ラトビア

2017年8月25日 (金)

バルト三国に行けて………

目次に戻る

バルト三国に行った。 6月13日から6月22日までである。
計画は当然奥さんがたてる。 計画は趣味である!
金は二の次である???? 嫌な奴!!

リトアニア、ラトビア、エストニアにフィンランドを回った。
旅行会社は 「こだわりの旅 トラベルプラザ」
会社は群馬県にある。 群馬県と言えば親しみを感じるが………
ロシア関係に強いと言う!

ヨーロッパは、今は北の方が安心と言う。
南の方、スペイン、フランス、ベルギー、ドイツの方が危ない??
実際に移民も多く、テロもある!
そんなに遊んでいる人間は見かけなかったが
その点、バルト三国には移民はいない??
安心と言うのも売りの一つである!

最近テレビでバルト三国の観光の放送を良くやっている。
それだけ注目されている??
それとも主要国はもうやることが無い??
そういう時に観光出来たのは嬉しい!!

ここはフィンランド航空があるので便利である。
9時間の飛行だった。 KLMアムステルダムまでは12時間である。
観光するには良い環境である………
ついでに北欧を巡るのも楽しいだろう………

どの国も楽しく観光出来た。 各国のガイドさんも楽しかった!
どの国も静かである。 観光に力を入れているし、観光客も多い!
各国に日本の姉妹都市がある。 特に神戸市とリガ市は姉妹都市である。
サク市と佐久市??  語呂合わせみたいな姉妹都市でもある!
クライぺダ市と久慈市(日本全国で誰一の琥珀の産地)は琥珀の関係での姉妹都市である。

思った事がある。 まずは食べ物である。
食べ物も美味しい! 特にリトアニアのキビナイが美味しかった??

201706_trip1_2

期待したのは、エストニアの豚ゼリーである。 確かに期待しただけはあった………

201706_trip2_2

ラトビアのガイドさんも好きなようだ。
中央市場で豚の爪を見学して、作るのにはこれが必要だと教えてくれた!
サワークリームがいつも出る。 ガイドさんはたっぷり付けると!!

日本ではトンカツと言う豚肉料理がある。 ポークチャップもある。 日本は幸せである??
日本の豚料理はシンプルである!!
風土による影響なのか、濃厚な味のものが多い!
移民の影響がないせいか、ケバフの店は見かけなかったが………
マクドナルド、ケンタッキー、バーガーキングはよく見かける??
スープはチキン系にクリースープが多い。
大好きなモツのスープは無かったが………

ホテルの朝食は何処も大変豪華である。 
旅行会社の手配したホテルが良かったからか………
特にラトビアではビジネスの部屋に変更である!
たまたまだったと思うが、そう言うことが出来る旅行会社である!

三ヶ国とも琥珀が名産であるようだ!
がこの琥珀は何時身につけるのか?
女性がネックレスで使っているのは見かけてはいない!
名産と言うからにはもっと女性がしているのではないか??

どの国も旧市街地があり、観光客が多い!! 旧市街を一望出来る!!
リトアニアでは丘の上から!

201706_trip3_2
リトアニアの旧市街

ラトビアでは塔の上から、エレベーターに乗り(有料)見下ろせる!

201706_trip4_2
ラトビアの旧市街

エストニアも展望台から見下ろせる! 港もも見える!

201706_trip5_2
エストニアの旧市街

人口はリトアニア300万、ラトビア200万、エストニア100万である!
リトアニアは破たん国家??(佐藤優によれば………)
小さな国で良くやっている!!
リトアニアには杉原千畝がいた。 ここには行きたかったので嬉しかった。
建物は修復中である!! そう言う処置をしてもらえるだけでも感謝しなければならない!!

201706_trip6_2

映画の印象とは違い、実際はもっと狭い??

201706_trip7_2

観光用に、民族衣装を利用している。
各国とも似ている衣装である!

201706_trip15_2
エストニアの民族衣装

三ヶ国とも山が無い!
城が残っている。城壁に等がレンガである。
これも変わっている?? 他ではあまり見かけないが………

リトアニア ゲティミナス城にカウナス城

201706_trip9_2
ゲティミナス城

201706_trip10_2
カウナス城

ラトビア  ツェースィス城

201706_trip12
ツェースィス城

エストニア タリン城

201706_trip13_2
タリン城

地下鉄も無いようだし、バスとトラムが走っている。
交通量は多くは無い!  信号が無くても車は横断歩道では止まってくれる。
国民性か?? 良い習慣である!!
どの国も、フィンランドでもそうである!
日本では横断歩道の表示はたいがい薄れたら、塗り替えている!
こちらはほりっぱなしである!
石畳みの道路が残っている!
歩き難いが…………
国民性と言う言葉だけの話なのか??

観光にはもう少し時間をかけたかったが………
大国の狭間の小国は辛いものがある!
ロシア、ドイツ、北欧から侵略されている。
小国には生きるための知恵がある。
独ソ戦では、ロシアに侵攻されて、ドイツに侵攻される。 そしてソ連に解放されている??
ユダヤ人の問題も有る。
ドイツが侵攻されて、ドイツに協力しユダヤ人殺害を実行しする。
ソ連に解放されると、ドイツに協力した人間たちが殺される。
それからソ連邦になり衛星国になる。
ソ連の計画経済に加えられている。
フィンランドとは別の意味で、40数年独立まで大変だっと思うが………

日本語を喋る人もいるようである! 今後の観光のお勧めである!

旅行会社はロシア関係に強いそうだ!
コーカサス地方、ジョージア、アルメニア、アゼルバイジェンなんかどうなんだろう………
ベラルーシ、モルドバ、ウクライナは??
ウクライナは無理だろう………
危険と分かっているのに行くと、国に迷惑をかける!!
何よりロシアに行く時は確認したい旅行会社である………

ともあれ旅行会社には感謝感謝である!!
個人旅行で行かれる方にとっては、良い旅行会社と思う!!

2017年7月19日 (水)

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑫ラトビア スィグルダ 昼食「Kungu rija」

目次に戻る

スィグルダの観光後、近くのレストランに行く。
「Kungu rija」

20170716_lunch1

昼食は旅行会社が手配してくれている。
今日はガイドさんも一緒である。
レストランはあまりない??
広い!
庭もあり池もある?
楽しいところである。

20170716_lunch2

行った時はお客さんがいなかったが、続々とグループが来る。

20170716_lunch3

有るお客さんが挨拶してくれた!
ボンジュール!
奥さんもボンジュール!
フランス語を話すの?
少し!
お決まりの奥さんの受け答え。
どうも塔に上った時に、上で一緒なったようだ!
こう言うのは楽しい!

20170716_lunch5

ビールは大小とアリ、中は無い!

20170716_lunch6

最初は豆のサラダである。
グレイビーンズ、ラトビアにしかない? 豆だそうだ。
これは美味しかった!!

20170716_lunch7

メインはサーモンのグリル。
ピラフと思ったが、リゾットだった。
肉が続いたので、魚にしていたのか??

20170716_lunch8

デザートはベリーのアイスのようなもの???
紅茶を頼んだ!
美味しかったです!!

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑪ラトビア スィグルダ トゥライダのお土産

目次に戻る

トゥライダ城から帰ってきた。

20170617_shop1

来た道を帰り、駐車場まで行く。
お土産物屋さんが並んでいる。
奥さんが1軒寄った。
何か買っている??

20170617_shop2

ラトビアはリネン製品が有名である。
スカーフのようだ。

20170617_shop3

ここで店の叔母さんが、おまけに小さな杖をくれた!!
喜んでくれていたようだ!!

20170617_shop4

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑩ラトビア スィグルダ トゥライダ城の塔から

目次に戻る


20170617_shiro19

トゥライダ城の塔まで登れば一望出来る。

20170617_shiro310

二郎は遠慮したので、奥さんが上った!

20170617_shiro39

塔の中の天井は円形、ドーム型になっている。

20170617_shiro38

塔の中。展示があるようだ。

20170617_shiro311

窓。壁が分厚い

20170617_shiro312

最上階。

20170617_shiro32

川が蛇行している。

20170617_shiro33

二郎は座っている。

20170617_shiro35

それほど時間はかかっていない!
上から手を振っている!

20170617_shiro31

別の城が見れる。

20170617_shiro37

ボブスレーの練習場があるとか。。

20170617_shiro36

煉瓦に名前を彫っている。

20170617_shiro313

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑨ラトビア スィグルダ トゥライダ城の博物館

目次に戻る


20170617_shiro21

トゥライダ城の中は博物館になっている。

20170617_shiro22

この城の脇に教皇の住居があった。

20170617_shiro23

展示には、ダブルクロスがある。

20170617_shiro24

ガウヤ川が蛇行する丘に建てられた城。
戦うための城だ。

20170617_shiro25

当時の戦いの資料か?

20170617_shiro26

生活の模型に紋章、鎧があり、司祭の人形もある。

20170617_shiro28

建物の中は人間が寝るところ、馬が休むところ。
冬の寒さは半端ではない。

20170617_shiro29

12
20170617_shiro210

紋章。

20170617_shiro211

当時の衣装

20170617_shiro27

12
20170617_shiro212

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑧ラトビア スィグルダ トゥライダ城

目次に戻る


20170617_shiro12

トゥライダ城。

20170617_shiro11

城に着く! 

20170617_shiro14

13世紀に建てられた。

20170617_shiro13

この地の歴史は複雑である!

20170617_shiro16

内庭??

20170617_shiro17

そこで城を見る。

20170617_shiro18

この城は丘城である。
守り難い城では無さそうである。
井戸はある!

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑦ラトビア スィグルダ トゥライダの資料館 

目次に戻る


20170617_shiryo11

トゥライダ城に行くまでに民族資料館がある。

20170617_shiryo18

1203年の地図。

20170617_shiryo14

冬の狩風景。

20170617_shiryo16

集落の模型

20170617_shiryo12

囲炉裏?

20170617_shiryo15

ライ麦がよく取れる。

20170617_shiryo17

アクセサリーか?

20170617_shiryo19

ここのスタッフは民族衣装を着ている。
これも楽しい!

20170617_shiryo111

奥さんはラトビアの国旗に合わせた、ストライプの服を着ている。

20170617_shiryo110

この木はなんだったか。。

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑥ラトビア スィグルダ トゥライダの教会 

目次に戻る

トゥライダの教会。

20170617_church1

農家職人たちの手で建てられた、もっとも古い木造教会のひとつ。

20170617_church5

平屋建てに見れる。ロフト部分にパイプオルガンがある?

20170617_church2

簡素で美しい。

20170617_church3

建築時の道具

20170617_church4

聖書か?

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ⑤ラトビア スィグルダ トゥライダ・ルァザの墓 

目次に戻る

トゥライダ・ルァザの墓

20170617_kan32

トゥライダ教会の近く、菩提樹の木の下に眠る「トゥライダのバラ」とよばれた美女の墓。「恋人への愛を貫くために、死を選んだ」という言い伝えから、結婚式を終えたカップルが花束を添えに来るという習慣がある。

20170617_kan33

詳細な話は覚えていない?

20170617_kan31

2017年7月18日 (火)

バルト三国、ヘルシンキの旅 5日目 ④ラトビア スィグルダ トゥライダ博物館保護区に到着

目次に戻る

スィグルダの観光場所、トゥライダ博物館保護区に到着する。

20170617_kan23

民謡公園、トゥライダ領主の邸宅、トゥライダ教会、教会の丘、13世紀に建てられたトゥライダ城などがある。
駐車場は広い! 

20170617_kan21

お土産物屋さんも並んでいる。

20170617_kan22

観光客も多い!!
これから見学に行く!

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ