エストニア

2017年8月25日 (金)

バルト三国に行けて………

目次に戻る

バルト三国に行った。 6月13日から6月22日までである。
計画は当然奥さんがたてる。 計画は趣味である!
金は二の次である???? 嫌な奴!!

リトアニア、ラトビア、エストニアにフィンランドを回った。
旅行会社は 「こだわりの旅 トラベルプラザ」
会社は群馬県にある。 群馬県と言えば親しみを感じるが………
ロシア関係に強いと言う!

ヨーロッパは、今は北の方が安心と言う。
南の方、スペイン、フランス、ベルギー、ドイツの方が危ない??
実際に移民も多く、テロもある!
そんなに遊んでいる人間は見かけなかったが
その点、バルト三国には移民はいない??
安心と言うのも売りの一つである!

最近テレビでバルト三国の観光の放送を良くやっている。
それだけ注目されている??
それとも主要国はもうやることが無い??
そういう時に観光出来たのは嬉しい!!

ここはフィンランド航空があるので便利である。
9時間の飛行だった。 KLMアムステルダムまでは12時間である。
観光するには良い環境である………
ついでに北欧を巡るのも楽しいだろう………

どの国も楽しく観光出来た。 各国のガイドさんも楽しかった!
どの国も静かである。 観光に力を入れているし、観光客も多い!
各国に日本の姉妹都市がある。 特に神戸市とリガ市は姉妹都市である。
サク市と佐久市??  語呂合わせみたいな姉妹都市でもある!
クライぺダ市と久慈市(日本全国で誰一の琥珀の産地)は琥珀の関係での姉妹都市である。

思った事がある。 まずは食べ物である。
食べ物も美味しい! 特にリトアニアのキビナイが美味しかった??

201706_trip1_2

期待したのは、エストニアの豚ゼリーである。 確かに期待しただけはあった………

201706_trip2_2

ラトビアのガイドさんも好きなようだ。
中央市場で豚の爪を見学して、作るのにはこれが必要だと教えてくれた!
サワークリームがいつも出る。 ガイドさんはたっぷり付けると!!

日本ではトンカツと言う豚肉料理がある。 ポークチャップもある。 日本は幸せである??
日本の豚料理はシンプルである!!
風土による影響なのか、濃厚な味のものが多い!
移民の影響がないせいか、ケバフの店は見かけなかったが………
マクドナルド、ケンタッキー、バーガーキングはよく見かける??
スープはチキン系にクリースープが多い。
大好きなモツのスープは無かったが………

ホテルの朝食は何処も大変豪華である。 
旅行会社の手配したホテルが良かったからか………
特にラトビアではビジネスの部屋に変更である!
たまたまだったと思うが、そう言うことが出来る旅行会社である!

三ヶ国とも琥珀が名産であるようだ!
がこの琥珀は何時身につけるのか?
女性がネックレスで使っているのは見かけてはいない!
名産と言うからにはもっと女性がしているのではないか??

どの国も旧市街地があり、観光客が多い!! 旧市街を一望出来る!!
リトアニアでは丘の上から!

201706_trip3_2
リトアニアの旧市街

ラトビアでは塔の上から、エレベーターに乗り(有料)見下ろせる!

201706_trip4_2
ラトビアの旧市街

エストニアも展望台から見下ろせる! 港もも見える!

201706_trip5_2
エストニアの旧市街

人口はリトアニア300万、ラトビア200万、エストニア100万である!
リトアニアは破たん国家??(佐藤優によれば………)
小さな国で良くやっている!!
リトアニアには杉原千畝がいた。 ここには行きたかったので嬉しかった。
建物は修復中である!! そう言う処置をしてもらえるだけでも感謝しなければならない!!

201706_trip6_2

映画の印象とは違い、実際はもっと狭い??

201706_trip7_2

観光用に、民族衣装を利用している。
各国とも似ている衣装である!

201706_trip15_2
エストニアの民族衣装

三ヶ国とも山が無い!
城が残っている。城壁に等がレンガである。
これも変わっている?? 他ではあまり見かけないが………

リトアニア ゲティミナス城にカウナス城

201706_trip9_2
ゲティミナス城

201706_trip10_2
カウナス城

ラトビア  ツェースィス城

201706_trip12
ツェースィス城

エストニア タリン城

201706_trip13_2
タリン城

地下鉄も無いようだし、バスとトラムが走っている。
交通量は多くは無い!  信号が無くても車は横断歩道では止まってくれる。
国民性か?? 良い習慣である!!
どの国も、フィンランドでもそうである!
日本では横断歩道の表示はたいがい薄れたら、塗り替えている!
こちらはほりっぱなしである!
石畳みの道路が残っている!
歩き難いが…………
国民性と言う言葉だけの話なのか??

観光にはもう少し時間をかけたかったが………
大国の狭間の小国は辛いものがある!
ロシア、ドイツ、北欧から侵略されている。
小国には生きるための知恵がある。
独ソ戦では、ロシアに侵攻されて、ドイツに侵攻される。 そしてソ連に解放されている??
ユダヤ人の問題も有る。
ドイツが侵攻されて、ドイツに協力しユダヤ人殺害を実行しする。
ソ連に解放されると、ドイツに協力した人間たちが殺される。
それからソ連邦になり衛星国になる。
ソ連の計画経済に加えられている。
フィンランドとは別の意味で、40数年独立まで大変だっと思うが………

日本語を喋る人もいるようである! 今後の観光のお勧めである!

旅行会社はロシア関係に強いそうだ!
コーカサス地方、ジョージア、アルメニア、アゼルバイジェンなんかどうなんだろう………
ベラルーシ、モルドバ、ウクライナは??
ウクライナは無理だろう………
危険と分かっているのに行くと、国に迷惑をかける!!
何よりロシアに行く時は確認したい旅行会社である………

ともあれ旅行会社には感謝感謝である!!
個人旅行で行かれる方にとっては、良い旅行会社と思う!!

2017年7月25日 (火)

バルト三国、ヘルシンキの旅 7日目 ②エストニア タリンからヘルシンキへ出発

目次に戻る

タリンからヘルシンキへの便。

20170619_tallin_31

飛行機の中は何も出ない。
30分かからない。
乗務員の制服は黒である。
中々良い感じである!
あっと言う間に着いた!!

20170619_tallin_32

タリン上空、旧ソ連連邦時代の住居が並んでいる。

20170619_tallin_33

ヘルシンキ上空、スオメンリンナの要塞が見える。

バルト三国、ヘルシンキの旅 7日目 ②エストニア タリン空港

目次に戻る

タリンの国際空港。
小さな空港である。

20170619_tallin_21

エアコンの外機が並んでいる。
FUJITU  またまた珍しい………

20170619_tallin_23

荷物をチェックする時、担当者はきつそうであった??
ボディテックの時、首からぶら下げていたパスポート入れも外すように言われた。

20170619_tallin_22

この空港は小さいので効率よく乗れると感じた。

20170619_tallin_24

5番搭乗口があるが、風景が描かれている。

20170619_tallin_29

森に湖である。
その湖を渡れる橋もある。

20170619_tallin_28

子供が遊べる施設も置いている。
ただ朝に食べるレストランは少ないようだ!

20170619_tallin_25

隣に店屋があったが、マル徳??
麺に寿司である。 寿司飯をおけで作っていたのは若い女性!
こちらを見て挨拶してくれた。
もう一度行くと、巻き寿司を巻いていた。
キュウリが見えた!  
あまり美味しそうではない???

20170619_tallin_27

飛行機は往復のようだ。
着陸したらすぐに出発である!
小さな可愛らしい旅客機である!
席はプロペラの横である!

バルト三国、ヘルシンキの旅 7日目 ①エストニア タリン 空港に出発

目次に戻る

タリンからヘルシンキに向かう。
朝6時に車が迎えにホテル、Nordic Hotel Forumに来てくれる。
旅行会社はここまでの手配である。
フェリーで行くことも出来たが、ヘルシンキ空港の近くに行きたいので飛行機にした。

20170619_tallinn_12

車はメルセデス・ベンツ。
ホテルからは近い空港である!

20170619_tallinn_13

ホテルで朝食弁当は頼まなかった。
冷たいパンやサンドイッチより、あたたかいものが食べたかった。
パソコンコーナーに搭乗券の印刷がしたければ、レセプションにメールで送ってくれたら印刷します、と書いてあったので、前夜してもらった。

20170619_tallinn_11

朝のタリン、閑散としている。

バルト三国、ヘルシンキの旅 6日目 ⑱エストニア タリン 夕食「Olde Hansa」

目次に戻る

タリン、夕食はガイドさんのお勧めの店である。
と言うよりエストニア料理と言う事で紹介してくれている。
中世の雰囲気がある。

20170618_dinner1

旅番組でも紹介されていた。
料理も中世的と言う? ただしそれが美味しかは分からない??
昼に行った時、係りの愛くるしい女性が、店は広いし、日曜の夜なので予約の必要はないと!
そう言ってくれたので予約なしで行った。
女性は覚えていてくれた。
「カムバック??」
笑顔で迎えてくれた!
「Olde Hansa」

20170618_dinner2

建物の中は中世風に暗く、ろうそくが灯してある。
二郎には息苦しい? ので、外にした。

20170618_dinner3

スープの他に1品を頼む。
ハニービールに甘口のグラスワインを頼む!
二郎はマッシュルームのクリームスープ。
奥さんはビーフスープ。 グラーシュみたいな感じである。
それにコールドミートのサラダを頼んだ!!

20170618_dinner4

メニューもこっている。

20170618_dinner5

ビールのグラスが昔風の陶器である。

20170618_dinner6

スープは美味しい!
パンはワイルドである。 サワークリームがたっぷりついている。

20170618_dinner7

コールドミートのサラダは、一部のミート、生ハムみたいだが塩気がきつい??

20170618_dinner8

最後に女性に写真を撮らせて貰った。
にこやかにポーズをつけてくれた!

20170618_dinner9

靴も写させてもらった!!

20170618_dinner10

楽しいひと時でした!!
料理も美味しかったです!!

バルト三国、ヘルシンキの旅 6日目 ⑰エストニア タリン マーケットで木の工芸品を買う

目次に戻る

タリン、午前中の観光で見た旧市街のフリーマーケット、奥さんが欲しいものがあって行ってみた。

20170718_market1

店仕舞いしているところが多い中、ここはまだやっていた。

20170718_market2

薬入れの箱に、鍋敷きの加工品を買った。

20170718_market4

こういう露店の人たちも中世の服装である。
店の女性が、主人が作ったと!

20170718_market3

ご主人さんも片付けの時間なのか店にいた。
こう言う店で買いたいが………
夫婦で写真を撮らせてもらった!!

20170718_market5

2017年7月24日 (月)

バルト三国、ヘルシンキの旅 6日目 ⑯エストニア タリン 歴史博物館

目次に戻る

タリン、歴史博物館に行く。
かつての大ギルド会館であった。
ここは二郎が希望した!

20170618_muse_1

ギルドの会館、教会のような建物である。

20170618_muse_2

一階はイベントに使うのか、展示物は少ない。

20170618_muse_13

12

20170618_muse_3

地階、いろいろあって面白い。

20170618_muse_4

昔の防寒着か?
戦いのセクションがある。

20170618_muse_6

大きくない割には、銃器の展示が多い!
制服、鎧、槍、サーベル。
銃は、拳銃から、小銃、自動小銃もある。
昔の小銃も展示している。
自動小銃の仕組みの映像もある。
銃がガラスでよく見えないのが辛い!!

20170618_muse_5

ここに銃器を熱心に見ている男性がいた!
ちょっとおかしいのではないかと思うぐらいである??
ちょっと待つ時間が長かったが………

20170618_muse_7

展示品はITを使ったものがある。
銃の一覧からアイテムを選ぶと、モデルがでてきて装着して射撃が始まる。
おもしろい。

20170618_muse_9

コンピュータ好きの奥さんが見つけた。
さすがIT産業が発展している国か?

20170618_muse_8

ワインの樽がおいてある。

20170618_muse_10

2階にコインの展示があった。

20170618_muse_11

硬貨の高さと言うか量で値打ちが分かるようになっている。
鎖帷子が高かったが………

20170618_muse_12

ここの展示は楽しかった!!!

バルト三国、ヘルシンキの旅 6日目 ⑮エストニア タリン 聖ニコラス教会の「死のダンス」

目次に戻る

タリン、ホテルで休憩してもう一度旧市街にでかけた。

20170618_131

聖ニコラス(ニグルステ)教会。

20170618_132

有名な絵があると聞き、行ってみたが。。
最終入場時間を過ぎていた。
絵画好きの奥さんはがっかりしていた。
が、バルト三国を再訪するきっかけになるだろう??

20170618_133

リューベック(生まれはタリン)が描いた「死のダンス」

20170618_134

12

20170618_135

バルト三国、ヘルシンキの旅 6日目 ⑭エストニア タリン 観光バスの言語

目次に戻る

タリンの周遊の観光バスがある。
こんな事ばかり気にしているのか??
こう言う時は必ず言語を見る。 国旗である!
当然エストニア、ドイツ、スペイン、フィンランド、フランス、イタリア、日本、英語、ロシア、スウェーデン。
中国が無かった………

20170618_tallinn_111

こう言う観光バスには団体は乗らないからか??
個人の旅行客は英語がある程度理解出来るはず!

20170618_tallinn_112

中国の観光客はほとんど団体である。

バルト三国、ヘルシンキの旅 6日目 ⑬エストニア タリン トラムの色

目次に戻る

タリンの街。

20170618_tallinn_92_2

トラムの色がやはり色々ある?

20170618_tallinn_104

赤、紫と青、赤と黒、赤と白と紺 ???

20170618_tallinn_102
12

20170618_tallinn_103

楽しいが………

20170618_tallinn_101

より以前の記事一覧

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ