの状況が分かる人形も置いてある。
なかなか楽しいが………
12
12
Simg_3312
12
12
Simg_3291
12
12
Simg_3292
12
12
Simg_3302
12
12
Simg_3301
12
12
Simg_3297
12
12
Simg_3299_2
12
12
Simg_3318
12
12
Simg_3319
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:大河ドラマ館で昼食

目次に戻る

ここは店が出ている。
と言っても簡単な店である。
ここでウナギのおこわと、肝焼きにみたらし団子を食べた。
おにぎりに、肝は美味しかったです!!
12
12
Simg_3327
12
12
Simg_3339
12
12
Simg_3333
12
12
Simg_3336
12
12
Simg_3334
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:出世大名に出世法師

目次に戻る


ここみマスコットが来ていた。
出世大名:家康に出世法師:直虎がいる。
この二人と記念撮影してくれる。
少し並ぶが面白い!
中は誰なのか??
直虎は女性がやっているのか??
奥さんが気にしていたが………
12
12
Simg_3322
12
12
Simg_3325
12
12
Sdsc_3233
12
12

2017年5月12日 (金)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:おんな城主 直虎 大河ドラマ館

目次に戻る


大河ドラマ館に向かった。
この為に造っている??
入り口で写真を撮ってくれる。
引換券を渡されて帰る時にどうするか聞かれる??
奥さんが少し機嫌が悪い!
小さな写真を渡されれて、大きな写真を見せられる。
大きな写真は金が要る。1200円である。
12
展示場は工夫している。
出演者のサインがある。
気になったのは、龍潭寺の昇天と傑山であるが、傑山のサインはあったが昇天は無かった………
12
12
Simg_3307_2
12
12
Simg_3308
12
マンホールも直虎である。
12
Simg_3310
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:蜂前神社

目次に戻る


Simg_3288
12
12
ここは徳政令の時に出て来た神社である。
小野政次と神主が策謀する!!
神社らしい森の中に造ってある。
たまたまかも知れないが、観光客が3組いた。
大河ドラマの威力なのか?
12
12
Simg_3253
12
12
直虎の花押が押された、唯一の文書を所蔵している。
12
12
Simg_3255
12
12
Simg_3282
12
12
Simg_3280
12
12
Simg_3257
12
12
Simg_3258
12
12
Simg_3261
12
12
Simg_3262
12
12
Simg_3278
12
12
おんな城主直虎の出演者の記念写真がある。
この写真で思ったが、主演の柴咲コウは例外なのか?
他は名前と演じる名前が一緒に記述されているが、柴咲コウは自分の名前だけである!
12
12
Simg_3275
12
12
Simg_3276
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:犀ヶ崖古戦場

目次に戻る


三方ヶ原の合戦後に、逃げる家康が罠を仕掛けて、武田方を追い払った??
ここも係の男性がいて説明している。
お客さんで腰を落ち着けている人がいたので、早々に帰った。
市内にあるので施設を造り易い。
「三方ヶ原の合戦古戦場」は、あるのだがもっと詳しいのが欲しい!!
何もないので造り難い??
12
12
Simg_3242
12
12
Simg_3249
12
12
Simg_3245
12
12
Simg_3251
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:太刀洗の池

目次に戻る


酒井忠次が信長の質問に答えられずに、信康に築山殿を殺害しなければならなかった。
信康は、武田と通じたのか??
築山殿は家康は女の事なので逃がしても良いと思った??
信康も評価は分かれる??
ここで殺害した刀を洗ったと言う!
歴史というものは面白い!
最後に残ったものが正義なのか??
12
12
Simg_3231
12
12
Simg_3229
12
12
Simg_3232
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:西来院

目次に戻る


ここは築山殿の廟堂がある。 瀬名姫である!!
家康の正室で、岡崎三郎信康の母である。
「おんな城主 直虎」 ではこの扱いはどのようにするのか??
瀬名姫は狂ったように逆らうのか??
興味はある………
12
12
Simg_3215
12
12
Simg_3218
12
12
Simg_3221
12
12
Simg_3222
12
12
Simg_3225
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:頭陀寺

目次に戻る

「高野山 真言宗 難除大師」
頭陀(ずだ)寺は、豊臣秀吉、徳川家康、それに井伊直政が幼少期を過ごしたと言う。
「出世の街・浜松」を象徴する場所で、その3公の幼少期の像を寺が製作した。
頭陀寺は703年建立の古寺。寺によると秀吉は若い頃に3年間、寺と密接な関係だった松下家に武家奉公。
家康も今川氏の人質だった時代、松下屋敷まで馬で遊びに来ていた。
井伊直政は母親の再婚先の松下家の養子になり、井伊直虎らのはからいで家康にお目通りした。
12
12
Simg_3175
12
12
Simg_3176
12
12
Simg_3181
12
12
Simg_3182
12
12
Simg_3185
12
12
Simg_3187
12
12
Simg_3189
12
12
Simg_3190
12
12
Simg_3193
12
12
役行者の名前もある。
12
12
Simg_3211
12
12
Simg_3205
12
12
ここは楽しく見学出来る。
家康、秀吉に直政の銅像もある。
いた時期の銅像なんだろう………
お土産に、特製の醤油を買った!
12
12
Sdsc_3210
12
12
Sdsc_3212
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:松下屋敷跡(頭陀寺城跡)

目次に戻る

まず松下屋敷跡に行った。
ここはいずれ名所案内にも登場するだろう………
松下と言うと高名である。
秀吉が松下屋敷にいた事は有名である。
時代はずれているが………
12
12
Simg_3161
12
12
Simg_3163
12
12
Simg_3166
12
12
Simg_3167
12
12
直政の母の再婚相手は松下清景である。
直政を養子として、直政が家康に仕えるようにしたようだ………
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 三日目:なか卯で朝食

目次に戻る


朝食は「なか卯」で取った。
ざるそばと、トン汁・ご飯に生卵のセットを頼んでいる。
トン汁のセットは美味しそうであった。 250円にざるそばが400円半ばである。
玉子の黄身が眼に映える!
贅沢はしない!!
12
12
Simg_3155
12
12
Simg_3157
12
12
Simg_3160
12
12

2017年5月11日 (木)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:夕食 魚がし鮨

目次に戻る


駅のビルの方に食事しに行った。
何処か迷ったが、そば屋にしようとしたが奥さんが大反対した!!
鮨が食べたいと!
贅沢な………
でも行かなければ又奥さんの機嫌が悪くなる??
「沼津 魚がし鮨」
12
12
Simg_3144
よく流行っている。
感覚が違った………
鮨の量が違った………
上握り2000円と、特上握り2980円を頼んだ。
これだけで良かったのに、
上握りは、握り9貫、巻物一本(きゅうり巻きにトロ)に、お椀が付く。
(中トロ・いくら)
特上握りは、握り11貫、お造り2点、蟹汁付き。
(中トロ、上白身、地あじ、生しらふ、生桜えび、穴子1本)
どちらかと言えばこれだけで充分である。
この時、桜えびのジャンボかき揚げ880円を頼んでいる!
余計だったのか??
持ち帰りは出来ないが、入れ物は用意してくれる。
自己責任である。 何かかって問題があったのか??
美味しかったです!!!
12
12
Simg_3093
12
12
Simg_3111
12
12
Simg_3115
12
12
Simg_3132
12
12
Simg_3124
12
12
Simg_3125
12
12
Simg_3142
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:井伊家居館跡

目次に戻る


平時を過ごした居館の後である。
案内がし易いところなので、ここにしたのか??
この付近一帯が居館なんだろう………
ここからおとわは龍潭寺に通った??
竜宮小僧にもこの付近で出会ったのか??
12
12
Simg_3057
12
12
Simg_3059
12
12
Simg_3061
12
12
Simg_3062
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:二宮神社

目次に戻る


今住んでいるところが、神戸二宮町で、二宮神社がある。
もっとも一宮から八宮までの神社があるが………
分かり難いところである!
旗竿が立っているので分かるが………
ここも宗良深奥を御祭神としている。
坂を上がっていく。
ここからも井伊谷城址までの道がある。
が急な坂道が多い!
年配者はやめた方がよい???
12
12
Simg_3030
12
12
Simg_3041
12
12
Simg_3043
12
12
Simg_3045
12
12
Simg_3052
12
12
Simg_3054
12
12
Simg_3047
12
12
Simg_3049
12
12


井伊谷城跡まで行ける!!
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:足切観音堂

目次に戻る


ここは宗良親王の話が多い!
戦の中で、親王が負傷して落馬したが、怪我はなく、護持仏の片足が血に染まったと言う。
足切観音が祀られている。
ここも分かり難いところである。
静かなところである。
余程好きでなければ訪れないだろう………
12
12
Simg_3029
12
12
Simg_3033
12
12
Simg_3035
12
12
Simg_3037
12
12
Simg_3040
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:井殿の塚

目次に戻る


遺産センターに戻り、案内の人に報告して、明日城に行くと言ってセンターを後にした。
まず、「井殿の塚」に行った。
ここは係の人のお勧めのようだ。
ドラマで、最初に謀判の疑いをかけられた亀、直親の父、直満とその弟直義の墓がある。
少し分かり難い!
12
12
Simg_3012
12
12
Simg_3013
12
12
Simg_3016
12
12
Simg_3017
12
12
Simg_3024
1212
井伊直虎もいる!!
12
Simg_3027
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:妙雲寺

目次に戻る


臨済宗 妙心寺派
直虎の菩提寺。
工事中であった。
横目に睨んで通った………
12
12
Simg_2976
12
12
Simg_2977
12
12
Simg_2979
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:渭伊神社

目次に戻る


遺産センター教えて貰った。
井水と井戸を祭祀とする。
井伊氏の発祥と共に氏神となる。
古い神社である。 龍潭寺から移ったようだ………
12
12
Simg_2982
12
12
Simg_2980
12
12
Simg_2991
12
12
Simg_2985
12
12
Simg_2993
12
12
Simg_3003
12
12
Simg_2997
12
12
Simg_3000
12
12
Simg_3006
12
12
御神木 天生杉がある。
この辺りは御神木が多い??
12
12
Simg_3002
12
12
Photo
12
12
ベンチも修理が必要か??
12
12
Simg_3007
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:昼食 鰻 いしかわ

目次に戻る


目印は鰻屋である。
ここで昼食をとった。 鰻である!!
「鰻 いしかわ」
うな重 竹 4000円と、まぶし茶漬け2700円を頼んだ。
うな重は、うなぎ1本、肝吸、香物。
まぶし茶漬けは、うなぎ半身、肝吸、小鉢、薬味、香物が付く。デザートも付いている。
うな重は身が重から少しはみ出している。
美味しかったです!!!
2
2
Simg_2933
12
12
Simg_2936
12
12
Simg_2938
12
12
Simg_2948
12
125
Simg_2961
12
12
Simg_2964
12
12
Simg_2970
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:地域遺跡センター

目次に戻る


Simg_2926
12
12
Simg_2928
12
12
龍潭寺に行った後、地産遺産センターに行った。
浜松の遺産、直虎の展示がある。
遺産??  遺跡とか史跡にしなかったのか??
確かに直虎の遺産で食っているところはある!!
12
青葉の笛の贋作が置いてある。
体験できるようになっている。
12
12
Simg_2930
12
12
Simg_2932
12
12
ここで案内の人が声をかけてくれた。
奥さんが気が付いたが、手話と英語の案内が出来るようだ。
親切に教えてくれた。
井伊谷城址についても教えてくれた。
ボランティア???
各観光地ではこう言う親切な案内人がいる。
感謝感謝である。
とりあえず渭伊神社と、妙雲寺に行こう………
当然歩いてだ! 
12
12

2017年5月10日 (水)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:伝井伊共保出生井

目次に戻る


寛弘7年(1010年)に井伊家初代の共保が生まれたと伝わる井戸である。
そういう井戸は多い。 実際に枯れ果てた井戸もある??
宮本武蔵の生家と言われる場所にも井戸はある………
伝である????
12
12
Simg_2914
12
12
Simg_2920
12
12
Simg_2921
12
12
Simg_2916
12
12
Simg_2918
12
12
Simg_2925
12
12
Sdsc_3192_new
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 小堀遠州の庭

目次に戻る


高名な庭園である。
縁側に座り込んで鑑賞している人も多い!
そう言う風情には縁遠い???
12
12
Simg_2892
12
12
Simg_2897
12
12
Simg_2898
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 井伊谷宮

目次に戻る


井伊谷宮が龍潭寺の隣にある。
南北朝時代に、宗良親王(後醍醐天皇第四皇子)が、御祭神である。
12
Simg_2799
12
12
Simg_2801
12
12
Simg_2802
12
12
Simg_2812
12
12
Simg_2808
12
12
Simg_2810
12
12
Simg_2827_2
12
12
「願串」がある。 願い事が多過ぎて全員に御利益がまわらない??
12
12
Simg_2816
12
12
資料館もある。
Simg_2825
12
12
Simg_2819
12
12
Simg_2823
12
12
Simg_2821
12
宗良親王に関係が深い!
1212
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 宗良親王 御墓

目次に戻る


ここには入れない。 宮内庁の管轄である。
管轄が違う!
時代が大分下がる。
南北朝時代である!!
宗良親王この地方で活躍したようだ………
12
12
Simg_2795
12
12
Simg_2835
12
12
Simg_2796
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 戦国時 井伊家を支えた武将の墓

目次に戻る


普通ならここまでの紹介はされない。
今川、井伊家は桶狭間の合戦、織田信長に狂わされたのか??
12
桶狭間の合戦戦士の墓 直盛に従い戦死した16名
新野左馬助の墓
中野氏の墓
鈴木重時の墓
12
12
Simg_2839
12
12
Simg_2841_2
12
12
Simg_2843
12
12
Simg_2844
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 井伊氏歴代墓所

目次に戻る


井伊家の墓所である。
名前まで残っている。
これも大河ドラマの威力なのか??
12
初代井伊共保
22代井伊直盛
井伊直虎
23代井伊直親
直親夫人
24代井伊直政
井伊家歴代之墓
12
小ぶりである!!
直政以降は彦根にあるのか??
12
12
Simg_2785
12
Simg_2788
12
Simg_2790
12
Simg_2791
12
Simg_2792
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 井伊谷三人衆の墓

目次に戻る


今川からの目付、井伊谷三人衆の墓がある。
普通はこれだけ有名にはならない??
12
鈴木重時
菅沼忠久
近藤康用
12
井伊家は直虎、直政に感謝しなければならない!
12
12
Simg_2781_2
12
12
Simg_2784
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:子育て地蔵

目次に戻る


―虎松の無事成長祈願仏―
井伊家は小野但馬に横領される。
その時期に直政親子は龍潭寺にかくまわれる。
母は、お地蔵を造り、神木「なぎ」を植え我が子の安泰を日々念じた。
12
12
Simg_2905
12
12
Simg_2902
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺 梛の木

目次に戻る


御神木である。
井伊直政に関係している。
「なぎ」は風や波が穏やかになる例えで、昔から厄除け災難が収まると言われている。
12
12
Simg_2900
12
12
Simg_2906_6
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:龍潭寺(井伊家菩提寺)

目次に戻る


直虎はこの寺で修行した。
後で分かったが、井伊家居館跡から龍潭寺まではかなりの距離である。
昔の人は足腰も丈夫だったんだろう………
おとわの年でこれだけ歩くのは凄い!!
静かなところである。
見るところは大変多い!
ここは観光客が多い!
ナビで検索してここに来た。
着いたのは第3駐車場で、近道とある。
つまり裏から入った………
12
Simg_2766
12
Simg_2771
12
Simg_2775
12
Simg_2777
12
Simg_2778
12
Simg_2851
12
Simg_2854
12
Simg_2856
12
Simg_2859
12
Simg_2861
12
Simg_2863
12
Simg_2866
12
Simg_2869
12
Simg_2871
12
Simg_2875
12
Simg_2877
12
Simg_2879
12
Simg_2881
12
Simg_2883
12
Simg_2885
12
Simg_2890
12
入って行くと、松岳院跡地がある。
直虎の母である。
12
12
Simg_2767
12
Simg_2769
12
直虎は本能寺の変を見届けて亡くなったようだ。
寺は見るところが多い!!
多すぎるほどある。 整備されている!!
順番に見て行く!!
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:三方ヶ原古戦場

目次に戻る


今日は龍潭寺の方に行く!
行く途中に「三方ヶ原古戦場」を通る!
浜松城から家康は無謀ともいえる戦いに出陣する!
負けたとは言え、生涯のポイントになったようだ………
12
12
Simg_2747
12
12
Simg_2757
12
12
Simg_2759
12
12
Simg_2761
12
12
今は石碑だけ残っている。
信玄VS家康である。
それほどの戦いである。
なら戦場の配置図が欲しいと思うが………
12
姉川の戦いの古戦場は配置の案内と配置があった。
ここは欲しいと思うが、家康が負けた戦いなので残していないのか??
訪問出来て嬉しかった!!!
12
12
Simg_2749
12
12
Simg_2751
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:カフェで朝食

目次に戻る


ホテルで昼食は頼んでいない。
駅の店に行った。 
「Dei france」
パン屋で、カフェもやっている。
サンドイッチのセットに追加を頼んだ。
コーヒーに紅茶を頼んだ。
少し食べ過ぎである………
12
12
Simg_2742
12
12
Simg_2738
12
12
Simg_2736
12
12
Simg_2740
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 二日目:浜松駅前

目次に戻る


Simg_2733_2
12
12
ここは横断歩道が少ない。
地下道が発達している。
足が悪い人に、高齢者は辛いだろう………
今後どうなるのかと思うが………
12
バス停には駅からエスカレーターで行けるが………
12
12

2017年5月 9日 (火)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:夕食は浜松餃子にラーメン

目次に戻る

知らなかったが浜松餃子が有名なようだ。
奥さんは少しへましたので居ない。
ひとりで食事に行った。
「錦華楼」
表の看板が凄い!!
昭和の中華そば650円と、ギョーザ6個330円を頼んだ。
ラーメンはメンマにナルト、チャーシューが2枚で、昔ながらと言う感じである。
浜松餃子は、野菜が多いそうだ。 店の人が教えてくれた。
野菜が多いので、もやしが付いているのか??
美味しかったです!!
12
12
Simg_2683
12
12
Simg_2685
12
12
Simg_2695
12
12
Simg_2699
12
12
Simg_2702
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:浜松駅の喧騒 稲荷神社???

目次に戻る


駅前に稲荷神社がある。
あると言うより作ってある。
ここにはっぴ姿の、キツネの面を被った人たちがいる。
丁度走り回っている時にここに来た。
賑やかである!
見ていると、キツネの面をつけている若い女性が近づいてきた。
面は被っていなので顔は見える。
酒を配っていた。
一言、麺は被らない方がよいですよ!
12
12
Simg_2710
12
12
Simg_2712
12
12
Simg_2714
12
12
3日から浜松祭りが始まる。
前哨戦なのか??
駅のレストラン街も直虎一色である。
御苦労さまです!!
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:ホテルクラウンパレス

12
12
Simg_3151
12
12
Simg_3152
12
12
奥さんが予約していたホテルである。
駅前にある。
大きいホテルである。
浜松駅前はホテルが多い!
「ホテルクラウンパレス」
結婚式場もやっている。
部屋も大きい。
12
12
Simg_2674
12
12
Simg_2676
12
12
Simg_2677
12
12
ただトイレのウオッシュレットが古い。
シャワートイレと言うのか??
時代を感じさせたが、何事も日進月歩である。
朝食はどうするのか??
ブッフェ形式で1100円と言う!
少し高い感じがするので止めた!!
ホテルから駅が見える。
月曜日の朝は閑静だった………
12
遺産センターで何処のホテルか聞かれたら、インドのホテル王が買収したと!!
12
12

目次にもどる

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:休憩 星乃珈琲

目次に戻る


遠州鉄道から降りて休憩した。
どこにでもある感じである。
「星乃珈琲」
フルーツティーのアイスにホットコーヒー、中からチョコレートが出て来るケーキを頼んだ。
フルーツティーが美味しかった!!
12
12
Simg_2671
12
12
Simg_2663
12
12
Simg_2667
12
12
Simg_2670
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:遠州鉄道 八幡駅~浜松へ

目次に戻る


浜松八幡宮のすぐ横に遠州鉄道が走っている。
高架である。
駅のホームまでは、2階分の階段を上らなければならない!
高齢者にとっては辛いだろう………
単線である!!
12
12
Simg_2656
12
列車は直虎一色である!
12
12
Simg_2657
12
12
Simg_2661
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:浜松八幡宮

目次に戻る

椿姫観音より浜松八幡宮までやはり歩いていく。
多くの樹木が繁茂する鎮守の森に鎮座している。
12
12
Simg_2627
12
12
Simg_2632
12
12
Simg_2629
12
12
Simg_2631
12
12
Simg_2634
12
12
徳川家康が祈願所とし、武運長久を祈ったと伝えられている。
武田信玄との戦い(三方原合戦)に敗れ武田軍に追われた際、洞穴に潜んだと言われる境内の御神木「雲立の楠」がある。
また「雲立の楠」は、静岡県の天然記念物に指定されている。
12
12
Simg_2640
12
12
Simg_2653
12
12
Simg_2644
12
12
Simg_2641
12
12
ここは神社と言う感じが濃厚である。
森の中にある感じである。
浜松稲荷神社も祀られている。
八幡太郎義家も訪れている??
12
12
Simg_2645
12
12
Simg_2652
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:椿姫観音

目次に戻る


引間城主飯尾豊前守乗竜の妻、お田鶴の方が徳川家康勢に攻撃されたとき、侍女たちと共に討死して果てたところといわれている。
飯尾豊前守乗竜は、家康が浜松に入ってきた1568(永禄11)年以前に今川氏真の謀略にあって殺されていた。
第5代引間城主となったお田鶴の方が200有余の城兵と共にたてこもっていた。 
おんな城主ではないか??
家康は城を明け渡すよう説得したが、夫人が応じなかったため、止むを得ず攻撃を行う。
落城寸前のさなか、力尽きたお田鶴の方は侍女18名と共についに討死して果てたとされている。
家康はこの地にお田鶴の方と侍女18人の亡骸を手厚く葬り祠を建て、その周りに100本余の椿の木を植えて供養を営んだ。
毎年椿の木は美しい花を咲かせ、付近の人々はこの塚を椿姫塚と呼んで追善供養を捧げた。
12
12
Simg_2614
12
12
Simg_2617
12
12
Simg_2615
12
12
調べると、やはりお田鶴の方は、おんな城主になる??
今川氏真の陰謀ならば、後はどうする気だったんだろう??
ここは家康と通じるべきではないのか??
そう思うが………12
1

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:引間城跡に東照宮

目次に戻る

浜松城から歩いて引間城跡に行く。
今日は消防団の訓練でもあるのか、よく見かける。
引い差なところである。
引間城を拡大して、浜松城と改めたようだ!
1212
12
Simg_2597
1212
12
Simg_2600
12
12
Simg_2609
12
12
Simg_2612
浜松元城町東照宮で、出世の聖地と呼ばれる。
徳川家康公に、豊臣秀吉公の銅像がある。
家康は堂々たる武将であるが、秀吉は未だ小僧である。
秀吉幼少の折に、この引間城を訪れた記録があるようだ。
なので小僧なのか?
何か悪意を感じるが………
12
Simg_2601
12
12
Simg_2605
12
Simg_2603
12
12
浜松元城町東照宮で、出世の聖地と呼ばれる。
徳川家康公に、豊臣秀吉公の銅像がある。
家康は堂々たる武将であるが、秀吉は未だ小僧である。
秀吉幼少の折に、この引間城を訪れた記録があるようだ。
なので小僧なのか?
何か悪意を感じるが………
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:家康公鎧掛松

目次に戻る

三方が原の合戦で、武田信玄に負けた家康が、逃げ帰る時に休憩して鎧をかけた松と言う!
3代目の松と言う!
そこまでするのか???
1212
12
Simg_2585
12
12
Simg_2588_2
12
12
Simg_2589
12
12

2017年5月 8日 (月)

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:浜松城 演舞

目次に戻る

市役所から浜松城に上がろうとしたら、武士の団体に出会った。
12
12
Simg_2578
12
12
「ようこそ出世の街 浜松へ」
「毎週日曜日、午後1時~1時40分に登場とある」
出世大名家康くんに、出世法師直虎ちゃんである。
幸運にも市役所からの出陣に出会った。
案内の女性が、演武があると教えてくれた。
楽しい行事である。
【浜松徳川武将隊】
後でもう一度案内の女性にあった。
聞かないでも良い事を聞いてしまった。
「市役所の人間、観光課がやっているのか?」
違うようだ………  ボランティアと言っていた。
今の季節はまだしも、これからは暑くなるので大変だろう………
12
12
Simg_2545
12
12
Simg_2546
12
12
Simg_2565
12
12
Simg_2569
12
12
Simg_2570
12
12
Simg_2571
12
12
Simg_2573
12
12
Sdsc_3129
12
12
記念撮影をおこなっている。
完全と言える装備の武士たちである。
具足もきっちりしていた??
太鼓を叩き演舞する。 練習も大変ではないか??
御苦労さんです!!
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:浜松城

目次に戻る


Simg_2548
12
12
Simg_2567
12
12
Simg_2551
12
12
Simg_2554
12
12
高名な城である。
天下人、家康の城である!
元亀元年(1570年)徳川家康によって築かれた。
三河を平定し遠江の大半を手中に治めた家康は三河国岡崎城から当城に移り本拠とした。
三方が原の合戦時、ここ浜松城で籠城と言う案もあった。
が、家康は信玄の挑発に乗った??
負けたと言え、将来に残る負けだった??
信玄が死んでいなければどうなっていたのか??
12
12
Simg_2555
12
12
Simg_2558
12
12
出世大名で売っている。
直虎は、出世法師である!
12
12
城の隣は市役所である。
もう少し上手く城址を残せたのではないのか??
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:五社神社・諏訪神社

目次に戻る
12
12


Simg_2528
12
12
Simg_2533
12
12
Simg_2505
12
12
Simg_2530
12
12
まずは神社に行く。
参拝客は多かった。
時期的なものなのか、家族連れも多かった!
社務所もしっかりしている。
五社神社に、諏訪神社の関係は??
稲荷神社もあると思ったら、あった………
いかにも神社らしいところにあると感じたが………
12
12
Simg_2507
12
12
Simg_2510
12
12
Simg_2514
12
12
Simg_2521
12
12
Simg_2523
12
12
Simg_2518
12
12
Simg_2515
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:ウナギで昼食

目次に戻る

浜松には一度来ている。
浜松と言えば、鰻である。
二郎はよく覚えていないが、奥さんはこの店に来た事を覚えている??
「創業明治42年 直営店 八百徳」
駅前の南側にある。
よく流行っている。
12
12
Simg_2502
12
12
Simg_2481
12
12
Simg_2489
12
12
Simg_2492
12
12
Simg_2495
12
12
Simg_2498
12
12
Simg_2487
12
12

お櫃鰻茶漬け3050円(税別)に、うな重2950円(税別)を頼んだ。
汁はすまし汁である。
香の物と一緒である。
美味しかったです!!!2

目次に戻る

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:浜松でのトラブル

目次に戻る


Simg_2471
12
12
雰囲気が怪しくなる。
奥さんが、大切なものを忘れている。
どうするのか?
もうやめようかと言う事になりかけた………
それは何とかくい止められたのか………
12
12
Simg_2477
12
12
原因はくだらない事なのか??
重要な事なのか??
まずは食事にする!
12
12

おんな城主 直虎観光 遠江浜松 一日目:浜松駅

12
12
4月30日(日) 奥さんが29日から東京に行っている。
連休中であるが、浜松に行くことにした。
おんな城主 直虎巡りである。
直虎巡りは浜松周辺に限られるので行き易い??
駿府もあるが、浜松からは近い。 そこは今度である。
『遠江』である。
大国、今川、武田、北条がいる状況であり、井伊は今川に属している。
昔、「近江」の意味を本で読んだときは感動的だった。
近き淡き海、琵琶湖である。
京から見て近くにある。 『近江』である。
となれば遠き淡き海があっても良い!
浜松湖である。 『遠江』になる。
所説はあるようだが、納得出来る話である。
12
30日に浜松駅で待ち合わせした。
浜松駅は大変奇麗である。 新幹線と在来線が並んでいる。
駅にはスズキの車と、河合のピアノが展示してある。
12
12
Sdsc_3135
12
12
Sdsc_3136
12
12
Simg_2467
12
12
浜松は中小企業が多い??
その名残で、銀行も大手が強くない??
信用金庫が強いと聞いた。 それにシブ銀と言われる静岡銀行がある。
駅前のビルは、ホテルが多い。 大手銀行に証券会社も目立たない??
学習塾も多そうである。
駅から少し離れると、静かである1
地下街は駅前には無いようだ………  バスターミナルが整備されている。
30日の日曜だったので、駅前は人が多かった………
あしなが育英資金の、女子高生がボランティア活動があった。
頭が下がる!! 沢山のボランティアに対してであるが………
12
今は、「おんな城主直虎」一色である。
我が家もそうだが、観光客が多く来る。
各地方団体が誘致に走るのも分からないではない??
駅のポスター、バスの全面直虎の宣伝。
そして遠州鉄道も、列車は直虎の宣伝である。
兵庫でも、山陽電車の列車は「軍師 官兵衛」 一色だった。
社内の広告も、「軍師 官兵衛」のポスターだけであった………
12
12
Simg_2744
12
12
Simg_2733
12
12
4月30日は日曜日で賑わっていた!
5月1日は平日であり、駅前も静かであった………
観光案内は整備されている。
直虎に家康の案内が大変良く分かった!!
それでは浜松城から観光する………
12
12
Simg_2724
12
12
Simg_2720
12
12
Simg_3314
12
12

« 2016年12月 | トップページ | 2017年6月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ